海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年11月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/01(火) 07:46:49.67 ID:CAP_USER9.net
    31日のトップチーム練習にシュバイニーも参加 公式インスタグラムで写真を投稿
     
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が今季、様々なパワハラを繰り広げてきた元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーに対し、練習参加禁止を突如解除したことが明らかになった。地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が報じている。

    ドイツサッカー界の英雄シュバイニーは、昨季ルイス・ファン・ハール前監督の要請でバイエルンから加入。今季モウリーニョ新体制が誕生すると悲惨な扱いを受けている。トップチームでの練習参加が禁止され、個人練習もしくはユース年代チームとの練習を強いられた。トップチームの写真紹介にもその姿はなかったという。

    モウリーニョ監督はシュバインシュタイガーを追い出そうとしたが、ユナイテッド愛を強調するなどベテランは残留を決意。スタンドでチームを応援する姿がこれまで報じられていた。

    フットボール界で物議を醸していたポルトガル人のパワハラ行為だが、ついに緩和されたようだ。

    シュバイニーが31日、カーリントンの練習場でトップチームに交じって練習。ユナイテッドの公式インスタグラムでも、練習場でシュバイニーがウェイン・ルーニーと談笑する写真を投稿している。

    モイーズ体制を下回る成績で悲惨なチーム状況
     
    モウ政権は悲惨な状況にある。FWズラタン・イブラヒモビッチ、MFポール・ポグバ、MFヘンリク・ムヒタリアン、DFエリック・バイリーと巨万の富をつぎ込み、今季開幕前に大型補強を展開したが、まさかのリーグ8位。首位マンチェスター・シティ、アーセナルと勝ち点差8をつけられ、6位エバートン、7位ワトフォードの後塵を拝する不甲斐ない状況に陥っている。

    10節終了時点で勝ち点15に止まっており、これは就任1年足らずで解任された2013年シーズンのデイビッド・モイーズ元監督時代の勝ち点17を下回る成績となっている。

    前節バーンリー戦でモウリーニョ監督は主審の判定に猛抗議し、退席処分を受けた。「スペシャル・ワンス(昔はスペシャル)」とイタリアメディアに揶揄されるモウリーニョ監督は、シュバイニーへの冷酷なパワハラを続けていたが、成績不振から体裁が悪くなったのだろうか。

    Football ZONE web 11/1(火) 7:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161101-00010000-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/01(火) 00:38:19.49 ID:CAP_USER9.net
    元イングランド代表FWで、現在はコメンテーターを務めるアラン・シアラー氏がプレミアリーグに真のワールドクラスは一人だけだと話している。

    世界で最も豊かなリーグであるプレミアリーグは、移籍市場が開くたび、スター選手に信じられないほどの額のお金が投資される。最高の選手が集まるのはイングランドであるという意見は根強いが、シアラー氏はそういった考えを否定するかのごとく、イギリス『BBC』の番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』で以下のように話した。

    「(セルヒオ)アグエロだけがプレミアリーグにいる正真正銘のワールドクラスの選手だ。彼は世界一のセンターフォワードだよ」

    アグエロは2011年、アトレティコ・マドリーからマンチェスター・シティに加入。すでにイングランドで100ゴール以上を挙げているアルゼンチン人ストライカーは、今シーズンもここまで7ゴールをマークし、好調をキープしている。
    2016-11-01_08h23_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00010002-goal-socc
    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 23:49:32.66 ID:CAP_USER9.net
    29日に行われたブンデスリーガ第9節、ボルシア・ドルトムント対シャルケのルールダービーはスコアレスドローに終わった。ドイツ誌『キッカー』は、この一戦で先発出場を果たした日本代表MF香川真司が、自身をアピールできていないと酷評している。

    香川は宿敵シャルケとのホームマッチで、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェとともにインサイドハーフでプレー。しかし自らシュートに持ち込むことや、チームのシュートチャンスを演出することなく、79分にピッチを退いている。

    『キッカー』はこの試合の選手採点で香川に「4.5」をつけ、MFクリスチャン・プリシッチとともにワーストタイとした。さらに「観察者にとどまることが多すぎる」と題した記事で、香川のプレーを分析。その中で、「ドルトムントはここ数週間、たくさんの負傷者を出しており、香川にアピールするチャンスが訪れていた。しかし土曜日のシャルケ戦と同様、彼はそれを物にすることができなかった」と記している。

    同誌はさらに「ダービーで、香川は交代までほとんど試合に参加しなかった」と続け、「日本人選手が入ると、ドルトムントの攻撃的MFは他の組み合わせに比べて明らかに機能しなくなる」とも指摘。「相手選手をフェイントで交わすことができても、1対1で抜くことができない」と香川の弱点を挙げ、「現在はゴールを脅かす場面も少なければ、チャンスの起点となる、または演出をする天才的なパッサーとしての輝きも見られない」と批判している。

    同誌は一方で、香川とポジションを争うライバルとされるMFゴンサロ・カストロの今季データを比較。カストロは3ゴール6アシストをマークし、65分につきチームの1得点に関与したのに対して、香川がゴールに絡むのは160分につき1度にとどまっていると伝えた。またシュートを放つ頻度においても、カストロは46分につき1本と、80分に1本の香川に差をつけ、シュートチャンスの演出でもカストロ(30分に1本)が香川(64分に1本)に大きくリード。競り合いの勝率でも、カストロが52.1%と香川の40%を上回った。

    『キッカー』は、それらの数字が香川の現状を示していることを強調。カストロ、マリオ・ゲッツェ、ラファエル・ゲレイロらがプレーできる状態にあれば、香川はベンチ、もしくはスタンドに追いやられる可能性が濃厚だとしている。

    2016-11-01_08h05_54
    GOAL 10/31(月) 22:28配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000018-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ