海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年10月

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 08:28:55.70 ID:???*.net
    香川の美技を英メディアが紹介

    ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、28日に行われたDFBポカール2回戦SCパーダーボルン戦で見事なゴールを決めた。このゴールはドイツだけでなく、古巣マンチェスター・ユナイテッドのサポーターの目にも留まったようだ。

    英紙『メトロ』は香川のシュートが美しすぎると伝えており、みんなで香川のゴールシーンを見ようと題して動画と共に紹介。改めて香川のクオリティに驚いている。同メディアはマンUが香川を放出したのは失敗だったのではないかと伝えており、起用法を間違えなければマンUでも同様のパフォーマンスを見せてくれたはずだと悔やんでいる。

    同メディアが行ったアンケートでは91%の人が香川の放出を失敗だったと答えており、もっと多くの出場機会を与えるべきだったとの意見だ。香川はマンUで本職のトップ下だけでなく、サイドハーフとしてプレイすることもあった。その光景をドイツから見ていた現リヴァプール指揮官のユルゲン・クロップもマンUの起用法が間違っていると感じ、次のように述べていた。

    「香川は世界で最高の選手の1人だが、彼はマンUで左サイドハーフとして20分足らずしか出ていない。私の心は壊れそうだよ。涙が出るね。香川のベストポジションは中央だよ」

    ドルトムント復帰後も全盛期のプレイを見せていたわけではないが、トーマス・トゥヘルの下で再び才能が開花したようにも見える。チ ームメイトとのワンツーにも鋭さがあり、ゴール前での落ち着きもドルトムント加入当時の姿を見ているようだ。

    香川を放出していなければ……。イングランドでの日本代表MFに対する評価は、ここにきて変わってきている。

    www.theworldmagazine.jp

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00010001-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 10月30日(金)8時10分配信
    2015-10-30_11h40_10
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00010001-theworld-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446161335/

     
    続きを読む



    今日は自宅で友人達とたこ焼きパーティしました

    久しぶりに作ると面白い
    CShJRbfUcAAR7ya
    想像以上のクオリティ
    84c9092d-s
    満と一緒に。
    4e5a7a14-s
    ハロウィンだからと満が仮装してきた写真は後程アップします


    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 19:21:55.81 ID:???*.net
     元オランダ代表FWピエール・ファン・ホーイドンク氏が、フェネルバフチェに所属するオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーを「ろくでなし」と罵倒した。28日付のイギリス紙の『ミラー』や『テレグラフ』など複数のメディアが報じている。

     かつてセルティックやフェイエノールトに所属していたオランダ代表のレジェンドでもある現在45歳のファン・ホーイドンク氏。かねてよりオランダ代表のチームメイトだったファン・ペルシーとの確執は伝えられており、今回もそれが表面化した。

     昨年、ファン・ホーイドンク氏にオランダ代表にふさわしくないという評価を受けたファン・ペルシーは、「彼は口出しをするべきではない。ゴルフか何かをしていればいいんだ。批判は公平な視点からなされたものなら受け入れるが、この場合は違う。悪意が感じられるし、おそらく彼は僕に怒っているんだろう」と言い返した経緯がある。

     オランダのテレビ番組『ダークセン』で、ファン・ホーイドンク氏は「彼(ファン・ペルシー)が私の何が気にくわないか知る由もない。彼は明らかに私より問題を抱えていた。一瞬だが、このろくでなしが、と思ったこともある。おそらく私は彼に甘すぎたのだろう。明らかに私より彼の方が問題を抱えていたね」
    と語り、ファン・ペルシーを真っ向から批判した。

     今夏、マンチェスター・Uからフェネルバフチェに移籍したファン・ペルシーは公式戦15試合で5得点しか決めておらず、トップコンディションを取り戻していない。また、同選手はフェネルバフチェを率いるヴィトール・ペレイラ監督との確執も報じられている。
    2015-10-30_00h02_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00364732-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446114115/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 18:47:05.43 ID:???*.net
    33dee41f-470b-474a-8663-2622f5bfe654
    この夏、MLSのニューヨーク・シティFCに加入したMFアンドレア・ピルロ。

    チームメイトであるダビド・ビジャやフランク・ランパードにアシストを演出し、コーナーキックから直接ゴールを狙うなど自慢のキックで存在感を見せていたのだが、先日行われたニュー・イングランド・レヴォリューション戦でのプレーが波紋を呼んでいる。

    ニュー・イングランド・レヴォリューションが0-2とリードして迎えた55分、クリス・ティアーニーのコーナーキックにケリン・ロウが頭で合わせ試合を決定付ける3点目を奪う。

    大柄ではないピルロはこのコーナーでニアポストへと入っていたのだが



    ボールの行方をぼーっと眺め、これがそのままゴールに。ボールに全く反応することなく、あっさりにゴールを奪われてしまったのだ。

    スペイン『AS』は"desidia(怠惰な)"という言葉を用いて、このシーンを紹介している。また、パロディサイトからは"casual defense(軽いディフェンス)"とも表現されている。

    ボールの軌道的にピルロではどうにもならなかったのかもしれないが…それにしてもボールが飛んでくる前から諦めているかのようなプレーであった。チームはすでに5位以上のチームが出場できるプレーオフに進出する権利を失っており、モチベーションにやや問題を抱えているのかもしれない。

    試合は1-3でニューイングランド・レヴォリューションが勝利。なお、この試合では東京ヴェルディや大宮アルディージャなどでもプレーした小林大悟が途中出場している。

    http://qoly.jp/2015/10/28/andrea-pirlo-vs-new-england-revolution
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446112025/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 17:58:22.52 ID:???*.net
     ドルトムントは28日、DFBポカール2回戦でパダーボルンに7-1と大勝した。
    トーマス・トゥヘル監督は絶好調の攻撃陣に満足している。

     週末のブンデスリーガ前節アウクスブルク戦でも5-1と大勝しているドルトムントは、今季の公式戦19試合で61得点とゴールを量産している。トゥヘル監督は試合後の会見で、満足感を表している。

     「もちろん、この勝利や内容に非常に満足している。うれしいよ。たくさんチャンスをつくり出せているし、多くのゴールを決めている。水曜の夜なのに7万人以上の観客がスタジアムに来てくれた。彼らにこのような試合を見せられたのは誇らしいことだ。我々は、みんなが笑顔で帰宅できることを望んでいるからね」

     2部のパダーボルンは、シュテファン・エッフェンベルク監督が就任してから2連勝と流れを変えていた。トゥヘル監督は、対戦相手に次のように賛辞を送っている。

     「我々はシュテファンが率いるチームを警戒していた。パダーボルンが勇気を持ってカウンターを仕掛け、ゲームをうまく組み立ててくると警戒していたんだ。実際、我々がリズムをつかむまでにかなり時間がかかった。失点したことで、プレーにキレや決意を取り戻せたかもしれないね」

     エッフェンベルク監督にとっては、指導者キャリアで3戦目にして初の黒星。その相手がドルトムントだったことで、指揮官は一層の悔しさを感じているかもしれない。エッフェンベルク監督はBミュンヘンでプレーしていた2001年のドルトムント戦でレッドカードをもらった経験を持つ。(Goal.com)
    2015-10-29_18h31_29
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20151029/bun15102912210004-n1.html?pdm_ref=gpc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446109102/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 17:09:30.32 ID:???*.net
    ボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、ドルトムントを離れることになれば
    リーガエスパニョーラでプレーしたいと希望を口にしている。

    ブンデスリーガで得点ランク首位に並ぶ13ゴールを挙げるなど、今シーズンはこれまで以上に活躍度が増しているオーバメヤン。同選手に対しては、バルセロナが1月に獲得を狙うと報じられたほか、プレミアリーグの強豪クラブも移籍先の候補になるのではないかと噂される。

    本人はドルトムントでのプレーに「100%コミットしている」と強調しながらも、いつかはスペインでプレーすることが夢だとイギリス『BBC』に語った。

    「いつか別のリーグへ行ってプレーすることになるだろうね。僕の夢はスペインでプレーすることだ。今の契約を終えた後はスペインでプレーするという夢があるんだ。そうなってほしいけど、いつになるかは分からないよ」

    「プレミアリーグが僕に合っていると考えている人が多いけど、僕の母はスペイン人で、そこでプレーすることは本当に夢なんだ。その後いつかはプレミアリーグに行くかもしれないけど、今はスペインでプレーしたいと思っているよ」

    現在26歳のオーバメヤンは今年8月にドルトムントとの契約を2020年まで延長しており、満了時には31歳となる。
    2015-10-29_18h16_21
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000013-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446106170/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 08:10:31.60 ID:???*.net
    サウサンプトン 2-1 アストン・ヴィラ リーグ杯4回戦】

    サウサンプトンは現地時間28日、キャピタル・ワン・カップ(リーグ杯)4回戦でアストン・ヴィラと対戦した。

    この試合で日本代表DF吉田麻也が今季公式戦初ゴールを挙げた。右サイトバックとして先発出場した吉田は51分、ガストン・ラミレスとのワンツーでゴールに迫ると、左足で強烈なミドルシュートを叩き込んでサウサンプトンが先制した。

    吉田は今季の公式戦13試合目で初ゴール。サウサンプトン移籍4シーズン目となるが、通算84試合で4得点目となった。

    サウサンプトンはイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレも得点を挙げて勝利し、準々決勝に進出した。準決勝進出を懸けてリバプールと対戦する。

    リーグ戦ではここ数試合で出場機会を徐々に減らしているが、このゴールをきっかけにポジションを奪い返すことはできだろうか。

    【得点者】
    1-0 51分 吉田(サウサンプトン)
    2-0 77分 ペッレ(サウサンプトン)
    2-1 93分 シンクレア(アストン・ヴィラ)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151029-00010003-footballc-socc
    フットボールチャンネル 10月29日(木)7時52分配信
    20151029_yoshida_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151029-00010003-footballc-socc.view-000
    リーグ杯で今季初ゴールを挙げたサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446073831/

     
    続きを読む

    2015-10-29_08h15_17

    433: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/10/29(木) 05:54:27.39 ID:xiIwreeP0.net
    誰か、香川チャントとチャントに応える香川の動画もUPしてくらはい

    477: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/10/29(木) 06:21:41.94 ID:c9IHt+cO0.net
    >>433
    https://www.youtube.com/watch?v=GnQDhukvBRE


    香川交代時の香川チャントとそれに応える香川

    引用元http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1446058039/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 06:46:11.46 ID:???*.net
    【ミラン 1-0 キエーヴォ セリエA 第10節】

    イタリア・セリエA第10節が現地時間の28日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでキエーヴォと対戦した。

    この試合もシニシャ・ミハイロビッチ監督は4-3-3を選択。右ウイングにFWチェルチを起用し、本田はベンチスタートとなる。また、GKには16歳のドンナルッマが置かれる。

    両チームのスターティングメンバーは以下。

    【ミラン:4-3-3】
    GK:ドンナルッマ
    DF:アバーテ、アレックス、ロマニョーリ、アントネッリ
    MF:クツカ、モントリーボ、ベルトラッチ
    FW:チェルチ、バッカ、ボナベントゥーラ

    【キエーヴォ】
    GK:ビッザーリ
    DF:フレイ、ダイネッリ、セサル、ゴッビ
    MF:カストロ、ラドバノビッチ、ピンツィ
    MF:ビルサ
    FW:パロスキ、ペリシエ

    雨に濡れたピッチ状況ということもあり、両チームともに精彩を欠いたプレーが続く。ミランは14分にアバーテが負傷し、DFデ・シリオとの交代を余儀なくされる。

    そのまま目立ったチャンスなく前半を終えると、後半にミランが先制に成功する。52分、左サイドからのコンビネーションからバッカがアントネッリに繋ぎ抜けだすと、冷静にゴール右隅に流し込んだ。

    66分にはロングフィードからパロスキが抜け出しシュートを放つも、ここは16歳ドンナルッマが素晴らしいセービングでゴールを割らせない。85分にチェルチに替わって本田が投入されると、そのまま試合は1-0で終了した。ミランはサッスオーロ戦に続き2連勝を飾っている。

    【得点者】
    52分 1-0 アントネッリ(ミラン)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151029-00010001-footballc-socc
    フットボールチャンネル 10月29日(木)6時43分配信
    20151028_Anto_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151029-00010001-footballc-socc.view-000
    先制ゴールを決めたアントネッリ
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446068771/

     
    続きを読む

    1: Japanese girl ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 04:58:58.73 ID:???*.net
    【スコア】
    ドルトムント 7−1 パーダーボルン

    【得点者】
    0−1 21分 スルジャン・ラキッチ(パーダーボルン)
    1−1 25分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
    2−1 30分 ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)
    3−1 43分 香川真司(ドルトムント)
    4−1 55分 イルカイ・ギュンドアン(PK)(ドルトムント)
    5−1 58分 ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)
    6−1 87分 ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)
    7−1 89分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)

     DFBポカール2回戦が28日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムトと2部リーグのパーダーボルンが対戦した。

     ドルトムントは、8月9日に行われた1回戦でケムニッツァーと対戦し、2−0で勝利。2回戦では、昨シーズンのブンデスリーガで1勝1分けのパーダーボルンをホームに迎えた。4月18日に行われた第29節でパーダーボルン相手にゴールを決めている香川は、公式戦5試合連続の先発出場となった。その他、ヘンリク・ムヒタリアンがスタメン入りし、公式戦2試合ぶりの出場となった一方で、ピエール・エメリク・オーバメヤンとマルコ・ロイスはベンチスタートとなった。

     試合は、アウェーのパーダーボルンが先制に成功する。21分、イルカイ・ギュンドアンのバックパスを受けたGKロマン・ビュルキがスルジャン・ラキッチに詰められると、そのままダイレクトでボールを押し込まれた。先制を許したドルトムントは23分、ペナルティエリア内左でパスを受けた香川が、右足を振り抜くが、シュートは枠の上に外れた。しかし直後の25分、ドルトムントが同点に追いつく。味方のスルーパスで抜け出したアドリアン・ラモスが、エリア内左でGKもかわして、無人のゴールに流し込み、ゴールネットを揺らした。

     さらにドルトムントは30分、味方のパスをA・ラモスがつなぐと、ゴンサロ・カストロが反応してエリア内中央に抜け出し、右足でのジャンピングボレーを沈めて、逆転に成功した。さらに43分、ドルトムントがリードを広げる。左サイドの香川が、カストロとのワンツーでペナルティエリア内に侵入。深い位置まで突破すると、角度のないところから相手GKをよく見てループシュートを放ち、ネットを揺らした。前半の内に逆転したドルトムントが2点リードで折り返す。

     後半の立ち上がりにドルトムントが追加点を奪う。マティアス・ギンターがエリア内右でファールを受けてPKを獲得。55分にギュンドアンが、GKの逆を突いてゴール左隅に決めた。勢いに乗るドルトムントは58分、カストロが、ギュンドアンからのスルーパスでエリア内中央に抜け出して、フリーでゴール右隅に流し込んだ。4点差に広げたドルトムントは63分、香川とギンターを下げて、アドナン・ヤヌザイとウカシュ・ピシュチェクを投入。71分にはソクラティス・パパスタソプーロスに代えて、スヴェン・ベンダーをピッチに送り出した。

     さらにドルトムントは終了間際に、立て続けにゴールを奪う。87分、エリア内左でパスを受けたヘンリク・ムヒタリアンが、相手DFを1人かわしてグラウンダーの折り返しを供給。ファーサイドに走り上がっていたピシュチェクが合わせてゴール。直後の89分、今度はエリア内右に抜け出したピシュチェクが折り返しを入れて、ファーサイドのムヒタリアンが流し込んだ。

     試合は直後にタイムアップを迎え、ドルトムントが7−1の圧勝で、3回戦に駒を進めた。
    2015-10-29_05h08_42
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00364564-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446062338/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ