海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年10月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 20:25:19.52 ID:CAP_USER9.net
    ■中村が司った川崎のパステンポ。
     
    久々に来日した私は10月29日、鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ戦を観に鹿島まで足を運んだ。とくに「志向している攻撃的なスタイルが素晴らしい」と聞いていたので、川崎には高い関心があった。
     
    私は彼らがパスサッカーを好み、見る者を失望させないと聞いていたが、ウォームアップの時点でそれが嘘でないことが分かった。

    ウォームアップで見られたのは、少人数での目の回るような素早いパス回しだ。このパス回しにはGKも交じっていたが、何一つ違和感なくこなしていたのをよく覚えている。
     
    川崎の選手たちはキックオフと同時にギアを入れ、5メートル間隔のパスを6本連続で繋ぎ、鹿島からFKを獲得した。この直後もショートパスを繋いだ川崎のそれは、テレビゲームを見ているかのようだった。この川崎のスタイルの中心に、中村憲剛と大久保嘉人の経験豊富な2人の存在があることはすぐに感じ取れた。
     
    ■とくに中村は攻守の両面で軸となり、川崎のパスゲームのテンポを司っていた。

    彼から生み出されるすべてのパスが結果に結びつくわけではなかったが、ほとんどの川崎サポーターが、そのパスワークに大きな期待を寄せているのは、会場の雰囲気からも受け取れた。実際、彼のビルドアップが起点となって、65分の森本貴幸の決勝ゴールは生まれた。
     
    すでに今シーズン限りでの退任を発表している風間八宏監督が、志向した“個性的なチーム作り”はリーグ戴冠を成し遂げることで実るだろう。

    ■「2、3シーズン前のアーセナルを想起」させた現在の川崎が目指すべきはバルサだ!

    しかしながら私は、本数のわりに効果的ではないことも少なくなかった一連のパスに対する過度な依存は、一方で危険を孕んでいると感じた。中村の“美しいパス”で完璧に崩しての得点を求める川崎の姿勢は、2、3シーズン前のアーセナルを想起させた。
     
    あの当時のアーセナルは、正確なパス回しは見せていたが、「バルセロナの劣化版」と現地では言われていた。今の川崎は、どこか物足りないイングランドの強豪に似ている。川崎のショートパス中心の試合作りは決して悪くはないが、ポゼッションにこだわりすぎて仕掛けが少なく、ゴールチャンスが多くなかった。私は、見ていて少しくたびれさえした。
     
    試合は結局、川崎が1-0で勝利したが、彼らはその目標を手にするのに手こずった印象だった。彼らがスタイルに固執せず、自分たちの戦術を状況に応じて可変できていれば、もっと楽に試合をものにできていたのではないだろうか?

    彼らが質の高いポゼッションサッカーにトライすることは、もちろん称賛に値する。しかし、例えば、相手の相手の意表を突くようなドリブルを織り交ぜることができれば、川崎のサッカーはより高みへと昇っていくはずだ。
     
    格好のモデルケースが、バルセロナだ。彼らは以前のようにポゼッションだけにこだわらず、カウンターも積極的に取り入れ、伝統の「魅せながら勝利する」をよりモダンに昇華させた。仮に川崎が同じことをやれれば、Jリーグ全体のレベルも上がっていくに違いない。
     
    文:スティーブ・マッケンジー
     
    profile/1968年6月7日にロンドンに生まれる。ウェストハムとサウサンプトンのユースでのプレー経験があり、とりわけウェストハムへの思い入れが強く、ユース時代からサポーターになった。また、スコットランド代表のファンでもある。大学時代はサッカーの奨学生として米国の大学で学び、1989年のNCAA(全米大学体育協会)主催の大会で優勝に輝く。
    2016-10-31_22h59_50
    SOCCER DIGEST Web 10/31(月) 19:59配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00020185-sdigestw-socc
    続きを読む

    201610310332198c3
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 20:08:00.51 ID:CAP_USER9.net
    U―19(19歳以下)アジア選手権でU―19日本代表が初優勝したことを受け、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が31日、JFAハウスで取材に応じた。

    「素晴らしい成功。祝福したい」と喜ぶ一方、

    「アジアのチャンピオンになったのだから、良い世代。彼らを伸ばしてあげないといけない。試合を与えて欲しい。若手の世代を信頼してほしい」と所属するJクラブの監督に、出場機会を求めるメッセージを送った。

    同監督は今大会を通じて何試合かを見た。目に付いた何人かの選手について「この選手はクラブで出ているのか」と代表スタッフに聞いたが、返答は「出ていないという答えばかりだった」という。「本当に難しい年代。

    世界的に見ても、能力のある選手がここでたくさん失敗している。プレー時間がないと向上しない」と言い切った。

    「日本には若い世代が信頼されにくい風潮があるのも分かっている。でも、タレントがあることを証明した。環境を整えてやらないと」とハリル監督。東京五輪世代としても注目を集めるチーム。この数年の過ごし方が、4年後の自国五輪での結果に大きく関わる見方を示した。

    スポーツ報知 10/31(月) 16:18配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000113-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 19:57:34.40 ID:CAP_USER9.net
    練習で直接FKを決めた本田 その一撃から決勝弾のボナベントゥーラは着想を得る
     
    ACミランの日本代表FW本田圭佑は30日の本拠地ペスカーラ戦で出番なしに終わったが、練習場で見せた一撃が評価され、イタリア地元紙によりこの試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」(MOM)の1人として異例の“選出”をされている。

    イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「マン・オブ・ザ・マッチはボナベントゥーラ、ロナウジーニョと……本田のコンビ」と特集している。

    後半4分、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが勝負を決めた。ゴール中央左のFKの場面で、相手の壁が飛んだ下を射抜く技ありのシュートで、ゴール左隅に決勝点を決めた。この直接FKについて、記事ではこう評している。

    「これが学校ならカンニング組として嫌われたかもしれないが、ピッチでは幸い違う。隣の宿題を盗み見ることは、向上の助けによくなるものだ。ジャック・ボナべントゥーラはよく観察していた。そして記憶し、実践に移した」

    ボナベントゥーラは練習場で同僚のプレーから値千金の一撃の着想を得たという。誰のプレーなのか。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が舞台裏を明かす。

    「数日前に守備のセットプレー練習で、本田が相手チームになり、出し抜いたやり方でFKを決めた。明らかにジャックはそれ(本田のFK)を覚えていた」

    「本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった」

    試合後のテレビインタビューで指揮官はこう語った。レギュラー組の守備練習において、前節ジェノア戦で今季初先発ながら背信パフォーマンスで0-3敗戦の戦犯となった本田は、ペスカーラ選手の役を担った。本田が練習で見せた直接FKは、ボナベントゥーラが放った一撃のように壁の足下を射抜くものだったという。

    本田はこの日出番を与えられなかったが、チームの勝利には寄与したという。記事では皮肉交じりに本田の働きに言及しつつ、一方で“結果が重要”と称賛している。

    「見事な間接的貢献。それなのにケイスケを不要と言う人はいる。何はともあれ、本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった。シニョーリも壁の下を通すことに長けていた。結果が重要なのだ。ジャックのFKで勝ち点3を得た。3位はいい香りがする」

    かつてミランで活躍したブラジル代表のファンタジスタ、ロナウジーニョ、そして元イタリア代表の左利きの名手ジュゼッペ・シニョーリも低空FKを得意としていたという。試合のピッチで今季目立った貢献のない背番号10は、今季「練習場だけのサムライ」と揶揄されていた。ユニフォームの販売枚数以外でも、好調ミランの勝ち点3に黒子役として本田は貢献したと地元メディアも認めている。
    no title
    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010018-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 16:48:09.50 ID:CAP_USER9.net
    ケルンで大迫勇也と共に前線でコンビを組むFWアントニー・モデストが絶好調だ。

    30日に行われたハンブルガー戦では、大迫勇也が獲得したPKをキッカーを務めたモデストが失敗するも、ブンデスリーガでは自身初となるハットトリックを達成。これで9試合11得点と、ピエール・エメリク・オーバメヤンやロベルト・レワンドフスキらを突き放し得点ランキングを独走している。

    この時点で既に昨季を上回る得点数を記録しているモデストだが、ハンブルガー戦後には「チームメートには感謝している」と話しているように、今季の好調さには、ペーター・シュテーガー監督やチームメートの存在が大きいだろう。

    とりわけ、相棒を務める大迫の影響は大きいはずだ。モデストと同じく今季好調を維持している大迫は、以前「2トップの一角での起用」を今季の飛躍の理由に挙げていた。ケルンは昨季の4-2-3-1から4-4-2へとシフトしており、その変更が大迫とモデストの両者に恩恵をもたらしているというのだ。

    『Opta』が提供するヒートマップを見ても、両者の補完性が高いことは一目でわかる。

    (ハンブルガー戦のヒートマップ。左が大迫、右がモデスト)

    「トニー(モデストの愛称)は意外と守備もやるから、僕としてもやりやすいです」と大迫が話すように、どちらかが下がれば、もう一人が裏を狙うのがケルン前線の約束事だ。得点を重ねるモデストが中央でプレーすれば、その周辺を大迫がサポートする。技巧派の大迫、フィジカルに秀でたモデストと補完性が高い二人の真価を、システムの変更が引き出している。

    大迫が活躍すれば、その分モデストの負担も減る。その逆もまた然りだろう。好循環に入った今季の両者の活躍はまだまだ見ることができそうだ。
    2016-10-31_19h27_36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000007-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 17:01:33.15 ID:CAP_USER9.net
    2018年サッカーワールドカップロシア大会への出場が厳しい状況にある中国代表の監督に、イタリア人の名将マルチェロ・リッピが就任することが先日発表され、国内外のサッカー界で話題を集めた。中国メディア・羊城晩報は29日、リッピ氏が見た日本の中国とのサッカーの「差」について紹介する記事を掲載した。

    記事は、リッピ氏が日本のユース人材の育成を重視しており、なかでも中田英寿氏の成功について、「アジアサッカーにおける模範例」と評したことを紹介。また、1980年代末から90年代にかけて、多くの日本人少年がブラジルにトレーニングを受けに行ったこと、ドイツやイングランドにおける体制の優れた点を取り入れてサッカー改革を実施し、サッカーを日本における国民的スポーツにまで成長させたことを挙げて評価したことを伝えた。

    一方、「中国人選手が小さい頃から受ける専門トレーニングには、一部の欠陥がある。それは、細かい技術のトレーニングが低年齢の時期にしっかりできていない可能性がある点だ」と指摘したことを紹介。欧州で名を馳せている日本人選手には、優れた技術力を持っているという共通点があり、それは「長い時間、高い頻度でボールに触っていなければ身につけることができない感覚」であるとしている。さらに、チームプレーを第一とする考え方を培う点についても言及したことを紹介した。

    記事は最後に、リッピ氏が「青少年時代の準備はよりしっかりやらなければならない。それは、勤勉であるかどうかとは直接関係ない。まじめに努力する方向性と、方式が正しいかどうかなのだ」との結論を下したことを併せて伝えている。

    リッピ氏は2012年から約2年半、中国国内リーグの広州恒大で監督を務めた。その当時からリッピ氏を中国代表監督にという待望論が出ていたが出ていたが、ここに来て、ついにそれが実現した形となった。広州の指揮を執ることで中国サッカーの現状を把握したであろうリッピ監督は、中国代表の「救世主」と成りうるのだろうか。(編集担当:今関忠馬)
    2016-10-31_17h53_03
    http://news.searchina.net/id/1621947?page=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:53:43.25 ID:CAP_USER9.net
    名古屋グランパスのDF田中マルクス闘莉王(35)が30日、自らがチームを逆転でのJ1残留に導くと宣言した。

    0-3と完敗した神戸戦から一夜明け、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習。闘莉王は取材に対し「オレが何とかする!」と約10分間も熱弁。残留の可能性は決して低くないとも説き、11月3日の湘南との最終戦へ、必勝を誓った。

    抱えている熱い思いが、次々とあふれ出た。練習後に闘莉王は車に乗り込むと、そこから約10分間も熱弁をふるった。言葉にはクラブへの強い愛情、そして残留への決意がにじんでいた。

    「グランパスを愛する人たちのために、何とかしたい。何とかしなきゃいけないし、オレが何とかする。その覚悟は持ってる。残留する可能性は決して低くないし、最後の最後に力を合わせて頑張るだけ」

    神戸戦は完敗だったが、残留を争う他の3チームも全て敗れ、勝ち点差が開くことは避けられた。自力残留の可能性は消えたが、ライバルも状況は厳しい。勝ち点で並ぶ新潟は、広島との最終戦でレオシルバら主力3人が出場停止。

    甲府も難敵の鳥栖が相手で、闘莉王が言うように湘南に勝てば残留の可能性は低くはない。

    2016年10月31日 紙面から
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201610/CK2016103102000097.html

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 12:26:51.57 ID:CAP_USER9.net
    ニコ・コバチ監督は、長谷部を宮本恒靖の姿と重ね、日本をけん引する存在として評価
     
    フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は公式戦2試合連続で3バックの中央でプレー。

    “リベロ”の役割を完璧に全うし、チームの連続無失点に貢献している。長谷部をコンバートしたニコ・コバチ監督はかつての同僚、元日本代表DF宮本恒靖氏にその姿を重ねている。独紙「ビルト」が報じた。

    コバチ監督と宮本氏は2006年から09年までオーストリアのザルツブルクでともにプレーしていた旧知の仲。その元日本代表キャプテンを現日本代表キャプテンの長谷部と比較している。

    「私は彼に『君は宮本のようだ。彼は日本のアイコンだった。今は君が日本のアイコンだ』と言ったよ」

    クロアチア人指揮官は、長谷部は日本をけん引する存在だと絶賛した。宮本氏は身長176センチとCBとしては小柄ながら、2002年日韓ワールドカップ(W杯)ではフィリップ・トルシエ元監督の下で“フラット3”の戦術を支える3バックの一角を担い、初のベスト16進出に貢献。06年のドイツW杯でもレギュラーとして2試合に出場した。

    長谷部も宮本氏と同じく10年、14年大会と2大会連続でW杯にキャプテンとして出場し、今では日本サッカー界の象徴的存在になったと評価されているようだ。

    コバチ監督は「彼は本当に素晴らしいよ」と長谷部に全幅の信頼を寄せている。また、フランクフルトのブルーノ・ヒュブナーSDは長谷部を、「日本のフランツ・ベッケンバウアー」と元ドイツ代表のレジェンドと比較して表現するなど、新境地を開拓した長谷部の評価は右肩上がりに上昇している。

    Football ZONE web 10/31(月) 12:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010010-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 13:49:16.74 ID:CAP_USER9.net
    ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、またゴールを決めた。

    バロテッリは30日に行われたリーグ・アン第11節ナント戦に先発出場。開始早々の9分に味方のゴールを演出し、上々のスタートを切る。すると27分には自らが追加点となるゴールを決めてスコアシートに名を刻んだ。

    自陣からのロングボールに反応したバロテッリは、最終ラインの裏に抜けて独走。ドリブルでエリア内に進入し、相手GKの動きを見て冷静にゴール右隅へ流し込んだ。同選手の活躍もあり最終的にニースは4-1でナントを撃破している。

    今シーズンからニースでプレーするバロテッリは、リーグ戦5試合で6ゴールとハイペースで得点を量産している。リヴァプールや昨シーズンに復帰したミランでは印象的な活躍を残せなかったが、初挑戦となったフランスで本調子を取り戻しつつある。

    ナントに勝利したニースはこれで6連勝となり、第11節を終えて9勝2分け無敗の勝ち点29とした。2位モナコ、3位パリ・サンジェルマンには早くも6ポイント差を付けており、独走態勢を築きつつある。次戦は11月3日にUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第4節でFW南野拓実が所属するザルツブルクと対戦する予定だ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509695-soccerk-socc
    SOCCER KING 10/31(月) 12:11配信



    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/fra/fra-10927035.html
    試合スコア

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 09:57:10.01 ID:CAP_USER9.net
    日本人の後釜に日本人?

    欧州情勢は複雑怪奇だ。昨日までの絵空事が、明日の常識となってしまうかもしれない。今季限りで契約が満了する本田圭佑の代役として、ミランはプレミアリーグで“走りまくる”日本人FWの獲得を目指しているという。

    イタリアのTV番組『Premium Sport』を情報源に伊『Il MILANISTA』が報じたところによると、本田はミランからの退団が確実視されており、ロッソネーリは彼の後釜としてレスターの日本代表FW岡崎慎司獲得を視野に入れているとのこと。

    曰く、数週間前にミラン関係者がイングランドへ飛んだのはセスク・ファブレガスに関する交渉だけがその目的ではなく、“フォクシーズ”の日本人ストライカー獲得に向けて何らかの動きも併せて行われたのだという。

    今季はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下で出場機会をほとんど与えられず、蚊帳の外に置かれている本田。そんな悩める10番の後釜を、レスターの20番が埋めることになるのだろうか。

    なお、岡崎とレスターの契約は2019年で満了を迎え、その市場価値は1000万ユーロ(約11億5000万円)だとされている。

    theWORLD(ザ・ワールド) 10/31(月) 8:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00010004-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 08:48:01.41 ID:CAP_USER9.net
    ミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間30日に行われたセリエA第11節のペスカーラ戦に出場することはできなかったが、隠れた形でチームの勝利に貢献していた。30日付の伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

    前節ジェノア戦で今季初先発のチャンスを与えられた本田だが、失点に絡むミスを犯してしまうなど、アピールは成功せず。再びベンチに戻ったペスカーラ戦では出場機会を得ることができなかった。試合は、MFジャコモ・ボナベントゥーラが直接フリーキックから決めた1点が決勝点となり、ミランが1-0で勝利が収めている。

    そのボナベントゥーラのFKは、壁の下を抜いて相手の意表を突くものだったが、本田が練習中に見せたキックが“お手本“になっていたのだという。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は試合後に、「今週の守備の練習中に、本田にああいう形のFKを決められていた。ジャック(ボナベントゥーラ)はそれを覚えていたのだろう」と話している。

    この勝利でナポリを抜いて再び3位に浮上したミランは、次節はアウェイでパレルモと対戦する。厳しいポジション争いを強いられている本田だが、もう一度練習からアピールを続けて出場機会をもぎ取りたいところだ。
    20161031_honda_getty
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010005-footballc-socc
    フットボールチャンネル 10/31(月) 7:20配信
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ