海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年07月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/28(木) 08:32:21.31 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナのブラジル代表FWネイマールは、どうやら夜遊びを肯定しているようだ。27日付けスペイン紙『マルカ』が報じている。

    リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックへ向けて調整中のネイマールは、ブラジルで行われた記者会見の場で夜遊びについて問われたが全く問題視していないことを京都湯している。

    「なぜクラブに踊りに行ってはいけない? 問題ないと思うし、通い続けるよ」と語り、質問した記者に対して「もしあなたが自分がこれまで勝ち取ったもの、責任を背負っている24歳だったら、同じでいられるかい?」と逆に質問した。

    さらにネイマールは「グラウンドでの行動を見て欲しい。プライベートでのことはプライベートなこと。そこについては冷静だよ。自分は完璧な人間ではないし、失敗もするし間違いも犯す」と主張。プレーのみを評価基準としてほしいと訴えた。

    ブラジル国民の期待を一挙に背負うネイマール。いまだ24歳の青年であることは事実だが、果たしてどのような態度が正解なのだろうか。
    20160630_Neymar_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160728-00010005-footballc-socc
    続きを読む

    2016-07-28_08h37_20
    1:プーアル ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 23:00:29.04 ID:CAP_USER9.net
    デンハーグFWハーフナー・マイク(29)が「今季初練習で遅刻し、罰金を科せられた」という一部報道を笑って否定した。

    ハーフナーは25日のファン感謝デーに20分ほど遅刻したが、その際にファンを楽しませようとビールを飲んだジェスチャーをし、ガッツポーズ。これがファンの笑いを誘った。

    ペトロビッチ監督もジョークで「遅刻と酔っぱらいでダブル罰金だ!」と笑顔で話した。

    だが、これが一部メディアに本気で受け取られ「ハーフナーが遅刻で罰金」という記事にされてしまった。実際はファン感謝デーでの出来事にすぎず、同監督も冗談で「罰金」と言っただけ。実際にはまったくペナルティーはないという。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1685418.html

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 22:53:52.42 ID:CAP_USER9.net
    ヤング・ボーイズは27日、リオデジャネイロ・オリンピック日本代表に招集されている同クラブ所属FW久保裕也の派遣を拒否する意向であること公式HPを通じて発表した。

    クラブは26日に開催されたチャンピオンズリーグ予選3回戦ファーストレグのシャフタール戦でスウェーデン人FWアレクサンデル・ゲルントが左ひざを負傷したと発表。

    そのため、久保をクラブに残す決断をしたと伝えたとしている。

    スポーツ・ディレクターのフレディ・ビッケル氏は、「日本のリオ五輪出場に多大な貢献をした久保には大変申し訳なく思うが、クラブの利益を守るために決断をしなければならなかった」とコメントしている。

    久保は26日のシャフタール戦後、すでにブラジル入りしているリオ五輪日本代表に合流する予定となっていた。

    リオ五輪日本代表では本登録メンバーとして発表された18名以外に、バックアップメンバーとして、GK杉本大地、DF中谷進之介、MF野津田岳人、FW鈴木武蔵の4名が選出されている。
    2016-07-27_23h07_40

    SOCCER KING 7月27日(水)22時41分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00472976-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 21:43:32.73 ID:CAP_USER9.net
    プレミア現地ファンに最もウザいと思われているクラブは…2016.07.27 16:26 Wed

    ▽プレミアリーグのファンによって最も嫌われているクラブはチェルシーのようだ。

    ▽イギリス『ミラー』は、約1万人を対象に最も嫌いなクラブの投票を実施。公平さを保つために、各ファンの人数を合わせたうえで調査を行った。

    ▽その結果、最も嫌われているクラブの1位は、チェルシーとなった。

    調査によれば、チェルシーはトッテナムファンからの票数が集まったとのことだ。

    逆にチェルシーファンは、アーセナルを嫌いな人が最も多かった。

    ▽2位にはマンチェスター・ユナイテッドが入り、3位はリバプール。ユナイテッドのファンは予想通り、マンチェスター・シティとリバプールに票が集まった。

    リバプールとシティのファンは、ユナイテッドに票を入れた人が多かったとのことだ。

    ▽なお、強豪クラブが上位に集中しているが、王者のレスターは19位と好感度抜群だった。

    ◆プレミアリーグで最も嫌いなクラブ
    1位:チェルシー
    2位:マンチェスター・ユナイテッド
    3位:リバプール
    4位:マンチェスター・シティ
    5位:アーセナル
    6位:トッテナム
    7位:ストーク・シティ
    8位:ウェストハム
    9位:サンダーランド
    10位:WBA
    11位:クリスタル・パレス
    12位:エバートン
    13位:ハル・シティ
    14位:ミドルズブラ
    15位:スウォンジー
    16位:サウサンプトン
    17位:ワトフォード
    18位:バーンリー
    19位:レスター・シティ
    20位:ボーンマス

    2016.07.27 16:26 Wed
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=246874

    写真
    pcimage (2)
    http://web.ultra-soccer.jp/news/pcimage?image_id=8404
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 19:33:55.37 ID:CAP_USER9.net
    ローマFWフランチェスコ・トッティは、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したことを快く思っていないようだ。

    昨季セリエAで66年ぶりに最多得点記録を更新したイグアインは、この夏ユヴェントスへの移籍がずっと噂されていた。ナポリのレジェンドであるマラドーナ氏や同市の市長が痛烈な批判を浴びせるなか、最終的にはユヴェントスが9000万ユーロ(約100億円)を支払うことで取引が成立している。

    トッティはイグアインの移籍を受け、巨額の資金により移籍が成立する時代を嘆いている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

    「今日、サッカー選手はまるで流浪の身だ。自分の心に従うのではなく、お金についていく。おそらく、そこには違いがある」

    「自分の心に従う選手は多くない。僕がお金のことだけを考えていたら、10年前にローマを去っていただろう。僕にとって大事なのは情熱なんだ。お金じゃない。常にローマの色を愛し、そのユニフォームを着ていたいと思っている」

    ローマの象徴としてクラブを支えてきたトッティは、イグアインの決断に苦言を呈している。

    「ファンは楽しむためにスタジアムに行く。チームに忠誠を誓う選手を見るためにね。裏切られるなんてことは期待していない。イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したのは完全な失敗だよ」
    2016-07-27_20h27_45
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 19:01:54.10 ID:CAP_USER9.net
    マンUを知る香川からアドバイス

    今夏マンチェスター・ユナイテッドはドルトムントからMFヘンリク・ムヒタリアンを獲得したが、マンUサポーターの頭にはドルトムントからやってきて満足な結果を出せなかった日本代表MF香川真司の記憶が残っている者もいるだろう。

    香川にとってマンチェスターでの生活は難しいものとなってしまい、マンUも上手く香川を活かすことができなかった。香川にとっては苦い思い出だが、香川はムヒタリアンにマンUの良いところなどを伝えていたようだ。

    英『Telegraph』によると、ムヒタリアンは香川と何度かマンU移籍について話したと明かしており、香川の話で良い印象を持つことができたとコメントしている。

    「何かを約束することはできない。トライするとしか言えないよ。何かを約束してしまうと、プレッシャーになるからね。シンジからはマンチェスターについて話すたびに良い印象を受けたよ」

    イングランド国内でもムヒタリアンが香川よりもスピード、得点力があり、成功しやすいはずと期待されている。ムヒタリアンの縦へのスピードはプレミアリーグの環境でも通用するはずで、香川の後押しがマンUを助けることに繋がるかもしれない。
    2016-07-27_20h16_25

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00010039-theworld-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 17:26:27.28 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部リーグ、バルセロナのFWリオネル・メッシ(29)がワイルドに大変身した。25日にバルセロナの英国合宿に参加したエースは6月の南米選手権から伸ばしているひげに加えて、頭髪を金色に染め上げ登場。周囲を驚かせた。

    金髪にした理由は定かではない。

    だが、スペイン紙「スポルト」は、アルゼンチン代表として臨んだ南米選手権決勝でPKを外して負けたショックから代表引退を宣言したことや、肖像権に関する脱税問題で有罪判決を受けたなどネガティブなことが続いたため、心機一転を図ったものではないかと報じている。

    これまでの好青年スタイルからイメージチェンジをしたが、ネット上では賛否両論。野性的な見た目に「かっこいい」「意外に似合っている」と好意的な意見がある一方で「なぜ?」という素朴な意見も。なかには、腕や足に多数のタトゥーを施したことで「まるでマフィアみたい」との声も出ている。

    昨季のメッシは負傷もあって、好成績を残せなかったが、まさかの変貌はパフォーマンスにどんな影響を与えるのか。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/571231/
    2016年07月27日 11時20分
    続きを読む

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 17:16:39.00 ID:CAP_USER9.net
    【話の肖像画】サッカー指導者・ジーコさん

    〈1989年にフラメンゴを引退。だが91年に現役復帰し、当時日本リーグ2部だった住友金属に入団した。その後、Jリーグが発足し、鹿島アントラーズでプレー、日本サッカー界に貢献した〉

    私が日本でプレーし始めた当時、日本のサッカー界はあらゆる意味でプロフェッショナルではなかった。一部の選手は会社員だったしね。Jリーグが創設され、選手たちは真剣にサッカーのことを考え始めたんだよ。

    サッカーで最も大事なことは、自分で考えてプレーすること。創造性が最も必要なんだ。だけど日本の選手たちは、ミスをすることを極端に恐れていたね。それは日本の文化であり、学校教育の問題なのかもしれないと考えている。ミスをしたら、監督は別の選手を使おうとする。監督がミスをした選手を殴ることがあるということも聞いたよ。でもそれでは選手は萎縮してしまい、思い切ったプレーができない。ドリブルをしてミスをしたら、ボールを奪いにいけばいいんだ。試合にはミスがつきものさ。自分で試さなかったら何も生まれない。この世に完璧な人間はいないんだよ。

    日本の選手からよく、試合でどうしたら良いかを聞かれた。日本人は他の人から教えられるのが好きだね。結局は全てのことを自分で考えて行動するしかないんだ。判断力が最も大事なんだよ。もしミスしてしまったら、今度はミスしないように練習を重ねるしかない。その繰り返しでうまくなるんだよ。

    〈2002年には日本代表監督に就任。06年ドイツW杯でブラジル代表と対戦した〉
    私はプロとしてあの場所にいたわけだから、日本のために仕事をすることしか考えていなかった。選手たちにはこう言っていたんだ。「私はブラジル人だから、ブラジルの国歌が流れたときはブラジルのことを考え、国歌を歌う。だけどブラジル人であることはそれまで。そのときが終わったら、日本のために全力をささげる」とね。でもこういうことは私だけが特別な体験ではないんだよ。ポルトガル代表を率いたルイスフェリペ・スコラリもブラジルと戦ったし、ブラジルでは珍しいことではないんだよ。

    〈ドイツW杯ではチームの主力だった中田英寿選手が大会後に引退した〉
    彼は本当にすばらしい選手だった。日本サッカーの歴史上、ベストプレーヤーだと思っている。持ち前のテクニックだけでなく理解力にも優れていて、どんな練習でもその目的を悟るのが早かった。欧州の名門チームでプレーしていたから、アドバンテージがあったんだね。適応力もあったし、他の選手たちとは違っていた。完璧な選手だったと思う。日本代表にとっては最も重要な選手だった。

    〈日本を去ってから10年がたった〉
    最近は日本の試合を詳しく見ていないけれど、日本人にとって問題なのは、相手チームが1点をとったら全てが崩れてしまうこと。自信をなくしてしまうのかな。この点は鍛える必要があるね。強化するためには心理学者をチームに入れることだね。選手たちと一緒に生活をして、その都度、カウンセリングをして選手一人一人に自信と安心感を与える。チームを一つにするために心理学者の力は重要だね。そして、チームスタッフはがんばっている選手を信頼しなくてはいけない。絆と一体感がチームを強くする。(聞き手 佐々木正明)
    2016-07-27_18h30_28
    産経新聞 7月27日(水)17時5分配信
    中田英寿は最高の選手だった ジーコが考えるサッカーで最も大事なことは…
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000511-san-socc
    続きを読む

    2016-07-27_08h53_29
    2016-07-27_08h53_14
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ