海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年03月

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 21:45:17.42 ID:CAP_USER*.net
    「同じ契約を提示していたら欧州中心のサイクルを崩せない」
     
    今年1月の移籍市場では、中国チームの“爆買い”の波はヨーロッパを直撃した。昨季のアジア王者広州恒大はコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスを獲得し、江蘇蘇寧はチェルシーからブラジル代表MFラミレスを獲得するなど、実力者が次々に高額の移籍金と年俸と共に中国に渡った。

    日本代表DF長友佑都が所属するインテルからコロンビア代表MFフレディ・グアリンを約16億円の移籍金で獲得した上海申花のゾウ・ジュン会長は欧州のトップリーグでプレーする名手勧誘の要因について「最終的には金」と清々しいまでに言い切っている。ドイツの移籍情報サイト「transfermarkt.de」がインタビューを掲載したもの。

    「ヨーロッパでプレーする選手たちを説得するのは容易なことではない。だが、そこは金の問題だ。最終的には、金が決定要因になり得る。我々にはヨーロッパの基準の3倍の給料を払う能力がある」

    “爆買い”という言葉そのままに、札束攻勢こそが中国にトッププレーヤーを連れてくる決定要因だと認めている。清々しいまでの理屈だが、ヨーロッパの3倍の給料と明言もしている。

    前述のトッププレーヤーたちがヨーロッパで受け取っていた年俸が安いものかと言われればそんなことはないが、中国基準は相場の3倍。

    現役生活が決して長くないサッカー選手という職業の特性を考えれば、相場無視のチャイナマネーに飛びついても仕方がないレベルのメガディールとなっている。

    インテルからコロンビア代表MFグアリンを16億円で獲得
    「彼らは、経済的な見地から身を守りたいと考える。私からすれば、ギブ&テイクの関係で与えられる全てのギブは金にある。中国のサッカー界は発展のためにスター選手を必要としているが、同じような契約を提供していては欧州で選手がプレーするサイクルを崩すことはできない」

    トップクラスの選手は、イングランド、ドイツ、スペイン、イタリアを中心としたトップリーグで移籍を繰り返している。

    ヨーロッパの内側で循環しているサイクルを打ち崩してアジアに選手を連れてくるためには、札束の力が何よりも必要だと力説している。

    相場の3倍の給料により、欧州の内側で循環していたフットボール界の定石を崩しにかかっているチャイナマネー。その爆買いの大波は、さらに加速していくのだろうか。
    2016-03-01_22h28_40
    Soccer Magazine ZONE web 3月1日(火)19時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160301-00010018-soccermzw-socc

    上海緑地申花
    http://www.shenhuafc.com.cn/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456836317/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 18:29:57.48 ID:CAP_USER*.net
    元イングランド代表ポール・マーソン氏が古巣アーセナルの指揮官に苦言
     
    英衛星放送局「スカイ・スポーツ」で解説者を務める元イングランド代表FWポール・マーソン氏は、古巣アーセナルが今季のリーグタイトルをトットナムやレスター・シティに奪われるようなことがあれば、アーセン・ベンゲル監督に言い訳の余地はなく、解任されてしかるべきと厳しく提言した。

    今季はマンチェスター・ユナイテッドや昨季王者のチェルシーが不振で、アーセナルにとっては無敗優勝を成し遂げた2003-04シーズン以来のリーグ制覇へ向けて、千載一遇の好機が訪れている。

    しかし、14日にレスターを終了間際の劇的な一撃で2-1と下しながらも、28日の試合でユナイテッドに2-3と敗戦。首位レスターとの勝ち点差が再び5と広がり、同じくロンドンを本拠地とする2位トットナムにも遅れを取るなど、近年課題の勝負弱さを払拭できていない。

    マーソン氏はアーセナルが優勝を逃せば、開幕前の補強を十分に行わなかった監督の責任は重く、言い逃れのできない事態だとして、現役時代に指導を受けた恩師に苦言を呈した。

    「もし、マンチェスター・シティではなく、トットナムやレスターがリーグ優勝となれば、アーセン・。彼ら(アーセナル)は、アーセナルファンに対して、開幕前に新しい選手は必要ないと言った。しかし、それでレスターやトットナム相手にリーグタイトルを獲得できなければ、どのような理由で正当化すればよいのか分からない」

    昨夏の”最小限の補強”にも触れる
     
    アーセナルは昨夏、チェルシーからGKペトル・チェフを獲得したのみで補強を早々に終了。中盤の負傷者続出を受けて、今年1月にはバーゼルからエジプト代表MFモハメド・エルネニーを獲得したが、シティやユナイテッドが大型補強を行うなかで、新戦力の加入を最小限にとどめていた。

    指揮官は現有戦力で十分だと判断したようだが、結果はそれを証明できていない。マーソン氏はさらにこう続けた。

    「マンチェスター・シティがリーグ優勝すれば、彼も『彼らはお金を使い、世界中から彼らが欲しいと思った選手を獲得している』と開き直れるだろう。しかし新戦力は必要ないと言いながら、レスターやトットナムがリーグを制したとなれば、彼がその地位をキープできるとは思えない」

     アーセナルで20年以上の指揮を執る名将ベンゲルだが、無敗優勝以降に獲得したタイトルは3度のFAカップと、開幕前にリーグ王者とFAカップ王者が対戦するコミュニティー・シールドを2度制したのみ。毎年リーグで4位以内に入り、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得しているが、リーグ制覇からは遠ざかっている。

    「彼より優れた監督はいないと言う人も多いだろう。だが、アーセナルを率いてトップ4に導ける監督はごまんといる」かつての教え子から厳しい指摘を受けたベンゲル監督だが、12シーズンぶりとなる悲願のリーグタイトルを手にすることはできるのだろうか。
    2016-03-01_19h33_33
    Soccer Magazine ZONE web 3月1日(火)14時8分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160301-00010010-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456824597/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 13:54:29.40 ID:CAP_USER*.net
     2月26日に行われたブンデスリーガ第23節で、FW大迫勇也が所属するケルンと日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。大迫は同試合でベンチ入りが見送られていたが、その理由は不振ではなく『ファンのブーイングから守るためだった』ようだ。『ビルト』紙の報道をドイツ誌『キッカー』日本語版が伝えている。

     記事の中でペーター・シュテーガー監督は「大迫は素晴らしいサッカー選手だ。しかし、彼にとってホームでプレーすることの方が難しいと感じたんだよ。ファンからあまり恩恵を受けることはできないだろうからね」とコメント。さらにマネージャーのヨルグ・シュマッケ氏も「ファンからそこまでの信頼を得られていない。先発起用じゃなければ、あとから投入することは難しいだろうね」と述べた。

     そこでビルト紙は『期待を背負う選手から、ブーイングを浴びる選手となってしまった』と掲載。大迫はここまでリーグ戦17試合に出場しながらもわずか1得点しかあげられておらず、ケルンFW陣の中では今シーズンから加入したフランス人FWアントニー・モデストだけが結果を出していると指摘している。

     シュマッケ氏は「ユウヤには成功の経験が必要だ。できればホームがいいね。それでファンたちは、多くの人々が思っているよりも彼はもっとできる選手だと気づくことだろう」と大迫の奮起に期待を込めた。また、29日の会見でシュテーガー監督は「練習では、とてもいい選手であると見ている。彼が呪縛から解き放たれるよう、我々はその助けをしたい」と、大迫を全面的にバックアップすることを約束した。

     果たして大迫はこの苦難を乗り越え、再び「半端ない」プレーでケルンファンを熱狂させることができるだろうか。

     次節、ケルンは3月1日に敵地でインゴルシュタットと対戦する。
    2016-03-01_14h44_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00406537-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456808069/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 11:14:38.99 ID:CAP_USER*.net
     バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスがイベロアメリカ最高選手賞を受賞した。EFEの授賞式に出席したスアレスは、“MSNトリオ”について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

     FWリオネル・メッシ、スアレス、FWネイマールによって形成される“MSNトリオ”の交友関係について口を開いたスアレスは「どんな選手も素晴らしい交友関係を持っている。僕らもMSNの3人だけじゃなく、皆で常に共に笑ったりハグしたりしている。それは愛情というよりは、サポートなんだ」と話した。

     ピッチ上で素晴らしい化学反応をみせているバルサのトリオだが、「僕らは何も計画したりしていない。ただただ自然に起きるんだ。自分たちのプレーを楽しんでいるだけさ。楽しんでプレーできていれば、ああいうプレーができる」と言う。

     スアレスは「メッシの左足が自分にもあればなぁと思うよ。あれは世界で最高クラスのものだ」と言い、ネイマールの「プレーのテンポ」や「躍動感」を称賛した。

    「僕らが優先するべきことはチームのゴールさ。僕たちの誰も自分のチームメイトと競ったりなんかしていない。互いの手柄を褒め称える関係だからね。チームの手助けになれることに喜びを覚えるよ。それが一番大事なことだから」

     リーガで首位を独走するバルセロナのロッカールームの雰囲気を最高だと語るスアレスは、「雰囲気はこれ以上ないぐらい本当に良いよ。皆バルセロナでも代表でも勝ちまくっている。あらゆる種類のトロフィーを獲得しているし、その皆が自分を同じギャングの一員になったように扱ってくれるんだ」と表した。
    2016-03-01_12h07_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-01624889-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456798478/

     
    続きを読む

    455987262abate-500x342
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 01:16:43.43 ID:CAP_USER*.net
    好調を持続しているACミランの日本代表FW本田圭佑(29)について29日、試合の前日会見で右サイドでコンビを組むイタリア代表DFアバテが言及した。

     アレッサンドリアとのイタリア杯準決勝第2戦に向け、頼りになる右サイドバックはミハイロビッチ監督とともに記者会見に出席した。

     アバテとのやりとりは次の通り。

     -あなたが本田に幸運をもたらしているのか、それとも本田があなたにもたらしているのか?

     アバテ 本田が私にもたらしていると言っておこう(笑い)ケイスケとは、とても息が合う。とてもインテリジェンスな選手だし、他の選手と同じように大きな犠牲を払ってサッカーをすることができる。チームはうまくいっている。それを隠す必要はないが、監督が言ったようにまだ(セリエA)6位で大きなことは何もしていない。今シーズンの分岐点となる地点に到達しているので、このまま推し進めていかなければならない」

     -このような本田を想像していたか?

     アバテ Si(=イエス)。なぜなら、苦しい時にも懸命に練習をしていた。だから、その(苦しい)状況から脱することができた。長いスパンで考えると、つねにクオリティーのある選手が頭角を現してくるものだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-00000136-nksports-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456762603/
     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 07:17:25.58 ID:CAP_USER*.net
    ◆リオデジャネイロ五輪女子サッカーアジア最終予選 第1節 オーストラリア3─1日本(29日・キンチョウスタジアム)

    オーストラリアに1―3で敗れ、早くも崖っ縁に立たされたなでしこジャパン。佐々木則夫監督(57)は1点を追う前半40分、FW大野忍(32)=INAC神戸=に代えて横山久美(22)=長野=を投入するなど、積極的な采配で逆転を狙ったが、力尽きた。残り4試合、指揮官は「もう1戦も落とせない」と危機感をにじませた。

    追い詰められた佐々木監督は、早くも負けられない戦いを覚悟した。「もう1戦も落とせない、という気持ちでやるしかない」。12年ロンドン五輪予選は日本が勝ち点13、北朝鮮が同11で突破した。4試合で「勝ち点11」がボーダーラインとなる可能性もある。出場権獲得へ、2日の韓国戦は勝利が欠かせない。「選手の取り組みにも、メンバー構成にも後悔はしてない。結果だけが出なかった。反省も含めて中1日で戦う」と危機感をにじませた。

    オーストラリアのなでしこ対策は想定を上回っていた。ミーティングでは高さやロングボールを警戒したが、スピードを生かした突破やペナルティーエリア内でもパスを回し、守備陣を翻弄。昨季限りで引退した海堀あゆみさん(29)に代わり、初戦のゴールマウスを守った山根は「日本に対してやり方を変えてきたのかな…と思う部分は少しあった」と肩を落とした。

    10日で5試合の過酷な短期決戦。「初戦に勝つことで波に乗りたい」という青写真は、修正を余儀なくされた。最終戦にはFIFAランクで日本の4位に次ぐ6位の北朝鮮戦が控え、格下の3チームも引き分け狙いで来れば苦戦は避けられない。4戦全勝は簡単ではないが、指揮官は「そんなに大きな改革はできない。今持っているものを確認しながら、やらせるだけ。(五輪予選の)洗礼を受けた中で、すべて勝つという気持ちで切り替えて準備する」と足元を見据えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000029-sph-socc
    スポーツ報知 3月1日(火)7時3分配信

    no title
    初戦を落とし、険しい表情の佐々木監督
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456784245/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ