海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年10月

    CSJVuKCVEAAzvzE
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 15:12:51.20 ID:???*.net
     ユベントスがおかしい。リーグ戦4連覇中の王者は開幕でまさかの2連敗。内容で押されまくったキエーボにはPKで辛くもドローを得て、A初昇格のフロジノーネにはユベントス・スタジアムでなんとドローを許した。第6節のナポリ戦では、2-1というスコア以上に完敗というありさまだ。

    その間のエクスキューズはあった。アルトゥーロ・ビダルの抜けた中盤に補強されたサミ・ケディラ、退団したアンドレア・ピルロからレジスタの座を継いだクラウディオ・マルキージオ、そしてカルロス・テベスの代わりにFWの主軸となったアルバロ・モラタと、新たにセンターラインの軸となる選手たちが揃って
    故障欠場すれば影響は多大だ。

    第一そんなチーム状態の中でも、チャンピオンズリーグ(CL)ではマンチェスター・シティやセビージャから勝利を収めている。故障者の復帰とともに、じきに良くなる――。地元メディアや評論家は、そんな楽観視をしていたものである。ところが、彼らが復帰をしてもペースが上がらない。

    18日のインテル戦では、アウェーで後半は優勢に戦いながら相手の守備を崩しきれずにスコアレスドロー。21日のボルシアMG戦も然りで、またも0-0。CL初出場のチームを応援するため頑張ってトリノまで遠征してきた約800人のサポーターを満足させてメンヒェングラードバッハに帰してしまった。

    両試合でもポゼッションは上回っているし、攻めながらも守備は破綻していない。しかし両試合ともにチャンスを仕留めきれず、昨シーズンに見せていたゴール前での勝負強さは影を潜めている。ここで真っ先に頭に浮かぶのが、当然ながらテベスの不在だ。ユーベの2年間で計50ゴールという得点力を誇った彼は、相手の守備が堅いときでも単独で突破し、シュートをねじ込んでくれる頼れるストライカーだった。

    その退団にあたり経験豊富なマリオ・マンジュキッチにイタリア代表のシモーネ・ザザ、そして3200万ユーロの値が付いたパウロ・ディバラらを一気に補強しながらこの体たらくでは、単純にテベスの得点力を誰もカバーできていないからだという言い方も出来る。

    しかし事情は、もう少し複雑である。テベスの穴は、戦術面で大きく堪えているのだ。アントニオ・コンテからバトンを引き継ぐにあたり、マッシミリアーノ・アレグリ監督は速攻型のチームに細かいショートパスでの組み立てという色をつけたが、テベスは前線でのつなぎ役としても機能した。中盤を助けてショートパスを散らしたり、密集地でパスを通したり、あるいはドリブルでこじ開けたりといったチャンスメイクが、攻撃面での重要なアクセントとなっていた。このタスクを、現状では誰も補えていないのだ。マンジュキッチの仕事はエリア内に限定され、前線で体が張れてスピードのあるザザにもテベスの繊細な技術は望めない。

    ディバラには高い技術があるが、一方で線が細くて相手の当たりに苦労している。前所属のパレルモではゴール前の仕事に集中させて伸びた選手なので、使い方が間違っているとも言えるが…。
     
    もっとも前線のつなぎやチャンスメイクの欠如という問題は、トップ下の選手をおけば解決しそうなことだ。現にユベントスはトップ下の補強を画策していたが、ご存知の通りユリアン・ドラクスラーの獲得に失敗。振り返ればユベントスの不振は、結局これが要因となっている印象がある。現にアレグリ監督はここまで、布陣を固めきれていない。故障者の影響もあるが、4バックや3バックの選択といい2トップの組み合わせといい、ほぼ毎試合ごとに変更されている。

    ドラクスラー獲得失敗の穴埋めとして引き入れたエルナネスも使いこなせていない。システムの使い分けや積極的なターンオーバーは昨シーズンも多用していたが、ショートパスを主体にした速攻の形は選手の顔ぶれやシステムにかかわらず一貫していた。
     
    しかし今はそれが機能せず、結果的に組み立てはポール・ポグバに無理して頑張ってもらうか、そうでなければファン・クアドラードのドリブル突破一辺倒になっている。「トップ下を取れ、というアレグリ監督からのリクエストはなかった。それに我々は選手の若返りを通してチームの刷新を図っている。単に今シーズンが特別だということだ」。23日、ジュセッペ・マロッタGMは地元メディアに対し弁明した。

    しかし存在感の多大だった選手を置き換えるという作業は、やはり簡単なものではない。成績が出なければアレグリ監督の進退問題にも発展するだろう。若手の成長を見守るということも含め、ユベンティーノたちにとって我慢の時は続く。
    20151025_juve_getty
    http://www.footballchannel.jp/2015/10/25/post116117/3/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445753571/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 17:35:08.70 ID:???*.net
    Soccer Magazine ZONE web 10月25日(日)12時0分配信
    2015-10-25_20h06_59
    途中出場でも異例の高評価を得た岡崎【写真:Getty Images】

    6戦ぶり先発落ち 後半18分から出場

     レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、24日の本拠地クリスタル・パレス戦でリーグ戦6試合ぶりの先発落ちとなったが、後半18分から途中出場を果たした。前線からのチェイシングで、1-0という今季初の無失点勝利に貢献した侍ストライカーは、地元メディアからチーム2位タイという異例の高評価を手にしている。

     8月29日の敵地ボーンマス戦以来のベンチスタートとなった岡崎は、相棒のイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが今季10得点目となる先制点を決めた後、後半18分に出番を迎えた。

     MFオルブライトンと代わって、ピッチに足を踏み入れた岡崎はクラウディオ・ラニエリ監督の要求通りに前線から激しいチェイシングを展開。最終ラインと中盤の守備の負担を軽減すべく、圧倒的な運動量を示した。

     チームは今季10試合目にして初完封。これに貢献した岡崎は、わずか30分程度の出場機会だったが、地元メディアから高い評価を受けている。

    チーム2位タイの高評価も

     英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、岡崎に7点を与えている。決勝弾を決めたヴァーディの8点に続くもので、DFモーガン、MFシュルップと並ぶ2位タイとなっている。出場時間が採点に影響を与えるイングランドで異例の高得点となっている。

     一方、地元紙「デイリー・メイル」では岡崎に及第点の6点を与えている。全体的に採点が高く、最高点はヴァーディの8点で、岡崎はカンテ、シュロップと並ぶチーム最低点となっている。

     レスターはリーグ5位と躍進。暫定3位のウェストハムとともに、今季プレミアリーグ序盤の台風の目となっている。リーグ戦全試合出場中の岡崎もレスター旋風に貢献している。

    サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151025-00010010-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445762108/

     
    続きを読む

    2015-10-25_11h06_03
    戦力外危機から一転、24日のパレルモ戦でフル出場
     24日のパレルモ戦で、今季初のスタメン出場し90分間のプレーをしたインテルの日本代表DF長友佑都。ロベルト・マンチーニ監督は、試合後の記者会見で試合に出ていなかった期間における長友の姿勢が起用につながったことを語っている。インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」が伝えている。

     敵地での一戦で1-1と引き分けたインテル。マンチーニ監督は「まだまだ我々は向上できる」としつつ、記者からの長友の起用についての質問に対して応じた。

    「私は彼を良いと思って見ていたし、何よりも常に準備ができていた。彼は素晴らしいゲームをしてくれた。試合の最後は少し疲れてしまったが、それは彼が90分間の体力を持っていなかったからだろう」

     今季の長友は、リーグ第2節のカルピ戦で途中出場して約10分間プレーして以来、常にベンチ入りをしていたものの出場機会はゼロだった。それが、21日の親善試合ベルルスコーニ杯による日本代表FW本田圭佑所属のACミランとの一戦に先発出場すると、前半の45分間出場。そこでのプレーが評価され、マンチーニ監督がスタメン出場のチャンスを与えた。

    第2節のカルピで途中出場以来の出番
     マンチーニ監督の言葉からは、出場機会が訪れなくてもトレーニングで常に最高の準備をしている長友の姿が浮かび上がってくる。この日は、これまで多くの試合で起用されたDFダヴィデ・サントンに代わり右サイドバックでプレー。コロンビア代表MFフレディ・グアリンや、途中出場のMFジョナタン・ビアビアニーとも良い連係を見せた。試合から遠ざかっていることを感じさせないパフォーマンスだった。

     マンチーニ監督が言及しているように、試合終盤ではやや足が止まった感はある。しかし、実戦を重ねていけば解決できる問題だろう。そして、この日のプレーで、長友がマンチーニ監督の有力なサイドバックのレギュラー候補であることをアピールできた可能性が高い。

     雌伏の時を過ごしていた日本が誇るダイナモだが、遂にチャンスをつかんだ。更なる出場機会につなげていきたいところだ。
    続きを読む

    ブンデスリーガ第10節が24日に行われ、バイエルンとFW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。大迫はベンチスタート。長澤はベンチ外となった。

     首位のバイエルンは開幕から9連勝を飾り、ブンデスリーガの新記録を樹立した。今節も白星を収めれば、記録更新の10連勝となる。なお、先発メンバーにはオランダ代表MFアリエン・ロッベンが長期離脱から復帰している。一方、6位のケルンは2試合ぶりの勝利を目指す。

     試合は0-0で迎えた35分に動く。バイエルンが右サイドから攻撃を仕掛けると、ロッベンからパスを受けたトーマス・ミュラーが中央へ折り返しのパスを出す。これをゴール前のロベルト・レヴァンドフスキが合わせにいったが、相手DFに防がれる。しかし、こぼれ球をロッベンが押し込み、バイエルンが先制に成功する。

     さらに42分、左サイドを突破したキングスレイ・コマンがエリア内左深い位置からマイナスの折り返しを送ると、これをエリア手前のアルトゥーロ・ビダルが右足で蹴り込み、バイエルンがリードを広げた。

     2点を追うケルンは58分、アントニー・モデストを下げて大迫を前線に送り込んだ。しかし、直後の62分、バイエルンが左サイドでFKを獲得すると、ダヴィド・アラバのクロスをレヴァンドフスキが頭で合わせ、バイエルンが3点差をつけた。

     77分にはレヴァンドフスキがPKを獲得。これをキッカーのミュラーがゴール右下に決め、4点差をつけた。試合はこのまま終了を迎え、バイエルン4-0でケルンを下した。なお、大迫は試合終了まで出場した。

     次節、バイエルンは敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ケルンはホームでホッフェンハイムと対戦する。

    【スコア】
    バイエルン 4-0 ケルン

    【得点者】
    1-0 35分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
    2-0 42分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
    3-0 62分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
    4-0 77分 トーマス・ミュラー(PK)(バイエルン)
    2015-10-25_02h05_15
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00363104-soccerk-socc
    続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 00:52:03.57 ID:???*.net
    10.24 プレミアリーグ第10節 レスター・シティ1-0クリスタル・パレス]

     プレミアリーグは24日、各地で第10節1日目を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでクリスタル・パレスと対戦し、1-0で完封勝利をおさめた。岡崎は8月29日の第4節ボーンマス戦以来、6試合ぶりのベンチスタート。後半18分から途中出場した。

     前半7分、レスターはMFマーク・アルブライトンが左からカットインして左足ミドル。左ポストの跳ね返りを岡崎に代わって3試合ぶり先発のMFリヤド・マフレズが右足で狙ったがゴール左へ外れる。
    レスターは敵陣でボールを回すなど、押し込む時間帯は長いが得点を挙げるまでには至らない。

     それでも、スコアレスで折り返した後半15分にここまで9試合9得点のFWジェイミー・バーディが魅せる。同15分、DFブレデ・ハンゲランのコントロールミスからマフレズがスルーパス。これに反応したバーディが飛び出したGKウェイン・ヘネシーを浮き球でかわして右足で押し込み、先制点。バーディはこれで今季の得点を2桁に乗せ、7試合連発となった。

     1点ビハインドのパレスは後半25分、右からカットインしたMFバカリ・サコが左足シュートもGKカスパー・シュマイケルが横っ飛びセーブ。同33分には右CKの流れから何度もシュートを放ったが、レスターの守備を崩すことができず、1点が遠かった。

     レスターは岡崎とバーディの前線からのプレスから最後まで追加点を狙ったが、1-0のまま試合は終了。今季初のリーグ戦完封勝利を飾り、2試合ぶりの白星を挙げた。
    2015-10-25_01h44_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-01256219-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445701923/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 00:26:42.65 ID:???*.net
    清武、2度の切り返しで鮮やか突破!今季3アシスト目も逆転負け

    ゲキサカ 10月25日(日)0時22分配信
    2015-10-25_01h23_27
    画像: Getty Images (ゲキサカ)

    [10.24 ブンデスリーガ第10節 ハノーファー1-2フランクフルト]

     ブンデスリーガは24日、第10節2日目を行い、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーはホームでMF長谷部誠の所属するフランクフルトと対戦し、1-2で敗れた。清武、酒井、長谷部の日本人3選手がそろってフル出場した一戦。後半6分に清武が先制点をアシストしたが、逆転負けで連勝は2でストップし、4試合ぶりの黒星を喫した。

     ハノーファーは清武がトップ下で先発し、前節のケルン戦(1-0)で後半開始から途中出場した酒井も右サイドバックで4試合ぶりの先発復帰。フランクフルトは前節のボルシアMG戦(1-5)を休養した長谷部が2試合ぶりに先発し、この日は右サイドバックに入った。

     試合は0-0の膠着状態が続き、ハノーファーは前半31分、ドリブルで仕掛けたMFフェリックス・クラウスが長谷部に倒され、FKを獲得。ゴール正面やや左の絶好の位置から清武が右足で直接狙ったが、ゴール左へ外れた。

     均衡を破ったのは清武の鮮やかなドリブル突破だった。後半6分、左サイドから中に切れ込むと、2度の鋭い切り返しでDF2人をかわし、ゴール前に絶妙なスルーパス。PA内に走り込んだクラウスが左足で流し込み、先制点を奪った。

     清武の2試合ぶり今季3アシスト目でリードを奪ったハノーファーだが、フランクフルトもすぐさま同点に追いつく。4分後の後半10分、左クロスをFWアレクサンダー・マイヤーが頭で落とし、MFマルク・
    シュテンデラが切り返しから左足でゴール右隅に流し込んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-01256133-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445700402/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 00:29:05.72 ID:???*.net
     ブンデスリーガ第10節が24日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツとブレーメンが対戦した。武藤は9試合連続の先発出場となった。

     マインツは前節、MF香川真司が所属するドルトムントに敗れ、8位から4勝5敗の11位へと順位を下げた。一方、ブレーメンは前節のバイエルン戦を0-1で落とし、第4節のホッフェンハイム戦以降、泥沼の5連敗。順位も降格プレーオフ圏内の16位に沈んでいる。

     試合は0-0で迎えた39分、左サイドからサンティアゴ・ガルシアがクロスを上げると、ニアのDFが触ったボールがゴール前のアンソニー・ウジャーの下へ。ウジャーがヘディングで合わせて先制に成功する。つづく44分、左サイドのS・ガルシアが今度は低いクロスを入れると、ニアに走りこんだウジャーがこれを合わせ、決めて2点目を決めた。

     さらに前半アディショナルタイム3分、最終ラインの裏に抜けだしたフロリアン・グリリッチュがエリア内左から中央へ折り返すと、フリーのフィン・バルテルスが右足でしっかりと決め、リードを3点に広げた。このまま3-0で前半が終了する。

     後半は両チームともにゴールに迫ったが、なかなか得点につながらない。90分、マインツは右サイドのクロスを武藤が押し込み1点を返したが、このままブレーメンが3-1でマインツを下した。なお、今シーズン3点目を決めた武藤はフル出場を果たした。

     次節、マインツは敵地でアウクスブルクと、ブレーメンはホームでドルトムントと対戦する。

    【スコア】
    マインツ 1-3 ブレーメン

    【得点者】
    0-1 39分 アンソニー・ウジャー(ブレーメン)
    0-2 44分 アンソニー・ウジャー(ブレーメン)
    0-3 45+3分 フィン・バルテルス(ブレーメン)
    1-3 90+1分 武藤嘉紀(マインツ)
    2015-10-25_01h00_44
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00363109-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 10:33:25.98 ID:???*.net
    サッカー界の“キング”ことペレ氏が10月23日、75歳の誕生日を迎えた。

    ペレ氏は1958年、1962年、1970年ワールドカップでブラジル代表として優勝したサッカー界の生ける伝説だ。同氏は現在のブラジル代表について聞かれると、「ブラジルは今も世界最高の選手を抱えている。しかし、多くの選手が母国から離れており、競争力の高いチームを作ることは難しい」と評価している。

    一方で、現在の世界最高の選手に話が移ると、バルセロナのリオネル・メッシとレアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウドの評価について質問が飛んだ。ペレ氏は「どちらも自分の時代を作り上げた。これは疑いのない事実だ」と両選手ともに評価していることを明かした。

    しかしながら、ペレ氏はメッシとC・ロナウドを称賛した後に次のように付け加えている。

    「正直に言えば、未だに70年ワールドカップの私のように強い選手を観たことないんだ」

    70年ワールドカップは「ペレのための大会」と称されており、全試合で驚異的なパフォーマンスを披露した。自身も4得点を記録し、ブラジル代表を3度目の優勝に導いている。

    未だ史上最高のサッカー選手として自認し続けているペレ氏。果たして、同氏を超えるタレントは生まれるのだろうか。

    フットボールチャンネル 10月24日(土)9時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151024-00010004-footballc-socc

    ペレ
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445650405/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 12:37:26.30 ID:???*.net
    英国の女性たちにアンケート

    サッカー大国のイングランドでもサッカーに興味を持っていない人は多い。そんな人にはサッカー選手の特異な名前を読むのは難しいだろう。英メディア『TalkSport』は若い女性を対象に「この選手の名前読めますか?」と質問。名前が読みにくい選手を4名紹介している。

    1.Papy Djilobodji(パピ・ジロボジ DF チェルシー)

    この名前を読むのはサッカー好きの人でも苦労したはず。今夏ナントからチェルシーに加入したジロボジは、「ジョロボジ」と読まれることが多かった。その特異な名前の正しい読み方を覚えさせるほどテレビ画面に映っていないのも苦しい。出場機会は皆無に等しく、名前を覚えてもらうのは至難の業だろう。

    2.Bastian Schweinsteiger(バスティアン・シュバインシュタイガー MF マンチェスター・ユナイテッド)

    シュバインシュタイガーも常にサッカー界の“名前読みにくいランキング”の上位に入ってくる。名前が難しいのもあるが、何より長い。解読にはかなりの根気が必要で、女性の中には読むことを放棄する人も。

    長すぎる名前に痺れを切らして「バスチャン・シュワルツェネッガー」と読んでしまう人もいた。かなり格好いい名前だが、なかなか読んでもらえない。

    3.Adnan Januzaj(アドナン・ヤヌザイ FW ドルトムント)

    まだまだ若手ということもあり、サッカーに興味のない人には聞こえてこない名前だろう。アドナンまでは読めるが、やはり「ジャヌザジ」と読む人が多数出現。今夏にイングランドを離れてしまったこともあり、余計に覚えてもらいにくい名前となってしまった。

    4.Sokratis Papastathopoulos(ソクラティス・パパスタソプーロス DF ドルトムント)

    もはや難しくて読めないのか、長すぎて噛んでいるだけなのかが分からない。ソクラティス・パパ……まではスムーズに読めるが、そこからは完全に詰まってしまう。渋い仕事をこなす選手ということもあり、今後も覚えてもらうのは難しそうだ。


    その他にもアストン・ヴィラのGabriel Agbonlahor(ガブリエル・アグホンラホール)、トッテナムのEmmanuel Adebayor(エマニュエル・アデバヨール)、FCロコモティフ・モスクワのRoman Pavlyuchenko(ロマン・パヴリュチェンコ)、ドルトムントのHenrikh Mkhitaryan(ヘンリク・ムヒタリアン)が読めない選手として挙げられている。

    サッカー好きの間では特徴的な名前を持つ選手が話題に挙がることも多いが、自分の名前を正しく読んでもらえるのか。難しい名前だからこそ、覚えられて初めて一流選手と言えそうだ。
    2015-10-24_13h32_12
    theWORLD(ザ・ワールド) 10月24日(土)12時1分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00010007-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445657846/


     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ