海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年08月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 20:25:47.53 ID:CAP_USER9.net
    2018年ロシアW杯アジア最終予選がスタートする。6大会連続の本大会出場を目指す日本代表は、9月1日の初戦でUAE(埼玉スタジアム)と、9月6日の第2戦でタイ(バンコク)と対戦する。

    ◆最終予選は初戦がすべて

    過去のデータをひも解けば、W杯出場のためには、最終予選の初戦は絶対に落とせない。W杯予選の長い歴史の中でも、最終予選の初戦を落とした国がアジアの代表として本大会に出場したケースは一度もないのだ。W杯出場の可否は、まさしく初戦にすべてが集約されていると言っても過言ではないだろう。

    日本も開催国のため予選免除となった2002年W杯を除いて、過去W杯出場を果たしたときは、最終予選の初戦ですべて勝利を飾っている。逆に、最終予選まで駒を進めながら、本大会出場を逃した4大会は、ことごとく初戦で取りこぼしている。

    W杯予選に初めて参加した1954年W杯予選をはじめ、1962W杯予選、1986年W杯予選は、そのアジア最終予選初戦で韓国に敗れている。1994年W杯アジア最終予選では、初戦のサウジアラビア戦でスコアレスドロー。最終的には、かの有名な「ドーハの悲劇(※)」を招く結果となった。

    ※最終戦のイラク戦で後半ロスタイムに痛恨の同点ゴールを奪われて、得失点差で予選敗退

    【日本のW杯アジア最終予選初戦の戦績】

    1954年W杯予選=日本1●5韓国(H)→予選敗退
    1962年W杯予選=日本1●2韓国(A)→予選敗退
    1986年W杯予選=日本1●2韓国(H)→予選敗退
    1994年W杯予選=日本0△0サウジアラビア(カタール)→予選敗退
    1998年W杯予選=日本6○3ウズベキスタン(H)→本大会出場
    2006年W杯予選=日本2○1北朝鮮(H)→本大会出場
    2010年W杯予選=日本3○2バーレーン(A)→本大会出場
    2014年W杯予選=日本3○0オマーン(H)→本大会出場

    ※( )内のH=ホーム、A=アウェー、国名は開催地(以下同)

    ◆UAEとの対戦成績は五分

    さて今回、日本が初戦で対戦するUAEは、やっかいな相手だ。昨年1月に行なわれたアジアカップでも準々決勝で対戦。PK戦の末に敗れ、日本はアジアカップ連覇を逃した。2012年ロンドン五輪や、昨年のアジアカップでも注目を集めたMFオマール・アブドゥルラフマンら若手選手の台頭が著しく、今回の最終予選でもかなり苦戦を強いられそうだ。

    そもそも日本は、UAEとの相性がいいとは言えない。これまでFIFAおよびAFC主催の公式戦で8度対戦しているが、対戦成績は日本の2勝4分け2敗(PK負けを含む)と五分。公式戦で3試合以上戦っていて、日本と五分以上の戦績を残しているのは、アジア勢では他に韓国とオーストラリアだけ。このデータからも、UAEの手強さがわかる。

    また、UAEは日本のホームで勝利を収めた唯一の西アジア勢(2005年キリンカップ/0-1)。日本はホームといえども、相当な警戒が必要だ。

    【日本vsUAE、過去の公式戦戦績】
    1988年アジア杯=日本0●1UAE(カタール)
    1992年アジア杯=日本0△0UAE(日本)
    1994年W杯予選=日本2○0UAE(H)
    1994年W杯予選=日本1△1UAE(A)
    1998年W杯予選=日本0△0UAE(A)
    1998年W杯予選=日本1△1UAE(H)
    2007年アジア杯=日本3○1UAE(ベトナム)
    2015年アジア杯=日本1●1(PK4-5)UAE(オーストラリア)
    2016-08-30_21h58_55
    webスポルティーバ 8月30日(火)14時50分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00010004-sportiva-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 20:16:20.65 ID:CAP_USER9.net
    「心労による体調不良」で戦列を離れていた鹿島の石井正忠監督(49)が30日、現場復帰した。

    茨城・鹿嶋市内で始まった練習に普段通りのジャージー姿で現れ、詰めかけた報道陣と神妙な表情で握手。

    正式発表はまだだが、この日朝の臨時役員会で続投が支持されたとみられ、練習前の選手ミーティングで復帰を報告、穴をあけたことをイレブンに謝罪したもようだ。

    石井監督は、心労が重なったことを理由に26日の練習から休み、27日のリーグ横浜戦も休養。

    今季はJ1第1ステージでチームを優勝に導いたが、後半戦は苦戦。7~8月に公式戦4連敗を喫した上、
    20日の湘南戦では交代時間を巡ってFW金崎夢生(27)から握手を拒否され、口論に発展していた。

    チーム運営に対する自信を失い、横浜戦は大岩剛コーチ(44)が監督を代行していた。

    あらためて29日に鈴木満常務取締役強化部長(59)と会談すると、26日と比べて復調しており、復帰への意欲も口にしていたという。

    そのため、強化部は続投を支持。本人も決意し、練習場に「石井アントラーズ」の横断幕が掲げられた中、
    ピッチに戻った。台風10号の接近で午後からに変わった練習後に、続投を発表するとみられる。

    日刊スポーツ 8月30日(火)16時36分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000081-nksports-socc

    画像 サポーターが「石井アントラーズ」の横断幕を掲げる中、5日ぶりに鹿島の練習に復帰した石井監督(左)
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 17:46:14.28 ID:CAP_USER9.net
    ジェームズ・ラシュトン氏

    2017年から10年間にわたるJリーグの放映権を約2100億円で獲得したパフォーム社(英国)の日本法人、パフォーム・インベストメント・ジャパン最高経営責任者(CEO)のジェームズ・ラシュトン氏(37)が毎日新聞社のインタビューに応じた。

    同社が23日に開始したサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)はプロ野球やF1、サッカー・ドイツ1部リーグなどを月1750円(税抜き)で配信し、「幅広いスポーツを手ごろな価格で提供すれば認知されると信じている」と語った。

    また、今季までJリーグを中継しているスカパーJSATにサブライセンス契約で映像を提供することには否定的な考えを示した。【聞き手・大谷津統一】

     --なぜ今、日本でサービスを開始したのか。

    ◆日本は膨大な人口がインターネットに接続可能だ。一つのスポーツだけではなく、複数の競技に情熱をもつファンが多い。サッカーファンがF1も野球も同じくらい愛している。これは世界的にも珍しい。

    そして、日本のスポーツ市場はファンにとって、最適で公平で割安な環境ではない。幅広いスポーツを、テレビを含むマルチデバイスで、手ごろな価格で提供すれば認知されると信じている。

     --少子高齢化に直面する日本は有望な市場といえるのか。

    ◆スポーツ観戦や映画鑑賞の手法は変わりつつある。「今すぐ、今使っているデバイスで見たい」という人が増えている。コード・カッティングという現象だ。OTT(インターネット上で動画、音声などを提供するサービス)のターゲットは25歳以下と思いがちだが、そうではない。

    OTTはスポーツ放送の未来だと確信している。年齢層は関係ない。日本にスポーツファンがいて魅力的なコンテンツを提供できれば、サービスは成功する。

     --それでも40歳以上が多いJリーグのファンを取り込むには工夫が必要だ。

    ◆Jリーグや各クラブと協力し、ファンとコミュニケーションを取ることを考えている。「ダ・ゾーン」ブランドのアマゾン・ファイアTVスティック(スティック型の映像受信端末)などをクラブのアイテムにするのはどうか、と話し合っている。利用可能なデバイスが増えればユーザーの数も増える。

     --目標とする数字は。

    ◆目標の利用者数などは開示していない。はっきり言えるのは、日本で長期的なビジネスに100%取り組んでいるということだ。

     --スカパーJSATとの関係に結論は出たのか。

    ◆スカパーとの取引はない。我々はJリーグの10年間の独占放映権を購入し、ファンを最優先にしたサービスを提供することに集中している。
    2016-08-30_19h24_28
    http://mainichi.jp/articles/20160830/ddm/035/050/133000c
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 17:54:01.97 ID:CAP_USER9.net
    theWORLD(ザ・ワールド) 8月30日(火)12時0分配信

    清武まさかの“0点評価” 不発に終わった日本人MFに伊メディア「透明人間は日陰で過ごした」

    エル・マドリガルで存在感を発揮できず

    一寸先は闇。多くの期待と共にドイツのハノーファーからスペインの名門セビージャへとやってきた日本代表MFに辛辣な評価が下されている。

    エスパニョールとの開幕戦を6-4で勝利していたセビージャは28日にアウェイでビジャレアルと対戦し、スコアレスドローで終わった。この試合に右インサイドハーフとして先発出場を果たした清武だったが、前節とは打って変わり、チームにチャンスをもたらすことができずに苦戦。

    結局、後半60分に指揮官ホルヘ・サンパオリから交代を命じられ、エル・マドリガルでのゲームは苦い思い出となる。不甲斐ないプレイに終わった日本人MFに対し、スペイン紙『MARCA』は3点満点でまさかの0点評価。さらに伊『Tuttomercato.web』に至っては「ピッチ上で最悪のプレイを見せていた清武の存在は透明人間だ。ゲームに参加することなく、終始日陰で過ごしていた」と一蹴し、チーム内最低となる4点を付けている。もちろんチーム内で低調なパフォーマンスを見せたのは清武だけに限らないものの、多くのメディアは彼に前節のような素晴らしい働きを求めていたのかもしれない。

    『MARCA』では清武の他にもスティーブン・エンゾンジやパブロ・サラビアといった選手にも“0点評価”が与えられているが、逆に言えば低調な内容ながら敵地で名門ビジャレアルから勝ち点1を獲得したことはポジティブに捉えるべきと言えるだろう。次節はホームでラス・パルマスと激突することになるセビージャ。清武は名誉挽回のチャンスを与えられるだろうか。日本人の奮闘に期待したい。
    2016-08-30_18h59_30
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00010003-theworld-socc
    続きを読む

    1:1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 14:28:34.62 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマンが、クラブ史上最高額の移籍金でヴォルフスブルクに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーを獲得しようとしていることが明らかになった。29日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

    同紙によると、パリ・サンジェルマンはドラクスラー獲得に移籍金7500万ユーロ(約85億5000万円)を準備している模様。

    この額は、2013年にナポリから加入したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの6500万ユーロ(約74億円)、2015年にマンチェスター・Uから加入したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの6300万ユーロ(約71億8000万円)を抑えて、クラブ史上最高額となるようだ。

    現在22歳のドラクスラーは、昨夏にシャルケからヴォルフスブルクに5年契約で加入した。ブンデスリーガ24試合に出場し6ゴールを記録したほか、ドイツ代表として臨んだユーロ2016では、5試合で1ゴールをマークしている。

    パリ・サンジェルマンはリーグ開幕から3試合を終えて2勝1敗。今シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ監督のもとで5連覇を達成するため、大型補強は実現するのだろうか。
    2016-08-30_16h49_26
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00486711-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 13:12:19.48 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア最終予選開幕を目前に控え、日本代表の動向が盛んに報じられている現在、なぜこの選手がその場にいないのか、不思議で仕方がない。それほどに、彼がJ1で見せるプレーぶりが“キレッキレ”なのだ。

    横浜F・マリノスの背番号11、MF齋藤学のことである。

    8月27日に行なわれたJ1セカンドステージ第10節、鹿島アントラーズ戦。最終予選開催にともなうリーグ戦中断直前のこの試合、齋藤はピッチ上で誰よりも強い存在感を示し、スタンドの視線を独り占めにした。

    これまで所属クラブになぞらえて、「ハマのメッシ」や「愛媛のメッシ」の異名を取ってきた齋藤だが、この日の齋藤はまさに本家メッシばりの活躍だった。

    身長169cmと小柄な背番号11は、ボールを持って前を向きさえすれば、芝の上を滑るように加速。瞬時にトップスピードに達すると、鋭いドリブルで次々とDFを抜き去り、何度もチャンスを作り出した。

    それでも高速ドリブルだけなら、おそらく鹿島も対応のしようがあったはずだ。きっと脅威は半減していたに違いない。ところが、齋藤はピッチ上を疾駆しながら、止めにくるDFを引きつけたうえで、相手の裏をかくように効果的なスルーパスを何度も通した。

    これには、ファーストステージ王者もお手上げ状態。日本代表でもある鹿島DFの昌子源は「こっちの目線で言えば、やられすぎだけど」と付け加えたうえで、「学くんがスゴかった」と舌を巻いた。

    昌子が脱帽するのも無理はない。2-2で引き分けたこの試合、鹿島の2失点はいずれも齋藤にしてやられたものだった。

    1点目は左サイドでボールを持った齋藤にドリブルで中央にカットインされ、狙いすまして打たれたシュートをゴール前のFW伊藤翔にコースを変えられたもの。そして2点目は、ハーフウェーライン付近でボールを奪われ、齋藤にドリブルで独走されて決められたもの。いずれも齋藤絡みで失点を喫している。

    齋藤は1ゴール1アシスト。試合結果は引き分けでも、齋藤vs鹿島ディフェンスの勝負に限れば、結果は齋藤の完勝だった。昌子は呆れたように苦笑いを浮かべ、こう語った。

    「そんなにやられるかっていうくらい、やられた」

    だが、昌子がそこまで言うのは、齋藤ひとりにすべてをやられたというより、「学くんを意識してやられすぎた」という思いがあるからだ。昌子が続ける。
     
    つづく
    2016-08-30_13h49_23
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160830-00010001-sportiva-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 06:44:28.62 ID:CAP_USER9.net
    13年2月から昨年10月まで1年8か月もの間、代表から遠ざかっていたことを逆手に取る。日本代表MF柏木陽介(浦和)は「相手は僕のことを知らないと思う。特長を知らないので、裏へのパスやノールックのパスが生きてくると思う」と、敵に知られていないからこそのやりやすさを武器に、W杯アジア最終予選初戦となる9月1日のUAE戦(埼玉)でチームを勝利に導くイメージを膨らませた。

    ハリルジャパンのメンバーの多くが、アギーレ体制で戦った昨年1月のアジア杯にも出ている中、当時、日本代表に呼ばれていなかった柏木は日本がPK負けを喫した準々決勝のUAE戦をテレビでも見ていなかった。

    だが、その試合で背番号10をつけていたアフロへアのMFオマル・アブドゥルラフマンの存在は知っていた。柏木は“UAE史上最高の司令塔”とも呼ばれる左利きのテクニシャンについて、「中心選手はつぶさないといけない。もじゃもじゃのやつをだれかがつぶして、あいつが出て行ったところのスペースを使えればいい」と言いながら、攻略法を頭に思い描いた。

    その一つは、得意のワンタッチ、ツータッチパスで相手を動かすことでスタミナを奪っていくというもの。「試合の序盤は僕への対策はされないと思うので、僕から起点に良い攻撃をつくれたらいい」と、チャンスメイクに自信を見せた。

    相手に関するデータとしは、ミーティングで見るスカウティング映像やチームメイトから直接聞く情報もある。

    「(アジア杯のUAEは)良い選手が前に多いけど、結局、日本が攻めていた中で点を取れなかったことが(負けた)理由だとみんなも言っている。今までやってきた人たちに支えてもらいながら自分の良さを出していけると思っている」と必勝を期していた。
    news_197477_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-01630773-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/08/30(火) 10:17:00.20 ID:CAP_USER9.net
    theWORLD(ザ・ワールド) 8月29日(月)22時27分配信
    2016-08-30_13h16_37
    絶妙なコンビネーション見せる岡崎&バーディ photo/Getty Images

    UCLでも2人なら相手を崩せる

    今季開幕前にはジェイミー・バーディと新加入FWアーメド・ムサの高速2トップが見たいとの意見も多かったが、日本代表FW岡崎慎司はその評価をわずか2試合ほどで覆してしまった。やはり岡崎とバーディの2トップの方が良いとの空気が広がっており、攻守に貢献する岡崎の存在の大きさを改めて感じたことだろう。

    英『Telegraph』は今節のスウォンジー戦でのパフォーマンスも含め、バーディと岡崎のコンビは手に負えないと称賛。2人は守備にも走り回るうえに、バーディはスウォンジー戦でお得意のロングパスに抜け出す形から豪快なゴールも決めている。この2人に対処するのはなかなかに厄介だ。

    同メディアがレスターに期待するのは、チャンピオンズリーグでの躍進だ。レスターにとっては未知の領域だが、それは対戦相手も同じだ。レスターの厄介さをピッチ上で初めて知ることになる。同メディアはMFダニー・ドリンクウォーターもイングランドを代表するMFになったと称賛しており、周りのクラブと比べて選手層が明らかに劣っているわけではないと見ている。

    エースのバーディも「僕たちはあらゆるチームを苦しめられると分かっている。昨季人々はそれを見ているからね」と自信を見せている。また、楽しみたいとも語っており、恐れるものがないレスターはかなり怖い存在となるかもしれない。

    ポルト、クラブ・ブルージュ、コペンハーゲンと同組となったレスターにはラッキーとの見方もあるが、昨季から続く奇跡の物語はレスターをベスト16へと導くのか。決勝トーナメントで強豪クラブ相手にカウンターから一撃見舞うレスターの姿も見てみたいが、手に負えない2トップを中心に躍進できるか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00010025-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/29(月) 22:11:27.99 ID:CAP_USER9.net
    同点弾を挙げたヒーローが一転、“戦犯”扱いされている。

    FWハーフナー・マイクの所属するADOデンハーグは28日にエールディビジ第4節でヘラクレスと対戦し、1-1で引き分けた。

    ハーフナーは前半28分に今季3点目を挙げたが、後半35分の勝ち越し機に得たPKを失敗。チームの連勝を3で止めるプレーになってしまったことで、指揮官の逆鱗に触れている。

    幕から好調のハーフナーは、4試合連続の先発出場。1点ビハインドの前半28分には左足で3試合ぶりとなるゴールを奪い、反撃の口火を切った。そして後半35分、逆転の絶好機となるPKを獲得した。

    しかしチップキックで浮かせる“パネンカ”と呼ばれるシュートでゴールを狙うが、ボールは無情にも枠上に外れてしまう。GKのタイミングは完ぺきに外していたが、ハーフナーも頭を抱えてその場にしゃがみ込むしかなかった。勝ち越し機を逸したADOは、ドローで勝ち点1を挙げるにとどまった。

    PKが決まっていれば開幕4連勝が濃厚となっていただけに、元浦和指揮官で今季よりADOの指揮を執るゼリコ・ペトロビッチ監督も怒りを収められずにいる。

    試合後、『FOXスポーツ』に対して話した指揮官は、「失敗することはあるが、あのプレーはADOデンハーグに相応しくなかった。我々に(リオネル・)メッシや(クリスティアーノ・)ロナウドはいないんだ」と、“パネンカ”を選択したハーフナーを批判。

    ハーフナー自身も「自分に失望している」と話しているという。
    2016-08-30_09h51_23
    ゲキサカ 8月29日(月)19時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-01630764-gekisaka-socc

    動画
    http://www.dailymotion.com/video/x4qolc3_sport

    続きを読む

    1098829_imgw480
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/29(月) 23:38:50.05 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ開幕節が26日から28日にかけて各地で行われ、日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトはDF内田篤人所属のシャルケに1-0で勝ち、白星発進した。

    長谷部は中盤でフル出場し、勝利に貢献。地元紙『Frankfurter Rundschau』は、「2」点に相当する「Gut dabei(良い働き)」と高い評価を与えた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

    寸評では、「中盤の安定装置であり、迎撃戦闘機。走り回ってスペースを埋めた」と、チームのバランスを取る動き、相手の攻撃の芽を摘み取るアグレッシブさ、そして豊富な運動量を手放しで称えた。

    さらに、「8分には、ブラニミル・フルゴタへの夢のようなパスを通している」と、パス精度の高さも紹介した。

    SOCCER KING 8月29日(月)22時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00486656-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ