海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年07月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 13:05:16.55 ID:CAP_USER9.net
    イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがドイツ代表のゴールマウスを守るマヌエル・ノイアーを称賛している。

    2日にEUROラウンド8の舞台で激突することになるイタリアとドイツ。スペインを封じたカテナチオを持つイタリアとここまでEURO4試合で無失点のドイツというのは堅守対決でもある。そのカギを握るのがキーパーだ。ブッフォンとノイアーはそれぞれ今大会で素晴らしいパフォーマンスを続けているが、ブッフォンはノイアーが自分より上だと考えているようだ。伊『Gazzetta dello Sport』がコメントを伝えた。

    「間違いなく彼は私より上だ。マヌエルは若いのに素晴らしい。しかしそういった比較には興味ないんだ。私はユヴェントスとイタリア代表の背番号1番を着けれれば、誰よりも幸せなんだからね」

    また、ノイアーも以前に「イタリアはブッフォンがまだプレイしていることに感謝したほうがいい」と称賛の言葉を贈っており、両者は高く評価しあっている。試合がどのような結果になったとしても、どちらも優れたGKであることに間違いはない。
    2016-07-01_14h02_50
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 11:44:12.06 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が秒読みとも伝えられるアルメニア代表MFヘンリフ・ムヒタリャン。そんななか、ユナイテッドの公式オンラインショップがすでにこんな状態になっていた。

    143f243c-a2ed-427f-8fca-f7193d2c1941


    これは来季用の新アウェイユニフォーム類。まだ移籍決定の発表前だというのに、すでにムヒタリャンのネームが入ったものが売りに出されていたのだ。

    3a88585a-4dfb-485d-8334-783d5fadb290

    ハッキングなどでなければ、フライングしてしまった形?

    すでにズラタン・イブラヒモヴィッチの入団が決まったユナイテッド。ジョゼ・モウリーニョ新体制のもと、ムヒタリャンまで加わることになれば、ファンの期待もかなり高まりそうだ。

    http://qoly.jp/2016/07/01/mkhitaryan-shirt-available-in-the-official-manchester-united-store
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 01:10:53.13 ID:CAP_USER9.net
    56bf6bbd-e9c1-4355-a226-e068684961f4
    6月末から開幕している、全英オープンテニス。

    日本が世界に誇るテニスプレーヤー錦織圭も男子シングルスに出場予定であり、第5シードに入っている。

    サッカー好きとしても知られる錦織だが、こんな企画に挑戦したようだ。



    こちらは、フリースタイルの人気デュオ「F2」とともにテニスボールでリフティングをする錦織の様子。

    テニスボールはサッカーボールより格段に小さいが、このコントロールである!やっぱり時折蹴ったりしているのかも?

    EUROの開催時期ということもあり、今回のようなサッカーを組み合わせた企画が行われているようだ。ウィンブルドンの公式Twitterアカウントは、「EUROも悪くないけど、我々には錦織圭がいる」とコメントしこの映像を紹介している。



    日本でも知名度の高いロジャー・フェデラーやアンディ・マレーといったトッププレーヤーも挑戦。

    錦織とフェデラーは、準々決勝で顔を合わせる可能性がある。

    http://qoly.jp/2016/06/30/kei-nishikori-wimbleskill
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/01(金) 00:31:25.12 ID:CAP_USER9.net
    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは7月1日、自身の公式インスタグラムでマンチェスター・Uに加入することを発表した。

    2015-16シーズン限りでパリ・サンジェルマンを退団したイブラヒモヴィッチは、故郷のクラブであるマルメや、日本代表FW本田圭佑が所属するミランへの復帰を報じられていたが、2008-09シーズンにインテルで師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ監督の下でプレーすることとなった。

    現在34歳のイブラヒモヴィッチは、2012年夏にミランからパリ・サンジェルマンへ移籍。15-16シーズンはリーグ・アンで31試合に出場して38ゴールをマークしている。なお、パリ・サンジェルマンでは4シーズンでリーグ優勝4回、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(リーグカップ)2回、クープ・ドゥ・フランス(フランスカップ)1回、トロフェ・デ・シャンピオン(スーパーカップ)を3回制しており、合計で10個ものタイトルを獲得した。

    なお、同選手はこれまでスウェーデン、オランダ、イタリア、スペイン、フランスでプレーしており、初挑戦となるプレミアリーグでは自身通算12度目のリーグ制覇を目論む。

    SOCCER KING 7月1日 0時12分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00453144-soccerk-socc

    インスタグラム
    2016-07-01_07h55_35

    https://www.instagram.com/iamzlatanibrahimovic/
    続きを読む

    ユーロ2016準々決勝が6月30日に行われ、ポーランド代表とポルトガル代表が対戦した。

    決勝トーナメント1回戦でスイス代表をPK戦の末に下し、初のベスト8進出を果たしたポーランド。スタメンには今大会ここまでノーゴールが続いているFWロベルト・レヴァンドフスキや、スイス戦で先制ゴールを挙げたMFヤクブ・ブワシュチコフスキらが名を連ねた。対するポルトガルも、決勝トーナメント1回戦のクロアチア代表戦は延長に突入し、激闘の末にベスト8へ駒を進めた。先発には、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドや18歳のMFレナト・サンチェスらが起用された。

    キックオフから2分、早くも試合が動く。ポーランドが左サイド崩し、カミル・グロシツキがグラウンダーのクロスを供給。このボールに、エリア内のレヴァンドフスキが右足で合わせ、ネットを揺らした。

    勢いに乗るポーランドは15分、ピッチ中央でボールを持ったアレク・ミリクがドリブルで持ち運び、左足のミドルシュートを放った。しかしこれは枠の右へ外れる。

    1点を追うポルトガルは28分。敵陣の左サイドでナニがボールを奪取すると、中央のC・ロナウドへ横パス。ボールを受けたC・ロナウドはすぐさま右足でゴールを狙ったが、シュートは枠をとらえることができなかった。

    しかし33分、ポルトガルが同点に追いつく。R・サンチェスがナニとのパス交換でボールをエリア付近まで運ぶと、左足でミドルシュート。ゴール右下へ突き刺した。このまま1-1でハーフタイムを迎える。

    後半が始まって56分、ポルトガルが自陣でボールを奪い、一気にカウンターを仕掛ける。最後はエリア内に走りこんだC・ロナウドがスルーパスを受けてシュートを放つが、ボールはサイドネットへ外れた。

    対するポーランドは68分、左サイドをパスワークで突破すると、アルトゥル・ヤンドジェイチクが上げたクロスにミリクがニアサイドで合わせた。しかしこれはGKルイ・パトリシオがボールをキャッチし、得点を許さない。

    ボールを支配しながらも得点が奪えないポルトガルは、73分にジョアン・モウチーニョを、80分にリカルド・クアレスマを投入し、攻撃の活性化を図る。

    すると85分、ディフェンスライン裏へ抜け出したC・ロナウドへモウチーニョがループパスを供給する。しかしこれをC・ロナウドが痛恨の空振り。ゴールを奪うことはできなかった。結局、90分で決着はつかず、試合は延長戦へ突入する。

    延長前半の103分、ポルトガルはロングボールを前線で胸トラップしたナニが反転し、そのまま左足でミドルシュートを放った。しかしこれはGKウカシュ・ファビアンスキが落ち着いてセーブし、ゴールを死守する。

    延長後半も、両チームともにゴールを目指すが得点は奪えず。試合はPK戦へもつれ込む。

    先攻のポルトガルは5人目までが全員成功する。一方のポーランドは4人目のブワシュチコフスキが失敗。GKパトリシオがストップした。この結果、PK戦を制したポルトガルがベスト4進出を果たした。

    ポルトガルはウェールズ代表とベルギー代表の勝者と6日に対戦する。

    【スコア】
    ポーランド代表 1-1(PK戦:3-5) ポルトガル代表

    【得点者】
    1-0 2分 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド)
    1-1 33分 レナト・サンチェス(ポルトガル)
    2016-07-01_07h33_42
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00463114-soccerk-socc

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ