海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年08月

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 20:47:49.29 ID:???*.net
    「日本代表合宿」(31日、埼玉県内)

    9月に行われるW杯ロシア大会アジア2次予選2試合へ向けた合宿がスタートしたが、初日の練習冒頭にバヒド・ハリルホジッチ監督(63)のカミナリが落ちた。

    GK西川周作(浦和)、MF遠藤航(湘南)、FW宇佐美貴史(G大阪)、興梠慎三(浦和)の4人の体脂肪率が指揮官が定める数値よりも高く、トレーナーなどと相談して改めるよう指導した。この日、取材応対した遠藤は所属の湘南よりも高い数値が出たため、少し驚いた様子だった。

    湘南では9~10%の体脂肪率を維持し、来年のリオ五輪出場を目指すU-22代表で測定しても10%ほどという数字が出ていた。ところが、今回の測定では「13%ちょい」(遠藤)を記録してしまい、指導が入った。次代を担う22歳のボランチは「気をつけなきゃいけないなとは思いますけど、体重を減らすよりは、筋肉に変えるようにしなきゃいけないと思います」と反省した。

    クラブやU-22代表よりも高い数値が出てしまった理由は、測定方法の違いにあった。これまでは手で測定器具を持って測っていたが、A代表ではそれに加えて体の何カ所かの肉をつまんで測定する器具も用いている。遠藤は自分の胸をつまみ「ギュって。痛いぐらいにつままれましたから」と、苦笑いで振り返った。

    4人の中では興梠が特に厳しく指導を受けていた。そんな中、背筋を伸ばして話を聞いていた遠藤は「話はしっかりした態度で聞かないといけないと思っていますから。ミーティングでもそうしてます。いつもと一緒です」と真摯(しんし)に語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000092-dal-socc
    デイリースポーツ 8月31日(月)20時26分配信
    2015-08-31_21h29_30
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000092-dal-socc.view-000
    ハリルホジッチ監督(右から2人目)が手にした資料をのぞき込む(左から)西川周作、宇佐美貴史、遠藤航、興梠慎三=埼玉県内のグラウンド
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1441021669/

     
    続きを読む


    nico3-500x334
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 17:58:09.19 ID:???*.net
    歌手・女優として活躍する小柳ルミ子さんが28日、平日12時からニコニコ生放送で放送している『サッカーキング ハーフ・タイム』に生出演し、サッカー解説者の川勝良一さんとサッカー談義に花を咲かせた。

    小柳さんは、昨年のブラジル・ワールドカップや今夏に開催されたコパ・アメリカを全試合視聴するほどのサッカー好き。最もリスペクトするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが所属するバルセロナが勝利した試合は、生放送含め10回以上はテレビ観戦するという。

    今回は、憧れの解説者・川勝さんを前にして「解説のプロ。声が柔らかくて、トーンが良い。サッカーの戦術や専門的な話だけではなく、人間的なことを分析して深い話をしてくださるので、毎日勉強しています」と大絶賛。念願の対面が実現し、「川勝さんが解説する試合は、チームに関係なく勉強になるので見ています」と番組終了まで興奮冷めやらぬ様子だった。

    27日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせ抽選会に話題が及ぶと、小柳さんは「レアル・マドリードを倒して、バルセロナが連覇してほしい。自信は100パーセント!」と史上初となるCL連覇を願うとともに、ライバル撃破を目標に掲げた。

    かねてからメッシの大ファンであることを公言しているが、本人には一度も会ったことがないそうで、すでに12月10日に開幕するFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2015を待ちわびている様子。もし、会う機会が出来たなら「緊張で喋れないでしょうね。当然、泣くでしょう。でもどうしても会いたいんです!」と夢を膨らませた。

    「技術、人間性、なんだろう……すべてが魅力ですね。誰がゴールしても一緒になって喜ぶし、自分がゴールした時の笑顔はサッカー少年そのまま。人間的にも本当に可愛らしい」とメッシの魅力を力説。
    “メッシ愛”を存分に語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00345522-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1441011489/

     
    続きを読む


    2015-08-31_09h56_45
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 11:34:42.17 ID:???*.net
    天職のトップ下以外でも獅子奮迅の活躍

    ドルトムントの日本代表MF香川真司は30日、ブンデスリーガ第3節ヘルタ・ベルリン戦で先制点のアシストするなど、全3得点に絡む大活躍で3-1の勝利に貢献した。

    チームも開幕から破竹の3連勝を飾っている。殊勲の香川はいつものトップ下ではなく、中盤で躍動。
    ブンデスリーガ公式サイトのインタビューで充実の日々を言葉にしている。

    トップ下を天職とする香川が、ポジションを1つ下げても完璧なパフォーマンスを見せた。前半27分にショートコーナーから左足で巧みに左足でDFフンメルスに完璧なクロスを供給し、ヘディングでのゴールを見事にアシストした。

    後半6分には左サイドから中央にボールを持ち上がると、ファーサイドのDFギンターに展開。この折り返しを最後はFWオーバメヤンが決めた。後半アディショナルタイムにもFWラモスのゴールの起点となるなど、ドルトムントの攻撃をけん引した。

    リーグ開幕3試合で1得点2アシストと輝きを取り戻した香川は、2点目の崩しに自信を浮かべている。

    「みんなが前に流動的に攻撃ができているときが、すごく自分たちのサッカーができているので、そういうところでもっと圧倒できたらいいのかなと思っている」

    流動自在なドルトムントの中心

    今季ドルトムントは欧州リーグプレーオフのオッズ戦2試合を含め、公式戦5連勝。無敵の強さを示しているが、チームの無双状態については「本当にスタートは大事だと思っていましたし、チームとしても毎試合、毎試合、集中できている。開幕戦からしっかり1試合、1試合を大事に戦っているので、これを最後まで続けてやっていくことが大事かなと思っている」と振り返った。

    今季もトップ下で好調ぶりを発揮していた香川は、この日は中盤の3枚の左にシフト。日本代表のハビエル・アギーレ前監督時代に託されたポジションでもある。慣れ親しんだ10番の位置ではなく、8番の役割を担うことになったが、香川は「今のポジションはやっていてすごく楽しい。新たな経験だったり、発見がたくさんあるので、すごく充実している」と強い手応えを口にしている。

    ドルトムントの強さを生み出す流動性の中心には、切れ味鋭い動きで違いを見せる香川の存在がある。この好調ぶりはもはや完全復活と言ってもいいのかもしれない。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150831-00010003-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440988482/

     
    続きを読む


    17: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/08/31(月) 02:01:25.53 ID:L6ToGLtL0.net

    no title
    引用元 http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1440952984/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 02:36:41.85 ID:???*.net
    ボルシア・ドルトムントMF香川真司は30日、ブンデスリーガ第3節ヘルタ・ベルリン戦でフル出場し、アシストを記録して3-1の勝利に貢献した。

    香川は27分、ショートコーナーからDFマッツ・フンメルスの先制点をアシスト。後半立ち上がりにも追加点に絡む。67分の決定機を決めることはできなかったが、1点を返されて迎えた後半アディショナルタイムにも3点目に絡む活躍を見せた。

    ドイツ『ビルト』は、ヘルタの守備重視のプレーを「ベルリンの壁」と称した。だが、その「壁」を崩して貴重な先制点を演出した香川に、フンメルスと並ぶチーム最高の「1」をつけている。

    地元紙『WAZ』での香川に対する採点は「2.5」。フンメルス、やMFイルカイ・ギュンドアンにチーム最高タイの「2」をつけた同メディアは、チーム3位タイの採点となった香川について、寸評で次のように評している。

    「日本人選手はドルトムントの攻撃陣で最も良く、最初の2ゴールには決定的な形で絡んだ。正確なクロスで先制点をアシストすると、2点目でも優れたプレーを見せた。香川は自ら得点を記録できず、高めのシュートは無人のゴールをとらえなかった」

    『ルールナハリヒテン』も香川に「2.5」をつけたが、フンメルスと並んでチーム最高タイという位置づけだ。以下のように評価している。

    「ショートコーナーはほかのクラブで採用されなくなっているが、香川の先制点のアシストのように、完璧なカーブで正確にペナルティーエリア内へと飛ぶクロスであれば、このようなプレーに文句はないだろう。アシストがセットプレーから生まれたのは(この試合において)特徴的だった」

    「しかし、香川はほかのオプションも見せている。2点目に絡むマティアス・ギンターへのクレバーなループパスだ。20メートルの位置から無人のゴールを外したのは、ドンマイ」

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
    2015-08-31_09h56_45
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00000033-goal-socc
    GOAL 8月31日(月)2時15分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440956201/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 03:42:22.38 ID:???*.net
    オーストリア・ブンデスリーガ第7節が30日に行なわれ、シュトゥルム・グラーツとFW南野拓実が所属するザルツブルクが対戦した。南野は4試合ぶりにベンチスタートとなった。

    ザルツブルクはここまでリーグ戦6試合を2勝2分け2敗と勢いに乗れていない。前節はオーストリア・ウィーンと2-2の引き分けで終わり、2試合ぶりの勝利を狙う。一方のシュトゥルム・グラーツはここまで2勝3分け1敗。前節、リートに0-1で敗れ今シーズン初黒星を喫していた。

    試合は開始3分、シュトゥルム・グラーツがルーカス・スペンドルホーファーのオウンゴールで、ザルツブルクに先制点を献上。前半はザルツブルクの1点リードで折り返す。

    後半に入って53分、ハニ・ムフタールからのロングボールでペナルティエリア内右に抜け出したヨルディ・レイナが右足シュートを決めて、ザルツブルクが追加点を獲得した。

    ザルツブルクは64分に、ムフタールを下げて、南野を投入。するとその2分後に南野が追加点を獲得する。シュテファン・ライナーが相手GKのパスをカットしエリア内に侵入。飛び出した相手GKと混戦になるが、最後はライナーの中央への折り返しに、ファーサイドの南野が右足で押し込んで、チーム3点目を奪った。

    南野は今シーズンのリーグ戦で2得点目。27日のヨーロッパリーグ予選プレーオフ・セカンドレグのディナモ・ミンスク戦に続き、公式戦で2試合連続ゴールとなった。

    3点リードを奪い試合は決まったかに思われたが、グラーツが終盤に意地を見せる。70分、エリア内中央のヨシプ・タディッチの落としを、アネル・ハジッチがダイレクトで右足を振り抜く。強烈なシュートはザルツブルクDFに当たり、コースが若干変わり、ゴール右隅に突き刺さった。

    さらに88分、左CKから、ダニエル・オッフェンバッハーのボールに、タディッチが頭で合わせて、シュートを枠の左隅に決めた。

    1点差に詰め寄ったグラーツだったが、反撃もここまで。ザルツブルクは南野の1点を守り切り、3-2で今シーズンのリーグ戦で3勝目を収めた。

    ザルツブルクは次節、9月12日にアウェーでグレーディヒと対戦する。

    【スコア】
    シュトゥルム・グラーツ 2-3 ザルツブルク

    【得点者】
    0-1 3分 オウンゴール(ルーカス・スペンドルホーファー)(ザルツブルク)
    0-2 53分 ヨルディ・レイナ(ザルツブルク)
    0-3 66分 南野拓実(ザルツブルク)
    1-3 70分 アネル・ハジッチ(グラーツ)
    2-3 88分 ヨシプ・タディッチ(グラーツ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00345402-soccerk-socc
    SOCCER KING 8月31日(月)3時39分配信
    2015-08-31_09h32_57
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00345402-soccerk-socc.view-000
    ザルツブルク所属のFW南野拓実(写真は前節オーストリア・ウィーン戦のもの)
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440960142/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 05:42:20.66 ID:???*.net
    [8.30 セリエA第2節 カルピ1-2インテル]

    セリエAは30日、第2節2日目を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でカルピと対戦し、2-1で勝利した。長友は後半35分から途中出場し、今季初出場を果たした。

    23日のアトランタとの開幕戦、インテルは後半アディショナルタイムにFWステファン・ヨベティッチが劇的決勝弾によって白星発進を決めた。第2節の相手は今季よりセリエAに昇格したカルピ。きっちり勝利し、さらに勢いを付けたい一戦になった。

    予想通り、インテルが主導権を握りながらゲームを進めた。前半31分、MFフレディ・グアリンが右サイドからアーリークロスを上げると、ファーサイドから走り込んだヨベティッチがGKと交錯しながら突破する。競り勝ったヨベティッチが無人のゴールに流し込み、インテルが先制に成功した。

    開幕戦に続くベンチスタートとなった長友は後半35分から登場。DFダビデ・サントンと交代で今季初出場を果たすと、そのまま右SBに入ってプレーした。

    しかし直後の後半36分、まさかの同点弾を浴びてしまう。右サイドから低いクロスをゴール前に入れられると、長友の前に入ったFWアントニオ・ディ・ガウディオに流し込まれ、同点。移籍報道で揺れる長友にとっても、印象の悪い同点被弾となってしまった。

    ただインテルは後半44分、グアリンの突破からPKを獲得。これをヨベティッチが確実に決めて勝ち越し。開幕戦に続く新背番号10の活躍で、インテルが開幕連勝を決めた

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-01017910-gekisaka-socc
    ゲキサカ 8月31日(月)5時39分配信
    2015-08-31_09h09_00
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-01017910-gekisaka-socc.view-000

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ita/ita-10788610.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440967340/

     
    続きを読む

    2015-08-31_01h08_10

    321: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 00:42:26.81 ID:xdadvx2o0.net
    今日のラモス

    ラモス魚雷


    キーパーと1vs1も誤審でオフサイド判定

    まったくいいところなく昨シーズンのラモス悪夢がよみがえる

    みんなのお膳立てで感動ゴール

    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440948332/

     
    続きを読む


    2015-08-31_00h46_50

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 00:25:32.32 ID:???*.net
    キックオフ:22:30 / 試合会場:シグナル・イドゥナ・パーク

    ボルシア・ドルトムント 3-1 ヘルタBSC

    マッツ・フメルス(前半27分)
    ピエール・エメリク・オーバメヤン(後半6分)
    サロモン・カルー(後半33分)
    アドリアン・ラモス(後半48分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786856
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1440948332/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ