海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年09月

    CP6v85gUcAALym1
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 23:29:15.57 ID:???*.net
    キックオフ:21:30 / 試合会場:キョウセラ・スタディオン

    ADOデンハーグ 3-3 エクセルシオール

    1-0 ハーフナー・マイク(前半7分)
    1-1 アディル・アウアサル(前半44分)
    2-1 ジャンニ・ザウフェルローン(後半4分)
    2-2 アディル・アウアサル(後半17分)
    3-2 ハーフナー・マイク(後半20分)
    3-3 ブランドリー・クワス(後半36分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784226
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443360918/

     
    続きを読む

    2015-09-27_23h33_10


    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 21:27:58.81 ID:???*.net
    SOCCER KING 9月27日(日)21時22分配信
    GettyImages-490253896-500x333
    先発出場したバロテッリ [写真]=Getty Images

    セリエA第6節が27日に行われ、ジェノアと日本代表FW本田圭佑が所属するミランが対戦した。本田は4試合ぶりにベンチスタートとなった。

    前節、ウディネーゼを3-2で下したミランは今シーズン初の連勝を飾り、勝点9の7位に浮上した。チームは調子を上げつつあり、今節も勝って3連勝を飾りたいところだ。一方、ジェノアは第3節のフィオレンティーナ戦に敗れると、続くユヴェントス、ラツィオに敗れてリーグ戦3連敗中。ホームでミラン相手に4試合ぶりの勝利を収めたい。ミランは前節先制ゴールを挙げたFWマリオ・バロテッリが先発出場。また、イタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチが先発に復帰した。

    この試合で最初にチャンスを作ったのはジェノア。5分、エリア手前ほぼ正面の位置でFKを獲得すると、ブレリム・ジェマイリが触って壁を動かし、ディエゴ・カペルが左足で強烈なシュート。しかし、ボールはわずかにゴール右に外れてしまった。

    続く10分、ジェノアがエリア手前左で再びFKを獲得すると、今度はジェマイリが右足でシュートを狙う。ボールは壁に入っていたジャコモ・ボナヴェントゥーラに当ってコースが変わり、ゴール右に吸い込まれた。これでホームのジェノアが先手を取った。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00354507-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443356878/

     
    続きを読む

    2015-09-27_21h33_48
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 07:22:32.65 ID:???*.net
    ジダンの息子らと共に選ばれる

    日本が世界と対等にやり合える時代はいつくるのか。ドルトムントで活躍する香川真司や、ザルツブルクでプレイする南野拓実も驚きの人材だが、さらに下の世代に期待が寄せられている。

    バルセロナの下部組織に在籍していた久保建英(14)、レアル・マドリードの下部組織に入団した「ピピ」こと中井卓大(11)の2人だ。久保は日本へ帰国する流れとなってしまったが、中井はまだレアルの下部組織に在籍している。

    『アス』はレアルのカンテラーノで将来が期待される5選手を紹介し、その中には中井も含まれている。

    1人は今季カリム・ベンゼマのバックアッパーになることも期待されたU-19スペイン代表のボルハ・マヨラルだ。主にジネディーヌ・ジダンが率いるカスティージャでプレイしている。

    同じくカスティージャでプレイするアレイクス・フェバス、ジネディーヌ・ジダンの息子でGKを務めるU-17フランス代表のルカ・ジダン、パウロ・ルバンバ(13)、そして中井だ。この5名の中では中井が最も若く、将来への期待度の高さで選ばれている。

    中井の足元の技術はチームメイトにも一目置かれており、あのマルセロが驚いたのは有名な話だ。まだ体が出来上がっていない年齢ではあるが、将来日本代表を背負って立つ存在になってくれるのではないかと期待されている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00010003-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 9月27日(日)7時10分配信
    2015-09-27_10h38_23
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00010003-theworld-socc.view-000
    注目を集める中井くん 
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443306152/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 01:59:32.54 ID:???*.net
    バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが左ひざの負傷により約8週間戦列を離れることになりそうだ。26日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

    メッシは26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節のラス・パルマス戦に先発出場したものの開始4分にエリア内でシュートを打とうとした際にブロックに入ったDFと接触しこのプレーで左ひざを負傷。ピッチにうずくまった同選手は1度プレーを再開したが、直後の10分に自ら後退を要求しベンチへ退くとそのまま病院へ向かっていた。

    同紙によるとメッシは左ひざの内側側副じん帯を損傷しており、復帰までは8週間を要するという。そのため11月21日に行われる宿敵レアル・マドリードとの”クラシコ”への出場も難しいのではないかとの見方を示している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00354231-soccerk-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443286772/


    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 01:33:41.31 ID:???*.net
    MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーは、26日に行われたブンデスリーガ第7節でヴォルフスブルクと対戦し、1-1の引き分けに終わった。試合後、ドイツ紙『ビルト』が両チームの採点を掲載している。

    試合は、40分にオランダ代表FWバス・ドストのゴールでヴォルフスブルクに先制を許したハノーファーだったが、後半の57分に清武が今シーズン初得点となる同点ゴールを獲得。そのまま1-1の引き分けに終わり、ハノーファーは第2節から続いた連敗を5でストップした。

    同紙は、貴重な同点弾を決めた清武に、両チーム通じて単独での最高点「1」の採点(最高点1、最低点6)をつけた。また、ブンデスリーガ公式サイトでは、清武が同試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いている。

    ハノーファーはその他、ドイツ代表GKロン・ロベルト・ツィラーと、セネガル代表MFサリフ・サネが「2」で、清武に続いた。

    一方、ヴォルフスブルクのチーム最高は、先制点を挙げたドストや、ゴールをアシストしたイタリア代表DFダニエル・カリジューリら5名が、「3」の採点をつけられている。
    2015-09-27_00h43_17
    SOCCER KING 9月27日(日)1時29分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00354230-soccerk-socc

    ブンデス公式
    http://www.bundesliga.com/jp/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443285221/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 00:57:01.70 ID:???*.net
    プレミアリーグ第7節が26日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターとアーセナルが対戦した。岡崎は2トップの一角として3試合連続で先発出場している。

    ここまで3勝3分けで唯一無敗をキープしている4位のレスター。今節は、現在5位の強豪アーセナルをホームに迎えて、今シーズン好調の真価が問われる一戦となった。

    先制したのはホームのレスターだった。13分、カウンターから、味方のロングボールでジェイミー・ヴァーディが左サイドに抜け出し、そのままペナルティエリア内左に侵入。フリーで右足を振りぬくと、シュートはゴール右隅に突き刺さった。ヴァーディはこのゴールで4試合連続ゴールを挙げている。

    先制点を許したアーセナルだが、同じくカウンターからすぐさま同点とする。18分、サンティ・カソルラからのスルーパスでエリア内左に抜け出したセオ・ウォルコットが、左足でのシュートをゴール右隅に沈めた。

    21分、アーセナルにアクシデント発生。マチュー・フラミニが負傷したため、ミケル・アルテタと交代になった。33分、エクトル・ベジェリンがエリア内右から折り返し、ニアサイドにウォルコットが飛び込むが、シュートは相手DFにブロックされる。だが、こぼれ球がファーサイドに流れると、フリーのアレクシス・サンチェスが押し込んで、逆転に成功した。サンチェスは今シーズン初ゴールとなった。前半はこのままアーセナルの1点リードで折り返す。

    同点ゴールを狙うレスターは、岡崎を下げてアンディ・キングを投入し後半を迎えた。アーセナルは52分、エリア内右に抜け出したサンチェスが、右足を振り抜くが、レスターDFロベルト・フートのブロックに阻まれた。すると57分、メスト・エジルからの浮き球のパスに、エリア内中央に飛び込んだサンチェスが頭で合わせて、ゴールネットを揺らした。

    リードを2点に広げたアーセナルは81分、左サイドで相手選手をかわしたサンチェスが、中央に切り込みエリア前で右足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に突き刺さった。サンチェスがハットトリックを達成し、アーセナルはリードを3点に広げた。

    レスターも最後に意地を見せる。89分、エリア内左でパスを受けたヴァーディが、フリーで右足のシュートを放ち、ゴール右隅に決めた。しかし、アーセナルが後半アディショナルタイムに入って追加点を奪う。右サイドのナチョ・モンレアルからの折り返しに、中央のオリヴィエ・ジルーが左足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

    試合はこのまま終了。レスターはホームで2-5の敗戦を喫し、今シーズン初黒星となった。

    レスターは次節、10月3日にアウェーでノリッジと対戦。アーセナルは4日にマンチェスター・Uをホームに迎えての大一番に臨む。

    【スコア】
    レスター 2-5 アーセナル

    【得点者】
    1-0 13分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
    1-1 18分 セオ・ウォルコット(アーセナル)
    1-2 33分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
    1-3 57分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
    1-4 81分 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
    2-4 89分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
    2-5 90+3分 オリヴィエ・ジルー(アーセナル)
    2015-09-27_01h30_29
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00354141-soccerk-socc
    SOCCER KING 9月27日(日)0時52分配信

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/gbr/gbr-10784608.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443283021/

     
    続きを読む


    2015-09-27_01h04_58
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 00:28:33.46 ID:???*.net
    ブンデスリーガは26日、第7節2日目を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツはホームで開幕6連勝中の首位バイエルンと対戦し、0-3で敗れた。武藤は1トップで6試合連続の先発となり、3試合ぶりにフル出場したが、4試合連続で無得点に終わった。

    序盤からボールポゼッションを高め、ゲームを支配するバイエルン。前半20分にはMFキングスレー・コマンがドリブルでPA内に切れ込んだところでMFパブロ・デ・ブラシスに倒され、PKを獲得したが、MFトーマス・ミュラーのキックはクロスバーを越え、絶好の先制機を逃した。

    劣勢のマインツも前半28分に決定機を迎えた。左サイドのデ・ブラシスからPA内左で横パスを受けた武藤がドリブルで中に運び、右足を振り抜く。ニアサイドを狙ったが、わずかにゴール左へ外れ、惜しくも先制点とはならなかった。

    前半はスコアレスで折り返したが、バイエルンは後半6分、右サイドを縦に突破したコマンのクロスからFWロベルト・レワンドフスキがヘディングシュート。前節のボルフスブルク戦(5-1)で圧巻の5ゴールを記録したエースが2戦連発となる今季9ゴール目を決め、バイエルンが先制した。

    後半18分、途中出場のMFアルトゥーロ・ビダルのワンタッチパスに抜け出したレワンドフスキが追加点。この日2得点目で今季早くも2ケタとなる10ゴール目を記録すると、後半23分にはMFダグラス・コスタの左クロスにコマンが合わせ、3-0と突き放した。

    何とか反撃に出たいマインツだが、後半22分、クレメンスの右足シュートがクロスバーを直撃するなど1点が遠い。結局、そのまま0-1の零封負けを喫し、2試合連続の無得点で2連敗となった。

    バイエルンはこれで開幕から無傷の7連勝。勝ち点を21に伸ばし、首位を快走している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-01134431-gekisaka-socc

    9.26 ブンデスリーガ第7節 マインツ0-3バイエルン]

    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半6分)
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半18分)
    キングスレイ・コマン(後半23分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786899
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443281313/


     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ