海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年01月

    37: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 06:51:10.40 ID:KjR+Wg6R0.net
    no title
    完全に決めてますわ

    180: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 07:14:53.81 ID:x4yC3RGK0.net
    91分 倒され、プレイ再開直後

    レッド直後


    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422135942/

     
    続きを読む

    2015-01-25_07h56_33
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 06:45:42.64 ID:???0.net
    セリエA第20節が24日に行われ、ラツィオと日本代表FW本田圭佑所属のミランが対戦。アジアカップに参加していた本田は欠場した。

    ホームのラツィオは前々節のローマ戦ドロー、前節のナポリ戦に敗戦と勝ち点を稼げていないが、ここまで5位と好調。一方のミランは最近のリーグ戦4試合で2分2敗と勝利無く、10位まで後退している。

    試合は開始4分、ハーフウェーライン付近でドゥシャン・バスタからボールを奪ったジェレミー・メネズがドリブルで持ち上がると、そのままペナルティエリア内左の角度のない位置からファーサイドへ流し込んで、ミランが先制する。

    先行されるも試合はラツィオペースで進む。23分にはロングボールを受けたミロスラフ・クローゼのポストプレーから、アントニオ・カンドレーヴァが強烈なシュートを放ったが、GKディエゴ・ロペスが好セーブで防いだ。

    ミランリードで前半を終えるが、後半開始早々の47分、右サイドをパス交換で崩したラツィオはクローゼがDFとGKの間に速いクロスを送ると、飛び出したマルコ・パローロがボレーで合わせて同点とする。

    さらに51分にはリッカルド・モントリーヴォのバックパスがフィリップ・メクセスと呼吸が合わずに裏へ流れる。そこを見逃さなかったクローゼが、D・ロペスとの1対1を制して、ラツィオが逆転に成功した。

    直後、ミランは肩を痛めたジャコモ・ボナヴェントゥーラに代えてアレッシオ・チェルチ、さらに55分にはマルコ・ファン・ヒンケルを下げ、ジャンパオロ・パッツィーニを送り出す。ラツィオは69分、ステファン・デ・フライの負傷により今冬に獲得したばかりのマウリシオを投入。74分にはクローゼに代えてフィリップ・ジョルジェヴィッチが入り、それぞれ2枚のカードを切る。

    81分にはラツィオに試合を決める3点目が生まれる。右サイドを抜け出したカンドレーヴァの低いクロスをジョルジェヴィッチは合わせきれなかったが、こぼれ球をパローロが蹴り込んだ。ジョルジェヴィッチは同プレーで左足首を負傷。担架で運ばれ、ケイタ・バルデ・ディアオと交代となった。ミランはアンドレア・ポーリに代わり、サリー・ムンタリが入った。

     試合終盤には苛立ちを見せていたメクセスが退場になったミラン。スコアは動かず3-1でラツィオが勝利した。ラツィオは次節、アウェーでチェゼーナと、ミランはホームでパルマと対戦する。

    【スコア】
    ラツィオ 3-1 ミラン

    【得点者】
    0-1 4分 ジェレミー・メネズ(ミラン)
    1-1 47分 マルコ・パローロ(ラツィオ)
    2-1 51分 ミロスラフ・クローゼ(ラツィオ)
    3-1 81分 マルコ・パローロ(ラツィオ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00274880-soccerk-socc
    SOCCER KING 1月25日(日)6時42分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422135942/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 00:16:11.12 ID:???0.net
    サッカーの親善試合「パナソニックカップ」は24日、当地のブンカルノ競技場で行われ、J1覇者のガ大阪がインドネシア・スーパーリーグのペルシジャ・ジャカルタに4-0で快勝した。

    アジアカップ代表の遠藤、今野の両守備的MFを欠いたガ大阪は攻めあぐねる場面もあったが、宇佐美のゴールで先制。後半にはリンスが2得点、さらにパトリックが頭で決めた。場内は相手への応援一色で、爆竹が次々と鳴って煙が立ちこめ、投げ込まれた紙テープがピッチの中に入り込むなど完全アウェーの状態の中、今年最初の試合をものにした。

    この試合はJリーグとインドネシア・スーパーリーグのパートナーシップ協定締結1周年と、インドネシアなどで日本の番組を放送する専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」開局1周年を記念して行われた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000080-mai-socc

    Goals:
    35' [0 - 1] Takashi Usami
    56' [0 - 2] Lins
    72' [0 - 3] Lins
    85' [0 - 4] Anderson Patrick

    Gamba Osaka スタメン

    Yosuke Fujigaya - Daiki Niwa - Keisuke Iwashita - Jae Suk Oh - Takahiro Futagawa -
    Hiroyuki Abe - Tomokazu Myojin - So Hirao - Shoei Ogura - Shingo Akamine - Takashi Usami

    写真
    no title
    http://bola.metrotvnews.com/read/2015/01/24/349485/persija-menyerah-dari-gamba-osaka
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422112571/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 23:18:30.93 ID:???0.net
    Jクラブ初の快挙!?J1川崎が3月28、29日に千葉・幕張メッセで開催される漫画、アニメなどの祭典「コミックマーケット スペシャル」に作品を出品することを発表した。22日、川崎市内で行われた今季の新体制発表会見で明かされた。

    サッカーといわゆる「同人誌」とは全くの畑違いにも思えるが、同じく計画に協力する川崎市観光協会の青木茂夫専務理事は、「フロンターレを数多くの人に知ってもらいたい。川崎市内には藤子・F・不二雄ミュージアムもありますし、最近の漫画では『天体戦士サンレッド』でも溝の口が舞台になっています」と同市と漫画文化との深いつながりを説明。

    地元密着を看板とするJ1川崎と、出品へ乗り出した経緯を明かした。

    その上で、J1川崎の新たな公認キャラクター「カワサキまるこ」ちゃんも発表に。彼女が登場する作品が同イベントに出品されるという。この日の会見には約1200人のサポーターも駆けつけたが、年連続J1得点王のブラジルW杯日本代表FW大久保嘉人(32)も、「カワサキまるこ」ちゃんがプリントされたTシャツを着て登場。控室では「着るのこれ?」との第一声を漏らしたという大久保だが、ステージ上では、ノリノリの“萌え”Tシャツ姿で出品を後押しした。

    「コミックマーケット スペシャル」は国内外から約10万人のファンを集める5年に1度のビッグイベントで、今回のテーマは「OTAKUサミット」。世界にフロンターレをアピールする。

    1月24日(土)22時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000538-sanspo-socc

    no title
    no title
    ◇名前
    カワサキまるこ

    ◇種類
    妖怪ねこまた。
    (妖怪なので姿が見えたり見えなかったり。人の姿だったり猫だったり…。)

    ◇性格
    応援をはじめると大人しい姿から豹変し、激しい動きと可愛い声で他を圧倒するパフォーマンスを発揮し興奮のあまり実体化する(本人は気づいていない)

    ◇特徴
    カワサキまるこの近くを通ると一緒に川崎フロンターレを激しく応援したくなる

    http://www.frontale.co.jp/info/2015/0124_1.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422109110/

     
    続きを読む

    2015-01-24_20h25_16

    アジアカップ準々決勝のUAE戦でPK戦の末に敗れたサッカー日本代表は24日、
    所属クラブに合流する本田圭佑、香川真司ら4名が一足先にオーストラリアを出発した。

    UAE戦でPKを失敗し、試合後の取材エリアで謝罪の言葉を繰り返していた香川だが、
    気持ちを切り替え、「目に見える結果を残すための努力をして証明する」と再起を誓った。

     続きを読む


    2015-01-24_19h36_49

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 18:41:53.98 ID:???0.net
    サッカーにはこういうことがあるという典型のような試合だったね。

    1次リーグで危なげなく無失点で3連勝しながら、決勝トーナメントの初戦でUAEを相手に開始早々に油断して失点。何とか追いついても、守りを固める相手を攻めあぐねてPK戦で敗退。チャンスの数は多くても、ゴールにつなげられなくては勝てない。

    残念だけど、これが今の日本サッカーの現実なんだ。

    大陸別の大会で優勝を逃したという事実は重いよ。大仁会長はアギーレ監督を続投させる方針を示したようだけど、八百長疑惑うんぬんではなく、PK戦とはいえベスト4にも届かずに負けたのだから、普通の国なら当然解任だよ。

    攻撃陣は決定機を外しすぎたし、開始早々に失点したのは守備陣の油断というのを見れば、今回の敗戦の原因は選手にあるのも確か。だが、そういうチームにしたのもアギーレ監督。以前にも書かせてもらったが、練習を見ていて創造性を感じなかったし、選手に自由に考えさせるという指導法はやはり日本人には合わない。誰が今大会敗退の責任を取るのかといったら、やっぱり監督だと思う。

    結果が出なければ、その地位を追われるのがプロの世界。私もV川崎でゴールを取れなくなったらクビを言い渡された。アギーレ監督には八百長疑惑という悪いイメージもある。

    もっと言えば、ブラジルW杯の反省もなくここまでやってきた協会首脳、アギーレ監督を連れてきた人間も責任を取るべき。

    ロシアW杯で勝つために何が必要なのか。もう一度考え直すいい機会だ。

    ☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。
    名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。
    Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。
    01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。
    87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

    1月24日(土)16時14分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000026-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422092513/

     
    続きを読む


    2015-01-24_15h01_18
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 14:35:19.03 ID:???0.net
    イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は24日、インテルのロベルト・マンチーニ監督がトリノDFマッテオ・ダルミアンに関心を抱いていると報じた。この中で、同紙は、DF長友佑都が来季退団する可能性にも触れている。

    アジアカップ出場の長友と負傷のDFジョナタンが不在のインテルは、サイドバックの駒不足から、ミニゲームの際にアシスタントコーチのシウビーニョ氏を“起用”しなければいけなかったという。

    そういった事情もあって、ダルミアン獲得という案が浮上したそうだ。だが、ダルミアンへの関心は来シーズン以降も見据えての動きかもしれない。

    『ガゼッタ』は、「すぐ(1月)の獲得に向けての打診だったが、来年に向けて話し合いが進むだろう。ジョナタンに加えて、長友と(ウーゴ・)カンパニャーロも別れに向かっているからだ。サイドバックの改革である」と伝えている。

    以前からジョナタンやカンパニャーロの退団が噂されているインテルだが、夏の移籍組に長友も加わるのだろうか。アジアカップ準々決勝UAE戦で負傷した右太ももの状態が心配される長友だが、加えて去就にも注目が集まるかもしれない。

    長友の現在の契約は2016年までとなっている。来季が契約最終年となることから、移籍金を得られる夏にクラブが放出に動くということだろうか。今月、プレミアリーグの一部クラブが長友に関心を抱いているとの報道もあったが…。

    なお『ガゼッタ』は、マンチーニ監督がマンチェスター・シティ時代の教え子であるMFヤヤ・トゥーレの獲得も狙っていると報じた。獲得候補の選手も含めた将来的な4-2-3-1のフォーメーションについて、同紙は次の予想を一例として挙げている。

    ハンダノビッチ、ダルミアン、ムリージョ(アンデルソン・マルティン)、フアン・ジェズス(ロドルフォ)、ダンブロージオ、ブロゾビッチ(ラッサナ・ディアラ)、Y・トゥーレ(ルーカス・レイバ)、シャチリ、コバチッチ、ラベッシ(ポドルスキ)、イカルディ

    1月24日(土)14時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000012-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422077719/

     
    続きを読む

    2015-01-24_11h30_24
    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 07:06:00.65 ID:???0.net
     ◇アジア杯準々決勝 日本1―1 PK4―5UAE(2015年1月23日 シドニー)

     日本代表のDF長友佑都(28=インテル・ミラノ)が、準々決勝敗退に痛恨の思いを吐き出した。

     「悔しいです。僕が足を痛めて足を引っ張ってしまった。交代枠がなかったのでチームの足を引っ張らないようにやったつもり。申し訳ない」

     延長前半、左サイドを駆け上がった際に、右太腿裏を痛めた。すでにチームは交代枠を使い切っており、満足なプレーができない状態でピッチ上に立ち続けるしかなかった。

     試合はPK戦にもつれこんだものの、ベスト8敗退が決まった。

    長友は「これが僕らの実力。W杯で負けて、アジア杯でも結果を出せなかった。チャンスをつくりながら1点しか取れなかったのが問題。一人一人のレベルとプレーの精度を上げていくしかない」

     日本の放ったシュートはUAEの3本に対し35本。それだけに、その眼差しには自分たちへの怒りとも思える感情がこもっていた。チームにとっても長友にとっても悔いが残る敗戦となった。

    スポニチ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9709059/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422050760/

     
    続きを読む

    2015-01-23_22h44_15

    1: ブリーフ仮面(第四十一期次席卒業生)φ ★@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 02:37:30.48 ID:???0.net
    “勝負”で必要なものは何なのか? 本田が考えるアジア杯での敗因

     日本代表は23日、アジアカップ準々決勝でUAEと対戦し、PK戦の末に敗れた。敗戦直後から、FW本田圭佑は負けた原因を探している。

     1-1のまま延長戦に突入。その後もお互いにゴールは生まれずPK戦となり、6人目のキッカーまでもつれ込んだ末、PK戦4-5で敗退が決まった。PK戦で日本は、1人目と6人目が失敗した。後者が香川真司で、前者が本田圭佑だった。

     ミックスゾーンに現れた本田は、堂々としているものの、いつもより話すスピードが遅い。敗戦とPK失敗というショックを受け止めながら、厳しい質問に答えようとしていた。

    「サッカーの厳しさというか、勝負の厳しさというか、ペナルティーの厳しさを教えられたというか。今までもいろんなビッグプレーヤーがPKを外すのをテレビで見てきましたが、今回(自分が)見られたという点では…。これがずっと残っていくというのは自分としては悔しいですけど、これが現実ですね」

    「蹴る前までにいくつか駆け引きがあって、ギリギリまで見ようかと考えていたのですが、GKの反応を見て強めに蹴ろうかと最後に切り替えて、結果、しっかりと当てられなくて、ああいう感じになりました」

     これまでの試合に比べて動きの鈍かった日本代表の姿に、日程の影響ではないかという質問が続く。本田は日程に対しては対応できたのではないかと考えていた。

    「(中2日の日程については)僕たちは敗者なので、ここで言っても仕方ないですけれど、実際、中2日でも我々の方が良いサッカーをしていたと思うし、いくつか勝負を決する場面があって、そこで決められずにPKまで行って、負けてしまったというのは何かしら自分たちに責任があると、そう受け取らざるを得ないと思います」

    「(試合の最初が落ち着かなかったのは)いくつか要因はあると思います。そういうのを言い始めると、中2日だとか、想像以上に疲れていて一歩が遅れるとか、細かく言えばそうなってくると思うのですが、すべて想定内として考えなければいけなかったと思うし。イメージとして、いつもが100パーセントなら120パーセントのイメージで(試合に)入るとか、そういう想定をしながら。失点はチーム全体の責任です。でも失点はしょうがない。一番悔いが残るのは、追加点とかPKまで決することができなかったとか、そういうところが、やはり悔しいですね」

     ではなぜ負けたのか。どこが一番の問題点だったのだろうか。

    「最後は枠内に行けばゴールに入っているという場面がいろいろな形からあったわけで、最後シュートを打った選手が枠内に入れていればという場面が、3回ぐらいあったんじゃないかと。しかも1点取った後にね。それをつくれていないのであれば手詰まりと言うことになるのでしょうが、手詰まっていない状況で、決めなければいけないのは、やはり自分たちの決定力のなさなのかと思います」

     前回は優勝した。今回は準々決勝で敗退。その根本的な要因を本田はどこにあると思っているのだろうか。また、日本は後退したのか。

    「4年前は何とか優勝できて、今回は簡単にグループリーグを突破したものの、トーナメントの1回戦からこういう現実を突きつけられて、思いどおりにいかないのがサッカーだと思います。勝ち切る強さというのが、前回は挑戦者としての我々の何とか優勝した形と、ある程度の『優勝するのではないか』という期待、前回以上の期待がある中で臨んだ大会では、我々結局プレッシャーに打ち勝つことができなかった。期待にこらえられなかったと思っています」

     原因は単純なうまさや強さにあるとは思っていない。

     「クオリティー以外の部分もたくさんあると思います。ボール扱う以外のね。ボール扱いでは勝っていたのに試合に勝てないというのは、絶対にそこが欠点なわけで、経験とか、厳しい勝負に慣れていないとか、勝たなければいけないというプレッシャーの中で勝てないというのは、そういう精神力を持ち合わせていなかったと思います」


    >>2-5辺りに続く)

    Goal.com 2015/01/24 0:33:00
    http://www.goal.com/jp/news/3578/%E3%A2%E3%82/2015/01/24/8234922/%E5%8B%9D%E8%B2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422034650/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ