海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年09月


    pc_20150219192104QUNMX3BybG9nb18yMDE1LmpwZw
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 19:18:25.24 ID:???*.net
    G大阪はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)広州恒大(中国)との準決勝第1戦に向けて29日敵地で前日会見に臨んだ。

    準々決勝第2戦で退席処分となった長谷川健太監督(50)はベンチに入れないが、MF倉田秋(26)とともに会見に出席。

    「私がいないからといって、大して結果には左右しないと思っている。何かあってもピッチで修正できる質の高い選手が揃っている」と全幅の信頼を寄せた。

    また現地報道によると、広州恒大は得失点差+1ごとに500万元(約9500万円)、最大で5000万元(約9億5000万円)のボーナスが支給されることも判明。

    長谷川監督は「日本はそういうのはないけど、スポーツマンシップに乗っ取って戦いたい」と話した。

    サンケイスポーツ 9月29日(火)19時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00000517-sanspo-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443521905/

     
    続きを読む


    no title
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 17:44:05.52 ID:???*.net
    デビッド・ベッカムと妻ヴィクトリアが建てた邸宅が、バッキンガム宮殿をもじってベッキンガム宮殿と呼ばれていた時代があったが、どうやらベッカム一家の資産総額が5億ポンド(約906億円)を超えたそうで、エリザベス女王よりもリッチになったと英紙デイリー・メールが伝えている。

    この資産評価はロンドン・スクール・オブ・マーケティングの専門家たちが行ったもので、ベッカム夫妻が関与しているビジネスや、世界で最も有名な家族としての一家の市場価値などを試算したものだそう。妻のヴィクトリアはファッションデザイナーとして成功しており、業界でも一流のビジネスウーマンとして認められているし、ベッカム家は有名サッカー選手とその家族という枠組から進化しているという。現在、一家の年収は約4000万ポンド(約73億円)と推定されている。

    ベッカム家のビジネスの3本柱は、サッカー関連の仕事(写真のコピーライトやスポンサーシップ)を管理するデヴィッドの会社のフットワークプロダクション、一家のその他の分野での仕事(モデル業や推薦広告など)を管理するベッカム・レーベル、そしてヴィクトリアのファッション事業を管理するベッカム・ヴェンチャーで構成されている。それらの事業やと事業以外の資産をすべて合計すると、一家の資産は約5億ポンドとなる。一方、エリザベス女王は今年のサンデー・タイムズ紙の長者番付で資産3億4000万ポンド(約617億円)と発表されていた。

    ロンドン・スクール・オブ・マーケティングのCMOは、「ベッカム家の興味深い点は、一家としてだけでなく、個人的にそれぞれが有名だということです。例えば、次男のロメオ・ベッカムはバーバリーのモデルとして知名度を得ています。彼らは王室に次ぐ、英国の象徴的家族です。彼らのような存在は他にありません」と話している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00000029-mvwalk-movi
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443516245/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 18:30:32.39 ID:???*.net
    中国からの超高額オファーを蹴っていた

    あくまでも、今夏にボカへの帰還を果たしたのは、古巣への思いが強かったからだという。そして、中国からの超高額オファーを蹴っていたことも明かした。

    「ユベントスを去ると決めた後に、中国のクラブからすごいオファーがあったんだ。年俸で、2000万ユーロ(約27億円)を出すと言ってきた。だが、そういう問題ではないんだ。人間は裸で生まれ、裸で死んでいく。それは、いくら金があっても変わらない。僕は10年間、家族と離れていたし、愛するクラブの助けになりたかったんだ」

    世界トップクラスの年俸が保証されているオファーを蹴ってでも、家族とボカへの思いを優先させたテベス。古巣ユベントスの苦境を憂いながらも、アルゼンチンの地で望んだ生活を手に入れているようだった。

    Soccer Magazine ZONE web 9月29日(火)10時42分配信 一部抜粋
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00010003-soccermzw-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443519032/

     
    続きを読む

    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 14:01:11.92 ID:???*.net
    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が、すでに戦力外を 明言している元スペイン代表GKビクトル・バルデスにさらなる過酷な冷遇処置をとると英地元メディアが報じている。地元紙「デイリー・ミラー」は「ルイス・ファン・ハールがマンチェスター・ユナイテッドのGKビクトル・バルデスを練習場の規則で屈辱を与える」と特集した。

    昨季途中にフリーエージェントでマンUに加入したバルデスは、ファン・ハール監督の哲学に反したという理由で今季開幕前に戦力外を告げられていた。バレンシア移籍などの可能性も浮上し、今夏の移籍市場閉幕直前にはトルコ強豪ベシクタシュへの移籍寸前となったが、破談。急転残留していた。

    バルセロナ時代にUEFAチャンピオンズリーグ制覇に3度貢献している守護神は、すでに過酷な状況に陥っている。今季始動日にユナイテッドのカーリントンのクラブハウスに戻ると、トップチームのロッカールームにはバルデスの居場所はなかった。ユニホームなど、すべてU-21チームに移され、バルデス自身もファーストチームからの追放を言い渡された。トップチームとの食事も禁止され、昼食も一人だったという。
    .
    そんなバルデスに対し、バルセロナ時代の恩師であり、ユナイテッド移籍に尽力したはずのオランダ人指揮官から鬼の仕打ちが新たに下されたという。マンUのトップチームの練習中は、バルデスのカーリントンの練習場への立ち入りを禁止。トップチームが練習場を離れた後、トレーニングを許可されたという。チームが午前練習で昼食後に解散となる場合、バルデスは午後に練習を行うことになるもようだ。

    指揮官は2週間前、バルデスに対してU-21、U-18のチームの練習か個別練習とアカデミーのコーチ限定の練習のみを認めたという。それも直接会話はせずに、他のコーチと関係者を通じて指示を伝えたようだ。

    記事では「これがファン・ハールの妥協を知らないマン・マネジメントの方針で、オールド・トラッフォードに多くの友人を勝ち得ない新たな例である」と指摘されている。

    2年連続で200億円以上の補強を行い、指揮官は今季のマンUを現在リーグトップへ導いた。だが、守護神デ・ヘアも兄と慕うベテランへのあまりの冷遇は大きな波紋を広げている。
    2015-09-29_14h54_02
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00010007-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443502871/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 08:35:28.63 ID:???*.net
    エスパニョール戦の5得点は単なる固め打ちか

    エスパニョール戦での5得点は我々の目を欺いているのか?

    そんな声がレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドに注がれている。ロナウドはエスパニョール戦とチャンピオンズリーグのシャフタール戦でハットトリックを達成したが、今季はこの2試合以外で得点を取ったことがない。グラナダ戦、アスレティック・ビルバオ戦、マラガ戦と無得点は続き、それに合わせるようにチームの得点数も上がらない。

    『マルカ』によると、ロナウドはここまでリーグ戦6試合で48本のシュートを打っているが、前述したように決まったのはエスパニョール戦の5点のみ。昨季のシュート決定率が21.52%だったのに対し、今季は半分の10.41%まで落ちている。また、枠内シュートの半数近い49.84%がゴールネットに突き刺さっていた昨季に対し、今季は22.72%と落ちている。非常に細かい問題だが、シュートの精度にも多少のブレが生じているのかもしれない。

    カリム・ベンゼマやノリートと並んで得点ランキングトップであることや、1試合で5点奪うような選手が不調などあり得ないといった声もあるが、同メディアはロナウドに「プチ危機」が迫っていると伝えている。
    エスパニョール戦の一件で今季も変わらず怪物だと見られているが、あれはただの固め打ちに過ぎなかったとの見方もある。

    チームも開幕から今ひとつ波に乗れず、どこか乏しい得点数もクリスティアーノ ・ロナウドの停滞が関係しているのだろう。いつもはポジティブな記録ばかりを作る男が、今季は何かと悪い知らせが多くなっている。次節はアトレティコとのマドリード・ダービーが待っているが、堅牢なアトレティコ相手に「プチ危機」ではないことを証明できるか。
    2015-09-29_14h33_18
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00010006-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 9月29日(火)8時30分配信
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443483328/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 22:46:17.95 ID:???*.net
    26日に行われたブンデスリーガ第7節のヴォルフスブルク戦でハノーファーMF清武弘嗣が1-1の同点弾を決め、自身のリーグ戦100試合出場を自らのゴールで祝った。ドイツメディアでは、日本代表MFのプレーは軒並み高評価となっている。

    こ の一戦で、日本人選手7人目のブンデスリーガ100試合出場を達成した清武。57分には胸トラップからそのまま右足ボレーを放ち、強豪ヴォルフスブルクとの“ニーダーザクセンダービー”を振り出しに戻した。ブンデスリーガ公式ウェブサイトからマン・オブ・ザ・マッ チに選ばれた清武だが、各メディアでも高い評価を得ている。

    ドイツ『ビルト』は、清武のゴールがハノーファーのミヒャエル・フロンツェック監督を解任から救ったとし、両チーム単独最高点の「1」をつけてそのパフォーマンスを絶賛。「ドリームゴールを決めたスーパー日本人」と、第7節ベストイレブンにも選出している。

    『キッ カー』は清武をGKロン=ロベルト・ツィーラーとともにチーム最高タイの「2」として、マン・オブ・ザ・マッチ及び今節のベストイレブンにも選んでいる。そのプレーについては、「優れたテクニックと機敏な動きによって、相手はほとんどつかめなかった」と記し、ゴールのほか「アルトゥル・ソビエフの絶好機も演出した」場面も評価した。

    また地元紙『HAZ』の清武のプレーに対する評価は「1.5」と、チーム単独最高の採点となった。寸評では「ピッチ上のベストプレーヤーだった」と絶賛し、「常にチームメートの位置を把握している」とも記載。前節シュトゥットガルト戦で受けた打撲を感じさせなかったと続けている。

    連敗こそ5でストップさせたものの、いまだ勝利のないハノーファーは勝ち点2で最下位に沈んだままだ。10月3日に行われる次節では、ホームでブレーメンと対戦する。

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
    2015-09-29_08h16_03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150928-00000029-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443447977/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 21:16:47.53 ID:???*.net
    中盤の選手構成、選手交代もいずれも失格

    ACミランは27日、敵地ジェノア戦で0-1の敗北を喫した。これで今季のリーグ戦成績が3勝3敗の勝ち点9。結果と試合内容の乏しさがイタリア国内で批判の対象となっている。

    イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「ミハイロビッチのミランは、ピッポよりもひどい」と特集を組んだ。昨季10位に終わり、欧州のカップ戦出場権を逃すなど、成績不振を理由に解任された前任者フィリッポ・インザーギ前監督時代以下と厳しい見出しで報じている。

    実際に、第6節終了時のデータで比較してみると、昨季は3勝2分1敗で勝ち点11。13得点9失点だった。

    今季は3勝3敗で勝ち点9。8得点9失点と、得失点差はマイナスに転じている。

    それ以上に、ジェノアに支配されて防戦一方になったゲーム展開を指し、「失望の結果。プレーはどこへ行ったのか」と、ピッチ上でのパフォーマンスに厳しく疑問符を突きつけている。こうした状況に「中堅のミランをジェノアが倒した」と切り捨てた。もはやミランはトップレベルの強豪ではないという扱いで、ジェノアの勝利が大金星といえるものではないと論じている。
    .
    トップ下失格のボナベントゥーラはボランチが適任

    そして、いくつかの問題点の中で、「間違ったシステム」として中盤の配置を厳しく批判している。まず、やり玉に挙がっているのが元オランダ代表MFナイジェル・デヨングだ。

    「デヨンクにメッザーラ(3ボランチの左右)は不可能だ。推進力がなく、パス回しのリズムも変えられない。ベンチにはアンドレア・ポーリとユライ・クツカがいた。クツカが故障明けだったことを考慮すれば、ポーリを入れてデヨンクがベンチに座るのが正しいのではないか。この指摘は今季もう2回目だ」

    元オランダ代表のつぶし屋は、よりテクニカルなプレーが求められるポジションでは難しいと厳しく論評している。同時に、前節まで日本代表FW本田圭佑が務めていたトップ下に入ったイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラに対しても厳しい言葉を並べた。

    「ボナベントゥーラは、メッザーラでチームに与えていたものの方が、トップ下でのそれよりはるかに大きい。ジェノアのようなチームを相手にした時は特にそうだ。今までのポジションの方が、彼のダイナミズムはより生きてくるだろう」

    本田に対しても厳しい言葉を並べていたガゼッタ紙だが、ボナベントゥーラに対しても事実上の失格宣言を下した。そして何よりも、そのような選手起用をしたミハイロビッチ監督の決断が全ての元凶であると厳しく批判している。
    2015-09-28_23h29_16
    続きは↓の記事から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150928-00010014-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443442607/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 18:04:58.12 ID:???*.net
    自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制を逃れるため、ディーゼル車に不正なソフトウェアを搭載し、アメリカ合衆国政府から数兆円とも言われる制裁金を科されたとされる事件は、同社をバックに持つブンデスリーガ1部所属のVfLヴォルフスブルクをも巻きこんでいる。

    2007年にVWの会長となり、23日に今回の件で辞任したマーティン・ヴィンターコーン前会長は、少年時代にTSVミュンヒンゲンでゴールキーパーとしてプレーするなど、サッカーへの愛着も人一倍強く、アウディでトップを務めていた際にも、同社がスポンサーとなっているバイエルンの取締役に就任していた。

    『Sportschau.de』によれば、バイエルンという超巨大クラブの内部を知ったヴィンターコーン氏は、VWに籍を移して以降、ヴォルフスブルクをバイエルンと同じようなビッグクラブへ育てあげることを目標にしていたという。

    2008-09シーズンに悲願のブンデスリーガ制覇を成し遂げたものの、多くのシーズンで彼らの定位置は中位だったヴォルフスブルクの改革は、今年に入りようやく軌道に乗り始めた。デュッセルドルフで行われたスポーツビジネスの見本市『Spobis』で、ヴィンターコーン前会長の右腕であるシュテファン・グリューゼム氏は「我々が目指すところは世界のトップレベルに到達すること」と、今後の積極投資を約束。

    それは早くも結果に反映され、昨シーズンはリーグ2位、DFBポカール優勝という好成績で幕を下ろした。

    そんな矢先に起きた騒動だけに、多くの人は「果たしてこれがヴォルフスブルクにどのような影響を与えるのか?」に注目している。

    しかし、同クラブの強化部長を務めるクラウス・アロフス氏は、「VWは我々に多くの投資を行ってくれているが、それは決してヴィンターコーン前会長“だけ”の意向ではなかった。このクラブは、彼の趣味で成り立っているわけではないんだ。それに我々の経営に参加することは、VWという企業全体から見れば、かなり小規模になる」と話し、経営規模の縮小や、選手の売却などには直結しないと考えている様子。

    そして「確かに私は(ヴィンターコーン前会長の右腕である)取締役のガルシア・ザンツ氏と会談した。しかし、この件がどのような影響をチームに与えるかということについては全く話さなかった。なぜなら、それは必要な話ではないからだ」と、あくまで“問題なし”を強調している。

    昨季のような強さを維持し、これから強豪としての地位を築いていくのか、それとも親会社の危機が飛び火し、凋落の日を迎えてしまうのか――クラブ史上2度目の欧州チャンピオンズリーグに出場中のヴォルフスブルクは今、正念場を迎えている。
    GettyImages-489573616-500x358
    SOCCER KING 9月28日(月)18時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150928-00354768-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443431098/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 11:59:06.16 ID:???*.net
    ★「相手に自信を与えてしまった」

    ドルトムントの日本代表MF香川真司が、27日のブンデスリーガ第7節ダルムシュタット戦で同点弾の起点となる絶妙なクロスを送った。だが、2-2の引き分けに終わり、トーマス・トゥヘル監督から厳しい一喝を浴びたという。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。

    後半アディショナルタイムに途中交代となった香川は、反省モードだった。「ここ2試合は、特に前半うまく試合に入れていなかった。その中で失点してしまい、ビハインドを背負った状況で戦うのはどうしても苦労しますし、相手に自信を与えてしまった」

    前節では、勝ち星のないホッヘンハイム相手にドロー。この試合では、前半17分、ダルムシュタットに先制点を奪われる苦しい立ち上がりとなった。ここまでレバークーゼンとブレーメンから白星を挙げ、敵地シャルケ戦でも勝ち点1を持ち帰るなど、健闘する2部からの昇格組を相手にビハインドを追って前半を折り返した。

    ハーフタイムにトゥヘル監督からは、厳しい喝が入ったという。香川も「『こんな試合をしていてはダメだ』と言ってました」と明かしている。その言葉にチームは発奮。後半に入ると、エースFWオーバメヤンが18分、26分に連続ゴールで一時は逆転に成功している。

    香川にも指示が飛んだ。「『もっとゴール前に入っていけ』とも言われました。それも『1枚じゃなくて、2枚、3枚じゃないと周りも空かないし怖さもないから、そういうところでスピードアップをして、(ボールを)入れていけ』と言われました」

    ★2試合連続の不完全燃焼ドローに香川も反省

    ペナルティーボックス近くでの連係を高めることが、ラストパス、フィニッシュに高い精度を見せる香川の武器を生かす近道となる。厳しくも愛情あふれる叱咤(しった)激励だった。指揮官は、日本人プレーメーカーに危険なエリアでプレーすることを命じていた。香川も同点ゴールのシーンでは、DFラインの裏に走りこんだギンターに絶妙なクロスを送り、起点となっていた。

    チームは終了間際の後半45分にまさかの同点ゴールを浴びた。香川は自分自身のプレーに関して
    「距離感が悪かった。ボールを持ってもなかなか出しどころが見当たらなくて、今日は特に苦労した」と反省した。

    香川は「受け入れるしかない」と言い、2試合連続の不完全燃焼ドローに前を向いた。その先には王者バイエルン・ミュンヘンの姿がある。次節は、ついに敵地での直接対決を控える。開幕から7連勝中と好調の王者をたたき、再び浮上のきっかけをつかみたいところだ。
    GettyImages-490289520-466x490
    2015.09.28 (Mon)
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/16386/2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443409146/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 02:29:01.51 ID:???*.net
    [9.27 ブンデスリーガ第7節 ドルトムント2-2ダルムシュタット]
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786891

    ブンデスリーガは27日、第7節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでダルムシュタットと対戦し、2-2で引き分けた。左インサイドハーフで先発した香川は0-1の後半18分に同点ゴールを演出。その後、一時は逆転したが、試合終了間際に追いつかれ、2試合連続のドローに終わった。

    前節のホッフェンハイム戦(1-1)で開幕からの連勝が5でストップしたドルトムント。ホッフェンハイム戦から復帰したMFマルコ・ロイスに加え、この日はMFヘンリク・ムヒタリアンも2試合ぶりの先発となり、香川、ロイス、ムヒタリアン、FWピエール・エメリク・オーバメヤンの4人がそろい踏みした。

    現地メディアから「ファンタスティック4」と命名されたドルトムントの攻撃を牽引する4人がそろって先発するのは8月30日の第3節ヘルタ・ベルリン戦(3-1)以来、4試合ぶり。前半7分には香川のパスからムヒタリアンが右足ミドルを狙ったが、ゴール左に外れた。

    すると前半17分、ダルムシュタットはカウンターから左サイドのスペースに飛び出したMFジェローム・ゴンドルフのクロスをMFマルセル・ヘラーが右足ダイレクトボレーでゴール左隅に突き刺し、先制点。ワンチャンスを生かしてリードを奪った。

    ドルトムントは前半20分、香川のスルーパスからPA内右に抜け出したロイスのグラウンダーのクロスにオーバメヤンが滑り込みながら左足を伸ばすが、わずかに合わせ切れない。引いて守るダルムシュタットを攻めあぐね、前半を1点ビハインドで折り返した。

    後半立ち上がりも膠着状態が続き、トーマス・トゥヘル監督が動く。後半14分、ロイスに代えてMFアドナン・ヤヌザイを投入。すると後半18分だった。PA左手前でボールを受けた香川が逆サイドへ絶妙な浮き球のクロスを送る。ピンポイントのサイドチェンジに走り込んだDFマティアス・ギンターが右足ダイレクトで折り返し、オーバメヤンが右足ボレーを叩き込んだ。

    香川が起点となり、オーバメヤンが開幕から7試合連続ゴールを達成。ついに1-1の同点に追いついた。ホームで勢い付くドルトムントは一気に逆転を目指して攻勢を強める。そして後半26分、MFイルカイ・ギュンドガンの縦パスを中央で受けたヤヌザイが鋭いターンからラストパス。PA内に抜け出したオーバメヤンが落ち着いて右足で流し込み、2-1と逆転に成功した。

    2得点のオーバメヤンは開幕から7試合で通算9ゴール目。このまま逃げ切りたいところだったが、後半45分、ダルムシュタットはハーフウェーライン付近からFKをゴール前に放り込み、こぼれ球をDFアイタチ・スルが右足で蹴り込んだ。

    終了間際に痛恨の失点を喫し、2-2の引き分けに終わったドルトムント。2試合連続ドローで勝ち点1を積み上げるにとどまった。2位はキープしたものの、開幕7連勝で首位に立つバイエルンとは勝ち点4差に。今後は10月1日のEL第2節・PAOK戦を挟んで、次節10月4日に敵地でバイエルンと対戦する。
    2015-09-28_03h08_18
    ゲキサカ 9月28日(月)2時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150928-01139161-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443374941/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ