海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年10月

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 02:20:08.56 ID:CAP_USER9.net
    このままスタメン奪取なるか

    目覚まし時計は2週連続で高い評価を受けている。29日にアウェイでプレミアリーグ第10節のトッテナム戦に臨んだレスターの岡崎慎司が、前節のクリスタルパレス戦に続いてチームを鼓舞する奮闘を見せつけた。

    未だ国内リーグで無敗を貫く難敵トッテナムと対戦したクラウディオ・ラニエリ監督率いるレスターは、前半終了間際にオランダ代表FWフィンセント・ヤンセンにPK弾を献上。しかしながら後半開始と共にアーメド・ムサがジェイミー・バーディのクロスをネットへ叩き込み、価値ある同点弾を挙げる。岡崎も惜しいヘディングシュートを放つなど、随所で効果的な攻め上がりを見せ、得意のハードプレスも存分に披露。ゴールこそ生まれず、78分にはピッチを後にしたが、英『Daily Mail』はこの日本代表FWにチームトップとなる7.0点を付け、同点弾を決めたムサ(6.5点)よりも高評価を与えている。なお、スパーズも含めた全体の評価では韓国代表ソン・フンミンやリヤド・マフレズらの5点が最低点となった。

    同紙は前節のパレス戦後にも岡崎へ両軍トップとなる8.5点の高得点を付けており、ラニエリも同選手がチームにとっての“スイッチ役”となっていることを明かしていた。今夏にはムサやスリマニなど多くのライバルがチームへ加わったが、ここ2試合におけるレスター復調のキッカケをもたらしたのは間違いなく岡崎だと言えるだろう。
    2016-10-30_03h58_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00010002-theworld-socc
    続きを読む

    15:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 00:57:13.56 ID:CAP_USER9.net
    2016-10-30_03h52_34
    岡崎先発のレスター、ムサ弾でドローに持ち込む トッテナムは無敗継続
    SOCCER KING 10/30(日) 0:54配信

    プレミアリーグ第10節が29日に行われ、トッテナムと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。

    レスターは前節、岡崎のゴールなどでクリスタル・パレスに快勝。上位進出のためにも、勢いを持続して白星がほしい一戦だ。今節はイスラム・スリマニがメンバーを外れ、岡崎がスタメン出場するほか、アンディ・キングも先発起用されている。一方、リーグ戦で無敗を継続しているトッテナムは、エースのハリー・ケインが離脱中。フィンチェント・ヤンセンや9月の月間MVPを獲得したソン・フンミンがスタメン入りを果たした。

    序盤はホームのトッテナムが主導権を握った。13分、左コーナーキックのこぼれ球を拾ったデレ・アリがエリア外からシュートしたが、ボールはGKカスパー・シュマイケルが弾いた。さらに直後の14分には左サイドバックのダニー・ローズがミドルシュートを放ったが、これもシュマイケルがキャッチ。20分にはクリスティアン・エリクセンがエリア手前左のフリーキックから直接枠を狙っていったが、左ポストの横にそれて先制ゴールは生まれない。

    レスターは22分、左サイドでボールを持ったリヤド・マフレズが左足から柔らかいクロスを上げると、エリア内でフリーになっていた岡崎がヘディングでゴールを狙ったが、バーの上にそれて得点には至らない。トッテナムも、エリクセンが右サイドから上げたグラウンダーのクロスを、ニアサイドでヤンセンが右足で流したが、DFダニー・シンプソンに当たって枠を捕らえなかった。トッテナムの選手はシンプソンのハンドを要求したが、主審が笛を吹くことはなかった。

    40分にトッテナムが大きなチャンスを迎える。右サイドを突破したカイル・ウォーカーがライン際からマイナス方向にグラウンダーのクロスを送る。アリが右足のダイレクトシュートを試みたが、バーに直撃してゴールを割ることはできない。しかし直後の43分、エリア内でヤンセンがロベルト・フートに倒されてPKを獲得すると、これをヤンセン自ら真ん中に決めて、先制に成功。同選手にとっては嬉しいプレミアリーグ初ゴールとなった。

    前半はトッテナムが1-0とリードして終了している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00509127-soccerk-socc
    20:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 00:57:25.33 ID:CAP_USER9.net

    後半開始早々、試合が動く。48分、ピッチ中央からヴィクター・ワニアマがヘディングで後方にパスを送ると、これをヴァーディが奪ってエリア右に進入。ディフェンスを引きつけてゴール前にパスを送ると、走り込んできたアーメド・ムサがこれを押し込んで同点となった。

    追いつかれたトッテナムは59分、エリクセンが低弾道のミドルシュートを放つが、シュマイケルがキャッチ。エリクセンは66分にもエリア外から枠を狙うが、これもレスターのDF陣がブロックして勝ち越しゴールを許さなかった。

    71分にはエリア手前右からのフリーキックをヤンセンが左足で狙ったが、右ポストをかすめて外れている。76分には再びヤンセンがポストプレーから切り返して左足でシュートしたが、枠の右に外れていった。攻め込まれるレスターは78分、岡崎に代えて高さのあるレオナルド・ウジョアを投入する。

    86分、トッテナムは右サイドからワニアマがクロスを上げると、ヤン・ヴェルトンゲンが打点の高いヘディングで合わせたが、ボールはバーに当たってゴールならず。難を逃れたレスターも後半アディショナルタイム1分にフリーキックからウェズ・モーガンが頭で枠を狙ったが、ウーゴ・ロリスがキャッチ。終了間際の後半アディショナルタイム4分には再びヴェルトンゲンが強烈な左足のロングシュートを放ったが、枠の左に外れた。

    そのまま試合は終了し、1-1の引き分けに終わった。次戦は2日のUEFAチャンピオンズリーググループステージ第4節で、トッテナムがホームでレヴァークーゼンと、レスターがアウェーでコペンハーゲンと対戦する。

    【スコア】
    トッテナム 1-1 レスター

    【得点者】
    1-0 43分 フィンチェント・ヤンセン(トッテナム)
    1-1 48分 アーメド・ムサ(レスター)
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 22:14:19.28 ID:CAP_USER9.net
    29日のリーガエスパニョーラ第10節、セビージャは敵地モリノンでのスポルティング・ヒホン戦を1-1で引き分けた。日本代表MF清武弘嗣は招集外となっている。

    セビージャは4分、ビエットがスポルティング守備陣のミスを突き、GKクエジャールとの1対1を制して先制に成功。だが21分、カネジャの折り返しからモイ・ゴメスのボレーシュートを許し、同点に追いつかれた。セビージャはその後、ポゼッション率では勝ったものの、スポルティングの守備を崩し切ることはできず。結局、1-1で勝ち点1を分け合った。

    連勝が3でストップしたセビージャは、3位バルセロナ(勝ち点19)、4位ビジャレアル(勝ち点19)、5位アトレティコ・マドリー(勝ち点18)、6位レアル・ソシエダ(勝ち点16)に抜かれる可能性がある。なお清武は、リーガでは4試合連続招集外。第4節エイバル戦以降、出場機会を一切得られておらず、戦力外同然の扱いとなっている。
    2016-10-29_22h55_01
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000015-goal-socc
    続きを読む

    20161029-01730654-nksports-000-2-view

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 20:17:12.57 ID:CAP_USER9.net
    ◆明治安田生命Jリーグ J1第2ステージ第16節 G大阪3―1新潟(29日・市立吹田サッカースタジアム)

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が29日、市立吹田サッカースタジアムでG大阪―新潟戦を視察した。試合後にスタジアムを後にする際には「井手口も長い間追跡してきた。やはりクオリティーがあるのは確認できた。得点も取りそうだったし、かなりいい仕事をしていた」と話した。

    ハリルホジッチ監督は11月の親善試合・オマーン戦(11日・カシマ)、ロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦(15日・埼玉)に向け、新たな選手を探している。G大阪のMF井手口陽介(20)は注目している選手の一人だ。井手口はこの日は後半38分にミドルシュートが左ポストを直撃。後半ロスタイム8分には右足シュートを放ち、FW呉屋のゴールに絡むシーンなどを見せた。親善試合でテストをすることなども予想され、日の丸をつける可能性は十分だ。

    また、G大阪の対戦相手の新潟についても、「かなり我慢しながら、攻めていたが、かなり良かったと思う」と話し、会場を後にした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000148-sph-socc
    続きを読む


    045_05

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 19:51:06.12 ID:CAP_USER9.net
    キャプテン翼からGIANT KILLING、DAYSまで……、いつの時代も愛されるサッカー漫画がありますよね。まさに青春そのもののストーリーは時代を超えて、いまの学生からももちろん人気があります。そこで今回はそんなサッカー漫画について調査! 大学生世代が好きなサッカー漫画はどれなのか実際に聞いてみました。


    ■あなたの好きなサッカー漫画はどれですか?

    第1位 キャプテン翼 32人(27.8%)
    第2位 GIANT KILLING 23人(20.0%)
    第3位 DAYS 13人(11.3%)
    第4位 エリアの騎士 10人(8.7%)
    第5位 シュート! 6人(5.2%)

    第1位はキャプテン翼! サッカー漫画の草分け的存在の同作ですが、若い世代からも人気のようです。それでは早速、それぞれの意見を見ていきましょう!

    ●第1位 キャプテン翼

    ・世界的に有名(男性/25歳/大学院生)
    ・キャラクターとストーリーどっちも魅力的でおもしろい(女性/23歳/大学4年生)
    ・有名だから 友達がもっていたのを借りて読んだ(女性/19歳/大学1年生)

    ●第2位 GIANT KILLING

    ・監督が主人公なのがおもしろいと思ったから(女性/21歳/大学3年生)
    ・オリジナリティが強いから(男性/23歳/大学院生)
    ・クラブの成長をみれるから(男性/21歳/大学3年生)
    ・サッカー漫画として専門的なことを丁寧に書いてくれているから(男性/24歳/大学4年生)

    ●第3位 DAYS

    ・リアリティがあって好き(女性/21歳/大学2年生)
    ・主人公ががんばって活躍する青春漫画だから(女性/21歳/大学4年生)
    ・よくサッカーを知れるから(男性/21歳/大学4年生)
    ・下手な人ががんばるのがいい(男性/19歳/大学1年生)

    ●第4位 エリアの騎士

    ・駆の成長がおもしろいから(男性/19歳/大学1年生)
    ・戦術などが詳しく書いてあるから(男性/23歳/短大・専門学校生)
    ・全部は読んだことなくて、友達に借りていたけど、続きが気になる漫画だから(女性/18歳/大学1年生)
    ・ストーリーがおもしろい(女性/20歳/大学3年生)

    ●第5位 シュート!

    ・家にあったから(女性/19歳/大学1年生)
    ・これしか読んでない(女性/20歳/大学2年生)
    ・久保先輩かっこよすぎ(女性/18歳/大学1年生)
    ・展開も無理なく、読んでいて気持ちがいい(男性/19歳/大学1年生)

    ●その他

    ・ホイッスル!。子どもの時読んでいてコミックも買っていたから(男性/26歳/大学院生)
    ・ホイッスル!。アプリで全巻読めたから(女性/20歳/大学3年生)
    ・フットボールネーション。サッカー漫画として専門的なことを丁寧に書いてくれているから(男性/24歳/短大・専門学校生)
    ・LIGHT WING。あの突飛さが好きだから(女性/20歳/大学2年生)

    たくさんの名作といわれるサッカー漫画の名前があがりました。漫画を読んでサッカーを始めたという人も中にはいるのではないでしょうか?

    いかがでしたか? 『キャプテン翼』は『ホーリー&ベンジー』と題され、世界中のコミックショップで売られているは有名な話。元フランス代表のジネディーヌ・ジダンも、子どもの頃に愛読していたというから、その影響力たるやすさまじいものです。今後もこの『キャプつば』に並ぶような名作の誕生に期待です!

    http://news.ameba.jp/20161029-587/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 18:13:03.14 ID:CAP_USER9.net
    <明治安田生命J1:鹿島0-1川崎F>◇第2ステージ第16節◇29日◇カシマ

    川崎Fの日本代表FW小林悠(29)が負傷退場した。

    鹿島戦の前半31分、FW大久保の浮き球スルーパスに反応し、前線へダッシュ。相手DFを振り切った瞬間に脚を痛めた。肉離れしたかのような動きを見せて、GK曽ケ端の手前で失速。ピッチに倒れ込むと担架で運ばれ、同37分にFW森本と交代で退いた。

    試合を視察した日本協会の霜田技術委員は「詳しい症状は診断まで分かりませんが(日本代表ハリルホジッチ監督には)ハーフタイムに『悠が前半に負傷した』と連絡を入れました」。日本代表の早川フィジカルコーチは「正確な診断は川崎Fさんがしますが、左太ももの裏のけが、としか今は言えない。軽くはないと思う」と説明。軽傷でなければ、11月11日の国際親善試合オマーン戦、同15日のW杯ロシア大会アジア最終予選サウジアラビア戦への出場は厳しそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-01731006-nksports-socc
    日刊スポーツ 10/29(土) 17:44配信
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 16:24:42.31 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1第2S第16節(2016年10月29日)

    明治安田生命J1リーグ第2ステージは29日、各地で第16節の9試合が行われ、J1残留争いは磐田、甲府、新潟、名古屋がいずれも敗れて、4チームがJ2降格の可能性を残したまま最終節を迎えることになった。

    福岡と湘南のJ2降格が決定し、降格は残り1チーム。前節年間16位と降格圏に沈む名古屋はアウェーで神戸と対戦したが、前半15分にロングボールで裏に抜け出されて先制点を許すと、同37分には神戸の19歳MF中坂のドリブル突破から追加点を献上。FWシモビッチの高さで打開を図ったが後半にも失点して0―3で完敗し、年間勝ち点30から積み上げられなかった。

    敵地でG大阪と対戦した新潟は、立ち上がりの前半5分にDF西村がG大阪FWアデミウソンにボールを奪われて痛い失点を喫したが、同35分に左CKのこぼれ球をFWラファエル・シルバが蹴り込んで1―1と試合を振り出しに。

    しかし後半6分にラファエル・シルバが警告2回で退場となると、同15分にDF舞行龍ジェームズがハンドでPKを献上し、1―2と勝ち越しを許した。

    新潟は終了間際にも失点して1―3で敗れ、勝ち点は名古屋と同じ30。得失点差は名古屋の-18に対し、新潟は-15と上回っているが、新潟はロスタイムにMFレオ・シルバが一発退場となったため、最終節はラファエル・シルバ、レオ・シルバ、舞行龍ジェームズの主力3人を欠くことになった。

    前節14位の甲府は、既に降格が決定した湘南を相手に後半にセットプレーで失点して0―1で敗れ、勝ち点は31のまま。13位の磐田はホームで浦和に0―1で敗れて勝ち点33から伸ばせず、残留を決められなかった。

    11月3日の最終節では磐田がアウェーで仙台と、甲府がホームで鳥栖と、新潟がホームで広島と、名古屋がホームで湘南とそれぞれ対戦する。キックオフはすべて午後1時半。

    スポニチアネックス 10/29(土) 16:08配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000125-spnannex-socc

    ▽J1残留争い
    順、チーム(勝点)得失点差
    13 磐田(33)-14
    14 甲府(31)-25
    15 新潟(30)-15
    ―J2降格ライン―
    16 名古屋(30)-18

    第17節
    11月3日(木)
    仙台 13:30 磐田 [ユアスタ]
    鹿島 13:30 神戸 [カシマ]
    浦和 13:30 横浜FM [埼玉]
    大宮 13:30 FC東京 [NACK]
    川崎F 13:30 G大阪 [等々力]
    甲府 13:30 鳥栖 [中銀スタ]
    新潟 13:30 広島 [デンカS]
    名古屋 13:30 湘南 [パロ瑞穂]
    福岡 13:30 柏 [レベスタ]
    news_slider_201969_1
    ゲキサカ 10/29(土) 16:09配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-01632696-gekisaka-socc
    続きを読む

    news_slider_201965_1
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 16:03:05.29 ID:CAP_USER9.net
    [10.29 J1第2ステージ第16節]

    ■鹿島アントラーズ 0‐1 川崎フロンターレ [カシマ]

    [川]森本貴幸(65分)

    ■柏レイソル 1‐2 大宮アルディージャ [柏]

    [柏]オウンゴール(66分)
    [大]江坂任(16分)、家長昭博(19分)

    ■FC東京 1‐0 ベガルタ仙台 [味スタ]

    [F]水沼宏太(14分)

    ■湘南ベルマーレ 1‐0 ヴァンフォーレ甲府 [BMWス]

    [湘]三竿雄斗(69分)

    ■ジュビロ磐田 0‐1 浦和レッズ [エコパ]

    [浦]武藤雄樹(72分)

    ■G大阪 3‐1 アルビレックス新潟 [吹田S]

    [G]アデミウソン(5分)、遠藤保仁(60分)呉屋大翔(90分+8)
    [新]ラファエル・シルバ(35分)

    ■ヴィッセル神戸 3‐0 名古屋グランパス [ノエスタ]

    [神]松下佳貴(15分)、中坂勇哉(37分)、増山朝陽(69分)

    ■サンフレッチェ広島 4‐1 アビスパ福岡 [Eスタ]

    [広]佐藤寿人(15分)、森崎浩司(33分)、アンデルソン・ロペス2(69分、79分)
    [福]城後寿(66分)

    ■サガン鳥栖 2‐2 横浜Fマリノス [ベアスタ]

    [鳥]金民友(22分)、富山貴光(51分)
    [横]中澤佑二(54分)、齋藤学(69分)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2697-2697-lv

    順位表(年間) Jリーグ公式
    http://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    no title

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 12:33:09.96 ID:CAP_USER9.net
    ハリルジャパンのエースにイタリアで復権の可能性は残されているのか。

    ACミランの日本代表FW本田圭佑(30)は今季初先発となった25日のジェノア戦で期待に応えられず、地元メディアから“袋叩き”状態。そんな中、意外なところから救いの手が差し伸べられて波紋を呼んでいる。本田の周辺と名門クラブの内部で何が起こっているのか――。

    ビンチェンツォ・モンテッラ監督(42)が就任した今季、先発はおろか出場機会すら大幅に減少した本田にとって、ジェノア戦は久しぶりに存在感を示すチャンスだった。だが結果は散々。オフサイドトラップをかけ損ねて失点を招き、攻撃陣の活性化も図れずに後半17分でピッチを去った。

    首位浮上のチャンスがありながら0―3の敗戦を喫したことで、イタリアメディアは本田を酷評。「ミランに汚点を残した」「近年の移籍市場の失敗の象徴」などと書き立て、一発退場で数的不利を招いたDFガブリエル・パレッタ(30)の罪をもなすりつけた。サポーターからも「本田不要論」が噴出。今冬の移籍市場で放出という流れも現実味を帯びてきた。

    だが、そんな本田にまだ“味方”がいた。その人物は、本田をベンチに置き続けたモンテッラ監督。ジェノア戦後に「とても意欲的なプレーが見られた。技術的なミスは起こり得るもの。出場機会が少ない選手が見せる積極性は、私は常に評価する」と話し、本田を戦犯扱いしなかった。

    レギュラーを剥奪しておきながら、大失態の直後に擁護する指揮官の行動は矛盾しているように見える。だがモンテッラ監督の思惑は違うという。欧州事情に詳しい代理人は「今のチームには若い選手が多く、力のコントロールができていない。だから3日前の首位ユベントス戦でパワーを使い果たしてしまい、ジェノア戦では気が抜けていた。選手間でそういうのをコントロールしてくれていた主将のモントリーボが故障で不在というのは大きく、そのフォローを本田に期待した」と説明する。

    どんな苦境でも本田の心が折れないのは監督もわかっている。だからこそ難しい状況下の試合を任せた。結果は散々だったように見えるが、ミラン内部には「本田がパスを出せなかったのは、周りの選手が予想以上に動けなかったから」という声もあり、本田だけが貧乏くじを引かされた格好ともいえる。

    長いシーズン、ジェノア戦のようにやりくりが難しい試合は必ずある。そこで指揮官が背番号10を起用したということは、まだ見捨てていない証し。本田の首の皮はまだつながっているどころか、再浮上のチャンスも残されている。

    東スポWeb 10/29(土) 10:16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000008-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 12:49:47.93 ID:CAP_USER9.net
    現地時間28日(以下現地時間)、マンチェスターU(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督が、出場機会のないMFヘンリク・ムヒタリアンに言及。新天地に慣れるまでまだ時間がかかるとの見解を述べた。

    昨季のドイツ・ブンデスリーガで公式戦23得点32アシストを記録し、リーグ年間最優秀選手に選出されたムヒタリアンは、今季開幕前にドルトムントから推定3350万ドル(約33億800万円:当時)の移籍金でマンUに加入。しかし、ケガもあって9月10日に行なわれたマンチェスターCとのプレミアリーグの試合を最後に出場がない。アルメニア代表に帯同した10月上旬にケガを負ったがそれは軽傷。しかしそれ以降もメンバー外が続いている。

    モウリーニョ監督はムヒタリアンについて、故障ではなくプレミアリーグへの適応に苦しんでいるとコメント。「適応が簡単な選手もいれば、時間のかかる選手もいる。インテンシティ、攻撃、ボールがないところでの動き、競争力を会得するのに時間が必要な選手もいる」「ミキ(ムヒタリアンの愛称)は、トッププレーヤーになれると分かっているが、それには時間が必要だ」と話した。

    同監督は「守備陣にも同じ問題は起こる。しかし、アタッカーよりも適応は容易だ」と話し、チェルシー(イングランド)加入直後のMFウィリアン、レアル・マドリー(スペイン)時代のMFアンヘル・ディマリアもそうだったとコメント。自身が指導した両選手を例にムヒタリアンの現状は珍しいことではないと主張し、「ミキの場合は、コンディションを上げていく過程でケガに苦しめられた。我々は彼を信じている。いずれ問題はなくなる」と述べた。
    2016-10-29_13h36_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000011-ism-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ