海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年05月

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:21:40.03 ID:???*.net
    現地時間30日に行なわれたドイツカップ決勝で、ヴォルフスブルクに1対3と敗れ、戴冠を果たせなかったドルトムント。試合後、これを最後にクラブを離れるユルゲン・クロップ監督がコメントした。

    香川真司のアシストから開始5分に先制したドルトムントだが、その後一気に逆転されると、後半に入っても反撃できず。指揮官にタイトルをプレゼントすることは叶わなかった。

    試合後、クロップ監督は「1対3で敗れたのだから、自分たちは準優勝だ。これがカップ戦じゃなくてオリンピックだったらもっといい気分だろうけどね」「16分間で3失点してしまった」とコメント。

    ベルリンまで詰め掛けたヴォルフスブルクのサポーターがタイトルに酔う横で、ドルトムントのファンとクロップ監督は互いを称え合った。

    7年指揮したチームに別れを告げるクロップ監督は、「このクラブを去るのは本当に辛いよ。選手一人ひとりに感謝の気持ちを伝えようと思ったんだ。このメンバーと一緒に仕事ができたことを心から誇らしく思っている。それで、彼らと離れるのがどれほど辛いか気付いた」と、素直な気持ちを述べていた。

    ドルトムントは今季ブンデスリーガを7位で終え、本来は来季ヨーロッパカップ(以下EL)出場権を得られない状況だった。ドイツカップを制すれば、ELへのストレートインが叶うはずだったが、これも果たせなかった。

    しかし、チャンピオンズリーグ出場権を得ているヴォルフスブルクがドイツカップ王者となったため、ELの出場枠が1つ空くことになり、繰り上がりでドルトムントがこれを手にすることに。ただし、グループリーグからの出場ではなく、予選からの参戦となる。

    このニュースに喜んだのが内田篤人所属のシャルケ。ブンデスリーガ6位フィニッシュの同チームは本来予選からELに出場する予定だったが、ドルトムントが敗れたため、繰り上がりでグループリーグからの参加に。

    シャルケはクラブ公式ツイッターで「予選ではなく、本戦からのEL出場へ」「ヴォルフスブルク優勝おめでとう。ELの援護射撃ありがとう」と、宿敵を破ったヴォルフスブルクに感謝を示していた。(STATS-AP)
    2015-05-31_23h46_38
    ISM 5月31日(日)13時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00000013-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433074900/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:39:21.04 ID:???*.net
    アーセナルの逆襲 4人のスターに153億円を準備

    エースにJ・マルティネス、守護神にチェフを指名

    アーセナルは来季、悲願のプレミア制覇に向けて4人のスター選手獲得を目指す。そのために8500万ポンド(約153億円)を準備していると英地元紙「デイリー・スター」が報じている。

    今年に入り、国内最多勝率を記録したアーセナルだったが、序盤の苦戦が響いて3位でシーズンを終えた。
     
    ティエリ・アンリ氏は、古巣のアーセナルに対して「4人のトップクラスが必要」と発言。今季チェルシーを優勝に導いたモウリーニョ監督も、それに同調していた。

    アーセン・ベンゲル監督はその意見に反論する姿勢を示していたが、来季に向けて大型補強に踏み切 るようだ。

    FCポルトで3季連続得点王に輝いたFWジャクソン・マルティネスの獲得に動いており、2470万ポンド(約45億円)を準備していると伝えられた。

    一方で守護神には長年、チェルシーのゴールマウスを守ってきたGKペトル・チェフを迎え入れようと画策している。選手自身もロンドンでの生活を希望しているため、加入が濃厚視されている。本人が移籍志望を出しているため、1000万ポンド(約18億円)で交渉する方針だという。

    ビダルとシュナイデルランに合わせて90億円

    さらに、ユベントスのMFアルトゥーロ・ビダルと、サウサンプトンのMFモーガン・シュナイデルランの獲得に本腰を入れている。

    ビダルは中盤ならばどこでもプレーできるユーティリティー性で今季も2冠 に貢献している。セリエA王者の主軸を担ったチリ代表MFに、アーセナルは2500万ポンド(約45億円)を提示するようだ。

    シュナイデルランは昨季から熱視線を送っていたプレミア屈指のボランチ。守備力を備えた上でテンポの速いゲームメイクもできる逸材に、こちらも同額の2500万ポンドを準備していると伝えられている。

    総額にして約153億円。すべてが実現する可能性は低いが、来季は12年振りとなる悲願のプレミア制覇を達成すべく、今夏の移籍市場に全身全霊を注ぐことになりそうだ。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150531-00010001-soccermzw-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433075961/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 21:16:53.49 ID:???*.net
    マンチェスター・Uが夏の移籍市場で3選手の獲得に挑戦すると報じられている。

    ルイ・ファン・ハール監督の下、チームの再生に取り組んでいるマンチェスター・U。プレミアリーグを4位で終え、欧州への復帰は果たしたものの、来シーズンは優勝を目指すことが義務となる。

    ファン・ハール監督としては自らの望む戦力を揃えてクラブやサポーターの期待に応えたいところだが、既にPSVのオランダ代表FWメンフィス・デパイの獲得が内定。

    次なる補強が誰になるのか話題になっているが、総額1億1300万ポンド(約214億6000万円)で3人の選手の獲得を目指すことになると『デイリー・エクスプレス』が報じている。

    1人目の選手は既に移籍に合意したと伝えられているベンフィカのアルゼンチン代表MFニコラス・ガイタン。ガイタンは長年マンチェスター・Uのターゲットとして移籍の噂が流れていたが、ベンフィカ側が2120万ポンド(約40億3000万円)を受け入れると報じられており、遂に実現する見込みのようだ。
    ガイタンは今シーズンもポルトガルリーグで活躍しており、中盤の補強を望むファン・ハール監督にとって待望の選手と言えるだろう。

    マンチェスター・UはFW陣も整備対象だ。モナコからレンタルで加入していたコロンビア代表FWラダメル・ファルカオの退団は既に発表されており、衰えの見えるオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーの代わりも必要な状況にある。

    また、レアル・マドリードへレンタル移籍中のメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは売却される見込みだ。

    パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがターゲットと言われてきたが、最近浮上しているのはナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインだ。今シーズンもイグアインはエースとしてナポリを牽引。まだ27歳という年齢もあり、ストライカーとしてこれから最盛期を迎えることになる。

    ナポリ側は売却に乗り気と報じられており、4200万ポンド(約79億8000万円)の移籍金が必要と予想されている。アーセナルも獲得を目指していると伝えられているだけに、ライバルに先んじたいところであろう。

    最後の1人はドイツ代表MFマルコ・ロイスだ。昨年の夏からロイスはスペインへの移籍を希望していると噂されていたが、シーズン中にドルトムントとの契約延長を発表。

    これはレアル・マドリードがコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを、バルセロナがウルグアイ代表FWルイス・スアレスを獲得した事で“希望の移籍先にポジションがない”と判断したとも報じられている。

    一転、今後もクラブに残る見通しが強まっているが、契約延長時にバイアウト条項が排除されたことは欧州メディアが盛んにロイスの名前を挙げる理由の1つである。“移籍金さえ合意できれば獲得可能”と捉えることができるからだ。『メトロ』などは、“マンチェスター・Uはロイスを満足させる残された唯一のチーム”と評しており、未だ獲得の望みを捨てていないとしている。

    予想されるロイスの移籍金については記載がないが、ガイタン、イグアインから差し引くと約5000万ポンド(約94億9000万円)ということになる。

    マンチェスター・Uはこれらの3選手以外にも多くの選手との間で移籍の噂が流れている。昨年の夏は約1億8600万ポンド(約255億5000万円)を投じているだけに、今夏も赤い悪魔の動向は非常に大きな注目を集めていると言えるだろう。
    2015-05-31_22h14_57
    SOCCER KING 5月31日(日)15時38分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00317722-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433074613/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 13:16:30.74 ID:???*.net
    リヴァプールに所属するFWマリオ・バロテッリが2014-15年シーズンのプレミアリーグにおいて、最も費用対効果の低いFWだったことが明らかとなった。29日のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

    同紙によると、昨夏1600万ポンド(約30億円)でセリエAのミランからリヴァプールに移籍したバロテッリの年俸は470万ポンド(約8億9000万円)と見られている。今シーズン、プレミアリーグで記録したゴールは1得点にとどまっており、1ゴールあたり2070万ポンド(約38億9000万円)という最低の費用対効果を記録した。

    同番付の2位には今年1月にスウォンジーからマンチェスター・Cへ移籍したコートジボワール代表FWウィルフリード・ボニーが入り、同選手は2ゴールを決めたものの、1ゴールあたりの費用対効果は1630万ポンド(約31億円)となっている。

    一方、最も費用対効果が高かったのは、昨夏ブンデスリーガのハノーファーからストークに移籍し、
    11ゴールを挙げたセネガル代表FWマメ・ビラム・ディウフで、1ゴールあたりの費用対効果は19万ポンド(約3600万円)となっている。

    なおプレミアリーグの20クラブは、昨夏と今年1月の移籍市場で、累計2億6000万ポンド(約494億円)以上の移籍金を使用している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00317676-soccerk-socc
    SOCCER KING 5月31日(日)12時46分配信

    2015-05-31_13h44_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00317676-soccerk-socc.view-000
    昨夏にリヴァプールに加入したバロテッリ
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433045790/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 08:44:37.69 ID:???*.net
    DFBポカール決勝が30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはヴォルフスブルクに、1-3で敗れ優勝を逃した。

     ドイツ紙は、同試合に出場した選手の採点(最高点1、最低点6)と寸評を発表。

    『Westdeutsche Allgemeine』紙と『Ruhr Nachrichten』紙は、開始5分の先制点をアシストし、フル出場も果たした香川に、それぞれチーム最高点をつけている。

     香川の採点と寸評は以下のとおり。

    ■『Westdeutsche Allgemeine』紙
    採点:2 

    寸評:「いつものように、ボールに対して根気よくプャーをかけ、この時間帯には珍しくボールを持っても力強かった。 

    オーバメヤンの先制点をアシストすると(5分)、再び精確なパスでロイスの1000パーセントのチャンス(18分)、オーバメヤンの好機(43分)を演出した。

    自身のシュートでは運がなく、ロイスの横パスに完全にタイミングを合わすことができず、ボールはゴールのほんのごくわずか脇を転がって行った(50分)」

    ■『Ruhr Nachrichten』紙
    採点:2.5

    寸評:「数週間前、香川は精神的に弱っていることを認めていた。だが、プレーからはそのことをあまり感じさせずにいた。 

    クロップ監督の愛弟子は、シーズンが終わり近づけば近づくほど、調子を上げていった。ヴォルフスブルクとの決勝では、わすか5分で、コンディションが上がっていることを証明した。

    とてつもなくクレバーで、そして正確なパスでペナルティーエリア内のオーバメヤンに御膳立てし、ドルトムントの先制点につなげた。

    その後も積極的に動き、トリッキーなプレーもしたが、それが報われることはなかった。

    自身にとって最高のチャンスでは、限りなくギリギリのところでシュートを外してしまった(50分)。80分のシュートはGKベナーリオに技を見せつけられた」

    ■『Revier Sport』紙
    採点:3-

    寸評:「5分に上手いクロスでオーバメヤンの先制点をアシスト。18分には、ロイスのビッグチャンスも御膳立てした。

    50分のシュートは、わずかにゴールをそれて1点差に詰め寄ることができず。ドルトムントの中ではいい動きをした1人」
    2015-05-31_10h14_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00317632-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433029477/

     
    続きを読む

    2015-05-31_07h02_45
    [5.30 コパ・デル・レイ決勝 ビルバオ 1-3 バルセロナ]

     コパ・デル・レイ決勝が30日に行われ、ビルバオとバルセロナが対戦し、バルセロナが3-1の勝利を収めて3年ぶり27度目の優勝を果たした。すでにリーガを制しているバルセロナは、08-09シーズン以来、6年ぶりとなる3冠を目指し、6月6日に行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝でユベントスと対戦する。

    詳しい試合内容はソース元で 
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 05:42:44.52 ID:???*.net
    【アタランタ 1-3 ミラン セリエA 最終節】

    イタリア・セリエA最終節が現地時間の30日行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはアウェイでアタランタと対戦した。

    復帰から順調に調子を上げている本田は6試合連続先発出場を果たす。

    ミランは前節2ゴールと完全復活を遂げたFWステファン・エル・シャーラウィを中心にアタランタを攻め立てていく。

    それでも17分、アタランタがチャンスを作る。ザッパコスタのクロスにデニスがヘディングで合わせるも、これはクロスバーに阻まれた。

    21分、アタランタに先制点が生まれる。再び右サイドからモラレスのクロスにバゼッリがヘディングで叩き込んだ。

    しかし35分、ミランがPKを獲得する。エリア内でFWパッツィーニが倒されると、これを本人が冷静に沈めた。

    続く38分にはミランが本田の抜け出しから、こぼれ球をボナベントゥーラが押し込み逆転に成功する。

    80分にはボナベントゥーラが再び追加点を奪い、2ゴール目をマークした。

    後半もアタランタの攻撃がミランを脅かすも、なんとか逃げ切り3-1で勝利を収めた。

    【得点者】
    21分 1-0 バゼッリ(アタランタ)
    35分 1-1 パッツィーニ(ミラン)
    38分 1-2 ボナベントゥーラ(ミラン)
    80分 1-3 ボナベントゥーラ(ミラン)
    2015-05-31_05h53_14
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150531-00010005-footballc-socc
    フットボールチャンネル 5月31日(日)5時40分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433018564/

     
    続きを読む

    2015-05-31_05h10_29
    [5.30 DFBポカール決勝 ドルトムント1-3ボルフスブルク ベルリン]

     DFBポカール(ドイツ国内杯)決勝が30日、ベルリンのオリンピアシュタディオンで開催され、MF香川真司の所属するドルトムントはボルフスブルクに1-3で敗れ、準優勝に終わった。香川はトップ下でフル出場。前半5分の先制点をアシストしたが、チームはその後3失点し、今季限りで退任するユルゲン・クロップ監督のラストマッチを優勝という形で飾ることはできなかった。

    詳しい試合内容はソース元で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00617120-gekisaka-socc
    続きを読む

    tumblr_np6dggDDrf1qe6ixio2_540


    続きを読む

    tumblr_np6d7hsgKA1rjev45o1_540

    香川のクロスからオーバメヤンがゴール!ドルトムント先制

    速報DFBポカール決勝 (前半途中)
    ドルトムント【1-0】ヴォルフスブルク
    得点者
    オーバメヤン(ドルトムント)

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ