海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年10月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 09:44:05.27 ID:CAP_USER9.net
    <ブンデスリーガ:ドルトムント0-0シャルケ>◇29日◇ドルトムント

    MF香川真司が所属するドルトムントは、ホームでDF内田篤人が所属するシャルケと0-0で引き分けた。

    ドルトムントは前半、シャルケの堅い守りの前にシュート0本。終盤は相手陣内でボールを回す展開が続いたが、ゴールは割れずスコアレスドローに終わった。

    香川は右のインサイドハーフで先発し、後半34分に退いた。リハビリ中の内田は欠場した。

    2戦連続の先発となった香川は前半途中からやや下がり気味になり、ボールをさばく役割を担った。だが、バイタルエリアやペナルティーエリアに入って行くなど、攻撃面で危険なプレーを見せることはできなかった。

    チームはリーグ戦3試合連続の引き分けとなり、「勝たなきゃいけなかったが、攻撃の形が全然作れず点が入る気はしなかった。バイタルに入っていけと(監督に)言われたが、相手も3バックで固めていたので難しかった」と嘆いた。

    ドルトムントは4勝3分け2敗の勝ち点15で暫定5位。シャルケは2勝2分け5敗の勝ち点8で12位。
    2016-10-30_14h39_12
    日刊スポーツ 10/30(日) 8:36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-01731256-nksports-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 13:47:59.07 ID:CAP_USER9.net
    サッカーキング10月30日(日)13時24分

    日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは29日、プレミアリーグ第10節でトッテナムと対戦し、1?1で引き分けた。試合後のクラウディオ・ラニエリ監督のコメントを、同日付のイギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

    レスターは前半、元ドイツ代表DFロベルト・フートがオランダ代表FWフィンチェント・ヤンセンを倒してPKを献上。これをヤンセンに決められて先制を許すが、後半立ち上がりにナイジェリア代表FWアーメド・ムサが値千金の同点弾を叩き込み、アウェーのトッテナム戦で1ポイントを持ち帰る結果となった。なお岡崎は先発出場し、後半途中で交代している。

    ラニエリ監督は「これこそが我々の精神だ。全てのボールに対して戦う精神だよ。これが感じられた時、たとえ負けたとしても私は嬉しいんだ。我々は力を合わせて戻ってきた。このようなプレーをする時は、皆ともに戦っているんだよ」と、強豪とのアウェーゲームで見せたパフォーマンスに満足感を示し、「大きな結果だ。我々には自信が必要だった。昨シーズンのライバルであるいいチームに素晴らしいパフォーマンスができてとても嬉しい」と続けた。

    10試合連続でノーゴールとなりながらも、そのスピードを活かしてムサの同点ゴールをアシストしたヴァーディについては「彼はOKさ。遅かれ早かれ点を取り始めるだろう」と信頼を語った。また、岡崎に関しても「我々にとってシンジはとても、とても重要な選手だ。彼を起用しなかった時に気づいたんだよ。我々はカンテと、シンジという2人の素晴らしい選手を失ったってね。そして今、1人は帰ってきた」と、スタメンに復帰して存在感を放つ同選手を称賛している。

    レスターは次戦、11月2日にUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でコペンハーゲンと対戦する。
    2016-10-30_03h52_34
    http://news.biglobe.ne.jp/sports/1030/sck_161030_3735154380.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 13:12:54.17 ID:CAP_USER9.net
    本拠地アーセナル戦で一時同点も、後半途中からの7分間でまさかの3失点
     
    デイビッド・モイーズ監督率いるサンダーランドが29日の本拠地アーセナル戦で1-4と大敗し、10試合終了時点で勝ち点2、得失点差マイナス13というプレミアリーグ史上最悪の成績を記録したことが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

    アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスに先制点を奪われたサンダーランドだが、FWジャーメイン・デフォーが後半10分にPKを決めて同点。ダグアウトから飛び出して絶叫したモイーズ監督だが、その後に悪夢が待っていた。

    途中出場のアーセナルFWオリビエ・ジルーが後半26分にファーストタッチで勝ち越し点を決めると、5分後にも追加点。そして、33分に再びサンチェスに技ありゴールを許し、わずか7分間でまさかの3失点を喫した。

    モイーズ政権は10試合を終えてここまで2分8敗で勝ち点2。サンダーランドはプレミアリーグ史に不名誉な記録を刻んでしまった。

    同勝ち点だった95-96シーズンのマンCは降格
     
    これまでの開幕10試合時点の最悪の成績は1995-96シーズンのマンチェスター・シティ。同じく2分8敗で得失点差がマイナス12。このシーズン18位で2部に降格している暗黒時代のシティよりも得失点差が1少なく、マイナス13となっている。

    モイーズ監督は、2013年シーズンに日本代表MF香川真司が在籍時のマンチェスター・ユナイテッドを指揮し、ロングボールとクロスを多用する戦術を徹底。相手のサポーターから「ジーニアス(天才)」と揶揄される低調な内容で結果を残せず、1年持たずに解任された。

    それ以降のキャリアもぱっとせず、レアル・ソシエダも成績不振で解任されており、エバートン監督時代の名声は消え失せた。“プレミア史上最悪”の成績で評価は下落の一途を辿るなか、モイーズ監督はチームを立て直し、名誉を挽回できるだろうか。

    Football ZONE web 10/30(日) 10:38配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161030-00010009-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 10:41:23.68 ID:CAP_USER9.net
    日本とは異なった評価受ける

    日本代表の最終ラインを束ねてきたサウサンプトン所属のDF吉田麻也は、日本人にしては珍しい高さのあるセンターバックとのイメージがある。しかし、プレミアリーグではすっかりスピードのあるセンターバックとして認識されているようだ。

    吉田は先日英メディアが発表したプレミア最速ランキングで8位に入っていたが、新たに発表されたランキングでも相変わらず11位に名前が入っている。

    これに英『Liverpool Echo』は、異常なスピードを誇るアタッカーとして知られるリヴァプールFWサディオ・マネが吉田より下だと伝えている。マネは今回のランキングでは15位に入っており、34・75Kmと記録されている。吉田はそれをわずかに上回る34・78Kmとなっており、マネ以上のスピードを持つ男になっているようだ。

    英『The Sun』も吉田をスピードのあるセンターバックと伝えており、「吉田のスピードこそ彼の出場した試合の多くがクリーンシートで終われている理由」とそのスピードを称えている。

    日本のサッカーファンの間では、吉田は少々スピードに不安のあるセンターバックとのイメージがある。カウンターなどを受けた際にはスピード不足が露呈しないかと不安に思うサポーターもいるはずだ。

    しかしプレミアリーグではスピード系DFと評価されており、ちょっとしたサプライズとなっている。

    theWORLD(ザ・ワールド) 10/29(土) 19:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00010011-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 09:58:23.53 ID:CAP_USER9.net
    セビージャは29日の敵地スポルティング・ヒホン戦で1-1のドローに終わった。

    公式戦の連勝が5でストップしたこの試合で、日本代表MF清武弘嗣はベンチ外となり、公式戦8試合連続で出番なしという危機的状況に陥っている。

    だが、地元メディアには先発のローテーションをせずに、清武を蚊帳の外に置いているホルヘ・サンパオリ監督の方針に疑問の声がスペインメディアから上がっている。

    地元紙「デポルティーボ・エル・デカーノ」が「サンパオリ、ローテーションを忘れてしまったのか、しないのか。過密日程を前にセビージャの問題だ」と特集している。

    アルゼンチン人の戦略家はマンチェスター・シティから期限付き移籍で獲得したナスリ、パレルモから獲得したバスケス、エンゾンジ、ビトロ、ビエットら実力者を重宝する一方、今季大型補強で獲得した他の選手をさほど起用していない。

    「今年の夏に、清武弘嗣、トゥク・コレア、ガンソの3人を獲得した。日本人の移籍金は600万ユーロ、アルゼンチン人には1300万ユーロ、ブラジル人には900万ユーロの移籍金を費やした。約3000万ユーロの移籍金はほとんど貢献のない部分に費やされた」

    特集ではこう評されており、日陰にいる3人の名前を挙げている一方、戦力外危機の清武については擁護している。

    「最近の清武の出場時間の減少は明白で、驚くものだ。なぜなら、パフォーマンスは悪くなかったからだ」

    清武はコレアやガンソより結果残すもベンチ外

    清武の今季公式戦出場時間は計451分で1得点2アシストと、出場すれば一定の結果を出している。サンプドリアから加入した22歳のコレアは327分でまだ結果を残していない。

    一方、サントスから移籍したクラシカルな司令塔ガンソは251分間で1アシスト。この3人の内、ヒホン戦では最も結果を出している清武だけがベンチ外という苦境に直面している。

    セビージャは16位の格下相手に勝ち点3をもぎ取ることができず、上位争いで後れを取っている。ナスリが故障で途中交代するトラブルが起こり、チームに暗雲が立ち込めるなか、指揮官はローテーション導入と清武起用に踏み切るのだろうか。
    2016-10-30_11h07_10
    Football ZONE web 10/30(日) 8:20
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161030-00010006-soccermzw-socc
    続きを読む

    GettyImages-498243264-500x371
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 09:03:04.07 ID:CAP_USER9.net
    日本代表の東京DF森重真人(29)が、鳥栖から正式オファーを受けていることが29日、分かった。

    複数の関係者によると、国内では数少ない代表の先発センターバックに、高額な移籍金を用意。

    昨季までの東京を率いた鳥栖のフィッカデンティ監督から「センターバックとは思えない高い技術を持つ選手」と絶賛され、補強のターゲットになった。

    今季直前には中国クラブからオファーを受け、現在も同国の北京国安や広州富力が調査を続けている。試合の視察に訪れるなど、国内外で注目されている。

    日刊スポーツ 10/30(日) 8:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-01731185-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 23:52:09.41 ID:CAP_USER9.net
    セビージャのMFサミル・ナスリは、現地時間29日に行われたリーガエスパニョーラ第10節のスポルティング・ヒホン戦で負傷した。29日付の地元紙『エスタディオ・デポルティーボ』が伝えている。

    ヒホン戦に先発したナスリは、前半に負傷し、ハーフタイムでの交代を余儀なくされた。クラブが直後に行った検査によれば、ナスリは左足の大腿二頭筋を痛めており、筋肉に損傷があるかどうかは「今後24時間から48時間の経過を確認する必要がある」とのことだ。

    また、FWウィサム・ベン・イェデルも右足首をひねって後半途中に交代することになった。ナスリと同じく、現地時間11月2日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦に出場できるかどうかは今後の検査結果次第となる。

    セビージャの日本代表MF清武弘嗣は、ヒホン戦でも招集外となりベンチ入りできなかった。2週間前のアウェイでのディナモ・ザグレブ戦ではベンチ入りしながらも出場機会を得られなかったが、同じポジションのライバルであるナスリの状態によってはチャンスを得られる可能性も出てくるかもしれない。

    セビージャはヒホンと1-1のドローに終わり、リーガでは連勝が3でストップした。ディナモ・ザグレブ戦に続いて来週末にはバルセロナとの上位対決も控えており、主力選手のコンディションは気にかかるところだ。
    20161029_nasri_getty
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161029-00010028-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 00:30:58.24 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第9節が29日に行われ、アウクスブルクとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。試合はアウェーのバイエルンが3-1で勝利している。

    ミッドウィークにもDFBポカールでも対戦した両チーム。3日前の一戦ではホームのバイエルンが3-1で勝利している。バイエルンは、DFマッツ・フンメルス、FWトーマス・ミュラーらをベンチに置き、ターンオーバーを敢行。一方のアウクスブルクは、宇佐美貴史が9月17日以来にベンチ入りを果たしている。

    いつものようにバイエルンがボールを支配するが、ほとんどの時間で11人が自陣に入るアウクスブルクの前になかなかチャンスを作れない。

    それでもアウクスブルクがカウンターで前に出た隙を狙う。19分、アリエン・ロッベンのパスからロベルト・レヴァンドフスキが見事なトラップから落ち着いてネットを揺らした。さらに21分、今度はレヴァンドフスキのアシストからロッベンが決めて、あっという間に2点差に。

    前半終了間際、バイエルンのミスを突いて、アウクスブルクが決定機を得るも、GKマヌエル・ノイアーの前にネットは揺らせず。前半はバイエルンの2点リードで終了する。

    後半開始早々、アウクスブルクが前からプレスをかけるも、バイエルンがさらにゴールを追加する。48分、再びロッベンのスルーパスからレヴァンドフスキがキーパーをかわしてゴールを挙げ、3点差に。レヴァンドフスキはアウクスブルク戦11試合で13ゴールを挙げ、相性の良さを見せている。

    それでも諦めないアウクスブルクは67分、ク・ジャチョルのゴールで1点を返す。ゴール以降、アウクスブルクがやや盛り返すが、再びバイエルンペースに。フンメルスが続けてヘディングでゴールを狙うも、GKマルヴィン・ヒッツの好守でさらなる追加点は生まれず。

    試合はこのまま終了し、DFBポカールと同じスコアでバイエルンが勝利した。バイエルンは開幕からのリーグ戦無敗を守り、アウクスブルクは公式戦5試合勝利なしとなっている。宇佐美はベンチ入りしたものの、出場機会はなしとなった。
    2016-10-30_05h05_03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000020-goal-socc
    続きを読む

    【ドルトムント 0-0 シャルケ ブンデスリーガ第9節】

    現地時間29日にブンデスリーガ第9節の試合が行われ、ドルトムントはシャルケと対戦。チャンスは作るもののゴールを決めることはできずドルトムントは0-0の引き分けに終わっている。

    26日に行われたドイツ杯2回戦のウニオン・ベルリン戦ではベンチ入りするも出場がなかった日本代表MF香川真司だが、今節はインゴルシュタット戦に続いての先発出場となった。また、19歳のウスマン・デンベレや18歳のフェリックス・パスラックといった若手選手も先発起用されている。

    共にルール工業地帯に本拠地を置き、伝統的な一戦として知られるレヴィア・ダービーは白熱した試合となった。序盤はお互いにチャンスらしいチャンスが少なく拮抗した状態が続く。

    すると53分、ドルトムントは右サイドからのクロスにゴール前でデンベレが合わせてシュートを放つ。これは惜しくもポストに弾かれたが、この試合で最初の大きなチャンスとなった。

    その後も徐々にチャンスを増やしていったドルトムントだが、結局1点も決めることができず0-0の引き分けに終わっている。これによりドルトムントはリーグ戦3試合連続ドローとなった。

    【得点者】
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 01:11:38.91 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグ第10節のマンチェスター・ユナイテッド対バーンリーが29日、オールド・トラッフォードで行われた。主審はマーク・クラッテンバーグ氏。

    リーグ戦ではここまで3試合勝利が無いユナイテッドだが、27日に行われたEFLカップでのマンチェスター・ダービーでは1-0で勝利している。

    この日ジョゼ・モウリーニョ監督は、EFLカップで腕を骨折し欠場したアントニオ・バレンシアの代役に、マッテオ・ダルミアンを今季のリーグ戦で初めて起用。前線にはマーカス・ラッシュフォード、フアン・マタ、ズラタン・イブラヒモビッチらを送り出す一方で、ウェイン・ルーニーはまたしてもベンチスタートとなった。

    試合は前半からユナイテッドが主導権を握る。開始直後にイブラヒモビッチがエリア外からシュートを放つと、これを皮切りにバーンリー守護神トム・ヒートンが守るゴールへと襲いかかる。

    ところがユナイテッドはマタ、イブラヒモビッチ、ジェシー・リンガードらにビッグチャンスが生まれるも、これを決めきることができない。さらに前半終了間際には、エリア付近でダルミアンがジョン・フラナガンに倒されるも、PK獲得とはならず。逆に、ハーフタイム中に(この一件について抗議したと思われる)モウリーニョ監督が退席処分となり、後半からスタンドでの観戦を強いられてしまう。

    後半に入りマタ、エレーラを中心にユナイテッドが攻め立てるも、ヒートンが好セーブを連発し、ユナイテッドは得点を奪うことができない。さらに69分には、アンデル・エレーラが2度目の警告で退場してしまう。

    そこでユナイテッドはリンガードとマタに代えて、ルーニーとマルアーヌ・フェライニを投入するも、結局最後まで得点を奪うことができず、試合は0-0で引き分けとなった。ユナイテッドは前後半を通じて40本近くのシュートをバーンリーに浴びせたが、無得点に終わっている。

    この結果により勝点1を得たユナイテッドは暫定8位につけている。だが、直近のリーグ戦7試合ではわずか1勝となっており、勝点を取りこぼした印象が強いだろう。勝利が欲しかった指揮官にとって手痛いドローとなった。

    ■試合結果

    マンチェスター・ユナイテッド 0-0 バーンリー
    2016-10-30_04h21_38
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000022-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ