海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年09月

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 11:16:53.89 ID:???*.net
    ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が米国で排ガス規制を不正に逃れていた問題は、地元サッカー界にも影響を大きな及ぼす可能性が出てきた。

    VWはブンデスリーガで昨季2位の強豪ボルフスブルクの親会社。日本代表のMF長谷部誠(31=フランクフルト)が08~13年にプレーしていたこともあり、緑のユニホームと胸のVWマークは日本人ファンにもなじみ深い。

    また12年からドイツ杯のスポンサーを務めるほか、グループ会社のアウディはリーグ3連覇中の名門バイエルン・ミュンヘン、今季1部に初昇格したインゴルシュタットの株主となっており、米スポーツ専門局ESPN(電子版)は24日に「VWは近年のドイツサッカーで最も大きなスポンサーの1つであり、そのスキャンダルは大きな衝撃を与える可能性がある」と伝えた。

    サッカーへの投資を拡大してきたのが、今回の問題の責任を取って23日に辞意を表明したVWのウィンターコルン会長だ。07年に就任した同会長は地元で大のサッカー好きとして有名で、23日のドイツ紙ディーベルトは「ボルフスブルクが強くなったのは会長のおかげ」と指摘。

    高額移籍金でドイツ代表MFシュールレ、ベルギー代表MFデブルイネ(現マンチェスターC)ら大物を獲得できたのも会長の支援があったからで、地元メディアによるとVWからボルフスブルクへの年間支出額は少なくとも8000万ユーロ(約108億円)にも及ぶという。

    サッカーへの巨額投資に対する批判の声もある。その急先鋒だったのが、VW創業者一族のピエヒ前会長。地元紙ビルトによると、ボルフスブルクへの支出を年間3000万ユーロ(約40億円)に抑えるよう主張していたが、今年4月に現会長との権力闘争の末に辞任に追い込まれた。

    ウィンターコルン会長は6月、ビルト紙に「ミュンヘン、ゲルゼンキルヘン、ブレーメンなどサッカーを支援している地域で売上が伸びている」と自身の正当性を主張していたが、次のトップ(未定)が“サッカー大好き会長”の方針を引き継ぐかは不透明だ。(大久保 尚文)
    2015-09-25_16h25_42
    スポニチアネックス 9月25日(金)9時19分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000086-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443147413/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 11:18:53.74 ID:???*.net
    元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏は、自身が「ワールドクラスの選手ではなかった」と語った。

    元マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソン氏は先日、

    自身が指導した中でワールドクラスだったのはポール・スコールズ、エリック・カントナ、クリスティアーノ・ロナウド、ライアン・ギグスの4人だと語っていた。

    この中にベッカム氏の名前がなかったことが注目されたが、本人は妥当なことであり、侮辱にはあたらないと感じている。

    イギリス『BBCスポーツ』でベッカム氏がこのように語った。

    「私は史上最高の監督の下で、素晴らしい選手とともにプレーする幸運に恵まれた。十分な成功を収めることができたよ」

    「監督に同意だ。特定の一部の選手のみがワールドクラスと呼ぶのにふさわしい。そういった選手たちとプレーできたことはありがたいね」

    輝かしいキャリアを送ったベッカム氏だが、チームメートの助けがあってこそだったと思っているようだ。
    david-beckham-manchester-united_1m2q7hpif6xxh14c5nzdm25itm
    GOAL 9月25日(金)9時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000003-goal-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443147533/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 13:49:23.98 ID:???*.net
    サッカー日本代表の守護神であるGK川島永嗣が、代表引退の“危機”に直面している。このままでは代表だけでなく、選手生命にもかかわるかもしれない。

    昨シーズン限りでスタンダール・リエージュ(ベルギー)を退団し、その後は欧州で新天地を探し続けた。

    7月下旬にはイタリア・セリエB(2部リーグ)のノバーラの練習に参加したり、ハリルホジッチ監督の紹介でフランスのクラブの練習にも参加したりした。だが、新シーズンが始まっても新しい所属先は決まっていない。

    9月に行われたW杯アジア2次予選に臨むメンバー発表の際、ハリルホジッチ監督は“ある決断”を下す。2010年の南アフリカW杯以来、日本のゴールマウスを守って来た川島の代表招集を見送ったのだ。

    「リストに川島は入っていない。まだクラブを探せていないからだ。日本代表のスタメンなので、クラブがないのは不思議。彼の代わりはなかなかいないが、西川(周作)、東口(順昭)、六反(勇治)は国内でしっかりプレーし、チャンスをつかんで欲しい」(ハリルホジッチ監督)

    GKというポジションは1つしかないため、レギュラー争いも非常に厳しい。さらに、他のポジションと違って、戦況に応じて出番が来るわけではない。正GKがケガでもしない限り、サブの選手は1シーズンを通じてベンチを温めることもある。

    川島はすでに32歳。レギュラーを最低条件に新クラブを探している可能性が高いが、それも状況を難しくしている一因かもしれない。最近のブログでも次のように心境を語っている。

    「まだまだヨーロッパの基準で、そして世界の基準でゴールキーパーとして成長したい。何よりもっともっと、ただただ単純に上手くなりたい。(中略)今はただ、自分自身の道を信じること、そして必ずいい方向へいくと信じています」

    選手である以上、当然の気持ちだろう。ただ、このまま所属クラブが決まらず、半年以上のブランクがあると、選手生命を脅かしかねない。現実的な解決策として、Jリーグへの復帰も視野に入れた方がいいだろう。

    一方、長年にわたり日本代表を支えてきたDF長友佑都も岐路に立たされている。9月のW杯アジア2次予選で、半年ぶりの代表復帰を果たしたものの、所属チームのインテル・ミラノ(セリエA)では出番を完全に失いつつある。

    その要因は、再発した右太ももの筋肉痛。だが、完治しても、今シーズンはまだ一度も出番がない。チームの構想では、長友は、左右どちらのサイドバックでも3番手という位置付けだ。もはや主力選手とはいえない状況である。

    これに加えて、インテルは開幕5連勝で首位をキープして絶好調で、長友の出場機会はますます限られる。こうした状況が続けば、所属チームのみならず、日本代表でも、そのポジションは安泰とはいえない。ただ、彼の実力からすれば、レギュラーで活躍できるクラブは少なくない。Jリーグ復帰も視野に入れ、新天地を探すのもひとつの選択肢である。

    専門家は長友についてどうみているのか。東京V元監督で、サッカー解説者の川勝良一氏はこう指摘する。

    「日本復帰は彼のプライドが許さないだろうが、移籍が解禁となる来年1月にはインテルを離れて、新しいクラブでスタメンを確保して、再びビッグクラブへの移籍を狙ったほうがいい」

    このような例は、ヨーロッパではいくらでもある。あの本田圭佑も同じような経緯で、ビッグクラブのACミランに移籍を果たしている。長友もこの手法を参考にすべきではないだろうか。

    (サッカージャーナリスト・六川亨) 
    2015-09-25_14h52_43
    dot. 9月25日(金)7時12分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150925-00000001-sasahi-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443156563/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 13:34:52.76 ID:???*.net
    後任にはビッグネームも
     
    リバプールはリーグ開幕6試合で2勝2分2敗と苦しいスタートを切り、ブレンダン・ロジャース監督の解任論が取り沙汰されている。

    そんな中、イングランドのTV番組「Sports Breakfast」内のコーナーである「talkSPORT」で、リバプールのオーナーを務めるジョン・W・ヘンリーが指揮官の解任を決断したと報じられた。

    リバプールは、23日のキャピタル・ワン杯3回戦で4部相当のカーライル・ユナイテッドを相手に1-1で延長戦を終え、PK戦に突入。辛くも勝利を収めたが、その低調なパフォーマンスによってヘンリーオーナーが決断したと伝えている。

    後任監督としては、前レアル・マドリード監督のカルロ・アンチェロッティ氏や、前ボルシア・ドルトムント監督のユルゲン・クロップ氏の名前が挙がっているが、両者ともに前向きな姿勢は見せていないという。

    解任論がにわかに強まってきたロジャース監督。今季、ビッグクラブで最初の監督交代という不名誉な事態 を避けられるのだろうか。

    Soccer Magazine ZONE web 9月25日(金)13時8分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150925-00010010-soccermzw-socc

    オーナーを務めるジョン・W・ヘンリー
    no title
    「talkSPORT」
    http://talksport.com/

    Report: Liverpool set to sack Rodgers
    http://www.foxsportsasia.com/football/premier-league/news/detail/item82571/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443155692/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 21:39:25.50 ID:???*.net
    トッテナムが新しいホームスタジアム、ホワイト・ハート・レーンのデザインを発表した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が23日に報じている。

    今年7月、トッテナムは6万1000人収容の新スタジアム建築計画を発表していた。今回、そのデザインが発表され、総工費は4億ポンド(約732億円)になる見込み。アーセナルの6万432人収容のエミレーツ・スタジアムを超えるロンドンで最大のクラブ保有スタジアムとなる。

    トッテナムのホームは116年の歴史を誇ってきたが、新スタジアムには4つの非対称スタンドが作られ、
    スタジアム全体は凹凸のある網目模様の壁で覆われ、ホーム側の正面はガラス張りと最先端のスタジアムになるという。

    観客席とピッチの距離は同様の大きさのスタジアムでは最短で、ゴール裏は1層(2階席なし)だけでイングランド最大となる1万7000人のホームサポーターを収容。スタジアムの建築は2018年初めまで続き、こけら落としは2018年夏の予定となっている。

    また、スタジアムの最上階には、“スカイウォーク”が作られ、180室のホテルもスタジアム横に建設予定。エクストリームスポーツの大会も開催可能で、室内では世界最大となるクライミングウォールが備え付けられるという。

    さらに、トッテナムはアメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)と10年間のパートナー契約を締結。新スタジアムには、アメリカン・フットボールの試合用設備が備わっており、NFLの試合が毎年2試合行なわれることになっている。

    しかし、スタジアム建設のため、2017-18シーズンはホワイト・ハート・レーンでの試合開催が不可能となる。そのため、ウェンブリー・スタジアムとMKドンズ(2部リーグ所属)のスタジアムを利用することになる模様。MKドンズのスタジアムが一時的なホームとなる可能性が高いと報じられている。

    トッテナム新スタジアムの完成予想図
    no title
    記事
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150924/353430.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443098365/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/24(木) 19:29:41.08
    この夏の移籍市場でエイバルに加入したMF乾貴士が、待望のデビューを素晴らしい活躍で飾った。

    現地23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節、エイバルはアウェーでレバンテと2-2のドローを演じ、同試合で公式戦デビューを果たした乾は、チームの2点目をアシストした。

    この試合、前節まで続いていた招集外から一転してスタメンに抜擢された乾は、キックオフから積極的なプレーを披露すると、後半立ち上がりの48分には得意のドリブルからスペイン人FWボルハ・バストンの勝ち越しゴールをアシスト。自身が72分にピッチを退いた後、チームは試合終了間際の93分に同点弾を浴びて白星を逃したものの、敵地での勝ち点獲得に貢献した。

    なお、デビュー戦で早速活躍した乾には、スペイン各紙もこぞって高評価を与えており、国内二大スポーツ紙の一角である『アス』紙は、乾のアシストを比喩的な表現を使って称賛した。

    「巧みなイヌイは、応対した(ズハイル)フェダルに尻餅をつかせ(比喩的)、ボルハ・バストンにただ押し込むだけでいいアシストを送った」

    また、同紙のライバル紙である『マルカ』紙も、初陣で決定的な仕事をした乾を絶賛した。

    「タカシ・イヌイがセンセーショナルなプレーからのアシストで、見事にリーガデビューを飾った。この優れたミッドフィールダーは、素晴らしいドリブルの連続でペナルティエリアを切り裂き、的確なマイナス方向のパスによりボルハ・バストンのこの日2点目をお膳立てした。日本の魔法がスペインに到来した!」

    エイバルは、26日に行われるリーガ第6節で、今節バルセロナに4-1で勝利したセルタをホームに迎える。
    2015-09-24_20h48_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00353345-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1443090581/

     
    続きを読む


    2015-09-23_05h34_26

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 12:46:03.31 ID:???*.net
    代理人が明言「フットボールに最高の環境」

    バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、ヴォルフスブルク戦で9分5秒間で5ゴールのブンデスリーガ記録を叩き出した。その脅威の得点力を誇るストライカーの代理人が、将来的にバルセロナ、レアル・マドリードなどのスペイン移籍を検討していることをポーランドテレビ局「TVN24」に語った。

    後半からの途中出場でドイツ屈指の強豪相手に電光石火の5得点を決めると、レバンドフスキは地元メディアから「サッカーの神」などと賞賛されている。

    ストライカーは2014年に日本代表MF香川真司の所属するド ルトムントからバイエルンへと移籍加入した。契約は19年6月まで残しているが、シェズニー・クチャルスキー代理人は「私にはレバンドフスキの将来に関する計画がある。マンチェスター? あそこはいつも雨が降る。バルセロナかマドリード?あそこはいいところだ。スペインはフットボールをするために最高の環境が存在する」と発言している。

    レアル・マドリード、アトレチコ・マドリード、バルセロナといった強豪がひしめくスペインの2大都市を移籍先候補として挙げている。一方、代理人は現在の本拠地ミュンヘンについても「すごく美しい街で生活するには最高の場所」と、フォローしていたが、来年1月以降、スペインのメガクラブがレバンドフスキを標的とするかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150924-00010007-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443066363/

     
    続きを読む


    2015-09-24_09h59_14
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 01:03:55.06 ID:???*.net
    近年のレアル・マドリーにおける左サイドといえば、クリスティアーノ・ロナウドとマルセロ。少し前のジネディーヌ・ジダン&ロベルト・カルロスとタイプは異なるが、いずれも素晴らしいコンビだろう。

    さらに、ロナウドとマルセロの場合は同じポルトガル語圏ということもあってか仲が良いことで有名。最近の練習でもこんなシーンが見られた。

    http://www.youtube.com/watch?v=RGJ0u_bMZ7o



    マルセロがブラジル代表の同僚ダニーロとやったのは“秘密の握手”。ラッパーなどがよくやる仲間の証だ。

    するとその後ろには、いかにも仲間に入りたそうにしているロナウドの姿が・・・。

    直後、マルセロとロナウドも、彼らの間での“握手”を披露。最後は敬礼で締めるのが特徴のようだ。

    そんな仲良しコンビも健在のマドリーは、本日23日、アスレティック・ビルバオとアウェイで対戦する。

    http://qoly.jp/2015/09/23/cristiano-ronaldo-and-marcelo-handshake
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443024235/


     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 06:12:40.74 ID:???*.net
    【ホッフェンハイム 1-1 ドルトムント ブンデスリーガ第6節】

    ドイツブンデスリーガだい5節が23日に行われ、香川真司所属のドルトムントはアウェイでホッフェンハイムと対戦した。

    この試合で先発出場を果たした香川だが、ノーゴールに終わりチームも1-1の引き分けで試合を終えている。これで、公式戦連勝記録は「11試合」でストップした。

    不発に終わった香川は独各紙から低評価を受けている。『ビルト』はチーム内最低点タイとなる6段階中の下から3番目となる「4,0」と採点している。
    また、地元紙である『ルール・ナハリヒテン』もまた、低評価の「4,0」。こちらはFWマルコ・ロイスがチーム内最低点の「5,0」となっている。

    『デア・ヴェステン』は「危険なスペースに入り込むことはなかった」と評し、「67分のプレーが唯一相手GKに冷や汗をかかせた」と有効なプレーが少なかったことを指摘した。

    連勝がストップしたドルトムントは27日にダルムシュタットとリーグ戦を行った後、来月1日にELのPAOK戦に臨む。

    【得点者】
    42分 1-0 ルディ(ホッフェンハイム)
    55分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150924-00010002-footballc-socc
    フットボールチャンネル 9月24日(木)6時4分配信
    20150924_Kagawa_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150924-00010002-footballc-socc.view-00
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443042760/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ