海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年03月

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 07:45:56.94 ID:CAP_USER*.net
    ハリルジャパンは29日、ロシアW杯アジア2次予選シリア戦(埼玉スタジアム)に5―0で快勝。日本代表FW本田圭佑(29=ACミラン)は予選出場6戦連発となるゴールを決め、E組首位突破に貢献した。

    その本田に朗報だ。ミラン残留が“内定”したことが、この日までに分かった。所属のミランは本田の実力に加え、マーケティング面の貢献も高く評価。来季残留を前提に動いており、契約延長交渉の準備も進めている。本田も残留を望んでおり、去就問題は決着へと一気に進展しそうだ。

    エースが絶好調だ。2―0で迎えた後半41分、左サイドの香川から上がったクロスを本田が豪快にヘッドで叩き込んだ。W杯アジア2次予選で出場6試合連続ゴールとなる離れ業で改めて勝負強さを見せつけた。

    本田は「ずっと取り続けて、チームの勝利のためにゴールを積み重ねていければ」と語り、現状に満足することなく、ゴールへの姿勢はどこまでも貪欲だ。

    代表では不動のエースとして君臨し、バヒド・ハリルホジッチ監督(63)も絶大な信頼を寄せている。だが、本人も指揮官も気が気ではない状況が続いていた。その理由は所属するACミランでの去就問題だ。

    今季の本田は前半戦こそ先発の座を失いかけたが、後半戦に入ると攻守のつなぎ役としてシニシャ・ミハイロビッチ監督(47)の信頼を獲得。いまやレギュラーの座を不動のものにした。ただ一方で、肝心のゴール数はわずか「1」にとどまっており、決定力不足を指摘する声もある。

    本田は2017年夏までの契約のため、クラブ側は移籍金を得るため今季終了後に放出する可能性が浮上。イタリアの地元メディアでは「放出」と「残留」で意見が真っ二つに分かれており、かんかんがくがくの議論が交わされている。

    だが、どうやら結論は「残留」となりそうだ。「本田がこのタイミングでミランを出ることはほぼない。監督がどうなるかは分からないが、クラブは総合的な貢献度を非常に高く評価している。このまま契約延長の交渉に入る可能性が高いのでは」とは、欧州に事業展開する大手広告代理店関係者。

    ミランでは“ドン”のシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長(79)が大物獲得を熱望する一方で、クラブの執行部は本田を必要不可欠な存在と評価。ピッチ上のプレーはもちろん、日本企業のスポンサー獲得にも貢献してきた。さらに今後アジア市場で新たなスポンサー契約がまとまる見通しで、そこには“本田効果”も少なからず含まれているという。

    クラブ側は来季残留の方針を内定させ、契約延長交渉にも入る見込み。本田は残留を熱望しているため、クラブから正式な動きがあれば一気に話がまとまりそうだ。

    ハリルホジッチ監督は本田のクラブでの出場機会を懸念していたが、赤黒のユニホームで9月から始まるロシアW杯アジア最終予選に入れば、まずはひと安心。絶好調のままで日本をけん引してくれるだろう
    2016-03-31_08h23_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000005-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459377956/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 07:32:54.40 ID:CAP_USER*.net
    ブンデスリーガ2部ザンクトパウリに所属するFW宮市亮が、ドイツでの公式戦デビューに近づいている。エーワルド・リーネン監督は、30日の会見で同選手のベンチ入りを示唆した。

    昨夏ザンクトパウリに加入した宮市は、シーズン開幕前に左ひざの十字じん帯断裂の重傷を負い、シーズンの大半を棒に振っている。それでも、24日のテストマッチで実戦復帰を果たした。試合後に宮市はクラブの公式サイトで「準備はできています」と語っていたところだ。

    チームもまた、宮市の公式戦デビューを待ち望んでいる様子。4月1日に行われるブンデスリーガ2部第28節ウニオン・ベルリン戦に向けた会見で、宮市のメンバー入りについて問われたリーネン監督がこのように答えている。

    「そうなると思う。彼はここ数週間、フルで練習をこなしてきた。トレーニングではすべてがポジティブだった。今の彼は(医療スタッフなどにより)健康体と判断され、試合に出場できる状態のようだ」

    しかし、まだ万全の状態でない。指揮官は慎重に起用するつもりだ。

    「長く離脱していたから、先発させるつもりはない。20~30分から起用することもないだろう。当然、慎重にならなければいけない。やはりトレーニングは公式戦とは別だからね」

    出場するとしても、終盤の数分間になるかもしれない。

    「彼は少なくとも、短い時間は出場する準備ができている。だが試合の流れによることだし、そのような展開になることが前提だよ」

    ブンデス2部で4位につけるザンクトパウリ。ウニオンとのホームマッチで、宮市にデビューの機会は訪れるだろうか。
    ewald-lienen-ryo-miyaichi-st-pauli_1oyo2kofdrb6o1oxc20vg8oil4
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000048-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459377174/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 01:30:51.80 ID:CAP_USER*.net
    2016年3月29日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選の最終戦が行われ、グループCの中国はカタールに2?0で勝利し、最終予選に進出できる12チームに滑り込んだ。

    中国がアジア最終予選に進出するのは2002年の日韓大会以来で、中国ではさまざまな声が寄せられている。

    中国のサッカーファンからは、「昨晩(29日)の勝利は最終予選に駒を進めたに過ぎない。中国は日本や韓国、イラン、オーストラリアといったアジアの強国と対戦するチャンスを手にした。

    おそらく各国に打ちのめされるのが関の山だろうが、それでも同じ舞台に立つことができる。ここ十数年の間、中国はこれらの国と同じ舞台にすら立つことができなかったのだ」と冷静な一方で、中国サッカーが成長したと語る声も聞かれている。
    2016-03-31_07h34_44
    Record China / 2016年3月31日 1時10分
    http://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_132211/

    動画 新浪網
    http://sports.sina.com.cn/video/c/n/match/1516/0329/CHN_QTR/#250536650
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459355451/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 21:53:44.54 ID:CAP_USER*.net
    e8982882-c24e-4c71-9e8c-fff3de57bcf0
    ローマの"王子”ことフランチェスコ・トッティは28日、ローマデビューから23周年を迎えた。

    トッティのデビューは1993年3月28日に行われたブレッシャ戦。弱冠16歳にしてプロデビューを飾ってからローマ一筋であり、およそ四半世紀にわたってロマニスタの象徴として活躍している。

    そんなトッティのアニバーサリーをお祝いするため、ローマのSNSアカウントがこんなものを紹介していた。



    こちらは、23シーズンにおけるトッティの「顔」の移り変わりをGIFでまとめたもの。

    16歳当時から39歳の現在まで各シーズンの顔写真が順に表示されるが、さすがはトッティ。全部が全部オトコマエ!

    20代前半にトッティは長髪でいかにも「王子様」なオーラがあったが、2006-07シーズンあたりからはやや短髪にして大人っぽくなっている。デビュー当時は逆にかわいい。

    なお、ローマは23周年に因み「トッティのベストゴール23選」という映像を紹介。



    これはインテル戦で決めたループシュート。全部を見たい方は、ツイートにあるリンクからどうぞ!

    http://qoly.jp/2016/03/29/francesco-totti-faces-in-20-seconds
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459342424/

     
    続きを読む


    20160127-00053840-roupeiro-000-3-view
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 21:06:25.50 ID:CAP_USER*.net
    リオデジャネイロ五輪のサッカーの組み合わせ抽選(4月14日、リオデジャネイロ)で、男子の日本が第1シードに入ることが30日分かった。ポルトガル遠征から帰国したU23(23歳以下)日本代表の手倉森誠監督が同日、成田空港で明らかにした。

    日本協会の広報担当者によると、開催国ブラジル、前回ロンドン五輪金メダルのメキシコ、アルゼンチンも第1シードで、日本は1次リーグでこの3カ国とは同組にならない。手倉森監督は「強豪のポルトガルは第4シードだから、いずれにせよ厳しい組になる」と話した。

    また、24歳以上の選手を3人まで登録できるオーバーエージ(OA)枠について、監督は5月のトゥーロン国際大会(フランス)の後に判断する考えを示した。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000138-jij-spo
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459339585/

     
    続きを読む

    2016-03-30_19h26_24
    2016-03-30_19h26_39
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 18:24:35.90 ID:CAP_USER*.net
    インテルとの契約延長が迫る長友

    左サイドバックのルーク・ショーを大怪我で失ったマンチェスター・ユナイテッドは、その穴埋めにインテル所属の日本代表DF長友佑都の獲得を狙っていた。しかし長友はインテル愛を貫き、今冬に届いたマンUからのオファーを断った。

    そのインテル愛は実を結ぶことになり、伊『FCInternews.it』はインテルが長友との契約を3年間延長する見込みだと伝えた。しかし英『Express』によると、マンUは未だに長友獲得を諦めていないという。仮に何らかの理由で長友とインテルの契約延長が成立しなかった場合は、今夏に再度獲得に動く考えを持っているようだ。

    ただし、同メディアは長友が今夏マンUに加わったとしてもポジションを確保できるかは不透明と伝えており、ショーが負傷から復帰すれば長友はベンチに追いやられる可能性もあるとの意見だ。

    同メディアによると、マンUの他にもドイツのレヴァークーゼンも長友獲得に興味を示しており、世界屈指のサイドバックとなった長友は欧州で高い評価を受けている。インテルと長友は4月中旬には契約延長を発表することになると報じられており、このままいけばマンUとレヴァークーゼンの願望は叶わないことになる。
    2016-03-30_19h12_18
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00010016-theworld-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459329875/

     
    続きを読む


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 14:37:27.12 ID:CAP_USER*.net
    1得点の“破天荒ボランチ”原口に香川から「もっとボランチの勉強を…」と助言も

    ゲキサカ 3月30日(水)0時31分配信

    [3.29 W杯アジア2次予選 日本5-0シリア 埼玉]

    ダイヤモンド型の中盤の右サイドで先発し、無難なプレーを見せた24日のアフガニスタン戦(5-0)後、「俺らは先輩を超えていかなければいけない立場。まあまあでは終わりたくない。次の試合では何か起こす」とギラギラ感を出していたMF原口元気(ヘルタ・ベルリン)が、“宣言”どおりに魅せた。

    MF山口蛍の負傷により、後半13分に急きょ巡ってきた途中出場のチャンス。ボランチの位置に入った原口は果敢なタックルを連発し、球際での闘争心をアピールしながら攻撃に転じる機会をうかがった。

    MF香川真司の追加点で2-0と差を広げたあとの後半37分、中央からボールを持ちながら左にいったん開き、中に切れ込んでの右足シュート。力づくで得意な形に持ち込んだシュートは枠を大きく外れたが、原口のテンションに影響はなかった。

    4-0で後半アディショナルタイムに突入し、勝利が確実になると、怒濤の攻撃心を振り絞って長い距離を走り、DF長友佑都のクロスに頭を合わせた。意地のダメ押し弾だった。

    「出ていた30分間はずっと心拍数が180くらいでプレーしていて、乳酸がたまってきつかった。それでも最後に走っていけるのが今の自分の強み。そこが結果に結びついたのが一番うれしかった。やっぱり無難にやっていたらだれが出ても同じになる」

    決意どおりに有言実行したことに対しては自分自身を評価した原口だが、ボランチとしては守備の課題が浮き彫りになったことも自覚していた。

    1点を返そうとするシリアが前がかりに攻めてきた状況で、「僕が結構前に、バランスとかを見ずに行ってしまった。その分、後半の最後の20、30分で点を取れたのは良かったけど、守備のバランスはちょっと考えないといけない」と反省。香川からも「もう少しボランチの勉強をしないといけない」と言われたという。

    それでも初志貫徹できたことは今後への弾みになるだろう。「僕らの立場ではこれを何試合もやっていかないと(先輩に)追いつけない。上に行きたければこういうのを当たり前にやらないと」。ある種、破天荒な部分も指揮官の好みなのだろう。原口は少しずつ前進している。
    2016-03-30_15h47_19
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-01625929-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459316247/

     
    続きを読む

    CexIEZrWIAECnsN
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/30(水) 12:42:01.91 ID:CAP_USER*.net
    シリアDFの顔面を直撃した幸運なオウンゴールが、海外でも話題に
     
    29日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本対シリア戦で生まれたオウンゴールが、海外メディアでも話題となっている。

    日本が5-0とシリアを圧倒して快勝を収めたこの試合。序盤からホームの日本が波状攻撃を仕掛けるなかで、均衡が敗れたのは前半17分だった。左サイドのCKで、キッカーを務めた宇佐美貴史はショートコーナーを選択。

    ボールを受けた香川が左サイドから右足で相手ゴール方向に向かう鋭いクロスを上げると、シリアGKイブラヒム・アルメはこのボールをパンチングし、至近距離にいたDFハムディ・アルマッスリの顔面を直撃。ボールがそのままシリアゴールに吸い込まれるという幸運な形で、日本は先制点を手にした。

    このシーンについて、英紙「デイリー・ミラー」は、「シリアがコメディ・オウンゴール」と紹介している。「通常ならキャッチに行くところだが……、現実は少し異なっていた」と、シリアGKのプレーが驚きを持って伝えられた。

    ボールを弾くシリアGKの得意技が仇に…

    このシリアGKイブラヒム・アルメは、試合中から珍しいプレーでスタジアムを沸かせていた。

    ボールを持ったGKはパントキックやスローイングなどで味方にボールを送ることが多いが、彼はバレーボールのサーブのように左手で持っていたボールを右手で勢いよく打って、前線に送るというプレーを何度か見せていた。

    相手のシュートやクロスが飛んできた時も、キャッチングよりもボールを弾くほうが得意なようで、結果的に1点目のシーンではそれが仇となってしまった。

    米スポーツ情報サイト「Bleacher report」も、「GKのパンチングがDFの顔面を直撃。シリアが喜劇のようなオウンゴール」という見出しで伝えた。記事ではMF香川真司(ドルトムント)が2得点したことなども伝えられているが、オウンゴールのほうがより大きなトピックとして取り上げられていた。

    Soccer Magazine ZONE web 3月30日(水)11時41分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160330-00010010-soccermzw-socc

    写真
    no title


    動画 デイリー・ミラー
    Syria concede comedy own goal as keeper punches ball into his own player - but is it the worst ever?

    http://www.mirror.co.uk/sport/row-zed/syria-concede-comedy-goal-keeper-7650523
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459309321/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ