海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年01月


    2016-01-31_13h14_28
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:31:19.55 ID:CAP_USER*.net
    6大会連続10度目の五輪出場を決めている日本が決勝で韓国を3-2で下し、初優勝した。

     手倉森誠監督(48)は五輪本大会で24歳以上の選手を3人まで加えられるオーバーエージ(OA)枠について「組み合わせを見てからになる。選手が浮かれていたり、成長がもたついていたら、その話題であおるかもしれない」と話すにとどめた。

     日本協会の霜田正浩技術委員長(48)は「2月中に方向性を出したい」との考えを明らかにしている。今後は強化部会などを経て議論を深めていくことになる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000095-dal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454243479/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 17:14:59.10 ID:CAP_USER*.net
    インテルも完璧じゃない?

    ミランに所属する日本代表MF本田圭佑が、31日に行われる大一番ミラノダービーに向けて意気込みを語っている。

    ミランとインテルによる伝統の一戦ミラノダービーは、毎年のセリエAにおけるビッグイベントであり、常に多くの人間を魅了してきた。近年は両チーム共に思うようなパフォーマンスを披露できていないものの、依然としてミラノダービーが持つ“スペシャルな空気感”は変わらない。そんな決戦への出場が見込まれているミランの10番は、インテル戦へ向け次のように言及している。伊『Corriere dello Sport』が本田のコメントを伝えた。

    「インテルでさえ今はそこまで良いサッカーをしてないですよ。僕らはカルロス・バッカのゴールでダービーを1-0で制します。ミランは勝つ必要がありますね。そこまで良いプレイをできているわけじゃないですけど、上位に上がるための貴重なチャンスなので」

    現在リーグ戦で6位に位置するミランは、チャンピオンズリーグ出場権を手に入れるためにも勝利が欲しいところだろう。

    「とてもハードな争いになると思います。僕らは大きなポイント差をつけられています。でも諦めるにはまだ早いですが」

    ビッグクラブの10番を背負う人間らしいコメントといえるだろう。本田はバッカのゴールを予想したが、日本人としては本田のゴールに期待したいところだ。
    2016-01-31_18h45_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00010017-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454228099/

     
    続きを読む

    1: プーアル ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 14:39:32.35 ID:CAP_USER*.net
    厳しいことを言うようだけど、日本が“強かった”わけではないことも、受け止めておくべきだね。90分間をとおして見れば、韓国に圧倒される時間のほうが長かったからね。韓国の足が動いていた前半や後半の序盤は押されていたし、実際に2点を先に取られている。この事実を見過ごしてはいけないよ。

     ヒーローになった浅野も、果たして90分間プレーしたらどうなのか。もちろん、浅野の途中投入は戦術的に有効だけど、個のレベルアップを考えたらスタメンで活躍できる選手にならないといけないよね。所属クラブのサンフレッチェでも、U-23代表でもスーパーサブとして起用されているのは、まだ浅野には「スタメンから使いたい」と思わせる力がないからなんだ。

     同じことは、他の選手にも言えるよね。手倉森監督は毎試合、選手をターンオーバーして使っていた。 短期決戦ではコンディション調整が大きなポイントになるから、その判断は理解できる。でも、ここまで選手を入れ替えるチームは珍しいでしょ? つまりは、絶対的な存在がいなかったから、スタメンを固定できなかったともとれるんだ。

     僕がこの大会のMVPを選ぶとすれば、GKの櫛引かな。唯一、不動のレギュラーと言える存在感を見せたし、彼がコンスタントに活躍したから日本は接戦をものにできた。A代表の仲間に入ってもおかしくないと思うよ。レギュラーを獲れるかは別として、西川や東口、川島たちと競わせるのは悪くない手だよね。

     一方で、攻撃的なポジションに、これといった選手がいないのは寂しいね。浅野がインパクトを残したのは決勝だけだし、南野はノーゴールで大会を終えている。エースと期待された久保も含めて、もう一段レベルアップしないとA代表の主力を脅かす存在にはなれないよ。

     まあ、そのあたりの答えは、ハリルホジッチが出すだろう。3月にはロシア・ワールドカップのアジア2次予選がある。2次予選突破はすでに決まっているから、五輪世代の何人かをテストするかもしれないよね。

     そこで少しでも使ってくれれば、五輪代表の強化にもつながる。仮に呼ばれなかったとしても、8月のリオ五輪で結果を出せば、その後のワールドカップ最終予選でチャンスを与えられるはずだ。
    13894_ext_04_0
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=13894
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454218772/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 12:02:31.23 ID:CAP_USER*.net
    現地時間30日に行なわれた決勝で、日本が韓国に3対2の逆転勝利で優勝し、フェアプレー賞も受賞して幕を下ろしたAFC U-23選手権。準優勝に終わった韓国のシン・テヨン監督は、この日の試合を振り返り、今大会の自チームも分析した。

    試合は韓国が後半途中まで2点のリードを奪う苦しい展開に。手倉森誠監督は60分に大島僚太を下げて浅野拓磨を投入する。

    すると67分、日本は矢島慎也のアシストから浅野が決めて1点差とすると、その直後には矢島がネットを揺らしてあっという間に同点とする。そして最後は81分、浅野がこの日自身2点目を挙げて決勝弾をマーク。日本が2点ビハインドからの逆転劇を披露し、アジア王者の座を勝ち取った。

    シン監督はAFC(アジアサッカー連盟)の公式HPに対し、「日本の選手交代が試合を変えたのは事実だ。その点で、私は日本の監督に敬意を示したい」「彼は試合を一変させる手腕を発揮した」とコメント。采配を的中させた手倉森誠監督を称賛した。

    一方でシン監督は「我々に問題があったとは思わない。このチームには大きなポテンシャルがあると思うし、今よりも上手く、柔軟にプレーすることもできるようになる。世界の舞台でも、同じ戦い方をしていきたい」とリオ五輪を見据えた。

    シン監督はまた「今大会、このチームは非常によく戦ったと思う。我々は退屈なサッカーを一切しなかった。常にパスサッカーを展開し、選手たちは素晴らしいパフォーマンスを見せた」とメンバーを称え、「今日は敗れたが、大会を通じていい仕事ができたと思う。リオ五輪の切符を手にしたので、目標は達成した」とコメント。「チーム全体と技術レベルを向上させなくてはならない。

    今日のような状況は、五輪のような舞台では避ける必要がある。最も大きな課題は、守備の安定性だ」と、解決すべき点を提示した。
    2016-01-31_13h14_28
    ISM 1月31日(日)11時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000012-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454209351/

     
    続きを読む

    1: アジフライ ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:23:00.11 ID:CAP_USER*.net
    U23中島が大会MVP、イラン戦で2得点

    <リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権:日本3-2韓国>◇決勝◇30日◇ドーハ

    U-23(23歳以下)日本代表が同韓国代表を3-2で下し、アジア王座に輝いた。

    0-2から後半、一気の3連続得点で逆転。歴史ある日韓戦を何とも劇的な展開で制し優勝を飾った。

    大会MVPには日本の10番、準々決勝のイラン戦で2得点したMF中島翔哉(21=東京)が選出された。
    2016-01-31_03h01_13
    ソース
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/u23/news/1598813.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454174580/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:19:55.32 ID:CAP_USER*.net
    ◇U―23アジア選手権決勝 日本3―2韓国(2016年1月30日 カタール・ドーハ)

    U―23代表の“切り札”、FW浅野がついに今大会初ゴール。しかも反撃口火弾、決勝ゴールの2発を決め、試合をひっくり返した。

    2点ビハインドの後半22分、MF矢島のスルーパスに素早く反応して抜け出すと、ダイレクトでゴール右隅へ叩き込み反撃の口火。直後の23分に同点の後半36分にはまた浅野だ。半身の姿勢でMF中島からのパスを受けると、体を反転させ韓国のDFを振り切ると前にはキーパーだけ。左足を振り抜くとゴール右隅に決勝弾が吸い込まれていった。

    今大会6試合中5試合後半から投入されたスピードスター。ここまでの試合もゴールを脅かしながら得点には至らなかったが、決勝でやっと出た。「やっとゴールが取れました。今までゴールがとれなくてチームを苦しめてしまったので、こういう大舞台でゴールを決めて貢献できたのはうれしいなと思います」と満面の笑みを浮かべた。

    「(矢島)慎也くんは自分を見てくれていると信じてました」と1点目のアシストとなるスルーパスを出した矢島への信頼感を口にすると、矢島も「ずっと(浅野)拓磨とああいう形で点取ろうと話していたので、ようやくつながりました」としてやったりの表情を見せた。

    矢島は「勝てない勝てないって言われてきた中で勝負強さを身につけたことはでかかったと思います」と収穫を口にし、「監督胴上げした瞬間に優勝したんだなと思いました」と喜びに浸った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000139-spnannex-socc
    スポニチアネックス 1月31日(日)2時9分配信
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454174395/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 01:54:25.83 ID:CAP_USER*.net
    ◇U―23アジア選手権決勝 日本―韓国(2016年1月30日 カタール・ドーハ)

    後半に2点差をはね返しての劇的な逆転勝ち。しかも相手は宿敵・韓国だ。U―23日本代表の手倉森誠監督(48)は試合後、喜びに沸く選手の手によって3度胴上げされた。

    「スリリングで見ごたえのある試合。開き直って仕掛けるしかない展開だったが、勝つことになっていたのかな。そんな気持ちです」。意外にも、努めて冷静に試合を振り返った。

    0―2の後半22分、途中出場のスーパーサブFW浅野がスルーパスに反応。飛び出した相手GKの上を抜く技ありの右足シュートで1点差に。直後の同23分にはDF山中の左サイドからのクロスをMF矢島が頭で押し込み同点に追いついた。そして同36分には再び浅野が最終ライン裏に抜け出すと、GKとの1対1で左足でゴール右隅に流し込んだ。2点差をはね返し、わずか14分間でつかんだ大逆転劇だった。

    「2点取られて目が覚めた。2―0で勝つつもりだったから」

    どうしても勝ちたかった。宿敵・韓国との決勝。関塚体制の12年ロンドン五輪では3位決定戦で0―2で敗れ、メダルを逃した。バトンを受けた手倉森ジャパンでも14年仁川アジア大会の準々決勝で0―1敗戦と苦杯をなめた。すでにリオ五輪出場は決めているものの、絶対に負けられない戦いだった。

    34戦無敗を誇った韓国を下してのアジアの頂点。「そう簡単には勝てない相手にも勝てるようになった。2点取られてムカついてた。これからも世界に届くところまで育てていきたい」と手倉森監督。後半ロスタイムにリオ五輪出場を決めた準決勝イラク戦に続くドーハの歓喜。8月の本番に向けて大きな収穫を手にした。
    2016-01-31_02h15_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000138-spnannex-socc
    スポニチアネックス 1月31日(日)1時52分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454172865/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 01:29:22.62 ID:CAP_USER*.net
    ブンデスリーガ第19節が30日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとインゴルシュタットが対戦した。

    2位のドルトムントは前節、ボルシアMGに3-1で勝利し、シーズン後半戦白星スタートを飾った。今節は、昇格組の10位インゴルシュタットをホームに迎えて、リーグ戦2連勝を狙う。前節、胃腸炎にかかった影響で今シーズン初めて出番がなかった香川は、トップ下で今節のスタメンに名を連ね、後半戦初出場となった。一方でMFイルカイ・ギュンドアンとFWマルコ・ロイスが感染症のため欠場。MFマティアス・ギンターがMFユリアン・ヴァイグルとボランチで、FWアドリアン・ラモスがFWピエール・エメリク・オーバメヤンと2トップでコンビを組む。

    開始前には、2015年度のアフリカ最優秀選手賞を受賞したオーバメヤンのセレモニーも行われた。

    雨の中でキックオフを迎えた試合は、ドルトムントがボールを支配して主導権を握るが、なかなか攻撃の糸口を掴めず、膠着状態が続く。29分、インゴルシュタットは、 GKラマザン・エズカンのゴールキックからダリオ・レスカーノがDFラインを抜け出し、そのまま相手GKロマン・ビュルキもかわす。ゴールが無人となり、決定的なピンチを迎えたドルトムントだったが、戻ったマッツ・フンメルスがレスカーノに詰める寄ると、最後はウカシュ・ピシュチェクが頭でクリアし、難を逃れた。

    逆にドルトムントは35分、左サイドのエリック・ドゥルムからのクロスに、中央のオーバメヤンが右足のジャンピングボレーで合わせるが、シュートはGKエズカンに阻まれる。そのこぼれ球を、ラモスが頭で押し込もうとするが、枠を捉えられなかった。43分には香川が左サイドから精度の高いクロスを供給。ファーサイドに流れたオーバメヤンがフリーでヘディングシュートを放つが、相手DFにブロックされた。前半はスコアレスで折り返す。

    後半に入ってドルトムントは、トーマス・トゥヘル監督が立ち上がりに動く。55分、ヴァイグルと香川を下げて、モリッツ・ライトナーとゴンサロ・カストロを投入した。65分、エリア内右に抜け出したライトナーが鋭い折り返し。ゴール前にオーバメヤンが飛び出すが、目の前でGKエズカンにキャッチされた。するとその直後、最終ラインでキープしたフンメルスがレスカーノに詰められてバックパス。浮き球のボールはGKビュルキの頭上を越えてゴールに吸い込まれる。ドルトムントがオウンゴールで先制を許したかに思われたが、レスカーノのフンメルスに対するファールの判定で、ノーゴールとなった。

    嫌なムードになったドルトムントは68分、左CKからヘンリク・ムヒタリアンのボールに、中央のフンメルスがヘディングで流すが、シュートは枠の右に外れる。その直後、トーマス・トゥヘル監督は思い切った采配に出る。なかなかゴールを奪えない状況で、ラモスに代えて17歳のMFクリスチャン・プリシッチをピッチに送り出した。

    77分、ドルトムントがついに均衡を破る。右サイドのピシュチェクがピンポイントのクロスを供給。中央のオーバメヤンが頭で合わせて、ゴール右隅に沈めた。オーバメヤンは得点ランクトップのリーグ戦19ゴール目。するとエースの勢いは止まらない。85分、カストロのスルーパスでエリア内左に抜け出したオーバメヤンが、左足を振り抜いてゴール右隅に決めた。オーバメヤンは19試合出場で20ゴールの大台に乗せた。

    試合はこのままタイムアップ。ドルトムントは苦戦したものの、2-0で勝利を収め、2連勝となった。

    ドルトムントは次節、2月6日にアウェーで同代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦。インゴルシュタットは同日にアウクスブルクをホームに迎える。

    【スコア】
    ドルトムント 2-0 インゴルシュタット

    【得点者】
    1-0 77分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    2-0 85分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    2016-01-31_02h08_40
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00396882-soccerk-socc
    SOCCER KING 1月31日(日)1時20分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10787000.html
    試合スコア
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454171362/

    続きを読む

    2016-01-31_01h49_08
    1: 韓国は日本の優勝自販機@動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 01:37:00.22 ID:CAP_USER*.net
    韓国 2-3 日本

    1-0 クォン・チャンフン(前半20分)
    2-0 チン・ソンウ(後半2分)
    2-1 浅野拓磨(後半22分)
    2-2 矢島慎也(後半23分)
    2-3 浅野拓磨(後半36分)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/soccer_japan/5670
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454171820/

     
    続きを読む

    CZ-LZ4DW0AA4tUD
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ