海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年11月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 14:59:15.37 ID:CAP_USER9.net
    25日に行われたレアル・ベティス戦に先発出場したエイバルMF乾貴士は、左サイドから幾度となくチャンスを演出。チームの3-1勝利に大きく貢献した。

    お得意のドリブルもあれば、ピンポイントのクロスでチームの2点目をアシスト。果敢にスペースを突いてPKまで獲得している。スペイン紙も乾の止め方が分からなかったと絶賛していたが、好調時の乾は手に負えないほどの破壊力がある。

    この活躍を見た日本のサッカーファンからは乾を日本代表に呼ぶべきとの声も挙がっているが、乾は日本代表でスタメンに入るだけの能力を持った選手なのだろうか。

    乾が得意とするのは左サイドからの仕掛けだが、今の日本代表の2列目はなかなかに激戦区だ。左サイドにはヘルタ・ベルリンでも日本代表でも外せない存在になっている原口元気が君臨しており、日本代表記録となる最終予選4試合連続得点まで達成した男を外す案は今のところ存在しない。攻撃面だけでなく、原口のハードワークは守備でも欠かせない要素だ。

    さらにJリーグでは横浜F・マリノスで斎藤学が好パフォーマンスを披露しており、独特のリズムのドリブルは面白い。現在は負傷離脱しているが、マインツに所属する武藤嘉紀もサイドから仕掛けられる面白い選手だ。

    武藤の場合は体の強さや得点力も魅力で、乾よりもゴールに向かっていくことができる。そしてほとんど出場機会を得ていないものの、アウグスブルクに移籍した宇佐美貴史もヴァイッド・ハリルホ ジッチ監督お気に入りの1人だ。今後復活できれば、当然日本代表に絡んでくるだろう。

    右サイドはやや手薄だが、前回のサウジアラビア戦では久保裕也が先発しており、スピードスターの浅野拓磨を回すことも可能だ。ただし、右サイドでは右利きの選手がカットインからシュートを狙うパターンを出しづらく、能力をフルに発揮できないケースが多い。

    今回のベティス戦で乾は左サイドから右足でシュートを打つと見せかけて縦に抜けるドリブルを披露したが、右サイドで同じようなプレイをするのは難しいはずだ。乾も右サイドでプレイ可能ではあるものの、プレイの選択肢が減るのは良いことではない。そう考えると、左サイドは超激戦区と言えよう。

    その点では依然としてレフテ ィー本田圭佑の存在感は大きいが、本田に代わって右サイドを担当できる選手は増えている。ここ最近の日本は本田や長友佑都、岡崎慎司など30代に入る経験豊富な選手ばかりに頼っていると言われてきたが、人材は揃っている。

    最前線でも大迫勇也や浅野が存在感を増しており、岡崎の出場機会は減りつつある。本田や岡崎らより1つ下の世代は確実に成長している。少し前まで攻撃陣の人材難を懸念する声も上がっていたが、決してそうではない。

    今回乾がベティス戦で見せたパフォーマンスは代表招集にふさわしいレベルのものだったが、すぐスタメンに抜擢できるかは微妙なところだろう。一時はスタメンにふさわしい選手が代表にいないとも言われたが、本田や岡崎に続く世代は確実に育っている と言えるのではないだろうか。

    絶対的な選手はまだいないかもしれないが、日本の攻撃陣は近年稀に見るほどの競争できる環境が整っている。
    2016-11-28_15h30_00
    theWORLD(ザ・ワールド) 11/28(月) 12:20配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00010007-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 12:56:19.59 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・プレミアリーグは現地時間27日に4試合が行なわれ、6位マンチェスターUは本拠地で17位ウェストハムと1対1の引き分けに終わった。

    マンUは開始わずか90秒でセットプレーからサコにゴールを奪われ、出鼻をくじかれる。21分にポグバのアシストからイブラヒモヴィッチが同点弾を挙げるも、26分にポグバがダイブの判定で警告を受けると、これにモウリーニョ監督が激怒。

    ボトルを蹴り飛ばし、今月2度目の退席処分を受ける。結局、試合はそのまま1対1で終了した。

    この結果、マンUはホームでのリーグ戦は4試合連続ドロー。「オールド・トラフォード」でリーグ戦4試合白星がないのは、1990年以来初のこと。

    勝ち点は20にとどまり、首位チェルシーとは11ポイント差と、優勝の可能性が早くも消滅へ向かっている。

    4位アーセナルはホームで10位ボーンマスに3対1と勝利。12分にサンチェスのゴールで先制すると、その後PKで同点に追いつかれるも、後半立ち上がりにウォルコットが勝ち越し点をマーク。

    さらに終了間際にサンチェスがこの日自身2点目のゴールを奪ってダメを押した。首位チェルシーと勝ち点3差、2位リヴァプール、3位マンチェスターCと2差をキープしている。

    ISM 11/28(月) 8:35配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000010-ism-socc
    http://qoly.jp/media/c0575474-8596-49ef-8d0b-9ad0ca7a50c7?w=800

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 11:31:43.78 ID:CAP_USER9.net
    2016-11-28_11h56_51
    ブンデスリーガ第12節が25日から27日にかけて行われた。

    昇格組ながら躍進を続けるライプツィヒは、敵地でフライブルクに4-1と快勝。開幕12戦無敗で勝ち点を「30」に伸ばし、首位をキープした。

    前節でドルトムントに敗れ、リーグ戦2試合勝ちなしの2位バイエルンは、ホームでレヴァークーゼンと対戦。一時は同点に追い付かれたものの、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスの決勝ゴールで2-1と競り勝ち、3試合ぶりの勝利を収めた。バイエルンはライプツィヒを3ポイント差で追っている。

    日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンはマインツに2-1と逆転勝利。原口はフル出場で勝利に貢献した。ヘルタ・ベルリンは勝ち点「24」で3位に浮上した。

    また、日本代表MF長谷部誠のフランクフルトは、同MF香川真司のドルトムントと対戦。長谷部がフル出場、香川はベンチ外だった一戦は、ホームのフランクフルトと2-1と競り勝った。フランクフルトは勝ち点「24」で4位につけている。

    日本代表FW大迫勇也が先発メンバーに名を連ねたケルンは、アウクスブルクとスコアレスドロー。大迫は85分までプレーしたが、得点を挙げることはできなかった。アウクスブルクの宇佐美は開幕戦以来となる途中出場を果たしている。

    ブンデスリーガ第12節の結果は以下の通り。

    ■ブンデスリーガ第12節
    フライブルク 1-4 ライプツィヒ
    ボルシアMG 1-1 ホッフェンハイム
    ケルン 0-0 アウクスブルク
    ハンブルガーSV 2-2 ブレーメン
    インゴルシュタット 1-1 ヴォルフスブルク
    フランクフルト 2-1 ドルトムント
    バイエルン 2-1 レヴァークーゼン
    シャルケ 3-1 ダルムシュタット
    ヘルタ・ベルリン 2-1 マインツ

    SOCCER KING 11/28(月) 8:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00521002-soccerk-socc


    ■順位表※第12節終了時点

    1. ライプツィヒ(30)+17
    2. バイエルン(27)+18
    3. ヘルタ・ベルリン(24)+8
    4. フランクフルト(24)+8
    5. ケルン(22)+10
    6. ホッフェンハイム(22)+7
    7. ドルトムント(21)+13
    8. シャルケ(17)+4
    9. マインツ(17)0
    10.レバークーゼン(16)-1
    11.フライブルク(15)-8
    12.アウクスブルク(13)-4
    13.ボルシアMG(13)-6
    14.ボルフスブルク(10)-5
    15.ダルムシュタット(8)-13
    入16.ブレーメン(8)-16
    降17.インゴルシュタット(6)-13
    降18.ハンブルガーSV(4)-19

    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?192324-192324-fl
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 05:04:01.40 ID:CAP_USER9.net
    京都が、元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)を来季の補強候補にリストアップしたことが27日、分かった。すでに関係者が闘莉王と接触しており、今季途中に名古屋に復帰、J2降格とともに退団となった“闘将”が、古都を舞台に戦う可能性が出てきた。

    J2の5位でプレーオフに進出し、7年ぶりのJ1を目指したが、この日は前半に一瞬の隙を突かれて失点するなど、あと一歩届かなかった。石丸清隆監督(43)は「自分の力のなさが、昇格を逃した一番の要因」と責任を受け止めた。

    来季に向けた編成がスタートするが、センターバックに今季限りで契約が切れる選手が多く、その補強の目玉として闘莉王が挙がった。J1鳥栖も獲得リストに挙げているが、闘莉王は名古屋と遺恨を残して退団した経緯もあり、J2で名古屋と戦えるということがプラスに働く可能性はある。

    さらに前線の補強として2012年度の全国高校選手権得点王に輝いた名古屋FW小屋松知哉(21)もリストに挙げており、攻守両面で補強を進めていく。

    スポーツ報知 11/28(月) 4:53配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000037-sph-socc

    写真
    続きを読む

    2016-11-28_08h18_28
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 01:04:28.45 ID:CAP_USER9.net
    ジェノア 3-1 ユヴェントス

    ジョバンニ・シメオネ(前半3分)
    ジョバンニ・シメオネ(前半13分)
    O.G.(前半29分)
    ミラレム・ピャニッチ(後半37分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10931294

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/italy/serie-a/
    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 03:30:02.88 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第12節が27日に行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、武藤嘉紀が所属するマインツが対戦した。

    6位につけるヘルタ・ベルリンは前節、敵地でアウクスブルクにスコアレスドローを喫した。ホームに戻った今節はなんとしても勝利して上位に食らいついていきたい一戦となる。GKルネ・ヤーステイン、DFファビアン・ルステンベルガー、MF原口、FWサロモン・カルー、ヴェダド・イビシェヴィッチらがスタメンに名を連ねた。

    一方のマインツは過去5試合、白星と黒星を交互に続けており、成績が安定していない。8位につけており、勝利すればヘルタ・ベルリンに勝ち点1差と迫れるだけに、3ポイントを奪いに行きたいところ。今節はGKヨナス・レッスル、MFユヌス・マッリ、FWパブロ・デ・ブラシスらが先発出場したほか、20歳で199cmの長身を誇るFWアーロン・ザイデルがブンデスリーガデビュー。FWジョン・コルドバはベンチスタートとなった。武藤は右ひざじん帯の負傷から復帰しておらず、メンバー外となっている。

    20分、ヘルタ・ベルリンはエリア手前左の好位置でフリーキックを獲得。マルヴィン・プラッテンハルトが柔らかいボールをエリアに送ると、中でイビシェヴィッチがヘディングシュートしたが、枠を捕えることはできなかった。

    先制したのはマインツだった。25分、レヴィン・エズトゥナリが右サイドからグラウンダーのクロスをゴール前に送る。ディフェンダーに当たってこぼれたボールを、同試合でブンデスリーガデビューを飾ったザイデルがトラップし、GKヤーステインのポジショニングを見て冷静にゴール右へ流し込んだ。20歳の新星が起用に応え、マインツが1点をリードする。

    反撃したいヘルタ・ベルリンは31分、ピッチ中央から原口がドリブルで駆け上がると、エリア手前で相手DFに倒されフリーキックを獲得。これをカルーが直接狙ったが、バーの上に外れた。しかし36分、カルーからエリア内でパスを受けたイビシェヴィッチが、トラップでディフェンスをずらしてゴール右隅に鋭いシュートを叩き込む。同選手のブンデスリーガ通算99ゴール目によって試合は振り出しに戻った。

    1-1の同点で試合は前半を折り返す。

    62分、マインツはペテル・ペカリークにスライディングを仕掛けたジャン・フィリップ・グバミンが2枚目のイエローをうけて退場となる。

    すると67分、数的有利になったヘルタ・ベルリンはニクラス・シュタークのミドルシュートがディフェンスに当たって高く上がる。これをカルーがゴール前にヘディングで落とし、イビシェヴィッチが押し込んだ。同選手はこの得点でリーグ通算100ゴールの偉業を達成している。

    ところが、イビシェヴィッチはその後のプレーで74分に2枚目のイエローカードを提示されて退場。試合は10人対10人の戦いとなった。追いつきたいマインツはベンチスタートのコルドバを投入して、反撃を図る。

    マインツは84分、エリア手前左からのフリーキックをマリが直接狙う。カーブのかかったボールはポストの左上に直撃するが、ゴールには至らない。

    そのまま試合は終了し、ヘルタ・ベルリンが2-1で勝利した。

    【スコア】
    ヘルタ・ベルリン 2-1 マインツ

    【得点者】
    0-1 25分 アーロン・ザイデル(マインツ)
    1-1 36分 ヴェダド・イビシェヴィッチ(ヘルタ・ベルリン)
    2-1 67分 ヴェダド・イビシェヴィッチ(ヘルタ・ベルリン)
    2016-11-28_08h02_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00520945-soccerk-socc

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 07:00:02.09 ID:CAP_USER9.net
    GKの補強が急務となっている鳥栖が、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン(38)獲得に動いていたことが28日までに複数の関係者の話で分かった。

    鳥栖は、14年シーズンからゴールマウスを守ってきたGK林彰洋(29)の流出が濃厚。後釜の獲得が不可欠となった中、来季も続投が決まっているマッシモ・フィッカデンティ監督(49)が同じイタリア人という縁もあり、かつて世界最強GKと言われたブッフォン獲得に水面下で動いていたという。

    ブッフォンはパルマのユース時代に、楢崎正剛(40=名古屋)、川島永嗣(33=メス)、権田修一(27=ホルン)ら数々の日本代表守護神を指導した経験も持つエルメス・フルゴーニ氏(68=現パルマGKコーチ)に見いだされ、95~96年シーズンに17歳の若さでセリエAデビュー。

    その後も順調に階段を上り、06年W杯ドイツ大会では母国の4度目のW杯優勝に貢献するなど、世界最強GKの呼び声をほしいままにした。今季もユベントスの不動の守護神として活躍しており、セリエA通算出場は実に640試合。イタリア代表のキャップも161を数える、言わずと知れた世界屈指の守護神だ。

    ただ、そんなブッフォンも38歳になり、イタリア地元紙では最近、ユベントスが後継者探しを始めたと報じられるようにもなった。事実、9月1日のフランス戦で史上3人目の若さでイタリア代表にデビューしたACミランのイタリア代表GKジャンルイージ・ドンナルンマ(17)の獲得に動いているとも言われている。そんな経緯も知ってか、鳥栖は日本でも絶大なる人気を誇るブッフォンの獲得にトライしたと見られる。

    関係者によれば、ユベントスからは既に不可欠な戦力として丁重に断られたという。実現すれば大きな話題を呼んだほか、日本サッカーの長年の課題とされるGK育成に関してもこの上ないお手本となっただけに、残念な結果になったと言える。
    2016-11-28_07h42_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000006-spnannex-socc
    スポニチアネックス 11/28(月) 6:14配信

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/27(日) 22:22:09.49 ID:CAP_USER9.net
    レスターのエースが陥った今季の不振ぶりを指摘
     
    昨季、プレミアリーグで24得点を挙げた男に何が起きているのだろうか。レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは、26日のミドルスブラ戦(2-2)に先発出場するも無得点に終わった。

    約1年前にプレミア新記録となる11試合連続ゴールを達成していたが、現在は9戦連続ノーゴールとわずか1年で対照的な結果となっている。

    ヴァーディは昨季、その圧倒的なスピードと運動量でレスター最大の武器と言えるショートカウンターを支え、奇跡のリーグ初制覇の立役者となった。

    第4節(2015年8月29日)のボーンマス戦から第14節(同11月28日)マンチェスター・ユナイテッド戦まで11試合連続ゴールを決めてプレミア新記録を打ち立て、最終的にはリーグ2位の24得点を叩き出していた。

    しかし、英サッカー専門メディア「Squawka」のツイッターは、ヴァーディの調子がこの1年で一変したことを伝えている。

    レポートによると、11戦連発の記録達成から364日が経過した今、レスターの背番号9は607分間もの間、枠内シュートを放てずにいるという。その転落ぶりは話題となっており、英メディアで「ヴァーディは新たな一発屋となってしまうのか」と特集を組まれるほどだった。

    ヴァーディはミドルスブラとの一戦でも、前半42分に日本代表FW岡崎慎司のパスを受けてゴール前でフリーとなったが、シュートを決めきれなかった。相手を置き去りにする速さだけでなく、左右両足から放つ正確なシュートがゴールラッシュを支えていたが、一度狂った歯車はそう簡単に直すことができないようだ。

    Football ZONE web 11/27(日) 12:58配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161127-00010007-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/27(日) 21:03:51.64 ID:CAP_USER9.net
    ◆J1昇格プレーオフ準決勝(27日、松本平広域公園総合球技場)松本1―2岡山

    まさかの敗戦の後、松本の反町康治監督(52)は沈痛な面持ちで記者会見場へ現れた。第一声は「なかなか気持ちの整理がつかないところ。ゲームに負けたということは、それだけの実力がなかったという風に受け止めたいなと思っている」。

    前半に失点し、最低でも同点に追いつかないといけない展開。後半20分にMF宮阪を入れ、交代策は同29分に宮阪のCKをMFパウリーニョが決め実った。だが、ロスタイムに失点という、悲劇が待っていた。「こういう形で終えるのは、現場を預かる人間としてつらい。みなさんに陳謝したい。私の責任であって、選手には何ら責任はない。力不足を感じています」とうつむいて話した。

    試合後、選手には「勝ち点84をとったというのは、胸を張っていいよ」と話した。チームとの契約は今季で切れる。フロントは現在、来季の続投をオファーしているが、6年目の指揮となるかは不透明だ。「今はこういう状況なので、気持ちの整理がつかない。コメントするのが難しい」と話した上で、来季以降について「クラブと話し合いながら方向性を決めていかなければ。いろんなことを犠牲にしてやってきたつもりでいる。ただ、ここでは申し上げることはできません。申し訳ございません」と話した。
    2016-11-27_22h06_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-00000178-sph-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/27(日) 18:21:45.72 ID:CAP_USER9.net
    コンフェデレーションズ杯の組み合わせ抽選会が26日にカザン(ロシア)で行われた。同大会は、2017年6月17日に開幕し、7月2日に決勝戦が行われる。

    2018年のロシアW杯を前に、同じロシアの地で行われるコンフェデレーションズ杯。開催国ロシアとブラジルW杯王者のドイツ、各大陸の王者が出場し、2つのグループに分かれて対戦し、各グループ2位までが準決勝に進出する。

    開催国ロシアが入ったグループAに、オセアニア王者のニュージランド、欧州王者のポルトガル、北中米カリブ海王者のメキシコが入った。一方、ブラジルW杯王者のドイツが入ったグループBには、南米王者のチリ、アジア王者のオーストラリア、来年1月から2月にかけて行われるアフリカ・ネイションズ杯王者が同居する。

    以下、組み合わせ抽選結果と日程

    ■組み合わせ抽選結果
    【A組】
    ロシア(開催国)
    ニュージーランド(オセアニア王者)
    ポルトガル(欧州王者)
    メキシコ(北中米カリブ海王者)

    【B組】
    アフリカ王者(2017年2月に決定)
    チリ(南米王者)
    オーストラリア(アジア王者)
    ドイツ(前回W杯優勝国)

    ■日程(日本時間)
    (6月17日)
    ロシア 23:00 ニュージランド

    (6月18日)
    ポルトガル 23:00 メキシコ
    アフリカ王者 26:00 チリ

    (6月19日)
    オーストラリア 23:00 ドイツ

    (6月21日)
    ロシア 23:00 ポルトガル
    メキシコ 26:00 ニュージランド

    (6月22日)
    アフリカ王者 23:00 オーストラリア
    ドイツ 26:00 チリ

    (6月24日)
    メキシコ 23:00 ロシア
    ニュージランド 23:00 ポルトガル

    (6月25日)
    ドイツ 23:00 アフリカ王者
    チリ 23:00 オーストラリア

    (6月28日)
    A組1位 26:00 B組2位

    (6月29日)
    B組1位 27:00 A組2位

    (7月2日)
    3位決定戦 21:00
    決勝戦 26:00
    news_204076_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-01633748-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ