海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年02月


    000003
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/02/23(月) 19:34:37.62 ID:???*.net
    読売新聞 2月23日(月)19時25分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00050080-yom-socc
     サッカー元日本代表監督の岡田武史氏は23日、次期日本代表監督に自らが就任する可能性について、「絶対にない」と話した。

     オーナーを務める地域リーグ・四国リーグ「FC今治」の新体制記者会見が愛媛県今治市であり、岡田氏は「FC今治を放り出すわけにはいかない」と語った。
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424687677/

     
    続きを読む

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/02/23(月) 17:06:19.08 ID:???*.net
    岡崎 恩師ザックと矢野通訳に再会「お父さんとお兄さんに再会したような感覚」

    日本代表FW岡崎慎司(28=マインツ)が23日、自身のブログを更新。昨年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会まで日本代表チームを率いたアルベルト・ザッケローニ氏(61)と再会を果たしたことを報告した。

    「再会」とエントリーした岡崎は、「みなさん、めちゃ嬉しい訪問がありました!元日本代表監督のザッケローニさんと通訳の矢野大輔さんが今回のダービーマッチを見にきてくれました!^_^」と21日のフランクフルト戦に2人が観戦に訪れたことを笑顔の顔文字入りで報告。

    「なんだろうこのお父さんとお兄さんに久しぶりに再会したような感覚!」とザッケローニ氏と、その通訳を務めた矢野大輔氏(34)に久々に会えた喜びを表現した。

    岡崎は、恩師のザッケローニ氏から「もっとゴールを意識した動きをして、ゴールにこだわった方が良いんじゃない?」とアドバイスも受けたそうで、「『自分にも意図がありチャレンジをしてます!』と生意気ながら言わせていただきました!^_^」との微笑ましいエピソードも披露して笑いを誘った。

    「日本代表監督の仕事を終えた後も、ずっと応援してくれてると思うと嬉しかった!」という岡崎は、「大輔さんは僕に似てるのに何故か3倍はカッコイイから不思議でしょうがないわ」と関西出身らしく“オチ”も。

    岡崎は、2人が観戦したフランクフルト戦でアシストをマークし、3―1の逆転勝利に貢献。「2人と話せてまた力が湧いてきました!」とさらに刺激を受けたようだった。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/02/23/kiji/K20150223009861710.html

    岡崎慎司オフィシャルブログ
    再会 http://ameblo.jp/okazaki-shinji/entry-11993586404.html
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424678779/

     
    続きを読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/02/23(月) 01:30:57.41 ID:???*.net
     サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーのサポーター集団がパリの地下鉄駅で黒人男性に人種差別行為をした問題で、新たにロンドンの駅でも差別的な歌を歌っていたとして英国警察が捜査に乗り出したことが22日、分かった。英BBC放送などが報じた。

     17日にパリで行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)、パリ・サンジェルマン戦の試合前に黒人の乗車を妨害した事件は波紋を広げ、チェルシーは関与が疑われる計5人に本拠地への入場禁止処分などを科した。新たな問題はパリの試合観戦から戻った集団が18日にロンドンのセントパンクラス駅で起こし、苦情が寄せられたという。

     チェルシーは21日の国内リーグ戦で反人種差別の誓いを立て、サポーターも人種差別を非難する横断幕を張り出した。

    ソース(SANSPO・共同通信) http://www.sanspo.com/soccer/news/20150222/pre15022223240016-n1.html

    BBC:Chelsea fans sought over London station racist chants
    http://www.bbc.com/news/uk-31564836
    no title

    no title

    no title

    no title

    写真=パリの地下鉄の3人を特定
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424622657/

     
    続きを読む


    2015-02-23_13h48_49
    633: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/02/23(月) 11:23:23.73 ID:kpT4PJk40.net
    香川と寿司?独紙が「インモービレを食事に誘うべき選手」を調査
    http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150223/283962.html
     日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのイタリア代表FWチーロ・インモービレが、母国メディア『ガゼッタ・デロ・スポルト』とのインタビューで「このチームに加入してから、まだチームメートの誰からも家に招待してもらっていない」と漏らしたとされる件で、ドイツ紙『ビルト』が22日に緊急アンケートを行っている。  

    同紙は「誰も1人で食事はしたくない。インモービレも一緒だ!」とし、「ドルトムントのどの選手が食事に招待するべきか?」という読者調査をオンライン上で実施。候補者は全部で5人おり、その中には香川も含まれていたが、結果は断トツで『ケバブ投げつけ事件』のあの選手がトップになっている。
     
    アンケート結果は以下の通り。(ドイツ時間22日21時現在、投票者数1万6790)

    1位:MFケヴィン・グロスクロイツがケバブを…得票率57%
    2位:GKローマン・ヴァイデンフェラーが(ドイツ名物の)ジャガイモの炒め物を…同14%
    3位:DFウカシュ・ピシュチェクとMFヤクブ・ブワシュチコフスキが(ポーランドの伝統煮込み料理の)ビゴスを…同12%
    4位:DFソクラティス・パパスタソプーロスが(ギリシャ名物の)ギロスを…同11%
    5位:MF香川真司が寿司を…同6%
    引用元http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1424601096/

     
    続きを読む

    2015-02-23_11h22_17
    (一部抜粋)
    チェルシーは21日のプレミアリーグ第26節でバーンリーと1ー1で引き分けた。この試合ではMFネマニャ・マティッチが退場となっているが、チェルシー指揮官は理解できる行動だと述べている。

    マティッチはバーンズと危険な接触があった。転倒した後で即座に起き上がり、バーンズを突き倒していたことで、レッドカードを提示されている。モウリーニョ監督は22日、イギリス『スカイ・スポーツ』でこの場面を振り返った。

    「マティッチは非常に幸運な男だ。あれでキャリアが終わっていたかもしれない。実際どうかは分からないが、私はそう思う。サッカーは感情があるもので、時にはその感情を失うことがある。マティッチには、感情を失う確かな理由があった」

    全文はリンク先で
    続きを読む

    2015-02-23_10h29_08
    ミランは22日、セリエA第24節でチェゼーナと対戦し、ホームで2-0と勝利した。システムを変えて白星を取り戻したフィリッポ・インザーギ監督だが、出番がなかったMF本田圭佑も新システムでプレーできると話している。

    エンポリ戦で不甲斐ない内容で1-1と引き分けたミランは、試合後から4-3-1-2への変更が報じられてきた。本田はトップ下で先発出場するとの予想もあったが、インザーギ監督はこの位置にMFジャコモ・ボナヴェントゥーラを選んだ。

    (中略)

    「ポゼッションを増やすために、前線と中盤を3人ずつにしたかったんだ。ボナヴェントゥーラはよくやってくれた。終盤、左サイドにポジションを変えてからも、彼はうまくやってくれたよ」

    「(アレッシオ・)チェルチと本田が犠牲になるわけじゃない。チェルチはセカンドトップとしても非常にうまくやれるし、トップ下は本田の本来の位置だ。こういった重要な交代策があるのは、素晴らしいことだよ。私にはユーティリティーな選手たちがいる。試合中にフォーメーションを変えることもできるんだ。現時点で中盤の3枚が必要不可欠なのは明らかだよ」

    全文はリンク先で
    続きを読む

    22日に行われたポルトガルリーグ第22節で、スポルティングに所属するFW田中順也が今季リーグ戦3点目を挙げた。

    降格圏に低迷するジル・ビセンテをホームに迎えた3位スポルティングは、前半をスコアレスで折り返す。

    それでも後半に入って52分、右CKをニアの味方がフリックすると、遠いサイドで狙っていた田中が左のももで押し込んだ。

    田中の得点でリードしたスポルティングは、68分にナニの見事なミドルシュートで2点目を奪い、無事に勝ち点3を獲得。ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦が前後にある過密日程の中で、しっかり結果を残した。
     2015-02-23_07h32_15
    続きを読む

    [2.22 プレミアリーグ第26節 サウサンプトン 0-2 リバプール]

     プレミアリーグは22日、第26節を行い、日本代表DF吉田麻也の所属する4位のサウサンプトンは、ホームで7位のリバプールと対戦した。来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの出場権を争う順位にいる両チームの対戦は、2-0でアウェーのリバプールが勝利した。吉田はCBで先発フル出場している。

     開始早々にサウサンプトンは、FWグラツィアーノ・ペッレのロングボールを受けたMFフィリップ・ジュリチッチがPA内で倒される。しかし、ファウルを取ってもらえなかった。逆に前半3分にリバプールはMFコウチーニョのミドルシュートで1点を先制した。

     先制されたサウサンプトンは、その後も何度かリバプールゴールに迫る。4分にはPA内で粘ったジュリチッチがMFエライロ・エリアにボールをつなぐが、シュートは体を張ったリバプールにブロックされた。前半45分にはCKから吉田がヘッドしたボールがリバプールDFデヤン・ロブレンの手に当たったが、またも笛は吹かれず。リバプールが1点をリードしたまま、前半を折り返した。

     後半に入ってもチャンスの数で上回っていたサウサンプトンだが、後半28分にミスからMFラヒム・スターリングにゴールを決められて、2点を追うことになる。同44分にはセットプレーから壁に当たったボールが吉田の前に転がるが、シュートはDFにブロックされる。その流れから、さらにMFモルガン・シュナイデルランがオーバーヘッドシュートでゴールを狙ったが、GKの正面に収まった。

     結局、試合は2-0でアウェーのリバプールが勝利。両チームの勝ち点差は1に縮まっている。
     2015-02-23_07h24_08
    続きを読む

    2015-02-22_21h26_45
    イタリアメデイア『メディアセット』は21日、インテルが今シーズン限りで日本代表DF長友佑都を放出する可能性が高いと報じた。

     インテルは今冬に、ニューカッスルから元イタリア代表DFダヴィデ・サントンを獲得。他にもDFダニーロ・ダンブロージオやDFジョナタン、DFドドなどサイドバックが揃っているため、同メディアは、オファーがあれば長友の売却を検討するだろうと伝えた。

     さらにイタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』は、長友を放出した場合、インテルはリヴァプールに所属するイングランド代表DFグレン・ジョンソンの獲得に乗り出すと報じている。

     長友は2011年1月にチェゼーナからインテルにレンタル移籍で加入すると、同年7月に完全移籍を果たす。チームの主力選手としてプレーし、今シーズンから副主将に就任。しかしけがを繰り返し、現在もアジアカップで痛めた右太ももを再度負傷するなど苦しいシーズンを送っている。
    続きを読む

    tumblr_nk502wPnZz1rlclcbo1_1280

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 09:14:07.78 ID:???*.net
    現地21日にプレミアリーグ第26節が行われ、クリスタル・パレスはアーセナルと対戦して惜しくも1-2で敗れている。

    その試合中、クリスタル・パレスのサポーターによって巨大なフラッグと黒い横断幕が掲げられた。

    フラッグには容器一杯に盛られた札束を食べるスーツを着た豚の姿が描かれており、横断幕には「桶に5億ポンドが入っていても、まだサポーターは搾取されている。豚よ、富を分け与えろ」と書かれていた。

    これは巨額な放映権料をともなう新たな契約を手にしたプレミアリーグを「豚」にたとえて批判するもので、いくら手に入るお金が増えても異常なほど高額なチケット価格などが一向に改善されないことを強く批判している。

    『スカイ・スポーツ』と『BTスポーツ』がプレミアリーグと結んだ2016年からの3年契約は、これまでの2倍近い額となる5億ポンド(約900億円)の放映権料をリーグにもたらすとも報じられている。

    この契約により各クラブへの分配金が大幅に増え、下位クラブでもかなりの収入増が見込まれているが、ファンにはまったく還元されていないのが現状だ。

    以前からプレミアリーグの高額なチケットの問題は指摘されていたが、今回の“5億ポンド”で改善されるのだろうか。ファンの不満はくすぶり続けている。

    2月22日(日)2時59分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150222-00010007-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424564047/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ