海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年05月

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/05/30(月) 01:26:34.51 ID:CAP_USER9.net
    7527b472-eb16-4b71-8a48-ae0dc923a05b

    UEFAチャンピオンズリーグ決勝、アトレティコ・マドリーは欧州制覇にまたもあと一歩及ばなかった。試合後、ジュゼッペ・メアッツァのピッチで号泣するフェルナンド・トーレスの姿があった。




    ae6a1f54-282a-413d-a4c3-a338c60553f8
    0231c0dd-0b3a-4d64-8705-6ab9c6879046
    5a4e89c6-43ed-4c2a-a8f0-aec6981baa0a

    2011-12シーズンにチェルシーでCL制覇を経験しているトーレス。だが、自らが生まれ育ったアトレティコにビッグイヤーをもたらすことに相当な意気込みを持っていた。

    試合前にはこう口にしていたほど。

    “ フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリーFW)

    「最も重要な試合だということには何の疑いもない。自分のキャリアを懸けて、この試合をプレーする。

    僕はアトレティコ・マドリーのファンとして生まれ、5歳の頃からここでプレーを始めた。

    (チェルシーで優勝も経験しているが)
    アトレティコのもとでレアル・マドリー相手に勝利することは、違うものになるだろう。僕にとってはとても特別なものになるはずだ」

    それだけに去来する思いがあったのだろう。

    32歳になったトーレスは、今季でレンタル元であるミランとの契約が満了になる。来季も愛するアトレティコのもとでプレーを続けることになるのだろうか。

    http://qoly.jp/2016/05/29/fernando-torres-emotional-crying
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/29(日) 20:04:38.39 ID:CAP_USER9.net
    半年間で8得点2アシストと大爆発 移籍金17億円の分割払い決定と伊紙報じる

    かつて”ミランの至宝”とまで呼ばれた男が、完全にチームを離れることになった。ACミランからローマに期限付き移籍中のイタリア代表FWステファン・エル・シャラウィの完全移籍オプション行使について、クラブ間合意に達したことが分かった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

    今季の開幕前に、エル・シャラウィはフランスリーグのモナコへ買い取り義務のオプションが付いた期限付き移籍をした。順調なスタートを切ったかに思われたが、契約上の買い取りラインになる公式戦25試合出場を直前にした24試合出場時点でモナコが買い取りを拒否。残り試合に起用しない声明を出して、冬の移籍市場でミランに“返品”された。そこでローマが動き、すぐさま1300万ユーロ(約17億円)の買い取りオプション付きの半年契約で獲得していた。

    そこから、エル・シャラウィは復活した。ハーフシーズンにも満たないわずか16試合の出場ながら、8ゴール2アシストをマーク。後半戦のローマ躍進の主役となり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したローマの原動力になった。最終節のミラン戦ではサン・シーロのピッチでゴールも決めた。そこでも、派手なゴールパフォーマンスをするでもなく、両手を広げて「落ち着け」とばかりに味方を制した。こうした行動により、試合後にはミラニスタからも大喝采を受けていた。

    ローマとミランの間では買い取りオプションについて協議がなされたが、ローマは当初減額を求めていた。しかし、ミランも財政状態が単年で100億円規模の赤字という火の車状態のなか、簡単に首をタテに振ることはできず、交渉が続いていた。

    ロマニョーリ獲得時も5年間の分割払いに

    しかし、ここでミランとローマの間では17億円を分割払いにすることで合意に至ったという。今季開幕前にミランはローマからDFアレッシオ・ロマニョーリを移籍金2500万ユーロ(約33億円)で獲得したが、その際の契約が5年間の分割払いだった。ミランは、同様に分割払いを求めるローマに対しては、それ以上強気に出ることはできずに了承。ここで合意に至ったという。

    最終的には本人サイドの確認が必要になるため、正式発表は6月10日に開幕する欧州選手権のイタリア代表の試合が終了してからになると見込まれる。

    エジプトの王である“ファラオーネ”の愛称を持つスピードスターは、ミランの希望の星だったが、故障に苦しみ続けた。3年連続で欧州のカップ戦出場権を逃したミランにとって、ローマで全盛期の輝きを取り戻したファラオーネの存在は古豪凋落の象徴となっていた。

    ミラニスタの心痛は計り知れないだろう。イタリア代表での活躍を手土産に、エル・シャラウィは来季から正式にローマの一翼を担うことになりそうだ。
    2016-05-29_21h00_42
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160529-00010012-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/29(日) 12:29:17.76 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグとチャンピオンズリーグでは大きく事情が異なる。かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレイし、自身も国内リーグとUCLを制覇した経験のあるリオ・ファーディナンド氏が、レスターにそう警告している。

    イタリアの名将クラウディオ・ラニエリが率いるレスターは、徹底した堅固な守備からの鋭く効率的なカウンターアタックにより多くの国内ビッグクラブを粉砕。

    抜群の決定力とテクニックを備えるジェイミー・バーディやリヤド・マフレズ、そして90分間ボールを追い回す岡崎慎司やエンゴロ・カンテらのパフォーマンスが絶妙に融合した彼らだが、ファーディナンド氏はそのスタイルが欧州の舞台では通用しないだろうと推測している。英『THE Sun』が同氏のコメントを伝えた。

    「今季のプレミアリーグで安定したパフォーマンスを見せていたのはレスターとトッテナムの2チームだけだ。でも彼らは単純にヨーロッパ最高のクオリティを持っているわけではない。

    レスターは引きこもるサッカーで対戦相手を誘発する戦術を敢行したが、もしもあれをチャンピオンズリーグでやったとしたらきっと痛い目に合うよ。あの大会にいるようなトップストライカーは、たった半分のチャンスでゴールを決めるからね」

    現役時代に何度もチャンピオンズリーグを戦ってきた百戦錬磨の男が、同大会における“ビギナーたち”を怖がらせている。いずれにせよ、プレミアリーグを席巻したレスターは来季、経験したことのない熾烈なコンペティションに臨むことになるのだ。
    2016-05-29_13h07_36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00010014-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/29(日) 11:28:16.87 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが来季残留を宣言したドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに対して、移籍を検討するように非情指令を出している。ドイツ地元紙「キッカー」が報じた。

    ゲッツェの去就問題は今季終盤から過熱している。来季就任する新監督のカルロ・アンチェロッティ氏との電話会談の内容がドイツメディアにリークされ、出場機会が確約されないなどの厳しい状況が明らかになっていた。

    ジョゼップ・グアルディオラ監督から重用されなかったドイツ最高の才能と呼ばれるゲッツェはドルトムント時代の恩師ユルゲン・クロップ監督の待つリバプールから正式オファーが届いたが、来季残留を熱望。アンチェロッティ体制始動初日に「ベストな状態に仕上げる」と語っていた。

    だが、クラブ首脳の考えは対極だった。ゲッツェに移籍を再検討するように指示している。

    「我々はマリオに全てを明確に伝えた。クラブの考え、次期監督の考えも彼は知っている。マリオはコンスタントな出場機会を手にしたいのか、自分自身で考えないといけない」とルンメニゲCEOは非情な通告を出した。アンチェロッティ監督のみならず、バイエルンとしても戦力として高い評価を下していない事実を明らかになった。

    「彼はEUROに雑音なく参加したいだけ」

    「私も彼と話をした。アンチェロッティもだ。マリオはバイエルンの考えを知っている。もしかすると、彼は欧州選手権にいろいろな雑音がない状態で参加したいだけなのかもしれない」

    ルンメニゲ氏は自身の口からも非情宣告を伝えたことを認めている。宿敵ドルトムントから引き抜いたドイツの至宝に残留はもはや許されないのだろうか。ブンデス4連覇を果たした絶対王者は厳しい姿勢でゲッツェを追い出しにかかっているようだ。
    2016-05-29_12h14_06
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160527-00010021-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/05/29(日) 10:04:52.17 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 5月29日(日)9時41分配信

    野球評論家の張本勲氏(75)が29日、TBS系「サンデーモーニング」(前8時)に出演し、海外スポーツより日本のスポーツをと強調した。

    米大リーグのマーリンズ・イチローがメジャー通算3000安打にあと39本に迫っている話題については「今年中にやると思いますよ。(試合に)出してくれればですけどね」とコメントしたが、隣に座ったゲスト出演した元大関・武双山の藤島親方が米大リーグに関心を持っていると聞くと張本氏は「アメリカの野球はあんまり見なくていい。日本の野球を見ましょうよ」と話した。

    さらにサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリードが優勝した話題については、まず「世界でもっとも注目されている試合なんでしょ」と話した上で、「日本の選手が1人も出ていないんでしょ。何が面白いのかね」とピシャリ。張本氏は1日の放送で、イングランド・プレミアリーグで優勝争いをしていた、日本代表FW岡崎慎司(30)所属のレスターについて「よその国のことでやっていること。100年だろうが300年だろうが関係ない」とコメントしていた。
    2016-05-29_11h19_43
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000065-sph-ent
    続きを読む

    2016-05-29_07h00_01
    1:ゴーリキー ★@\(^o^)/:2016/05/29(日) 06:37:32.65 ID:CAP_USER9.net
    レアルが2年ぶり11度目のCL制覇…PK戦の末に宿敵アトレティコを破る

    【スコア】
    レアル・マドリード 1-1(PK:5-3) アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    1-0 15分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
    1-1 79分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00448773-soccerk-socc
    続きを読む

    2016-05-28_23h23_13
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 22:02:23.09 ID:CAP_USER9.net
    G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(24)が27日、親友で日本代表に初招集された小林祐のビッグマウスをフォローして共闘を熱望した。

    大阪・吹田市内でF東京戦(29日・味スタ)に向け調整。小林祐とは年代別代表などで知り合い、気心知る仲だ。

    代表入りが決まった26日に香川が背負う背番号10を希望したり、本田には自身がゴールを決めた際に披露する「4番ポーズを教えたい」と語るなど、言いたい放題の小林祐を「キャラがさく裂してますね。でも心底、そういう(傲慢な)振る舞いをするやつではない。あえて自分にプレッシャーをかけている部分があると思う」とフォローした。

    宇佐美も11年にバイエルンへ移籍した際には「最終的にはバロンドール(世界年間最優秀選手賞)という目標を持っています」と語るなど、ビッグマウスで自身に重圧をかけるタイプ。似た思考を持っているからこそ共鳴する部分がある。同い年と代表での初共演に向け「ライバルとは思っていない。一緒に頑張っていこうという感じ」とうなずいた。

    一方で宇佐美がライバルと見据えるのは、代表で確固たる地位を確立する香川や本田だ。26日にはハリル監督が「本田、香川を超える選手がここ5年出てきていない」と危機感を口にしたが

    「(本田や香川を)超えていかないといけないし、超えられると思ってやっていく。もっとやらないと、というのは、オレが一番思っている」ビッグマウスの片りんをのぞかせ、G大阪の本拠地・吹田スタジアムでも行われるキリン杯へ気合を入れた。

    スポーツ報知 5月28日(土)7時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00000012-sph-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 22:19:33.67 ID:CAP_USER9.net
    誰も成し遂げていなかった偉業を成し遂げたかった。バルセロナMFアンドレス・イニエスタはそう心情を吐露している。

    昨季チャンピオンズリーグ(CL)で優勝を飾ったバルセロナは、今季史上初となる連覇を目指して戦った。だが同国対決となった準々決勝でアトレティコ・マドリーに敗れ、大会から姿を消した。

    イニエスタは決勝まで勝ち進んだアトレティコを称えつつ、悔しさをにじませている。スペインで『RAC1』で次のように語った。

    「CLを連覇するという希望を、全員が持っていた。誰も成し遂げていなかったことだ。それを達成できるメンバーは揃っていた」

    「(敗退が決まった)あの瞬間は本当にデリケートな状況だったね。アトレティコを倒すのは本当に難しかった。あそこで勝っていれば、決勝まで行く可能性は高かったと思う。でも、アトレティコは勝利にふさわしかったよ」

    バルセロナの選手たちやサポーターは、マドリーではなくアトレティコのCL制覇を望んでいる。だがイニエスタは決勝の結果にこだわりはないと主張した。

    「無常さを感じながら決勝を観戦することになるだろう。自分がいる可能性のあった場所に、実際には立っていないわけだ。スポーツ的な関心は失われてしまうものだよね。決勝がどうなるかにそれほど注目してはいない」

    「クレ(バルサファン)ならマドリーが勝たないことを祈る。それは理解できるけど、僕は実のところそれほど関心がないんだ。僕たちは自分たちの仕事をする。

    他人が何をするかは意識しない。僕は他人の不幸を願うのが好きではない。そういうのは自分に返ってくるからね」

    GOAL 5月26日(木)20時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000024-goal-socc

    写真



    theWORLD(ザ・ワールド) 5月26日(木)23時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00010033-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 21:50:26.86 ID:CAP_USER9.net
    今季限りでハノーファーとの契約が満了する日本代表DF酒井宏樹がドイツ国外への移籍を希望した。

    12年夏に柏から完全移籍で加入。4シーズンでブンデスリーガ通算92試合に出場したが、チームは年々成績を落とし、今季は最下位で2部降格が決まった。

    今季も26試合に出場し、右サイドバックのレギュラーを務めたが、「だからこそ(降格に)責任を感じている」。とはいえ、来季に関しては「ハノーファーにはいないと思う」と断言。

    契約満了となる今オフに移籍する考えを明らかにした。

    「自分がここでやりたいと思うクラブでやりたい」という酒井宏。これまでの実績を考えれば、ブンデスリーガのクラブが興味を示すのは間違いないが、本人は「ドイツにはこだわっていないというか、ドイツを出たい。上のチームに行ければいいし、ここで新たな環境に行くのは楽しみなこと」と、

    新しいリーグに挑戦したい気持ちが強いようだ。

    当然、UEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグに出場するようなクラブが理想だが、「契約事なので、何があるか分からないし、どこになるか分からない。今、興味を持ってもらっているところが今後オファーというふうになれば……。

    正式に決まったらきちんとしゃべります」と話していた。

    ゲキサカ 5月28日(土)21時43分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-01627719-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ