海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年10月

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 21:32:42.87 ID:???*.net
    10戦5敗と苦しむモウリーニョ

    24日のウェストハム戦を落としたチェルシー周辺では、ますますジョゼ・モウリーニョの解任話が加速している。

    チェルシーは10試合を戦って早くも5敗目を喫し、上位浮上のきっかけがなかなか掴めない。モウリーニョはクリスマスまで持つか分からないと言われており、英紙『デイリー・ミラー』はモウリーニョの後を
    継ぐ可能性のある指揮官6名を紹介している。

    1.ジョゼップ・グアルディオラ

    相変わらずグアルディオラにはイングランド行きの話がある。行き先はマンチェスター・シティだけではなく、チェルシーも含まれていることだろう。グアルディオラは大きなチャレンジを求めており、チェルシーに絶対行かないとは言い切れない。

    2.カルロ・アンチェロッティ

    現在アンチェロッティは全てのビッグクラブから狙われる指揮官だ。本人はプレミアリーグで指揮を執りたいと語っており、過去に率いた経験を持つチェルシーは筆頭候補に挙げられる。リヴァプールの指揮官にはならなかったが、リヴァプールを超えるビッグクラブであるチェルシーを率いるチャンスは確実に残っている。

    3.ディエゴ・シメオネ

    モウリーニョに最も近いタイプの指揮官がシメオネだろう。自分たちよりも実力が上と感じた相手には
    守備をしっかり固め、決して自分たちの力を過信しない。モウリーニョと同じくハードワークを求める指揮官であり、ティボ・クルトワやジエゴ・コスタといった教え子が多く所属していることも強みだ。

    4.ジョン・テリー

    今のチェルシーの問題点を肌で感じ、これまでクラブに魂を捧げてきたのはテリーだ。これは冗談ではなく、理想的な指揮官となる可能性がある。過去にもチェルシーはジャンルカ・ヴィアッリ、ルート・フリットらを選手から指揮官へ引き上げた例があり、テリーも同じ道を辿っても良いかもしれない。

    5.アントニオ・コンテ

    現在イタリア代表を指揮するコンテは、早くても今季終了後の就任となる。コンテもシメオネと同じくメンタルの強さを要求する指揮官で、その精神はプレミアに合っている。シメオネやモウリーニョよりもシステマチックなサッカーを好むところはあるが、落ち着いたチームを作ってくれるはずだ。

    6.グスタボ・ポジェ

    かなりの大穴だ。サンダーランドを解任された男がチェルシーの指揮を執る姿は想像しにくいが、クラブの英雄として戻ってくるシナリオもある。サンダーランドでの経験が間違ったものだったとしても、テリーよりは監督経験を積んでいる。テリーが早すぎるという場合はポジェも候補の1人になるかもしれない。

    同メディアが紹介したのは以上6名だ。ビッグクラブで様々なタイトルを獲ってきた2人、モウリーニョと同系統の指揮官の2人、そしてクラブのレジェンド的存在の2人と、バラエティに富んだ選出だ。クラブのレジェンドを招聘するパターンは、ミランの例を見るまでもなくリスクが大きすぎるため、現実的には今の悪い状態を改善する能力を持った指揮官が好ましい。

    その点ではグアルディオラは向いていない。彼はチーム作りに時間をかけるタイプで、今のチェルシーにグアルディオラの思い描くサッカーを実現できるタレントは揃っていない。となれば、アンチェロッティ、シメオネ、コンテあたりが現実性のある候補となるのだろうか。
    2015-10-27_09h56_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00010021-theworld-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445862762/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 18:32:54.60 ID:???*.net
    ラニエリは岡崎の存在を、試合の流れを劇的に変える「起爆剤」というより、安定感を注入する「チームプレーヤー」として考えているのだろう。だが、そこに難しさがある。日本代表FWは語る。

    「チームに加入したときは、そんなに守備的な選手だとは思われていなかった。でも、俺は試合に出るために、最初は守備でアピールしたわけです。そうしていくうちに、だんだん、『こいつを入れたときは守備的な戦いをするぞ』というふうになってしまった。自分のイメージを払拭するのが、すごく大変です」

     ゴールを狙おうと最前線まで突っ走っても、ラストパスはバーディーの足もとに入ってしまう。しかも、岡崎起用時はチームが守備的なアプローチを採用し、日本代表FWはゴールまで距離のある位置でプレーを強いられる場合が多い。

     得点を挙げれば、風向きは間違いなく変わるだろう。しかし、そのゴールが遠い――。「現状を打破したい」と岡崎は前向きに語るが、少しばかり袋小路に入ってしまっている。
    2015-10-26_19h49_27
    http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2015/10/26/post_872/index4.php

    全文
    http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2015/10/26/post_872/index1.php
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445851974/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 17:16:38.58 ID:???*.net
     リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、今夏からミランに期限付き移籍しているイタリア代表FWマリオ・バロテッリの呼び戻しを検討しているようだ。25日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

     バロテッリは、昨季のリーグ戦16試合に出場して1得点と十分な結果を残せていなかった。2013/14シーズンに在籍していたミランではリーグ戦30試合で14得点を挙げるなど輝いていただけに、残念な結果に終わっている。

     そのため、出場機会を求めて今夏に古巣ミランに復帰したが、恥骨炎に苦しむなどしてコンディションが上がらず、現時点でリーグ戦4試合出場の1得点となっていた。

     同紙によると、クロップ監督はバロテッリの復帰に興味を示しており同選手の将来を話し合うため、代理人のミノ・ライオラ氏と会談の場を設けたい考えのようだ。

     リバプールの前任であるブレンダン・ロジャース氏のもとではアピールに失敗したバロテッリ。しかし、クロップ監督のもとでは再び輝きを取り戻すためには、まずはミランで結果を残してアピールをしておきたいところだろう。
    20151026_balotelli_getty-560x373
    http://www.footballchannel.jp/2015/10/26/post116282/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445847398/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 12:17:18.37 ID:???*.net
    2015年10月26日(Mon)12時02分配信
    20151026_Kagawa2_Getty-560x373
    アウクスブルク戦での活躍が称賛される香川真司【写真:Getty Images】

     ドイツの地で再び輝きを取り戻した日本代表MF香川真司にイングランド・メディアの称賛が集まっている。26日、英紙『エクスプレス』が報じた。

     同紙は「マンチェスター・ユナイテッドのファンは覚えているだろうか」と題し、25日に行なわれたアウクスブルク戦での香川の活躍を伝えた。同試合で香川は3アシストを記録し、5-1と快勝を収めたチームに貢献している。

     失敗に終わった香川のユナイテッド挑戦を「呪いの2年間」と表現。しかしながら、今季ドルトムントで躍動している同選手を「未だ多くのことをみせることができる」と称賛した。

     香川は今季ドルトムントで16試合に出場し、5ゴール8アシストを記録している。ますます調子を上げる同選手は今後の活躍に期待が集まっている。

    【了】
    http://www.footballchannel.jp/2015/10/26/post116295/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445829438/

     
    続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 10:41:17.45 ID:???*.net
    ドイツ紙も香川を高評価した。ドルトムントは25日、ホームで行われたアウクスブルク戦に5―1で快勝した。

     ビルト紙(電子版)は、この試合でハットトリックを決めたオバメヤンに最高点の1点(6段階で1点が最高)を付け、さらに2ゴールのロイス、2アシストなど4点に絡んだ香川にも1点と高評価を与えた。

     香川はこれで今季10戦で5アシスト目で、アシストランキングで暫定2位タイに浮上。香川が同紙で最高点の1点をマークするのは今季3度目となる。
    2015-10-26_12h43_06
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/10/25/kiji/K20151025011391620.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445823677/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 01:00:44.40 ID:???*.net
    【ミラン 2-1 サッスオーロ セリエA 第9節】

    イタリア・セリエA第9節が現地時間の25日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでサッスオーロと対戦した。

    戦前は先発予想だった本田だが、ミハイロビッチ監督は右ウイングにFWチェルチを選択。また、GKには16歳の天才GKドンナルッマが選ばれセリエA史上最年少先発記録を樹立した。一方、サッスオーロは“ミランキラー”ことFWベラルディが先発を果たす。

    両チームのスターティングメンバーは以下。

    【ミラン:4-3-3】
    GK:ドンナルッマ
    DF:アバーテ、アレックス、ロマニョーリ、アントネッリ
    MF:クツカ、モントリーボ、ポーリ
    FW:チェルチ、バッカ、ボナベントゥーラ

    【サッスオーロ:4-3-3】
    GK:コンシーリ
    DF:ヴルサリコ、カンナバーロ、アチェルビ、ペルーゾ
    MF:ラリービ、マニャネッリ、ミッシローリ
    FW:ベラルディ、デフレル、フローロ・フローレス

    ミランは本田に代わって先発を務めるチェルチを中心に攻撃を組み立てていく。すると29分、チェルチのスルーパスから抜けだしたFWバッカがGKに倒されてPKを獲得。GKコンシーリは退場となってしまう。このPKをバッカ自身が冷静に決めてミランが先制に成功する。

    続く38分には、ポーリのスルーパスからバッカが抜けだす。クロスはチェルチと合わなかったものの、ミランが順調にチャンスを作り出していく。

    しかし、後半サッスオーロが“この男”のゴールで同点に追いつく。ゴール前でFKを得ると、キッカーは“ミランキラー”ことベラルディ。狙いすましたシュートはGKの逆を突きゴール左隅に吸い込まれた。このゴールでベラルディはミラン戦6試合で8ゴール2アシストを記録した。

    追加点を決めたいミランはポーリに替えてL・アドリアーノを投入。布陣を4-3-3から4-4-2に変更する。さらに70分にはクツカに替えてMFベルトラッチを投入する。

    すると85分、ついに勝ち越しゴールが生まれる。CKからL・アドリアーノがヘディングで押し込んだ。90分にはチェルチに替えて本田を投入する。

    そのまま試合は2-1で終了。ミランが4試合ぶりの勝利を手にしている。

    【得点者】
    32分 1-0 バッカ(ミラン)
    53分 1-1 ベラルディ(サッスオーロ)
    86分 2-1 L・アドリアーノ(ミラン)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151026-00010000-footballc-socc
    フットボールチャンネル 10月26日(月)0時54分配信
    20151025_Bacca_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151026-00010000-footballc-socc.view-000
    先制ゴールを決めたカルロス・バッカ
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445788844/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 01:24:30.62 ID:???*.net
    【ドルトムント 5-1 アウクスブルク ブンデスリーガ第10節】

    ドイツ・ブンデスリーガ第10節が25日に行われ、ドルトムントはアウクスブルクと対戦した。香川真司はスタメン出場となった。

    開始早々の1分、ラストパスにオーバメヤンが合わせ早速チャンスを作った。3分にはロイス、オーバメヤン、カストロと繋がり香川が左足で狙うもミートできなかった。素早く流れるような連携で、ドルトムントが立ち上がりから相手ゴールを脅かしていく。

    試合を支配するドルトムントは18分、右サイドで作ると連係からギュンドアンが抜け出し、ラストパスをオーバメヤンが決めて先制に成功した。バイタルエリアでの崩しに、相手はついてこられない。

    直後の21分には追加点が生まれる。左サイドでボールを持った香川がキレのある切り返しから縦に突破。速いクロスにロイスが飛び込んで2-0とした。

    さらに33分には、PA内で香川がキープからヒールパスを供給。これをロイスが決めて3点目。再びこのコンビでゴールを奪った。

    ドルトムントが力の差を見せたが、49分、アウクスブルクはセットプレーからボバディージャが決めて1点を返した。

    ドルトムントは82分、香川がミドルシュートを放つも決まらない。85分、香川がドリブルで持ち込み、左へパス。途中出場のラモスがシュート性のボールを入れると、オーバメヤンが合わせて4-1。さらにアディショナルタイムにも香川のお膳立てからオーバメヤンが決めてダメ押しのゴールを奪った。

    結局、試合はこのまま試合終了。後半はアウクスブルクに反撃を受けたものの、ドルトムントが貫禄を見せつけ勝利を手にした。

    【得点者】
    18分 1-0 オーバメヤン(ドルトムント)
    21分 2-0 ロイス(ドルトムント)
    33分 3-0 ロイス(ドルトムント)
    49分 3-1 ボバディージャ(アウクスブルク)
    82分 4-1 オーバメヤン(ドルトムント)
    90分 5-1 オーバメヤン(ドルトムント)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151026-00010001-footballc-socc
    フットボールチャンネル 10月26日(月)1時20分配信
    20151025_dort_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151026-00010001-footballc-socc.view-000
    香川もゴールに絡んだ

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ger/ger-10786919.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445790270/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ