海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年01月

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 14:05:54.85 ID:CAP_USER9.net
    名古屋グランパスは21日、2017シーズンのキャプテンにFW佐藤寿人、副キャプテンにGK楢崎正剛、FW玉田圭司、MF小林裕紀、MF八反田康平が就任すると発表した。

    佐藤は今季サンフレッチェ広島から名古屋に加入したばかりだが、いきなりの大役となった。キャプテン就任にあたって、同選手はコメントを発表している。

    「新生名古屋グランパスのキャプテンに任命していただき本当に光栄に思います。そして、同時に強い責任も感じています。生まれ変わった新しいグランパスをチーム全員の力で作り上げていきたいですし、一選手としては、ピッチ上で結果を出すことでみんなを引っ張って行きたいと思います。長丁場のリーグ戦となるJ2は、色々な状況が訪れると思うので、 絶対にチーム全員の力が必要です。どんな状況になっても一人も欠けることのないチームを、風間監督のもと、手を取りあって作っていきたいと思います」

    また、引き続き副キャプテンを務める楢崎は「副キャプテンとして、キャプテンをしっかりとバックアップしていきたいと思います。在籍年数としては僕が最も長いので、高い目標と強い責任感を持ち、チームのために 日々取り組んでいきたいと思います。33人の選手が一丸となり、一つの目標に向かって努力するために、自分の出来ることを精一杯頑張りたいと思います」とコメントを発表。佐藤を支えることを誓っている。

    3年ぶりの名古屋復帰で副キャプテンを務める玉田は、「副キャプテンだからといって、自分のやるべきことは変わらないと思っています。プレーはもちろん、自分の経験含め、自分ができることをしっかりとチームに還元していき、J1復帰という大きな目標を達成するために良い雰囲気をつくっていきたいと思っています」とコメント。これまでの経験でチームを引っ張っていく。

    また、昨季はアルビレックス新潟で主将を務めた小林は「副キャプテンだからということより、まずは個人的にしっかりとプレーすること、それでいてチームを広く見ながら、キャプテンの寿人さんを支えられるように頑張りたいです。気負い過ぎることなく、しっかりと自分を出していきたいと思います」と、清水エスパルスから新加入の八反田は「これまでキャプテンや副キャプテンに任命されたことがなかったので驚きましたが、 気負うことなく、寿人キャプテンを支えたいと思います。そして、副キャプテンの中では僕が一番若いので、特に若い選手に寄り添い、チームの一体感を生み出せるよう一年間全うしたいと思います」とそれぞれ意気込みを見せている。
    2017-01-21_17h13_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00544198-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 11:15:33.90 ID:CAP_USER9.net
    ミランに所属する日本代表FW本田圭佑に、トルコ移籍の可能性が浮上しているようだ。トルコ紙『AKSAM』は20日、フェネルバフチェが同選手をリストアップしていると報じた。

    昨シーズンのトルコリーグを2位で終え、今シーズンは17試合を消化して4位につけているフェネルバフチェ。同紙によると、今冬の移籍市場で“10番”タイプの選手を探しているという。同じミランに所属するアルゼンチン人MFホセ・ソサの獲得を画策していたものの、現在のターゲットは本田だと報じられている。

    ソサについては、17日付のイタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が交渉の進展を報道。2年半契約と計900万ユーロ(約10億9000万円)という具体的なオファー内容も報じられたが、ソサ本人がミラン残留を望んでいるため、移籍成立は困難との見通しが伝えられていた。

    今回の報道では、本田との契約が今シーズン限りで満了を迎えることから、ミランが今冬の移籍市場における放出を望んでいるとも伝えられている。

    今シーズンは出場機会に恵まれず、ワトフォードやアメリカ・MLS(メジャーリーグ・サッカー)のクラブが新天地候補として取り沙汰されてきた本田。ミラン残留か、他クラブへの移籍か。今後も去就に関する報道は続きそうだ。
    2017-01-21_14h30_57
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00543998-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 09:56:43.02 ID:CAP_USER9.net
    FC東京のFW前田遼一の“伝説”が、海外でも稀有なエピソードとして注目されている。英誌「フォー・フォー・トゥー」は「フットボール界における10の奇妙な傾向や不幸」と題した特集を組み、元日本代表ストライカーの逸話を紹介している。

    前田は2000年に暁星高を卒業し、黄金期にあったジュビロ磐田に加入。元日本代表FW中山雅史、同FW高原直泰の下でストライカーとしての技術を磨くと、03年から出場機会を増やしコンスタントに結果を残すようになった。09年に20ゴール、10年に17ゴールをマークして史上初の2年連続得点王を獲得。15年にFC東京へ移籍するまで、磐田で過ごした15年間では数々の印象的なゴールを奪い、アルベルト・ザッケローニ元監督時代は日本代表でもレギュラーに定着した。

    そんな前田には、Jリーグファンにおなじみとなったジンクスがある。それは「リーグ戦のシーズン最初のゴールを決めた相手がJ2に降格する」というもの。07年のヴァンフォーレ甲府に始まり、08年東京ヴェルディ、09年ジェフユナイテッド千葉、10年京都サンガF.C.、11年モンテディオ山形、12年ガンバ大阪とじつに6シーズン連続で継続していた。13年はシーズン初ゴールを挙げた浦和が最終的に6位となり、記録はそこで途絶えたが、一連の結果からファンの間で「デスゴール」と呼ばれるなど、大きな話題を呼んだ。

    同誌の記事でも「リョウイチ・マエダは死を招くフィニッシャー」と形容され、英国でも奇妙なエピソードの一つとして取り上げられている。

    この他にもUEFAチャンピオンズリーグにおいて、6つの異なるクラブ(アヤックス、インテル、バルセロナ、ミラン、ユベントス、パリ・サンジェルマン)で得点を記録した初の選手となりながら、一度も優勝には手が届いていないマンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチの悲運ぶりや、これまで公式戦でゴールを決めれば負け知らずというバルセロナMFアンドレス・イニエスタ(クラブ54得点、代表13得点)の不敗神話が紹介されている。
    2017-01-21_12h17_59
    Football ZONE web 1/20(金) 23:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170120-00010020-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 08:23:59.97 ID:CAP_USER9.net
    J1仙台に、F東京から完全移籍で新加入した元日本代表FW平山相太(31)がこのほど、スポーツ報知などのインタビューに応じた。

    国内クラブ間では初の移籍を決断した覚悟や、目標の2ケタ得点への自信などについて語った。平山は11シーズンプレーしたF東京を離れ、仙台に完全移籍した思いを真剣な表情で語った。

    「選手として最後だと思う覚悟があるくらいの、もうひと頑張り、もうひと踏ん張りするんだという気持ち。F東京も居心地がいいというか、それに甘えている自分もいたと思う」昨オフ、F東京で契約更新の話をしている時に、仙台からオファーが来た。

    「サッカーの神様が『行ってこい』と言っているような気がした」仙台にいるF東京でチームメートだったMF三田啓貴(26)、長崎・国見高でともに全国制覇したGK関憲太郎(30)らに相談はしたが、自分で即決した。

    国見高では全国高校選手権で史上初の2大会連続得点王。「怪物」として注目されたが、高校時代は余裕がなかったという。「(練習が厳しくて)日々、生きていくのが精いっぱい。何も考えてなかった。取材を受けるのが苦手だったけど、(今は)だいぶ変わった。成長しました(笑い)」

    2005年に筑波大からオランダ1部ヘラクレス入団。1年目にプロ最多8得点を挙げたものの、2年目シーズン途中でF東京に移籍した。「オランダでもっと頑張っていれば、また違った自分もいたかな。オランダにいる時とかは『自分の結果が良ければ』と思っていた。年を重ねるにつれ、チームが勝つのが一番という雰囲気に変わっていった」

    11年の右すね骨折など、けがに泣かされ、2ケタ得点のシーズンはない。今季は自身初の10ゴール到達を目指すが、自信はある。「若い時みたいに何でもやる気持ちより、今はゴールするところから逆算し、ポジショニングも考えている。それがチームにとって役に立つと思うし、得点も取れると思う」

    経験を積んだベテランストライカーが、杜の都で勝利のためにキャリアハイを目指す。(構成・竹内竜也)

    スポーツ報知 1/21(土) 7:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000223-sph-socc

    写真
    2017-01-21_09h51_34

    仙台、ブラジル人長身FW獲得間近? クリスランをレンタルか
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170120-00010016-footballc-socc

    J1ベガルタ仙台が、ブラジル人FWクリスランの獲得に迫っているようだ。ポルトガルメディア『ア・ボラ』が伝えている。

    クリスランは、ポルトガルのブラガに所属するアタッカーで、現在24歳。2015年にブラガに加わると、今シーズンは同じポルトガル1部のトンデラにレンタルで加入していた。しかし、リーグ戦10試合に出場して1得点とふるわず、レンタルを打ち切る話が出ているという。

    報道によると、ブラガと仙台はクリスランのレンタルについて話し合いを進めており、まもなく取引は完了する見通しだ。1シーズンのレンタルで話がまとまるものとみられている。

    クリスランは、情報にばらつきがあるものの、身長190cm前後の長身アタッカーだ。
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 21:24:57.64 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーは18日のコパ・デル・レイ準々決勝ファーストレグでセルタに1-2と敗れた。それにより、サポーターが怒りを爆発させている。

    昨年4月4日から40戦連続無敗記録を続けてきたレアルだが、15日のリーガエスパニョーラ第18節セビージャ戦(1-2)でその記録が途絶えた。そこから立て直すことができず、本拠地サンティアゴ・ベルナベウのセルタ戦でもまさかの敗戦を喫している。

    批判の矛先は、真っ先にセルタ戦で無得点に終わったFWクリスティアーノ・ロナウドに向けられている。サポーターはスペイン『アス』の取材に対してポルトガル代表FWに痛烈な言葉を浴びせた。

    「もし中国の億万長者から1億ユーロのオファーが届いたら、クリスティアーノはすぐに移籍すべきだ」

    「クリスティアーノはリラックスし過ぎている。彼は中国に行くべきだね。そのお金でレアルは新しい選手を獲得すればいい。そうだね、(ロベルト)レヴァンドフスキなんかいいんじゃないかな」

    「クリスティアーノは新しい恋人ができて、(サッカー以外のことを)いろいろ考えているんじゃないかしら。ちょっと集中力が欠けているように見えるわ」

    また、ジネディーヌ・ジダン監督の采配にも疑問が投げかけられている。

    「9番の位置はクリスティアーノのポジションじゃない。今シーズンの彼はスピードを失っているけど、それでもサイドでプレーして18ゴールを挙げているんだ」

    「クリスティアーノは衰え始めている。そろそろ彼の出場機会を調整することを考えなければいけない。出番が来た時に、トップフォームでプレーするためにね」
    2017-01-21_08h17_19
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000001-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 00:31:49.94 ID:CAP_USER9.net
    “Jリーグの巨人軍”と評されるほど毎年のように大型補強に乗り出すJ1浦和が、このオフは不思議と鳴りを潜め、小粒な補強に終始している。

    クラブ史上最長の在任6季目に入ったミハイロ・ペトロビッチ監督(59)は、今季公式戦開幕マッチとなる「富士ゼロックス杯(2月18日、対鹿島=日産ス)から全部勝つ」と強気に5冠獲得を宣言したが、それにしては布陣が心もとない。昨季終了時、「今年はレンタル移籍した選手を呼び戻す程度」と話していた通りだ。

    これまでの浦和は“広島狩り”と揶揄されるほど、かつてペトロビッチ監督が指揮を執っていた広島からGK西川、MF柏木など代表クラスの選手を根こそぎ引き抜いてきた。

    代わりに生え抜きの若手選手を8人も他クラブへレンタル移籍させていたが、その中からリオデジャネイロ五輪代表MF矢島(岡山)ら3人が浦和に復帰した。

    このオフのJリーグ“7不思議”のひとつ、いやふたつは、浦和がMF中村俊輔、FW大久保嘉人の両ビッグネームに触手を伸ばさなかったことだろう。

    浦和が憎らしいほど強かった時代には、2006年のJリーグ得点王・FWワシントン、07年JリーグMVPのMFポンテがいた。彼らの退団以降、慢性的に司令塔とストライカー不足に陥っている。

    サッカー通が多い浦和サポーターから「俊輔と大久保を獲ればよかったのに」という声が上がっているのも無理はない。所属クラブとの契約期間が満了していた中村と大久保は「移籍金0円」で獲得できたのだから、なおさらだ。

    「あそこは監督が補強の全権を握っているからね。“勝ちきれない監督”と呼ばれながら、あれだけの権力を持っているのは不思議だよ」とはJリーグ関係者。

    指揮官の“ベテラン冷遇”傾向が色濃く影響しているようだ。ともあれ、「大久保と俊輔を獲っておけば」と後悔する事態にならなければいいのだが。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    夕刊フジ 2017.01.20
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20170120/soc1701201530003-n1.htm

    写真


    浦和レッズ公式HP
    http://www.urawa-reds.co.jp/?i=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 01:12:39.18 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターUのジョゼ・モウリーニョ監督(53)が、ストーカー被害に遭っている。20日付の英紙サンが報じた。イタリア人女性からつきまとわれているという。

    同クラブのセキュリティーチームは、この女性をスタジアム及びトレーニング場に入れないよう通達したという。関係者は「この問題は、今に始まったことではなく、チェルシー時代から続いており、もしかするともっと長いかもしれない」と話した。

    同関係者は「彼女はとてもしつこく、監督に恋愛感情を持ち始めている。マンチェスターUのスタッフらは、女性の存在に数カ月前に気がつき、クラブ内のセキュリティーチームに情報が行き渡った。彼女はメディア関係者で、以前は試合にも出入りしていた」と人物像についても言及した。

    マンチェスターUのOBリオ・ファーディナンド氏も、似たような被害に悩まされていたことがあつきまとっていた元モデルのスザンナ・イブル(43)は12年に18週間の禁錮刑に科された。

    日刊スポーツ 1/20(金) 19:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-01767918-nksports-socc

    写真


    動画あり 記者会見中ストーカーから電話
    https://www.thesun.co.uk/sport/2658175/jose-mourinho-stalked-by-crazed-female-fan-posing-as-photographer-at-manchester-united-matches/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 00:06:44.85 ID:CAP_USER9.net
    現在サッカー・Jリーグはオフシーズンだが、ヴィッセル神戸が元・ドイツ代表のルーカス・ポドルスキと接触していることが判明。久々に上がった超大物選手の来日の噂に、サッカーファンが色めき立っている。

    移籍情報の第一報は、海外メディアで報じられたものだ。ポドルスキは現在、トルコのガラタサライに所属しているが、1月16日、ドイツ紙『ビルト』が神戸に移籍すると報道。神戸側もポドルスキと接触していることを認めており、年俸は800万ユーロ(約9億6000万円)と報じられている。

    噂されている年俸額からも想像がつくが、ポドルスキの実績は超一流と呼ぶにふさわしいものだ。10代でサッカー強豪国・ドイツの代表に選ばれ、2006年のドイツW杯、2010年の南アフリカW杯、2014年のブラジルW杯に出場し、代表通算129試合で48得点を記録。ポジションは主にセンターフォワードか左サイドハーフで、左足から繰り出されるシュートはとにかく強烈だ。

    ガラタサライの関係者は放出を否定しているが、もし移籍が決まればディエゴ・フォルラン(セレッソ大阪)以来の超大物の来日だけに、サッカーファンの興奮度はかなりのものだ。ツイッターには、

    「ポドルスキまじか!しかも神戸て。絶対行くし!」
    「ポドルスキがJリーグ入りとなれば久々のビッグネームだな...」
    「ポドルスキ神戸に移籍したら絶対観に行こ! ドイツ好きにはまじ泣くほど感動するレベル!」
    「ポドルスキ神戸に来るの!?wwww 見に行く以外ありえないwwwww」
    「ポドルスキマジで来るのかな~~楽しみ!」

    といった声が上がっており、神戸サポーターのみならず他チームサポからも期待の声があがっている。

    神戸は昨年、チーム史上最高となるシーズン7位という結果を残しただけに、ポドルスキ加入が決まれば、今季の最注目チームとなりそうだ。
    (金子則男)
    2017-01-21_07h44_13
    https://r25.jp/topic/00055117/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 21:06:52.61 ID:CAP_USER9.net
    ルヴァンカップで戴冠し、セカンドステージも制した。年間勝点で1位に立って、年間最少失点の勲章も手に入れた。
     
    それなのに、最も大事なものは掴めなかった。たった1試合の敗戦によって、たった1度のミスによって、最も欲していた年間チャンピオンの称号をゆずることになった。確かな成長と大きな挫折を味わった2016シーズンについて、何を思うのか。年の瀬も押し迫る都内のフットサルコートで、槙野智章に訊いた。

    ――オフの間も毎年かなり追い込むそうですが、オフ期間のトレーニングというのは、どんなことを意識しているんですか?

    「トレーナーの方が、シーズン中の僕のプレーを映像に収めてくれているんですよ。それを見ながら話し合ったことをトレーニングに落とし込んだり、新シーズンのテーマを定めてそのベースを作ったりするようなトレーニングをするんです。 “こういう動きが足りないから、そこを伸ばしていこう”とか、“この場面の対応が少し悪いから、改善していこう”といった感じで。

    しかも、そのトレーニング自体も録画して、トレーニング後に毎回チェックするというのを繰り返す。シーズン前の自主トレは、かなり細かくやっているほうだと思います。ここ数年、何人か誘いましたけど、続かない選手もいるぐらいです(笑)」
    「身体がキツいときほど筋トレをしますね」

    ――一方、槙野選手はシーズン中も肉体改造に取り組むことでも知られていますが、シーズン中に身体を追い込むのは、珍しいですよね?
     
    「僕の場合は、身体がキツいときほど筋トレをしますね、逆に。身体を休ませたり、楽なほうに行きがちですけど、あえてムチを打ったほうが、身体がキツさを乗り越えるんです。DFは相手FWの動きに対してリアクションすることが多いポジションですけど、シーズン中もトレーニングしたほうが、足の速さやジャンプ力、身体の回転とかが良くなった。なので、自分には合っているのかなと」
    リーグ最少失点と成長を感じた1年ではあった。

    ――この2シーズン、槙野選手は得意の攻撃を控えめにして、守備をテーマにプレーしていましたが、やはりトレーニング内容も過去とはずいぶん異なるものですか?
     
    「全然違いますね。相手からボールを奪うところ、ファウルしないで前に出る守備ができるような身体づくり、ステップワーク、瞬発力が身につくようなトレーニングを心がけてやりました。それも毎年、同じことをやっていてはダメ。少しでもレベルアップ、パワーアップできるように、毎年トレーニングを変えています」

    ――2016シーズンは、その守備における成長を感じた1年だったと思います。目標どおり、浦和レッズはリーグ最少失点に輝き、年間勝点1位にもなった。ところが、チャンピオンシップ決勝で敗れ、年間王者にはなれませんでした。

    「改めて、悔しさから多くを学んだシーズンだったと思います。自分たちが積み上げてきたものを見れば、間違いなく成長している。そこは自信を持っていいと思うんですけど、最後の最後でタイトルを逃したということは、自分も、チームも、まだまだやらなければならないことがあるということ。サッカーの神様から試練を与えられたということだと捉えています。でもそれは、強くなるきっかけを与えてもらったということでもある。この機会をポジティブに捉えて、もっと成長するしかないと思っています」


    「勝負強さ」の正体はメンタルなのか。

    ――チャンピオンシップ決勝の第1戦まで、いや、第2戦の途中までパーフェクトだった。しかし、鹿島アントラーズにタイトルをさらわれた。あのチャンピオンシップを経験して、「勝負強さ」ということに関して何か感じるものはありました?
     
    「本当にメンタルだと思います。ファーストステージを制してチャンピオンシップの出場権を得た鹿島は、セカンドステージで沈んで年間3位になったけど、逆にチャンピオンシップは失うものがない状態で、気持ちを新たにして臨んだ。

    一方僕たちは、今思えば、決勝で待っているという難しさがあった。決勝の第2戦も、鹿島は2点を取らなければいけないから勝負に出てきた。一方、僕らには、どうしても取られてはいけないという難しさがあった。どんなスポーツにもあると思うんですけど、改めてメンタルの重要性は感じましたね」
    鈴木優磨に与えたPKについて何を語るのか。
    2017-01-21_07h26_39
    続きを読む

    000007

    1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/20(金) 21:19:00.407 ID:k+oHgaDi0.net
    ペナルティーエリア外からの得点は2点
    2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/20(金) 21:19:23.846 ID:U+XQmqYN0.net
    手も使っていい
    3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/20(金) 21:19:36.525 ID:pZ8xFnQH0.net
    ラスト5分は2点
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ