海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年04月

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 13:05:37.94 ID:CAP_USER9.net
    2016-04-27_13h19_46
    日本代表FW本田圭佑が所属するミランのクリスティン・ブロッキ監督が、次節終了後に解任の可能性があることがわかった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が26日に報じている。

    ミランは今月12日にシニシャ・ミハイロヴィッチ前監督を解任し、プリマヴェーラ(下部組織)の指揮を執っていたクリスティアン・ブロッキ監督の内部昇格を決定。ブロッキ新監督は指揮初戦となった17日のセリエA第33節サンプドリア戦こそ1-0で勝利を収めたものの、21日の第34節ではカルピとスコアレスドロー、そして25日の第35節では最下位ヴェローナに逆転負けを喫し、就任後3試合で1勝1分け1敗と思うような結果を残せていない。

    初黒星を喫したヴェローナ戦後、ブロッキ監督は「難しいことはわかっていた。自分に与えられた40日間でベストを尽くす以外のことは考えていない」と話していたが、5月1日に行われる次節のフロジノーネ戦で勝つことができなければ、解任される可能性があると報じられている。

    ブロッキ監督就任から約20日での指揮官再交代の可能性を報じられたミラン。ブロッキ監督が解任された場合、後任にはミハイロヴィッチ前監督が復帰するものと見られている。解任から間もなく同監督を呼び戻すことを模索していることで、ミラン上層部の迷走ぶりが明るみとなっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00435469-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461729937/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 12:02:42.12 ID:CAP_USER9.net
    2016-04-27_12h51_10
    現地時間26日(以下現地時間)、久しぶりに独『キッカー』誌(電子版)の見出しに「Kagawa」の文字が登場した。同誌は「スランプを脱した」として香川真司(ドルトムント)にスポットライトを当て、ミヒャエル・ツォルクSDの言葉を引用して復活を称えている。

    トーマス・トゥヘル監督が指揮を引き継いだ今季、香川は前半戦こそ主力として活躍していたが、後半戦に入るとトゥヘル監督がアプローチを変えたこともあり、出場時間が減少。マッチレポートや個人採点で称えられることはあっても、香川だけに焦点を当てた記事が掲載されることはほとんどなかった。先制点を挙げ、3点目に貢献したシュトゥットガルト戦でも、独メディアの注目は1ゴール1アシストのヘンリク・ムヒタリアン。2ゴールに絡んだヘルタ・ベルリンとのドイツカップでも特に言及はされなかった。

    しかし、26日付の『キッカー』は直近のブンデスリーガ6試合で4ゴールの香川について、「一度は笑顔が失われたが、今の彼は再び輝いている」と綴り、ツォルクSDの「彼はシーズン序盤のフォームを取り戻した」とのコメントを紹介。「3月13日のマインツ戦以来、ブレーメン戦、シャルケ戦でゴールを挙げたほか、ハンブルガーSV戦、ポカールのヘルタ戦ではアシストも決めている。年が明けてから出場機会が減っていたが、これでチームにとって大いに価値のある選手であることを示した」としている。

    ツォルクSDは「真司は歯を食いしばり、緊張感を持って取り組んでいた。彼は非常に良く機能しており、ボールさばきも確かだ」と香川を評価。同選手はバイエルン戦や、リヴァプール(イングランド)とのヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグのような重要な一戦で出番がなかったが、このところは3試合連続フル出場。『キッカー』は、香川が自身の起用に消極的だったトゥヘル監督からも信頼を勝ち取ったとし、以下のように記事を締めくくっている。

    「『真司は出場機会が減ったことに不満を持っていた』、ツォルクSDはそう語る。しかし、香川はふてくされることなく、最善の策で応じた。ゴールとアシストという形で」。

    ブンデスリーガでプレーする数多くの選手のなかからピックアップされ、復活を称えられた香川。ドイツ屈指のサッカー専門誌が注目したということは、同選手の輝きがドイツサッカーという大きな枠のなかで認知されているということになる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000010-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461726162/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 01:21:29.44 ID:CAP_USER*.net
    相手選手にパンチ?…トッテナムMFデレ・アリ、今季残り3試合出場停止か
    2016-04-27_07h21_53
    WBA戦でMFヤコブ(左)の腹部を殴ったと見られるデレ・アリ(中央) [写真]=Getty Images

    トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが、プレミアリーグの残り3試合に出場できない可能性が出てきた。25日付のイギリス紙『デイリーメール』など複数のメディアが伝えている。

    トッテナムは、25日に行われたプレミアリーグ第35節でウェスト・ブロムウィッチ(WBA)と対戦。この試合に先発出場したアリは、前半に自陣エリア内でアルゼンチン人MFクラウディオ・ヤコブの腹部を故意に殴った模様。マイク・ジョーンズ主審はこのシーンを見逃したが、TVカメラには収められており、FA(イングランドサッカー協会)に調査されると見られている。

    同紙によると、最大3試合の出場停止が濃厚で、処分が下されることになれば、同選手は今シーズンの残り試合を棒に振ることになる。

    WBA戦に1-1で引き分け、首位に立つ日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとの勝ち点差が「7」に広がった2位のトッテナム。残り3試合でレスターが1勝でもすれば優勝が決まってしまう厳しい状況となっている。

    現在20歳のアリは、今シーズンからトッテナムでプレー。リーグ戦33試合に出場し、10ゴールをマークする活躍で、PFA(イングランドサッカー選手協会)により最優秀若手選手賞にも選ばれていた。

    トッテナムは次節、5月2日に敵地でチェルシーと対戦する。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20160426/435285.html
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461687689/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 06:17:56.66 ID:CAP_USER9.net
    2016-04-27_06h35_13
    「アシストやゴールも少ないし、課題ばかり」

    昨夏に加入したレスターで堂々とレギュラーを張る岡崎慎司。今でこそ“ラニエリ監督の秘蔵っ子”と評されるまでになったが、2015-2016シーズンが開幕した当初は迷いもあったという。なにをきっかけに、その迷いを振り払ったのか。
     
    レスターがプレミアリーグで優勝争いを繰り広げる真っ只中──4月19日に、イングランドの地で本人に直撃。紳士的にスタンスで、迷っていた当初から現在に至るまでの変化、さらにレスター躍進の要因なども赤裸々に語ってくれた。

    ――――――――◆――――――――◆――――――――
     
    ──シーズン開幕前は降格候補のひとつに挙がったレスターが、今や優勝争いをリード。躍進の要因は?
     
    「結局は点を取れる選手がいるかいないかです。トッテナムも(ハリー・)ケインなどスコアラーが何人かいるから、今の順位にいる。
     
    逆にチェルシーがなぜ勝てないかと言えば、ジエゴ・コスタが昨季のようにゴールを奪えていないからだと思う。
     
    今シーズンのベストプレーヤーは、(MFのエヌゴロ・)カンテ。でも、重要な局面でゴールを決めてチームに勝利をもたらすFWも凄い。巧いという部分を超越していて、勝てるのは彼らのおかげだなと思ってしまいます。
     
    プレーのクオリティは別問題。FWの価値は、決めてこそ高まります」
     
    ──試合で消える時間帯が多くても最後に仕事をすればいい、と?
     
    「それが一番ですね。毎試合ゴールを決めてくれるなら、他のことができなくてもいい。そんな選手を見てきた。点を取れるから余裕が生まれ、チームメイトの信頼を掴んで、試合で長い時間使われる。
     
    そうなればメンタル面にも良い影響を与えるし、プレーは安定します。その循環の良さも見ている。
     
    だから、献身性やハードワークと言われても……。まだまだだなと思います。相手が嫌がる危険なプレー、アシストやゴールも少ないし、課題ばかりです」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160427-00015434-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 4月27日(水)6時0分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/ranking/
    得点ランキング
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461705476/

     
    続きを読む

    f1c7018de4cced143bdb60231dd87efc01b43f761409287121
    [4.26 欧州CL準決勝第1戦 マンチェスター・C 0-0 R・マドリー]

     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は26日、準決勝第1戦を行い、エティハド・スタジアムではマンチェスター・シティ(イングランド)とレアル・マドリー(スペイン)が対戦し、0-0で引き分けに終わった。

     初の4強を戦うシティは23日のストーク・シティ戦から6選手を変更し、MFケビン・デ・ブルイネやDFビンセント・コンパニらが先発出場。MFヤヤ・トゥレは欠場している。対する9連勝で敵地に乗り込んだレアルは、ラージョ戦から5選手を入れ替え、DFセルヒオ・ラモスやMFルーカス・バスケスらが先発。右ハムストリングによりラージョ戦を欠場したFWクリスティアーノ・ロナウドは遠征に帯同したが、ベンチ外となっている。

     お互いに開始から球際で厳しく当たり、なかなかチャンスを作れず、前半27分までシュートはなかった。試合が動いたのは同40分。シティはMFダビド・シルバが右足太もも裏を痛め、19歳のFWケレチ・イヘアナチョとの交代を余儀なくされ、中央に入っていたデ・ブルイネが左にポジションを変えた。その後も守備意識が高い両チームから決定機は生まれず、前半をスコアレスで終えた。

     後半開始からレアルは膝の問題を抱えていたFWカリム・ベンゼマに代えて、FWヘセ・ロドリゲスを投入した。後半9分、MFトニ・クロースの右CKからフリーで飛び込んだS・ラモスが打点の高いヘッド。この試合初めて枠内にシュートが飛んだが、GKジョー・ハートの正面を突いた。

     レアルは徐々に中盤でパスを回せるようになると後半26分、PA内右に侵入したDFダニエル・カルバハルのクロスをへセがヘッドで合わせるもクロスバーを直撃。ここまでで最大のチャンスを逃すと、同30分にはMFガレス・ベイルが相手をかわしてPA内に侵入し、左足に持ちかえてシュートを放つもわずかにゴール左に外れる。それでも敵地に乗り込んだレアルが試合を優勢に進めていった。

     流れを変えたいシティは後半32分にMFラヒーム・スターリングを投入する。しかし、直後にレアルに決定機が立て続けに訪れる。同34分、クロースが左CKから入れたボールをニアでマークを外したMFカゼミーロがヘッドで合わせるも、GKハートに左足で止められる。同37分にも左CKからベイルが頭でコースを変え、中央のDFペペが完全にフリーとなって左足ボレーを放ったが至近距離でGKハートに防がれ、決定機をいかすことはできなかった。

     ホームのシティはデ・ブルイネを起点に最後までゴールに迫ったが、なかなかシュートまで結びつけることができず、試合は0-0でタイムアップ。5月4日に行われる第2戦で決着をつけることとなった。

    続きを読む

    Cg9wLIcW4AAdfIj
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 17:49:03.70 ID:CAP_USER*.net
    2016-04-26_20h43_28
    イングランド・プレミアリーグ優勝が近づくレスターから、驚きのニュースが舞い込んだ。マスコットのフィルバート・フォックスが、クラブのオフィシャルスポンサーである「プーマ」社と、シューズ契約を締結した。

    レスターは現地時間24日(以下現地時間)、フィルバート・フォックスが「プーマ」社と2年契約を結んだと発表。フィルバート・フォックスは同日に行なわれたホームのスウォンジー戦で「プーマ」社の「evoSpeed Tricks」を履いてスタジアムに登場。翌25日には同シューズを履き契約書と思われる書類を持った姿が、クラブの公式ツイッターで紹介されている。

    プレミアリーグのマスコットがシューズ契約を結ぶのは、これが初のこと。

    今季驚きの快進撃を続けるレスター。タイトルを争うトッテナムが25日の試合でドローに終わったため、次戦のマンチェスター戦で勝てば、クラブ132年の歴史で初のトップリーグ制覇が決まる。今季はFWジェイミー・ヴァーディが11試合連続ゴールのプレミアリーグ記録を樹立し、MFリヤド・マレズがPFA(イングランド・プロサッカー選手協会)年間最優秀選手に選出されるなど様々な話題を提供したが、マスコットも大きなニュースを与えてくれた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000018-ism-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461660543/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 17:15:05.31 ID:CAP_USER*.net
    2016-04-26_18h40_41
    現地時間25日、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、バイエルン(以上ドイツ)での将来が不透明になっているマリオ・ゲッツェについて「市場に出るなら検討」と語った。独『Sky』に語った内容を『Sport1』が伝えている。

    それによるとヴァツケCEOは、市場に出ているわけではないバイエルンの選手について語るのは品のないことと述べつつ、「移籍市場に名前が挙がった場合は、本人がここに戻ることを考えている可能性がある。その場合はこちらでも検討に入る。それは間違いない」と獲得に動く可能性を示した。

    ゲッツェの才能を「非常に高く評価する」とも述べたヴァツケCEO。一方でゲッツェの獲得について「もちろん、それが競技の上で意味を成すのかどうかは、じっくり議論する。彼が去ってからチームもさらに発展を遂げているので」とも語った。

    クラブ生え抜きのゲッツェは2013年にバイエルンに移籍。ドルトムントのファンのなかには「クラブを裏切った」として、これを許さない人もいる。

    『Sport1』のサイトには「(マッツ・)フンメルスがバイエルンに行くからゲッツェにドアを開くということか」「ばかばかしい、ヴァツケに騙されるな。マリオがトゥヘルの構想に入るわけがないだろう」

    「ファンの半数はゲッツェに好意的だが、口にする勇気がないだけ。嫌っているのはハードコアなファンだけだ」などのユーザーコメントが寄せられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000017-ism-socc
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461658505/

     
    続きを読む

    2016-04-26_15h58_49

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 14:58:57.74 ID:CAP_USER*.net
    セリエA第35節が25日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランは敵地でヴェローナと対戦し、1-2と逆転負けを喫した。

    イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。3試合ぶりに先発メンバーに名を連ね、フル出場を果たした本田には「6」と、及第点が与えられた。(最低1点、最高10点)

    寸評では、「あいまいなポジションのトップ下を務め、必ずしも2トップの背後には位置していなかった。先制点を演出し、メネズがミスした2点目にもパス。いくつかのカウンターにも絡もうと努めた」と、得点に絡んだり、決定的な仕事をした点を評価した。

    なお、ミランの最高点はU-21イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの「7」、最低点はコロンビア代表FWカルロス・バッカと、スロヴァキア代表MFユライ・クツカの「4.5」となった。

    また両チーム通じての最高点は決勝ゴールを挙げたヴェローナのイタリア人MFルカ・シリガルディで「8」の高評価を得た。

    ミランは次節、5月1日にフロジノーネをホームに迎える。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00435264-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461650337/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 11:46:24.29 ID:CAP_USER*.net
    2016-04-26_15h11_41
    2部降格が決まったハノーファーMF清武弘嗣の周囲が騒がしくなってきた。ドイツ『ビルト』によると、清武とハノーファーとの契約には契約解除条項が盛り込まれているという。

    同紙によると契約解除金は、650万ユーロに設定されており、その金額が支払われる場合、清武はハノーファーを出ることができるという。ただし、この権利行使が可能な期間は5月31日までのようだ。

    MFダニエル・ディダビがヴォルフスブルクへ移籍すると発表されたシュトゥットガルトは、その後釜の候補として清武をリストアップしている。しかし、650万ユーロを支払うことはないという。また、資金力のあるイングランドのクラブからの関心も伝えられているが、今シーズン負傷がちだった清武がプレミアリーグにフィットするかは疑問視されている。

    設定金額を満たす獲得オファーが届かなかった場合、ハノーファーは清武をより安価で放出するのではなく、クラブに残しておく可能性が高いようだ。マルティン・バーダーGM(ゼネラルマネジャー)は、「契約解除条項が行使されなかったら、彼と話し合い、2部でプレーしてくれるように説得してみるよ」と、語っている。

    さらに、清武は2部でのプレーを受け入れるだろうかと聞かれると、バーダーGMは「日本人選手は、2部でのプレーを受け入れないことはないだろう」と、自身の見解を述べた。

    『ビルト』によると、バーダーGMは、ボルシア・ドルトムントに加わったMF香川真司や、冬にハノーファーに加入したMF山口蛍が2部でもプレーしていたことを引き合いに出したという。

    バーダーGMは以前ニュルンベルクでスポーツディレクターを務め、清武をセレッソ大阪から獲得した人物でもある。ニュルンベルクが2014年に降格した際、清武をやはり安価で手放さない構えを示していたが、最終的には450万ユーロとされる移籍金でハノーファーに向かうことで合意していた。移籍か、残留か。今後の動向に注目が集まる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000009-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461638784/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ