海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年02月


    2015-02-26_22h50_05
    1: 克己復礼 ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 22:24:35.03 ID:???*.net
    ● 本田ライバルがチェゼーナ戦後に指揮官と口論か、「オレはもう途中から出ない」

    ACミランのフィリッポ・インザーギ監督が22日のチェゼーナ戦後のロッカールームでイタリア代表MFアレッシオ・チェルチと壮絶な口論となったことが明らかになった。イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。1月の移籍市場でアトレチコ・マドリードから鳴り物入りで加入したチェルチは今季無得点ながら3アシスト。だが、ここ2試合は合計22分間と出場時間が限定されていた。チェゼーナ戦の後半41分にメネズと交代でようやくピッチに足を踏み入れたチェルチはロッカールームで指揮官に罵詈雑言を吐いたという。「試合が決着した後からオレを2度と交代で入れるな! 次は自分がプレーしろ。オレはもう途中から出ない」

    ● インザーギ監督は「家にいろ!」

    チェルチのその暴言に対し、指揮官は「それなら、ミラネッロにも来るな。家にいろ!」と出入り禁止を通達したという。昨季トリノで活躍したチェルチは今季開幕前にインザーギ監督が右ウイングのレギュラーとして獲得を要望した実力者だった。しかし、アトレチコに加入後はディエゴ・シメオネ監督から信頼を得られずにベンチを温め、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスと入れ替わる形でミランへ期限付き移籍した。

    日本代表FW本田圭佑がアジアカップで不在となった1月には代役としても期待されたが、思うように結果が出せず、出場機会も減っている。インザーギ監督の起用法について、チェルチの婚約者のフェデリカさんもテレビ番組で「意味が分からない」とクレームをつけていた。マドリードで失った試合勘を徐々に取り戻していたところだったが、指揮官との口論によって練習場への“出入り禁止指令”が取り沙汰される事態に。アトレチコに続き、ミランでも立場が危うくなっているようだ。

    サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150226-00010008-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424957075/

     
    続きを読む


    2015-02-26_19h31_35
    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 18:45:30.88 ID:???*.net
    イギリス紙『メトロ』が、アーセナルからトゥウェンテにレンタル移籍をしているFW宮市亮について、「アーセナルでの将来はあるか?」とのアンケートを行っている。

     エールステ・ディヴィジ(オランダ2部リーグ)第26節が23日に行われ、ヨング・トゥウェンテとデ・フラーフスハップが対戦。トゥウェンテのBチームに当たるヨング・トゥウェンテの一員として、宮市は左ウイングで先発出場し、豪快なミドルシュートを決めて3-1の勝利に貢献していた。

     同紙のウェブ版は24日に、「忘れられたアーセナルのウィンガー宮市亮がトゥウェンテのリザーブチームの試合で驚異的なゴールを決める」との見出しで、宮市のゴールを動画とともに紹介。さらに、「宮市はアーセナルにおいて将来はあるか?」とのアンケートを実施しており、26日の結果では、「チャンスなし」が60パーセントとなっている。

    アーセナルのウィンガーには、ドイツ代表MFメスト・エジル、チリ代表FWアレクシス・サンチェス、イングランド代表のFWセオ・ウォルコットとMFアレックス・チェンバレンなど、タレントが豊富。そのため、アーセナルのファンたちは、22歳の宮市がこのタレント勢の壁を破ることは難しいと判断している。

     今シーズンからトゥウェンテにレンタル移籍している宮市は、エールディヴィジで8試合に出場。開幕から7試合連続で出場していたが、昨年12月14日に出場して以来、1部リーグでの出場はない。なお、リザーブチームではエールステ・ディヴィジの7試合に出場し2ゴールを決めている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00285278-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424943930/

     
    続きを読む

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 16:47:52.49 ID:???*.net
    カズ 48歳バースデーに赤スーツで登場「22年ぶりに着ました」

    J2横浜FCの三浦知良が26日、48歳のバースデーを迎え、クラブハウスには約70人のメディアが駆けつけた。Jリーグ元年の93年、MVPの表彰式で見せた“伝説の赤スーツ”をほうふつさせる深紅のスーツで登場。48本のバラ、ケーキをプレゼントされ「22年ぶりに赤いスーツを着ました。毎年、たくさん集まって頂き幸せに感じます。モチベーションにつながっていく」と語った。

    今でも憧れという日本代表の次期監督問題についても言及。「時間がかかっているのか、これが普通なのかは分からないけど監督が不在のまま時間が過ぎていくのは…。かと言って妥協はして欲しくない」と話した。選定作業の先頭に立つ、日本協会の霜田技術委員長とは親交もあり「LINE(無料通信アプリ)で(エールを)送っときます」と話した。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/02/26/kiji/K20150226009876990.html
    赤いスーツ姿で48歳の誕生日会見に臨んだ横浜FC・三浦知良 Photo By スポニチ
    no title
    no title
    Jリーグ女子マネジャーの佐藤美希の右手にキスする横浜FC・三浦知良
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424936872/

     
    続きを読む


    2015-02-26_11h28_40
    1: 克己復礼 ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 10:56:08.26 ID:???*.net
    パルマDFアレッサンドロ・ルカレッリは25日、クラブの財政難からクリーニング業者にも見放されたと明かした。一方、押収されたクラブ資産は競売物件にかけられることになったようだ。ロッカールームまで対象になっているという。イタリアメディアが報じた。

    深刻な財政難から破産危機にあるパルマ。週末のセリエA第24節ウディネーゼ戦が延期となり、次節ジェノア戦の遠征も危ぶまれているが、状況は一向に改善されていない。

    ルカレッリは先日、ジェノヴァ遠征の費用について、選手たちが自腹を切ると明かした。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、宿泊費用の負担などを申し出たが、ルカレッリは謝意を示しつつ、パルマの選手たちが自分たちで支払うと明かしている。

    だが、状況の厳しさに変わりはない。25日、ルカレッリは次のように話している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

    「遠征用のバスについては、問題ないよ。今はホテルの問題を解決しなければいけない。確かなのは、これまでレーガ・カルチョの誰も連絡をしてこなかったということだけだ」

    「何か知らせはあるか? 大きなニュースはない。あるのは、もう洗濯してくれる人もいなくなったということだけだ。業者が受けてくれなくなったからね。たぶん、明日から僕らは(洗濯物を)自宅に持ち帰ることになるだろう」

    すでにパルマはチームのミニワゴンや車、ジムの設備などを押収されているが、報道によるとそれらが競売にかけられるとのことだ。中にはドレッシングルームのベンチまで含まれているという。競売は3月5日に始まり、最低入札価格は2000ユーロとのこと。

    日に日に深刻なニュースが伝えられる中、ユヴェントスGKジャンルイジ・ブッフォンなど元パルマの選手たちも連帯を示している。一方、ジャンピエトロ・マネンティ会長は「我々は前進する」と楽観を強調。ジェノア戦開催に自信を見せているが…。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000001-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424915768/

     
    続きを読む


    2015-02-26_07h32_31
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 06:49:05.22 ID:???*.net
    ゲキサカ 2月26日(木)6時38分配信

    [2.25 欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦 レバークーゼン 1-0 A・マドリー]

     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は25日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、レバークーゼン(ドイツ)とアトレティコ・マドリー(スペイン)が対戦した。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半に入ってホームのレバークーゼンが先制。そのまま逃げ切ったレバークーゼンが1-0の完封勝利を収めた。第2戦は3月17日にアトレティコのホームで行われる。

     序盤から好機を作ったのはレバークーゼンだった。前半7分にカウンターを仕掛けると、ハーフウェーライン付近でボールを受けたMFゴンサロ・カストロがドリブルで持ち運び、最後はMFラース・ベンダーがシュートを放つがジャストミートしなかった。

     さらに、同13分にはCKの流れからDFエミル・スパヒッチが至近距離から狙うが、ゴールライン上のFW マリオ・マンジュキッチのクリアに遭い、同26分にはスパヒッチがミドルレンジから強烈なミドルシュートを放ったものの、クロスバーに直撃して先制点を奪うには至らず。

     前半38分にDFヘスス・ガメス、同42分にMFラウル・ガルシアと2枚の交代カードを切ったアトレティコは前半アディショナルタイムにCKの流れからチャンスを作り出す。MFアルダ・トゥランのシュートのこぼれ球をMFチアゴ・メンデスがジャンピングボレーで狙ったが、GKベルント・レノの好セーブに阻まれてスコアレスのまま前半終了を迎えた。

     そして後半12分、レバークーゼンが試合を動かす。PA内に侵入したMFカリム・ベララビがDF3人を引きつけると、後方に走り込んだMFハカン・チャルハノールにヒールパス。ボールを受けたチャルハノールが豪快に右足で突き刺して、スコアを1-0とした。

     1点のビハインドを背負ったアトレティコは、後半19分にFWフェルナンド・トーレスを投入して反撃を試みる。同29分にはCKの流れからF・トーレスが至近距離からシュートを放つが、レノの正面を突いた。さらに同30分にはMFアントワーヌ・グリエーズマンのCKからF・トーレスがヘッドでネットを揺らしたものの、その前にボールがゴールラインを割っていたためノーゴールの判定に。

     何とか同点に追い付きたいアトレティコだったが、後半32分にチアゴが2度目の警告で退場。数的優位に立ったレバークーゼンがそのまま逃げ切って、昨季準優勝のアトレティコから1-0の勝利を収めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00360578-gekisaka-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424900945/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 06:46:42.68 ID:???*.net
    モナコ、見事なカウンターでアーセナルに先勝。下馬評を覆す
    フットボールチャンネル 2月26日(木)6時39分配信

     チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグが現地時間25日に行われ、アーセナルとモナコが対戦した。

     大方の予想通り、アーセナルがボールを保持しながら攻撃の形を作る展開となる。立ち上がりから相手ゴール前へ攻め込む場面を作るも、堅い守備でグループステージを突破してきたモナコもしっかり対応している。

     次第にモナコも慣れ始め、アーセナルが攻めあぐねる時間も出てきた。それでも33分、早い攻めからエジルとサンチェスのコンビネーションで、アーセナルがシュートまで持ち込んだ。

     そんな中で迎えた38分、先制したのはアウェイのモナコだった。モウチーニョのパスを受けたコンドグビアがシュート。相手に当たりコースが変化してゴールに突き刺さった。

     ボールは握っていたアーセナルだったが、ビハインドを背負って前半を折り返した。

     52分、アーセナルはFKにジルーが飛び込むも、枠を捉えられず。

     直後の53分、得点を奪えないアーセナルを尻目にモナコが追加点を奪う。カウンターから一気に持ち込むと、最後はベルバトフが蹴り込み2-0とした。

     60分、アーセナルはジルーに代えてウォルコットを投入する。64分にはウォルコットが抜け出してシュート。GKが弾いたところにウェルベックが詰めるも決められない。


     それでもアディショナルタイム、アーセナルはクロスのこぼれをPA手前で拾ったチェンバレンがミドルシュートを決めて、ようやく1点を返した。

     しかし、試合はまだ終わらない。モナコが中盤でボールを奪うと、カウンターからカラスコが決めて3点目。不利と見られていたモナコが敵地でアーセナルを3-1で下した。

    フットボールチャンネル編集部
    2015-02-26_07h17_30
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150226-00010002-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424900802/

     
    続きを読む


    e5a23045
    1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:40:25.41 ID:???*.net
     【ケルン(ドイツ)=共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントのMF香川真司がウイルス性胃腸炎にかかったことが25日、分かった。大衆紙ビルトなどドイツの複数メディアが報じた。

     香川は24日、ユベントス(イタリア)に敗れた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でベンチ入りしたが、出場しなかった。ドルトムントは28日、国内のリーグ戦で本拠に内田篤人のシャルケを迎えるダービーマッチを控えている。

    日本経済新聞 2015/2/25 21:24
    http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK30802_V20C15A2000000/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424868025/


     
    続きを読む


    Benzema
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 19:27:42.08 ID:???*.net
    カリム・ベンゼマが120万ポンド(約2億2000万円)のスーパーカーを購入したイタリアの高級車メーカー、『ブガッティ』のヴェイロンだ。ベンゼマは新たな愛車との写真を掲載している。

    ブガッティ側は23日、最後のヴェイロンが売れたと認めた。つまり、レアル・マドリーのストライカーが手にした一台はおそらく、彼が写真を撮ったとき以上の価値になっているということだ。

    初速スピードが時速100キロまで到達するまでにわずか2.5秒で、最高時速は約431キロのヴェイロン。ブガッティが製造したのは、わずか450台のみとなっている。

    ブガッティのヴォルフガング・デュルハイマー会長は、「販売開始から10年が経った今でも、ヴェイロンは多くの点で独特なマシンだ」と語った。

    「ヴェイロンでブガッティは自動車界のアイコンをつくり、世界で最も独特なスーパーカーブランドとしての地位を確立した」

    27歳のベンゼマは高級車の愛好者で、フェラーリ、ロールスロイス、ポルシェ、メルセデスを所有している。

    今季36試合に出場し、19得点を記録しているベンゼマは、レアル・マドリーで週給15万ポンド(約2800万円)の収入を得ていると言われる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150225-00010031-footballc-socc
    フットボールチャンネル 2月25日(水)17時56分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424860062/

     
    続きを読む

    2015-02-25_20h15_18
    [2.24 欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦 マンチェスター・C 1-2 バルセロナ]

     バルセロナ(スペイン)は24日、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント第1戦でマンチェスター・シティ(イングランド)と対戦し、2-1で勝利した。FWルイス・スアレスが2ゴールを挙げて、敵地で先勝に成功した。

     だが試合後、1つ問題が起きていたようだ。『デイリーメール』によると、FWネイマールが、MFヤヤ・トゥレのユニフォームを着たシティサポーターと衝突。野次を飛ばされたことに怒ったネイマールが応戦した形だ。係員らの制止によって騒動が大きくなることはなかったが、サポーターが撮影したこの時の様子が、『YouTube』に投稿されている。

     ブラジルメディアの取材に応じたネイマールは、「彼と遊んでいただけだよ。彼が言いがかりをつけてきたから、彼をからかってやったんだ」と説明。そして「彼が何を言ったかって?それはここで言うことは出来ないね。でも、僕のお母さんは僕にちゃんと教えてくれたよ。彼のお母さんが彼に教えていないことをね」と話したとしている。

     ただ同紙は、このことでネイマールがUEFAから何らかの処分を受ける可能性があるとしている。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ