海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2016年12月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 12:50:41.08 ID:CAP_USER9.net
    名古屋グランパスは30日までに、日本サッカー界におけるスパイク管理の第一人者である松浦紀典用具担当(45)に対して、来季契約を結ばないことを通告した。

    松浦さんは、日本人初の『プロ・ホペイロ』として東京Vなどで活躍。2003年から名古屋に移籍し、14年間、選手を足元から支えていた。しかもクラブは松浦ホペイロに対し放出を公表しないように要請していたことも判明。選手たちから厚い信頼を受けている人格者で、フロント不信に拍車がかかることは不可避だ。

    切ってはいけない人間を、グランパスはまた1人切ってしまった。松浦ホペイロは有形無形の財産と言える存在。日々のスパイク管理は選手個々のニーズに合わせた改造にまで及び、選手獲得交渉の際にアピールポイントになるほどだった。本田、吉田、岡崎ら多くの日本代表選手からも信頼を受けるなど人脈は多彩。13年からはミズノ社のブランドアンバサダーも務めていた。

    そんな貴重な人材への戦力外通告は29日。クラブ幹部から告げられた。しかし松浦ホペイロが理由を聞いても明確な回答はなく、ブログでの公表を控えるよう要望された。「クビにしておいて口止めを要求するのか。クラブに批判的なことは一度も書いたことがないのに…」。松浦ホペイロは30日朝に自身のブログで公表した。
    2016-12-01_16h53_02
    中日スポット 2016年12月1日
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201612/CK2016120102000107.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 12:26:42.03 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントの日本代表MF香川真司は長引く足首の負傷により、クラブで別メニュー調整が続いている。自身のブログで「チームとも話をして完治する事も含め、慎重に練習をしています」と負傷の経過について明かした。

    香川は11月22日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の本拠地レギア・ワルシャワ戦(8-4)で2得点1アシストと活躍したものの、26日のブンデスリーガ第12節フランクフルト戦(1-2)はベンチ外となった。足首の負傷が長引いているようで、トーマス・トゥヘル監督も「シンジは我々にとって、とても重要な選手」とその重要性を強調しながら、「彼は足首に問題を抱えている」とコンディションの問題を懸念していた。

    独紙「キッカー」は、11月29日のチームトレーニングで香川は個別練習をこなしたと報じた。そして香川は1日に自身のブログを更新し、「怪我もあり、ここ数日は別メニューをこなしています。足首の怪我に関して、チームとも話をして完治する事も含め、慎重に練習をしています」と記した。焦らず、まずは足首の完治を目指すという。

    コロンビアでの墜落事故に哀悼の意

    今季は昨季に比べてより一層ポジション争いが熾烈となった。香川はスタメン落ちやメンバー外となる機会も増えており、まずはコンディションを整えて定期的にプレーできる状態を取り戻すことが最優先と考えているようだ。

    またブログでは、現地時間28日にコロンビアで発生した飛行機墜落事故についても触れており、「僕が直接的に一緒にプレーした事のある選手はいませんでしたが、同じサッカーをする仲間として非常に悲しいニュースでした。その中の数名は、日本でJリーグを盛り上げてくれた選手もいました」と犠牲者を追悼した。
    2016-12-01_16h42_02
    Football ZONE web 12/1(木) 12:12配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161201-00010007-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 13:50:54.03 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・リーグカップは現地時間11月30日に準々決勝の残り2試合が行なわれ、マンチェスターUはホームでウェストハムを4対1と下した。アーセナルは吉田麻也所属のサウザンプトンにホームで0対2と敗れている。

    マンUは開始早々の2分に、ムヒタリアンのヒールパスからイブラヒモヴィッチのゴールで先制。35分には昨季までマンUに在籍していたフレッチャーに同点弾を奪われるも、48分に再びムヒタリアンのお膳立てから、今度はマーシャルが決めて勝ち越しに成功する。

    さらに62分にマーシャルのこの日2点目のゴールで突き放すと、ロスタイムにイブラヒモヴィッチも自身2点目をマークしてダメ押し。準決勝へと駒を進めた。

    今季ドルトムント(ドイツ)から鳴り物入りで加入しながら、先発出場2試合にとどまっていたムヒタリアンは、2アシストの活躍で終盤の交代時に本拠地「オールド・トラフォード」の観客から拍手を受けた。モウリーニョ監督は試合後、「彼が適応するのを待っていたが、そのときが訪れているようだ」と今後のさらなる活躍に期待を寄せている。

    キックオフ数時間前に1試合のベンチ入り禁止処分を科されたモウリーニョ監督は、スタンドで試合を観戦せず。どこで観戦したかとの質問には、「秘密だ」と答えるにとどめた。同監督は「ゴールとパフォーマンスに満足している」「美しく、攻撃的なサッカーだった」と喜びを表している。

    なお、マンUは終盤にシュヴァインシュタイガーを投入している。同選手は今季初出場となった。

    同日開催のもう1試合では、大多数の主力を休ませたアーセナルが、前半にクラーシとバートランドにゴールを許し、サウザンプトンに敗れた。同チームはこれが1986-87シーズン以来の4強入りとなる。なお、吉田はフル出場した。

    準決勝はホーム&アウェイの2試合で、1月に開催予定。マンUはハルと、サウザンプトンはリヴァプールと対戦する。(STATS-AP)
    2016-12-01_16h27_18
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000012-ism-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 11:12:45.61 ID:CAP_USER9.net
    [ラウニオン(コロンビア)/シャペコ(ブラジル) 30日 ロイター] - ブラジル南部を拠点とするサッカーチーム、シャペコエンセの選手らが搭乗していたチャーター機が28日にコロンビア中部メデジン近郊で墜落した事故で、操縦していた機長が最後の言葉で燃料切れを口にしていたことが分かった。

    音声記録によると、ボリビア人の機長はメデジン空港の管制塔通信士に対し、同機の電気系統が全面停止し、燃料切れの状態にあると述べ、緊急着陸を要請していた。

    事故による犠牲者は71人で、生存者は選手3人、ジャーナリスト1人、乗員2人の合計6人。助かった乗員の一人は、コロンビアのラジオ局に対し、万が一の際の手順に厳密に従ったことで命が救われたとし、「乗客の多くは席を離れ、叫び出した。私は荷物を両足の間に入れて胎児のように丸くなる体勢を取った」と語った。

    本拠地のブラジル南部シャペコでは学校が休校に、店舗や事務所も休業となった。遺体が戻るのを待ちたいと、スタジアムの外にテントを組み立てる熱心なファンの姿も。ファンの一人カウア・レジスさんは「勝利の時も、悲劇の時も、何があってもここにいる」と語った。

    シャペコエンセとコパ・スダメリカーナ(南米杯)決勝の第1戦を30日に戦う予定だったコロンビアのアトレチコ・ナシオナルは、「われわれにとってシャペコエンセは永久に2016年南米杯王者」と述べ、同クラブに敬意を表して優勝トロフィーが授与されることを希望した。
    2016-12-01_14h17_00
    ロイター 12/1(木) 10:57配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000030-reut-spo
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 12:19:15.51 ID:CAP_USER9.net
    アウクスブルクに所属する日本代表FWの宇佐美貴史が今シーズンの前半戦を振り返り、現在の思いを語った。自身のブログにつづっている。

    宇佐美は今シーズン、ガンバ大阪からアウクスブルクに加入。3年ぶりにドイツの地での挑戦に挑んだ。しかし、指揮官のディルク・シュスターがフィジカルの優れた選手を好むこともあり、なかなかチャンスをつかめていない。ブンデスリーガ第12節が終了した時点で出場試合数はわずか「2」。いずれも試合終盤での途中出場と、苦しい日々を過ごしている。

    もっとも、宇佐美はあくまでも前向きに日々を過ごしているようだ。

    現状について「自分にとっては悔しく歯痒い日々が続いてます。もちろんプレイできてないですから。選手としてこの感情を抱く事は当たり前です」とした上で「ただそんな状況でも自分に必要な努力を探し出して実行する。それとそれを継続することができてる自負があることが今一番の手応えです」とコメント。さらに「まあ簡単に言うと腐らずやれてるってやつですね」と、気持ちを切らすことなく挑戦し続けていると明かした。

    「今できてる積み上げ作業が必ず今後自分に返ってくると信じてやり続ける事が大事かなと思いますし、それ以外自分が出来ることはないと思います」

    「とにかく継続。これに尽きます」

    宇佐美は第12節のケルン戦で開幕戦以来となる出場機会をつかんだ。これからさらにチャンスを得ていくために、日々の鍛錬を続けていく。
    2016-12-01_13h55_36
    GOAL 12/1(木) 12:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000002-goal-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 08:32:26.51 ID:CAP_USER9.net
    2016-12-01_09h56_39
    2016年12月1日 7時40分

    レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の息子エンツォが、11月30日に行われたコパ・デル・レイ4回戦セカンドレグでデビューを果たし、さらに初ゴールを記録した。

    ファーストレグで7-1と大勝していたマドリーは、前半だけで3-1とさらにリードを広げる。突破を確実にしたジダン監督は、後半開始から21歳の息子エンツォを投入する。

    父親の期待に息子が応えたのは、63分。左からの折り返しを受けたエンツォは、ペナルティーアーク付近から右足で冷静にシュートを流し込み、見事なデビュー弾とした。

    動画


    Optaによると、エンツォは父ジネディーヌがマドリーでラストゲームに出場してから3852日後のデビュー。そして、ファーストシュートで初ゴールをマークした。

    父がユニフォームを脱いでから10年後の息子の活躍。マドリーの親子鷹には今後も注目だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12355869/
    続きを読む

    2016-12-01_08h39_46
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 07:29:33.54 ID:CAP_USER9.net
    [11.30 コパ・デル・レイ4回戦第1戦

    ・フォルメンテラ1-5セビージャ

    02' ベン・イェデル(PK)
    15' コレアガブリ・ゴメス
    26' 相手チーム
    29' コレア
    42' コレア
    72' ベン・イェデル(PK)

    ・セビージャ
    シリグ;コロジェイチャク、ダニエル・カリーソ(88分ビエット)、カルモナ■(80分ボルハ・ラッソ)、ディエゴ・ゴンサレス、クラネビッテル、イボーラ、コレア、清武弘嗣、ガンソ、ベン・イェデル

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11028993

    コパ・デル・レイ(スペインの4回戦第1戦が30日に行われ、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャがフォルメンテラ(4部)のホームに乗り込み、5-1の勝利を収めた。清武は9月17日のリーガ第4節エイバル戦以来、公式戦14試合ぶりに先発出場を飾り、フル出場を果たしている。

    試合をいきなり動かしたのはアウェーのセビージャだった。開始わずか12秒、左サイドからPA内に進入したMFホアキン・コレアが相手選手のファウルを誘ってPKを獲得すると、キッカーを務めたFWウィサム・ベン・イェデルがきっちりネットを揺らしてスコアを1-0とした。

    幸先良く先制したセビージャは前半16分、後方から送られたロングボールをMFビセンテ・イボーラがヘッドで落とすと、反応したコレアがトラップから右足シュートでゴールを陥れてリードを2点差に広げる。

    前半26分にフォルメンテラに1点を返されたものの、セビージャの勢いは止まらず。同29分にイボーラとの鮮やかなパス交換からコレアが蹴り込んで再びリードを2点差に広げると、同43分にはMFガンソからパスを受けたコレアがPA外からミドルシュートを突き刺して4点目。コレアは前半だけでハットトリックを達成した。

    4-1とセビージャが大量リードして後半を迎えると、後半29分に左サイドからPA内へとボールを運んだコレアが相手選手のファウルを誘ってPKを獲得。前半のPKを沈めていたベン・イェデルが落ち着いてネットを揺らし、セビージャが5-1で大勝した。第2戦は12月21日にセビージャのホームで行われる。

    ゲキサカ 12/1(木) 7:15配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-01633896-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 01:30:51.61 ID:CAP_USER9.net
    ミランやローマでプレーしたエマヌエルソン 「あそこでプレーするな」と持論を展開
     
    かつてACミランとローマなどでプレーした元オランダ代表DFウルビー・エマヌエルソンが、若きフットボーラーに対して「イタリアには行くな」と忠告している。オランダ地元誌「フットボール・インターナショナル」が報じている。

    「イタリアのサッカー界は偽善者で満ち溢れている。友人も信頼できる人間も見つけることはできない。フランク・デ・ブールも到着後、数時間でイタリアサッカーに合わなかった」

    こう語ったエマヌエルソンは2011年にアヤックスからミランに加入。左サイドバックとして73試合に出場している。セリエAではローマ、アタランタ、ベローナを経て、現在はイングランド2部シェフィールド・ウェンズデイでプレーしている。

    オランダのエールディビジからセリエAに向かう選手は多いが、イタリアは鬼門だと持論を展開している。

    「すべての若手に同じアドバイスをしている。イタリアには行くな。あそこでプレーするな。フットボールの世界のことで、国のことではない。フットボールは政治的なんだ。常にベストの選手がプレーするわけではない。他のことが重要なんだ」

    「犬の群れのようなプレーをしていた」
     
    イタリアでも最も政治的なクラブと呼ばれるミランなど古巣では、実力とは無関係で出場機会を手にする選手がいたようだ。「ローマ? あそこも悪い選択だった。6人の補強のうちの1人で加入したけれど、自分はスタンドにいて、チームは犬の群れのようなプレーをしていた」と語ったエマヌエルソンは、心底イタリアサッカーを憎んでいるようだ。

    エマヌエルソンの育ったアヤックスにはオランダ代表MFリーシェドリー・バズール、同FWアンワル・エルガジらミランが獲得を狙う新鋭がいる。だがOBは、若きオランダ人の鬼門としてイタリア行きを食い止めようとしている。

    Football ZONE web 11/30(水) 21:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161130-00010021-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 02:00:27.03 ID:CAP_USER9.net
    J1横浜F・マリノスが、大功労者で元日本代表MFの中村俊輔(38)斬りを加速させている。クラブ側が今オフ、“マリノスブランド”の解体を推し進めているのがその理由だ。

    横浜はDF中沢ら元日本代表勢に50%近い年俸ダウンを提示。その後、3季連続フル出場の中沢には再提示をしたが「もう、あのチームはマリノスではない」と横浜OBらもブーイングを送っている。

    そもそも横浜は日産自動車サッカー部時代から名門チームとして君臨。しかし2012年からスタートしたJリーグ・クラブライセンス制度では、“財政面の劣等生”だった。

    3季連続赤字ならアマチュアリーグであるJFLに降格が決まるペナルティーがある中で、12年の単年赤字は6億円を超え、累積赤字も一時16億円を突破。「いつ倒産してもおかしくない」(Jリーグ幹部)状況だった。

    そこで13年度に親会社の日産から「特別利益」の名目で10億円がドーンと振り込まれ、なんとか降格危機を脱したが、それでも経営は好転せず。14年5月にイングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスターシティなどを運営するシティ・フットボール・グループに業務提携の名目で援助を願い出た。

    横浜の“俊輔斬り”は、10年に中村をスペインから呼び戻し来季からJ2名古屋に移籍する下條GMの契約を今年3月に突然解除したのがはじまり。中村らベテラン勢ゆかりの裏方スタッフの今季限りの解雇も決まっているという。

    「中には契約期間の給料の未払いがある人もいると聞いた」(横浜関係者)と泥沼化の様相も一連の騒動は、シティ・グループから来たフロント陣が主導している。

    本来ならシティのルートで大型補強や大物監督招請などが期待されたが、フランスリーグでほとんど実績のないモンバエルツ監督が15年に就任。今季の年間順位は10位で2季連続の無冠に終わり、

    「モンバエルツ監督との契約延長はない」(横浜関係者)と聞かされていた選手たちは、同監督の続投が正式に決まり「監督だけ年俸が上がるなんて」と空いた口がふさがらない状況だ。

    中村は「オレはフランス人監督との相性はよくない」と親しい関係者にはこぼしているとか。そんな中村に、日本代表で同じ10番をつけていた名波監督が率いる磐田からオファーが寄せられている。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)
    2016-12-01_07h51_29
    2016.11.29(夕刊フジ編集委員・久保武司)
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20161129/soc1611291700002-n1.htm
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 06:50:53.96 ID:CAP_USER9.net
    アーセナル - サウサンプトン

    13' クラーシ
    38' バートランド

    ・アーセナル
    D・マルティネス;ギブス、ガブリエウ・パウリスタ、ホールディング、ジェンキンソン(64分メイトランド・ナイルズ)、ラムジー、レーヌ・アデライド(62分チェンバレン)、コクラン、エルネニー■(43分G・ジャカ)、ルーカス■、イウォビ■

    ・サウサンプト
    フォースター;吉田麻也■、マルティナ、ファン・ダイク、バートランド、マクイーン、クラーシ、St・デイヴィス、リード(66分ヘイビェア)、ブファル(66分シムス)、ロング

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11029920
    http://www.bbc.com/sport/football/38073806

    EFLカップ5回戦が30日に行われ、アーセナルとサウサンプトンが対戦した。試合はアウェーのサウサンプトンが2-0で勝利し、準決勝進出を決めている。

    ホームのアーセナルはカップ戦ということで多くの主力を休ませて、この一戦に臨んだ。一方のサウサンプトンはリーグ戦でも活躍する選手たちを先発。カップ戦要員となっている日本代表DF吉田麻也はセンターバックで先発した。

    試合は開始13分で早くもスコアが動く。吉田から左サイドバックのライアン・バートランドへロングフィード。バートランドが低いクロスを上げると、こぼれ球をMFヨルディ・クラーシが右足で豪快に叩き込んだ。

    ホームで負けられないアーセナルは猛反撃。ボールを回しながら、何とかゴールに迫ろうとするが、サウサンプトンの堅守を前に枠内シュートを放つことはできず。逆に38分、サウサンプトンが高い位置で奪うと、左サイドをソフィアン・ブファルがドリブルで突破。クロスにバートランドがワントラップから左足を振り抜き、追加点を挙げた。

    結局前半はサウサンプトンが2点をリードして、終了する。

    後半に入るとペースはよりアーセナルに。アーロン・ラムジー、アレックス・オックスレイド=チェンバレン、グラニト・ジャカといった主力組を中心に何とか中盤から押し込むが、決定機を作るまでには至らない。逆にサウサンプトンが少ないチャンスで効率よくゴール前に迫り、経験の少ないアーセナル守備陣を攻め立てる。

    1点を返したいアーセナルはなおも押し込み続ける。しかし、最後までゴールは生まれず、サウサンプトンが前半の2点を守り切り、準決勝進出を決めた。吉田はファウルも少なくなかったが、身体を張って、アーセナルの攻撃陣を押さえ込み、フル出場で勝利に貢献している。
    2016-12-01_07h46_25
    GOAL 12/1(木) 6:39配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000022-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ