海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年09月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/05(月) 05:22:54.35 ID:CAP_USER9.net
    ◇W杯アジア最終予選B組 日本―タイ(2016年9月6日 タイ・バンコク)

    6日にアウェーで18年W杯ロシア大会アジア最終予選タイ戦を控える日本代表は4日、バンコク市内で非公開練習を行った。主力組の1トップにはFW浅野拓磨(21=シュツットガルト)が入ったとみられ、タイ戦での先発候補に急浮上した。1日のUAE戦ではノーゴール判定に泣いたが、今回は正真正銘のゴールを狙う。黒星発進のショックを払拭(ふっしょく)し、逆転での本大会出場へ弾みをつける。

    “中東の笛”に泣いた浅野がモヤモヤを吹き飛ばす。ゴールが認められずに敗れたUAE戦の悔しさを胸にしまい、噴き出る汗を拭いながら練習をこなした。

    関係者によれば、非公開での戦術練習で1トップを張ったのは21歳の若武者だったという。

    不動の岡崎がUAE戦で右くるぶし付近を打撲。その影響もあり、負けの許されない大一番で大役を果たす可能性が高まった。「もう全ての試合に勝つしかない。いろんなジンクスを打ち破るための1戦目」と自覚をにじませた浅野は「ゴールを取って勝利に貢献したい」と誓った。

    UAE戦の誤審は頭の中で整理した。後半32分のシュートはビデオ映像で確かにゴールラインを割っていたが、判定はノーゴール。

    近くで見ていたという本田にも「入ってた」と言われたというものの、誰の目にもゴールと分かるシュートを放てなかったことを「自分のミスなので仕方ない」と自戒した。タイ戦も中東のイラン人主審が笛を吹く。「レフェリーあってのサッカー。自分ができることを100%表現して、誤審と言われるようなプレーをなくしたい」。次こそは、誰がどう見てもゴールに見える会心の一撃を叩き込む。

    21歳301日で迎えるタイ戦でネットを揺らせば、20歳228日だった97年9月のウズベキスタン戦で得点した中田英寿に次ぐW杯最終予選年少得点となる。

    FW限定なら22歳82日の城彰二を抜いて同予選最年少弾だ。タイとは今年1月のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選で対戦。無得点で途中交代したが「身体能力の高さ、俊敏性、足元の技術を持っている」とイメージは膨らむ。

    「DFとの駆け引きに勝れば、裏に抜け出してのゴールが取れる。自分がいい動きをすれば、味方もパスを出しやすいと思う」。正真正銘の浅野のゴールから、ハリルジャパンのV字回復が始まる。

    スポニチアネックス 9月5日(月)4時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000159-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:casillas ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 21:49:11.67 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】スペイン・プロサッカーリーグ機構(LFP)は3日、早ければ来季から現在他国のリーグで用いられているようなビデオ判定のシステムを試験導入することを明らかにした。

    LFPはすでに、スペインサッカー連盟(RFEF)に対して試験的な技術使用の準備を整えるため、サッカー競技におけるルールの決定権を持つ国際サッカー評議会(IFAB)に交渉するよう要請しており、試験はスペイン国王杯(Copa del Rey)やスペイン・スーパーカップ(Spanish Super Cup)で行われると見込まれている。

    LFPは声明で、「8月12日付で、われわれはRFEFの審判技術委員会に対し、ビデオ判定による補助を試験的に開始するよう依頼状を出しました」と発表した。

    ビデオ判定の技術は現在、米国、オーストラリア、ドイツ、ブラジル、オランダなどの国々でテストが行われており、1日に行われたフランス対イタリアの親善試合では、国際試合としては初めてビデオ判定が実施された。

    W杯ロシア大会(2018 World Cup)でもビデオ判定の技術を導入する可能性を示唆する国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は、「代表レベルの試合では初めてだ。
    われわれは前進しているし、期待が持てるものだった。うまく行けばもちろん、サッカー界全体が世界中の主要大会で審判を助けるこのシステムの導入を喜ぶことになるだろう」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News
    2016-09-05_07h23_19
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000027-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:casillas ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 21:52:57.45 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表は2日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組第2戦のタイ戦に向け、成田空港から開催地バンコクへ出発した。まさかの逆転負けを喫したUAE戦から一夜明けたこの日午前の練習で、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)はうつむき加減になるなど、心が折れかけている。黒星スタートのショックはぬぐい去れるのか。

    練習冒頭の10分間。円陣を組んで「まだ9試合ある。簡単ではないが、最後まで戦い抜こう」と呼びかけたが、いつもの威勢の良さは鳴りを潜めた。練習中は気合の入った表情もみせたが、敗戦を最もひきずっている指揮官のメンタル面は“重症”ともいえる非常事態だ。

    就任会見で「W杯出場まで全勝する」とブチあげた。「日本の世界ランクをトップ20にする」と豪語した。そんな姿はどこへやら。神妙な表情で練習場を後にした。

    “悩めるハリル”について、「監督は負けた後はいつもあんな感じですから。心配する必要はない」と霜田ナショナルチームダイレクター

    さらに、昨年6月のアジア2次予選初戦を引き合いに、「ホーム(埼玉)でシンガポールに勝てなかった(0-0)が、そこから盛り返した。(最終予選の)勝敗の計算もいろんな形でシミュレーションしている。同組で全勝の国は2つは出ないわけですから」と、あと9試合あることを強調した。

    日本の第2戦の相手、タイもアウェーでの初戦(対サウジアラビア)で怪しいPK判定で、0-1で敗れた。決まったかと思った同点ゴールがオフサイドとされる場面もあるなど、「どの国も判定に苦労しています」と霜田氏。とはいえ、不可解な判定を覆す力がなければ勝ち抜けない。

    FIFA(国際サッカー連盟)ランキングは日本の49位に対し、タイは120位。試合は6日午後7時15分(日本時間同9時15分)にキックオフ。引き分け(勝ち点1)以下なら、協会内でくすぶる“ハリル解任論”が一気に加速する。
    2016-09-04_22h33_19
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20160904/soc1609040830001-n1.htm
    続きを読む

    1:casillas ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 21:41:56.41 ID:CAP_USER9.net
    (中略)
    ――それにしても、Jリーグとの10年2100億の大型契約には驚かされました。正直、かなり高い金額だと思うのですが、なぜそこまでの価値を見出したのか教えてください。

    「まず、私はこの契約が成立したとき本当にうれしかったし、双方にとって素晴らしいことだと確信しました。確かにおっしゃるように契約金に関しては、過去支払われてきた額よりも大きい。ただ、私たちのビジネスは過去を振り返るより、未来を見据えなくてはいけない。

    DAZNにとってこの契約の最大のメリットは10年契約ということであり、長期的なパートナーシップを組めたことです。

    いつでもどこでもスポーツを視聴できるのが弊社のサービスなわけですが、ここ1~2年の話ではなく、5年10年と継続させることで私たちの事業は大成功すると確信しています。そういった意味でJリーグとの10年契約はとても重要で、これがあることで、長期的にあらゆる戦略や計画を立てることになります」

    ――長期契約であり投資額も大きい。DAZNとしてはメインとなる放送関連ばかりでなく、たとえばリーグの運営など既存のシステムにコミットしていく可能性はあるのでしょうか?

    「長期的な契約をJリーグと交わしているので、いろんな角度で協力をし、日本のサッカー文化を成長させていく予定はあります。

    たとえば近いうちに実行できそうなのが、中継の制作の質を上げるということですね。私たちとしては、カメラの台数やスペック、そして新しい革新的な技術を用い、ヨーロッパサッカーと同じレベルまで持っていきたいと思っています。
     
    ただ、Jリーグの運営自体に関しては、先方から意見を求められることもあるとは思いますが、そのあたりのルールや大会の構造などはJリーグが決めることになるでしょう。次の世代のためにもJリーグを大事にしなければいけません。DAZNとしても10年後だけじゃなく、もっと長いスパンで日本のサッカーの成長に寄与できるよう協力していきたいと思っています」

    ――DAZNでは『スポーツ観戦の新しい体験を』と謳っていますが、サッカーのパフォーマンス分析データであるOptaなども駆使した放送になるのでしょうか。

    「もちろんです。Optaはパフォーム・グループの会社なのですが、従来型のテレビ放送と比べ、データを取り入れた放送をすることがひとつの大きなメリットになります。弊社としては基本的に実況解説や分析など、映像になんらかの付加価値を加えるような形で提供したいと思っています。
     
    DAZNではドイツカップの『DFKポカール』を日本で唯一放送していますが、先日の試合で香川真司選手が2ゴールを決めました。そこにOptaのデータを採り入れることで、ゴールに至る香川選手のタッチの回数など、細かいデータを伝えることができます。

    さらにドルトムントの前半のポゼッションが57%だった場合の勝つ確率は何%になるかなど、他とは違う付加価値が高く、おもしろい分析データを活用し、多角的な視聴体験を提供していきたいと思っています」
    2016-09-04_22h17_25
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160904-00010004-sportiva-socc&p=1
    続きを読む

    1:shake it off ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 14:31:11.40 ID:CAP_USER9.net
    【大西純一の真相・深層】W杯アジア最終予選が始まり、9月1日の初戦で日本代表はUAE(アラブ首長国連邦)に1―2で敗れた。ホームでのまさかの黒星発進で、カタール人の主審の微妙な判定ばかりがクローズアップされた。

    後半6分にUAEに与えられたPKや、同22分に宇佐美が倒されてPKにならなかった場面、同32分のゴールラインを越えたように見えた浅野のシュートがゴールと認められなかった場面などで、サッカーではたまにあることだ。

    サッカーは人間が判定するスポーツだから面白い。ひんぱんにあっては困るが、時には審判のミスもあり、それがドラマを生む要因にもなっている。1966年W杯イングランド大会決勝で、イングランドのFWハーストの勝ち越しゴールが「入った」「入っていない」と、何年も論争になった。86年W杯メキシコ大会のイングランド―アルゼンチン戦では、アルゼンチンのマラドーナの神の手ゴールが話題になった。テクノロジーがなく、人間が判定するから生まれたドラマだ。

    最近はテニスや野球でビデオ判定が導入されているが、野球でも「ストライク」「ボール」の判定がすべて機械化されたら、面白みは減少してしまう。審判が真剣にジャッジする中での“誤審”は許容範囲で、スポーツにはそういう側面があってもいいと思う。

    だいいち、誤審で得をしたチームは絶対に誤審だとは言わない。「ナイス・ジャッジ」と言う。UAEが「浅野のゴールは入っている。得点を認めてくれ」と、主審に申し出ることはない。もちろん、日本が審判に救われることもある。誤審に泣くこともあれば、得することもある。プラス・マイナス・ゼロだ。

    それより、UAE戦の敗因は誤審ではなく、試合運びだ。ボール支配率62・8%、シュート数でも22―9とUAEを圧倒しながら、守備のミスで2失点し、攻めては1点しか取れなかったことが問題だ。
    しっかり守り、確実に決めていれば普通に勝てた試合で、前半で3―0にでもしておけば、微妙な判定も目立たなかったはずだ。

    初戦に負けても、トータルで考えれは十分に取り返せる。それより、誤審を敗因に挙げてしまうのが一番、いけないと思う。(専門委員)

    ◆大西 純一(おおにし・じゅんいち)1957年、東京都生まれ。中学1年からサッカーを始める。81年にスポニチに入社し、サッカー担当、プロ野球担当を経て、91年から再びサッカー担当。Jリーグ開幕、ドーハの悲劇、ジョホールバルの歓喜、W杯フランス大会、バルセロナ五輪などを取材。
    2016-09-04_17h18_14
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/04/kiji/K20160904013286720.html
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 13:31:11.15 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1、名古屋グランパスが、10日のアルビレックス新潟戦(新潟市・デンカビッグスワンスタジアム)の応援バスツアー「910円 緊急アウェー応援バスツアー」の参加者を募集する。

    料金はバスの往復料金1人910円(税込み)で、観戦チケットは別途必要。グランパスは現在J2降格圏の16位で、一人でも多くのサポーターの応援が必要と企画したという。名古屋駅前発着で10日の午前7時半に出発し、試合観戦後に車中泊して11日午前5時に戻る予定。定員120人で先着順。

    申し込みは4日午後4時から8日午前8時までで、西鉄旅行のツアー申し込みサイト(http://www.nishitetsutravel.jp/triumph/grampus/index.html)から。
    2016-09-04_14h40_23

    https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12213-20160904-50025/
    2016年09月04日 11時35分 読売新聞
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 13:26:37.78 ID:CAP_USER9.net
    ハリルジャパンの攻撃は、場当たり的な個人の即興に頼っている。

    1-2で敗れたUAE戦では、過去の日本代表戦で何度か見られた光景が繰り返された。ボールポゼッションで圧倒的優位に立ちながらも、守備を固める相手からなかなかゴールを奪えない。次第に手詰まりになり、明確な意図なく上げたクロスを撥ね返され続け、そのまま試合終了の笛が鳴ってしまう。UAE戦では、そうした”悪い時の日本代表”の姿を露呈した。
     
    終始高い位置を取り、サイド攻撃の主役になった右SBの酒井宏は言う。
     
    「(修正点は)最後のフィニッシュのところ。今日も多かったのでね。僕も含めて最後の部分の質は(問題が)あったと思います」
     
    相変わらずの課題には閉口するほかないが、興味深かったのは次の言葉だ。
     
    「でも、あれだけ引かれると、クロスも難しいですね。全然(中央に)空いているところがないので。もっと仕掛けても、良かったかなっていうのもあります」
     
    日本代表は、なんとか同点にしようと左右のSB(酒井宏と酒井高)を思い切って高い位置に張らせてサイドから打開を狙った。しかし、先の酒井宏の言葉にもあるように、クロスを供給する側にはターゲットが見えていなかったのだ。

    それも当然だろう。相手がべったりとゴール前に張り付いているにも関わらず、日本はクロスのターゲットを増やさなかった。ハリルホジッチ監督の選手交代は、岡崎→浅野だ。クロス攻撃が増えるあの局面であれば、交代で下げるべきなのは香川ではなかったか。
     
    本誌解説者の金田氏もこう言っている。
     
    「後半は相手の足が止まったから、W酒井(酒井宏、酒井高)の攻撃回数はより増えた。クロスの精度は低かったけど、だとすれば、浅野と交代させるのは岡崎でなく香川だった。何度もクロスを入れるのであれば、1トップではペナルティエリア内の人数が足りない。香川は中央の狭いエリアで足もとにボールを受けて、コンビネーションで崩すタイプ。ヘディングで相手CBに勝てるとは思えない。だとすれば、ヘディングの強い岡崎と浅野の2トップにするべき。クロスのコースをふたつ作ってあげれば良かったんだ」
     
    ハリルホジッチ監督には、香川がヘッドでゴールを決めたキリンカップ・ブルガリア戦の残像が残っていたかもしれない。しかし、決して空中戦が得意とは言えない香川の本質を考えれば、明らかにシチュエーションを見誤った交代だ。
     
    加えて、サイド攻撃に変化を付けられなかったのも問題と言える。サイドにボールが入ってもコンビネーションがなく、SBはほとんどの場面で単独で縦に突破を仕掛け、クロスを供給していた。つまり、中央の守備をまったく揺さぶれないまま、「空いているところがない」(酒井宏)ゴール前にクロスを入れていたのである。これでは、撥ね返されるのも当然だろう。

    単調にクロスを入れるのではなく、サイドチェンジを繰り返して相手の陣形を崩すなり、中央へのカットインで相手をひきつけてスペースを作るなり、崩しのアイデアが欠けていたのは残念と言うほかない。

    あるいは、宇佐美がエリア内で倒された場面のような仕掛けを増やせば、チャンスは広がったかもしれない。しかし、今のハリルジャパンには、それを徹底させるチーム内の規律がなく、場当たり的な個人の即興に頼っているように見える。
     
    UAEほどではないにせよ、9月6日に対戦するタイもゴール前を固めてくるだろう。
    まさかの黒星スタートとなったUAE戦と同じミスを犯すようだと、取り返しのつかないことになる。
    2016-09-04_14h29_18
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160904-00018645-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 9月4日(日)9時0分配信

    続きを読む

    2016-09-02_20h51_55
    1:casillas ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 09:42:07.95 ID:CAP_USER9.net
    W杯ロシア大会アジア最終予選で窮地に陥った日本代表は3日、タイ戦(6日)に向けてバンコク市内で練習を開始した。

    「誤審」や「移動の疲労」に悩むのは、ハリルホジッチ監督だけではない。タイ代表は3日、ホーム日本戦に向けてサウジアラビアから帰国した。W杯アジア最終予選初戦のアウェー、サウジアラビア戦は押し気味に試合を進めながら、0-1の敗戦。しかも試合後、中東からの長距離移動を強いられ、帰国した3日も練習できなかった。

    地元メディアは「6日の日本戦まで4、5日の2日間しか調整できない」と危機感をあおった。ハリルホジッチ監督は1日UAE戦の敗戦後、帰国して中2日で試合に臨む、欧州組のコンディションの悪さを嘆いた。しかしタイなど他国も、ほぼ同様のハンディを背負っての試合を強いられる。

    タイはサウジアラビア戦の前半30分、FWティーラシンがペナルティーエリア内でGKに倒され、ファウルをもらった。しかしなぜかエリア外という判定で、PKを獲得できなかった。そして試合終盤、逆に微妙な判定でPKを取られ、決勝点を奪われてしまった。

    誤審に泣いたが、格上とみられたサウジアラビアと、アウェーで互角以上に渡り合った。急激に実力を高めている東南アジアの新興勢力が、苦難を乗り越えて日本相手のアップセットを狙ってくる。【塩畑大輔】
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1704753.html
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 07:38:39.63 ID:CAP_USER9.net
    日本代表は3日、タイの首都バンコクで6日のロシアW杯最終予選のタイ代表戦に向けた練習を行った。

    本田圭佑はUAEとの初戦に敗れたことについて「そんな苦しいとは思ってない」と語り、「終わってみればたかが1敗でしょう」と、次の試合に向けてポジティブに気持ちを切り替えている。

    6日のタイ戦は本田が「出ないといけないという使命はすごく感じている」というW杯出場を大きく左右する試合になる。仮に敗れればロシア行きが非常に難しくなるからだ。

    それでも「とにかく自信を持ってポジティブに次の試合に挑んでいきたい。プレッシャーははじめからあるの。今までこれ以上のプレッシャーも経験してきているし、正面からこのプレッシャーと向き合っていきたい」とあくまで強気の姿勢を崩さない。

    対戦相手のタイ代表に「すごくチームとして頑張る、よく走る。攻撃に関しても特徴のある選手がいるので、カウンターはすごく得意」という印象を持っている本田は、「頭の中にはいろいろ対策がある」という。「崩すイメージ、ボール奪うイメージ、攻守において2、3個ずつくらいはすでに頭の中でイメージしています」と語った。

    チームの中心として、本田自身の真価も問われるタイ戦。どのようにしてこれまでと違う日本代表を見せてくれるのだろうか。まずは気持ちよく勝ってW杯への一歩を踏み出したい。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160904-00010003-footballc-socc
    フットボールチャンネル 9月4日(日)7時30分配信

    続きを読む

    no title
    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 06:47:43.55 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 9月4日 6時6分配信

    日本サッカー協会の田嶋幸三会長(58)が3日、アジアサッカー連盟(AFC)主催のW杯予選など公式戦で、他大陸の連盟の審判団に判定してもらうよう提案する意向を示した。

    1日のUAE戦では、UAEの隣国であるカタール人のアルジャシム主審が不可解な判定を連発。「欧州や他の大陸の審判を呼んでくるのも考えないといけない」と話した。親善試合は他大陸の審判団を招く場合があるが、公式戦は大会を主催する連盟の国の審判が笛を吹くのが規定だ。

    この日は都内のJFAハウスで「リスペクトFC JAPANシンポジウム」に出席。4種(小学年代)をテーマに討論した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000055-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ