海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年04月

    filippoinzaghi-cropped_1lax7sui3n3nz1we1kbt1cjgc1
     日本代表FW本田圭佑が所属するミランは現地時間の25日、アウェイでウディネーゼと戦い1-2で敗北した。低迷を続けるミランだが、この一戦がチームに大きな亀裂をもたらす結果となったようだ。イタリア紙『コリエレ・デッラ・セーラ』を含む複数のメディアが報じている。

     試合後、指揮官のフィリッポ・インザーギ監督は、クラブバスで選手たちに激怒。「君たちはミランのユニフォームを着るに相応しくない」と怒りを露わにしたという。しかしながら指揮官の言葉に反発した選手がいたようだ。同紙によれば、ある選手はインザーギ監督に対し次のように発言した。

    「たしかに私たちはミランのユニフォームを着るに相応しくないかもしれない。しかし、あなたこそ、ミランの指揮官に相応しくないだろう」

     さらには、ウディネーゼ戦での無残な戦いぶりに名誉会長であるシルビオ・ベルルスコーニ氏も激怒したとみられており、インザーギ監督の解任を求めたようだ。アドリアーノ・ガッリアーニCEOの電話を経て、昨日の時点での解任を思いとどまったとされているが、もはや我慢の限界に達していることは明らかといえる。

     26日にはタイ資本家のビー・テチャウボン氏とのクラブ買収に関する会談を控えているミラン。泥沼状態はいつまで続くことになるのだろうか。
    続きを読む


    CDgBMApWYAAHRlm
    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 15:58:10.43 ID:???*.net
    G大阪 2 - 1 新潟 万博記念競技場(17,417人)
     後半3分(G大阪)宇佐美貴史
     後半22分(新潟)レオ・シルバ
     後半39分(G大阪)パトリック


    Yahoo! J1試合速報:http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/schedule/j1/7/1st
    J.league.jp J1順位表:http://www.jleague.jp/standings/j1
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/jleague
    明治安田生命:http://www.meijiyasuda.co.jp/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430031490/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 11:50:14.62 ID:???*.net
    元サッカー日本代表で解説者の前園真聖氏が、26日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。1996年アトランタ五輪で対戦したブラジルのスター選手、ロベルト・カルロスとユニフォーム交換した後、ロッカールームにそのユニフォームを放置したことを明かした。

    映画『風と共に去りぬ』の主人公が着用したドレスがオークションで高額で落札されたニュースを紹介したコーナーで、MCの東野幸治が前園氏に「国際試合とかで有名選手と交換したお宝ユニフォームを持っていないですか?」質問すると、前園氏は「ユニフォーム交換しても、そのままロッカールームに置いて帰る」と驚きの告白をした。

    その理由を「汗かいてビチョビチョだし、においもすごいので」と説明。それに反応したコメンテーターのスポーツライター・金子達仁氏が「アトランタ五輪のブラジル戦で誰と交換しました?」と質問すると、「ロベルト・カルロスです」とビッグネームの名前が飛び出した。

    2002年の日韓W杯で優勝したブラジル代表や、”銀河軍団”時代のスペイン・レアル・マドリードの不動のレギュラーとして大活躍したスター選手のユニフォームも「ロッカールームに置いて帰った」という前園氏に、スタジオから驚きの声が上がった。

    「捨てたわけではなく、置いておいただけ」という前園氏だが、ロベカルの価値を知る金子氏は「激レアですよ」と思わず絶句。コメンテーターの松本人志も「潔癖症というか、なんなんでしょ」と前園氏に聞くも「汗でビチョビチョだし、においも…」と独自の理論を繰り返し、笑わせた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10050094/
    2015年4月26日 11時37分

    no title

    ロベルト・カルロスのユニフォームを放置したことを告白した前園真聖氏
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430016614/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 02:55:00.64 ID:???*.net
    セリエA第32節が25日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランは敵地でウディネーゼと対戦した。

    前節、インテルとのミラノ・ダービーが引き分けに終わったミランは、ヨーロッパリーグ出場権獲得に望みを繋ぐために勝ち点3を持って帰りたいところ。フィリッポ・インザーギ監督は、前線に右からジェレミー・メネズ、ジャンパオロ・パッツィーニ、スソを並べ、本田は2試合連続でベンチスタートとなった。

    ウディネーゼは、序盤からアントニオ・ディ・ナターレを中心にゴールへと迫る。開始1分、ディ・ナターレのミドルシュートはディエゴ・ロペスに阻まれる。直後、ディ・ナターレが頭で落としたボールに反応したアレクサンドレ・ヘイホが、ペナルティエリア内右からフリーでシュートを放つが、得点には至らず。

    対するミランは、エリア手前まではボールを運べるものの、パスミスが目立ち、フィニッシュまで持ち込むことができない。35分には、マルコ・ファン・ヒンケルがミドルシュートで狙ったが、大きく枠を外れる。前半終了間際には、ルカ・アントネッリのシュートでネットを揺らすも、ハンドを取られノーゴールの判定。そのままスコアレスで前半を終える。ミランは前半に負傷したガブリエル・パレッタに代えて、アディル・ラミを投入する。58分、ウディネーゼがCKのチャンスを得る。クロスがファーサイドに流れたところ、ジャンピエロ・ピンツィがコントロールしながら右足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。

    先制を許したミランは、スソを下げてアレッシオ・チェルチをピッチに送り出す。7分には、ジャコモ・ボナヴェントゥーラに代えて、マッティア・デストロを入れて攻撃を活性化させようと試みるが、直後に失点を喫する。ゴール正面からディ・ナターレが強烈なミドルシュートを放つと、D・ロペスが一度は防ぐが、弾いたボールをギリェルメが中央に折り返し、最後はエマニュエル・アギェマン・バドゥが押し込んだ。

    2点を追うミランは、88分にチェルチの右クロスにパッツィーニが頭で合わせ1点を返す。しかし、反撃も及ばず時間切れ。ミランは1-2で敗れ、5試合ぶりの黒星となった。次節、ウディネーゼは日本代表DF長友佑都が所属するインテルと、ミランはジェノアとそれぞれホームで対戦する。

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ita/ita-10635032.html


    【スコア】
    ウディネーゼ 2-1 ミラン

    【得点者】
    1-0 58分 ジャンピエロ・ピンツィ(ウディネーゼ)
    2-0 74分 エマニュエル・アギェマン・バドゥ(ウディネーゼ)
    2-1 88分 ジャンパオロ・パッツィーニ(ミラン)
    2015-04-26_03h48_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00306150-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月26日(日)2時50分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429984500/

     
    続きを読む

    2015-04-26_02h47_33

    346: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 01:08:18.68 ID:BpA72z6b0.net

    長谷部の香川へのエルボー攻撃

    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429975351/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 00:26:51.00 ID:???*.net
    ブンデスリーガ第30節が25日に行なわれ、日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンとレヴァークーゼンが対戦した。大迫は先発出場、長澤はベンチスタートとなった。

    前節、MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとスコアレスドローに終わったケルン。
    この日はリーグ戦7連勝と絶好調のレヴァークーゼンをホームに迎えた。

    最初にチャンスを作ったのはアウェーに乗り込んだレヴァークーゼン。9分、CKからキリアコス・パパドプーロスが頭で合わせたが、ここはGKティモ・ホルンの正面だった。

    一方のケルンも攻めに出る。17分、右サイドでスローインを受けたミショ・ブレチュコがペナルティエリアに進入を試みる。ここで倒されてFKを獲得。これをキッカーのヨナス・ヘクターが狙ったが、大きく枠の上へ外れてしまった。

    42分、ペナルティエリア内でドミニク・マロフがシュテファン・キースリンクを倒したとして、レヴァークーゼンにPKが与えられる。しかし、キッカーのハカン・チャルハノールのシュートは、ホルンが横っ飛びでセーブ。大ピンチを凌ぐことに成功する。

    後半立ち上がりはケルンが立て続けにチャンスを作ったが、マティアス・レーマンやマルセル・リッセのシュートは得点には繋がらなかった。

    すると60分、逆にカウンターを食らってしまう。レヴァークーゼンが左サイドからパスワークで崩すと、
    中央でボールを受けたカリム・ベララビがドリブル突破。ベララビが横パスを出すと途中出場のユリアン・ブラントがミドルシュートを叩き込み、レヴァークーゼンが先制した。

    ホームで負けられないケルンは、左CKからアンソニー・ウジャーがヘディングシュートを放ったが、惜しくもゴール右に外れてしまった。83分には長澤を投入し、さらに攻勢を強める。すると直後のロングボールをペナルティエリア内のウジャーが頭で折り返し、途中出場のボルド・フィーネがボレーシュートを叩き込んで、ケルンが同点に追いついた。

    このまま試合終了を迎え、1-1で引き分けた。大迫はフル出場、長澤は83分から出場している。

    次節、ケルンは敵地でアウクスブルクと対戦する。

    【スコア】
    ケルン 1-1 レヴァークーゼン

    【得点者】
    0-1 60分 ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    1-1 83分 ボルド・フィーネ(ケルン

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00306104-soccerk-socc
    SOCCER KING 4月26日(日)0時22分配信
    2015-04-26_02h03_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00306104-soccerk-socc.view-000
    レヴァークーゼン戦に先発した大迫(中央)

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ger/ger-10627248.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429975611/

     
    続きを読む

    2015-04-26_01h38_08
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 00:26:58.23 ID:???*.net
    2015年4月25日 22時53分

    スポニチアネックス
     サッカーのイングランド・プレミアリーグは25日、第34節が各地で行われ、DF吉田麻也のサウサンプトンはホームでトットナムと対戦し、2―2で引き分けた。

     吉田はセンターバックで3試合連続のフル出場。マンチェスターCのFWアグエロと並び得点ランクトップに立つFWケインには仕事をさせず、シュート1本に抑えるなど奮闘したが2―1の1点リードで迎えた後半25分、DFラインの裏へ走りこんだMFシャドリとの競り合いのなか同点弾を決められてしまい不完全燃焼に終わった。

     前節終了時で7位のチームは勝ち点を57に伸ばしたが、同じく勝ち点1を獲得した6位トットナムとの勝ち点差は1のまま。来シーズンの欧州リーグ出場権を争う相手との一戦だっただけに手痛いドローとなってしまった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10049071/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429975618/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 00:22:31.95 ID:???*.net
    [4.25 ブンデスリーガ第30節 ドルトムント2-0フランクフルト]

    ブンデスリーガは25日、第30節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでMF長谷部誠、MF乾貴士の所属するフランクフルトと対戦し、2-0で快勝した。トップ下でフル出場した香川は1-0の前半32分に2戦連発となる追加点。長谷部はボランチでフル出場。乾は3試合連続のベンチスタートで、後半34分から途中出場した。

    28日にDFBポカール(ドイツ国内杯)準決勝のバイエルン戦を控えるドルトムントはMFイルカイ・ギュンドガン、GKロマン・バイデンフェラーがメンバーから外れ、MFマルコ・ロイスもベンチスタート。それでも前半24分、DFマルセル・シュメルツァーの左クロスが至近距離でMFソニー・キッテルのハンドを誘い、PKを獲得すると、これをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがGKのタイミングを外すチップキックで決め、先制点を奪った。

    さらに前半32分、自陣からの縦パスに反応したオーバメヤンが右サイドを駆け上がり、グラウンダーのクロス。ゴール前に走り込んだ香川が滑り込みながら左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

    ユルゲン・クロップ監督の退任発表後、2戦連発となる今季4得点目を決めた香川。2戦連発はドルトムント時代の12年3月に3戦連発を記録して以来、3シーズンぶりだった。

    2-0で折り返した後半もドルトムントのペースで進む。後半22分にはMFヤクブ・ブラスチコフスキに代わってロイスが登場。直後に香川のパスに抜け出したMFヘンリク・ムヒタリアンが右クロスを送り、ロイスがゴール前に飛び込むが、わずかに合わない。同25分にはMFスベン・ベンダーのスルーパスから香川がPA内に走り込むが、左足のシュートはDFのブロックに阻まれた。

    3点目こそ奪えなかったが、危なげない試合運びで2-0の完封勝利をおさめたドルトムント。クロップ監督が今季限りでの退任を発表してから2連勝となり、来季のEL出場圏内に近づくとともに、28日のDFBポカール準決勝へ弾みを付けた。一方のフランクフルトは後半34分から乾がピッチに入るが、3試合連続の無得点に終わり、5試合勝ちなし(2分3敗)となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00471804-gekisaka-socc
    ゲキサカ 4月26日(日)0時20分配信
    2015-04-26_00h45_29
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00471804-gekisaka-socc.view-000
    画像: Getty Images (ゲキサカ)
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429975351/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ