海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年11月

    00000782-G
    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 16:34:47.77 ID:CAP_USER*.net
    浦和 1 - 3 G大阪 埼玉スタジアム(40,696人)
     後半2分(G大阪)今野泰幸
     後半27分(浦和)ズラタン
     延後13分(G大阪)藤春廣輝
     延後16分(G大阪)パトリック

     
    ※CS今後の日程
    決勝第1戦 12/2(水)19:30「G大阪×広島」 万博記念競技場 TBS(地上波)/スカパー

    決勝第2戦 12/5(土)19:30「広島×G大阪」 エディオンスタジアム広島 NHK総合/スカパー 

    CS試合速報:http://www.jleague.jp/match/championship/2015/112801/live/#live
    Yahoo! J1 CS特集:http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/special/soccer/jleague/j1/cs
    J's GOAL:http://www.jsgoal.jp/
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/jleague
    明治安田生命:http://www.meijiyasuda.co.jp/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448696087/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 00:34:31.12 ID:CAP_USER*.net
    4-3-3の右SBで先発と地元紙が予想
    インテルの日本代表DF長友佑都が、完全なる復権を印象づけている。29日の敵地ナポリ戦で、地元メディアはリーグ戦4試合連続の先発出場を果たすと予想。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

    長友は24日に南部の小都市バーリで行われた、ACミランとセリエBバーリとの親善試合サン・ニコラ杯では、主力と共に遠征メンバーから外れ、温存されていた。

     首位に立つインテルのロベルト・マンチーニ監督は、現在勝ち点2差の2位につけているナポリとの天王山に4-3-3システムで臨むと見られており、4バックの右で長友が先発すると予想されている。

     今季開幕前の親善試合では、控え組の右の攻撃的MFで起用されるなど戦力外状態だった長友だが、オフ返上のトレーニングなど陰ながらの努力が指揮官に認められて、定位置を取り戻そうとしている。
    GettyImages-4983179561-690x490
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/20999
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448638471/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 20:48:18.56 ID:CAP_USER*.net
    バルサの好調がよくわかる

    2015年も残すところ約1か月となり、各メディアでは今年度のベストイレブンを決める動きが加速している。

    スペイン『マルカ』はユーザーによる投票を基に今年のベストイレブンを作成。派手な選手から地味な選手まで幅広くチェックされており、バランスよく選手が配置されている印象だ。今回はシステムが[4-3-3]となっている。

    GK:マヌエル・ノイアー(バイエルン)

    DF:(右から)セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、
    ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)、ダビド・アラバ(バイエルン)

    MF:ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード)、ポール・ポグバ(ユヴェントス)、アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)

    FW:リオネル・メッシ(バルセロナ)、ネイマール(バルセロナ)、ルイス・スアレス(バルセロナ)


    2015年もバルサが世界をリードした形となり、今回のベストイレブンにも5人選出されている。MSNはもちろん、先日のクラシコでも異次元のプレイを見せていたイニエスタもしっかりと入っている。ラモスの評価も相変わらず高く、サイドバックとして選出された。左サイドバックには万能型のアラバ、ピケの相棒にエアバトルを得意とするゴディンが入っているのも印象的だ。ポグバは全世界の誰が見てもワールドクラスの選手で、こういったランキングに入ってくることも当たり前となった。

    一方、クリスティアーノ・ロナウドやガレス・ベイルといったレアルの前線は選ばれず、やはりバルサが何枚も上手だったということだろうか。クラシコでもBBCはMSNに完敗し、世界最高のユニットがMSNであることに疑いを持つ者は誰もいない。2016年よりシーズン後半戦に突入していくが、来年もバルサが支配する1年となるのだろうか。
    2015-11-27_23h03_52
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00010009-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448624898/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 19:28:38.19 ID:CAP_USER*.net
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督とドルトムントのアルメニア人MFヘンリフ・ムヒタリャンとの話題について、『Dailymail』が伝えている。

    主にドルトムントの2014-15シーズンについて書かれたという書籍『Reading the Game』において、クロップはムヒタリャンについてこう語っていたという。

    “ ユルゲン・クロップ(現リヴァプール監督)

    「私のなかで、彼が世界で最も才能ある選手のひとりだということに何の疑いもない。彼はスピードとテクニックの信じられないようなコンビネーションを持っている。そう言える(選手は)非常に非常に少ない。それが、世界最高のチェス選手がムヒタリャンと同じアルメニアから誕生する理由だ。そう、他の国々は一流の選手たちを生み出す。だが、アルメニアは合理的に予想できるものをはるかに上回るものを生み出す」

    昨シーズンのドルトムントは苦境にあり、ムヒタリャンも批判を受けるひとりであったが、クロップはこれ以上ないほどに絶賛していた。なお、アルメリアではチェスを義務教育の中に組み込んでいるらしい。

    さて、そのムヒタリャンのエージェントは本人がこの冬の退団を希望していると主張したというが、トーマス・トゥヘル監督は契約の延長を望んでいるという(現在の契約は2017年6月末まで)。

    ムヒタリャンといえば、かつてリヴァプール入り寸前と噂されたことがあった。今季はチームも彼自身も絶好調であり、冬の退団は考えにくいが、去就が注目されそうだ。
    CUwBL5CWoAApi09
    http://qoly.jp/2015/11/27/jurgen-klopp-and-henrikh-mkhitaryan-20151127
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448620118/

     
    続きを読む



    LINE BLOGさんから「LINE BLOG OF THE YEAR」に選んで頂き、賞と盾が届きました CUzoHFcUEAA9njn
    全文は 香川真司 公式ブログ
     

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 16:28:32.88 ID:CAP_USER*.net
    ハリルホジッチ監督率いる日本代表が、2018年ワールドカップに向けたアジア地区第2次予選のカンボジア戦(アウェー)を迎えようとしていたとき、そのニュースは流れた。

    「フランスの名門マルセイユが宇佐美貴史に正式オファー」

    マルセイユのクラブ関係者が明かしたとして報じられたそのニュースは、それ以外に宇佐美獲得を模索しているというドイツの複数クラブの名前とともに、フランス国内でも2次情報として数行のニュースで報じられた。

    宇佐美といえば、2011年7月に買い取りオプション付きの1年レンタルで、ドイツの名門バイエルンに移籍。19歳という若さで世界的クラブに加入したものの、厚すぎる選手層にもがき苦しみ、ほとんど出場機会を得られないまま契約を終了したという苦い経験がある。さらにその翌シーズンも、ホッフェンハイムと同様の契約でレンタル移籍を果たしながら力を発揮できず、2013年6月にふたたびガンバ大阪に復帰した。

    まだ若かったと言えばそれまでだが、しかしその後の宇佐美がドイツでの経験を生かし、日本国内でさらなる成長を遂げたことは間違いない。実際、ハリルホジッチ体制になってからの宇佐美は全試合に出場する唯一の選手となり、その指揮官の寵愛ぶりは誰もが認めるところである。

    今、ワールドカップのロシア大会に向けてもっとも期待をかけられている23歳の宇佐美にとって、自身3度目の海外挑戦は日本の将来を担う選手へと成長するために、避けては通れない道。そういう点で、マルセイユはうってつけの移籍先といえる。

    正式名称「オランピック・ドゥ・マルセイユ」は、通称“OM”として知られるフランス国内ナンバーワンの人気を誇る名門クラブだ。過去9度のリーグ優勝を果たした南仏のビッグクラブは、1980年代後半から1990年代初頭に黄金期を迎え、1992-1993シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝を果たしている(後に国内リーグ戦における八百長事件が発覚したためタイトルは剥奪された)。

    最近では元マルセイユの名手で、現フランス代表監督のディディエ・デシャンがチームを率いた時代(2009~2012年)にもリーグ優勝1回、リーグカップ3連覇という偉業を達成。また、タイトル獲得こそ実現しなかったが、昨シーズンはアルゼンチンの名将マルセロ・ビエルサが指揮を執り、スペクタクルサッカーで国内を席巻したことも記憶に新しい。

    常に世間の注目を浴び続けるマルセイユは、カタール資本で黄金期を築くパリ・サンジェルマンを目の上のタンコブとしているが、それでも国内の人気ナンバーワンの座は譲っていない。特にサポーターのクラブに対する忠誠心は特筆すべきで、来年のユーロ開催のために新装オープンした本拠地「ヴェロドローム」の熱い雰囲気は欧州屈指レベル。「結果が出なければ即暴動」という気性の荒さは玉にキズだが、あのサポーターの大声援は体感した者でなければわからないほどの熱狂度だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010002-sportiva-socc
    webスポルティーバ 11月27日(金)14時4分配信
    2015-11-27_17h07_43
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010002-sportiva-socc.view-000
    宇佐美貴史はふたたび欧州に挑戦するのか 
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448609312/


    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 10:22:03.18 ID:CAP_USER*.net
    マインツのマルティン・シュミット監督は、FW武藤嘉紀を気に入っている。

    それは、プレー面に限ったことではない。日本代表アタッカーの性格も指揮官が好む理由だ。ドイツ『アルゲマイネ・ツァイトゥング』『キッカー』が指揮官のコメントを伝えている。

    マインツに加入してまだ半年も経っていない武藤。クラブは当初、同選手に新しい環境やドイツサッカーへの順応のために十分な時間を与えることを強調していた。  

    しかし、シーズンが始まると武藤はリーグ戦13試合中12試合に先発し、主力選手としての地位を確立している。

    6ゴール4アシストと結果を残している武藤だが、今年の初旬から休みがなかったことから疲労も懸念されるところだ。

    また『アルゲマイネ・ツァイトゥング』は、先月24日に行われた第10節ブレーメン戦で足首を負傷してから、同選手は痛みを感じているとが伝えた。

    日本代表の試合のために強いられた長距離移動について、シュミット監督は「飛行機で飛び回る影響がまったくないわけはない」と述べ、

    「我々は彼がフレッシュな状態でいられるように、フィットネスをうまく管理しなければいけないね」と続けている。

    それでもスイス人指揮官は「彼にとっては長いシーズンとなっているが、(年内)残り4試合に関しては何とかできるだろう」と、特に心配していない様子をうかがわせた。

    一方で、シュミット監督は武藤のピッチ外の振る舞いに好感を持っているようだ。「彼の好奇心はものすごい」と何もかも吸収しようとする姿勢を褒める同監督は、武藤のキャラクターについて「非常に気の利く選手だと思う」と語り、同選手の日常の過ごし方について以下のように述べている。

    「彼が街で散歩する姿をよく見かけるんだ。彼は家に帰り、閉じこもることはなく、外に出るタイプだ。コンタクトを取らずにいつも実家に電話するような選手もいるが、彼はそうじゃないね」

    『キッカー』によると、同監督はマインツの中心街やよく出入りする喫茶店で武藤にこれまで何度もばったり会ったという。

    シーズン開幕前に、チームとしての目的地を問われた際に「我々のファンのハートだ」と答えた指揮官にとっては、武藤のように自ら積極的に地元の生活に触れようとする姿勢こそ理想的なのかもしれない。
    2015-11-27_12h12_18
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000035-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448587323/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 04:07:59.52 ID:CAP_USER*.net
    6月に右膝を手術し、完全復活を目指すシャルケのDF内田篤人(27)が26日、同クラブの公式ツイッターでメッセージを公開した。

     ツイッターチャット形式で本人が直接ファンからの質問に答えていき、復帰次期については明言しなかったものの、今年1番心に残っているのは「手術の麻酔に勝てなかったこと」と告白。

    壮絶な痛みに心が折れてしまったようだが、リハビリの原動力は「お金」とつぶやくなど相変わらずの“内田語録”を披露。既に心身ともに回復している様子をうかがわせた。

     今一番気になるサッカー選手にはレアル・マドリードのMFイスコを挙げ、今までで一番ボールが取れなかったのは鹿島時代にチームメートだったMF遠藤康だと明かした。また、J1昇格が決まった磐田のことも祝福した。

     内田は50問ほど答えると、「リバビリに行ってきます」と退室。順調に行けば、ウインターブレーク(12月20日から来年1月22日まで)前には全体練習にも合流できる見通しとなっている。
    2015-11-27_06h36_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-00000152-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448564879/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ