海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年01月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 10:50:56.14 ID:CAP_USER9.net
    セビージャは、日本代表MF清武弘嗣(27)を600万ユーロ(約7億3000万円)で売却することを見込んでいるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。セビージャは26日、ロサリオ・セントラルからアルゼンチン人MFワルテル・モントーヤ(23)を獲得した。これを受けて、セビージャはEU圏外枠整理の必要性に迫られている。

    そんな中、EU圏外選手の中で清武の退団を予想する『Fichajes』によれば、すでにメジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブから具体的なオファーが届いているという。渦中の清武は、昨夏にハノーファ―からセビージャに完全移籍。だが、ホルヘ・サンパオリ監督の信頼を勝ち取れず、公式戦9試合1ゴール2アシストにとどまっている。

    なお、その清武に関しては先日、MLSのシアトル・サウンダースからの関心が伝えられていた。

    超ワールドサッカー / 2017年1月29日 9時0分
    http://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_266258/

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 06:05:54.58 ID:CAP_USER9.net
    28日にスペインへと向かった鹿島MF柴崎岳だが、その移籍先がラス・パルマスではない可能性が浮上している。

    柴崎は28日にスペインへと出発。その理由は、かねてから移籍先と噂されていたラス・パルマスと契約を結ぶためとみられていた。

    しかしながらラス・パルマス関係者は、現時点で柴崎と契約を結ぶことを否定する。

    同クラブは日本人MFをあくまで“プランB”の獲得候補と捉えており、プライオリティーを置いているのはFWヘセ・ロドリゲス、ウェスト・ハムFWジョナタン・カジェリ、フィオレンティーナMFエルナン・トレドといった選手の獲得であるようだ。

    またスペインのラジオ局『カデナ・コペ』で、カナリア諸島のスポーツ報道を担当するフアン・フランシスコ・クルス記者は、柴崎の移籍先がラス・パルマス以外のクラブになるとの見解を示す。『ツイッター』で、「柴崎はマドリードで、欧州担当の代理人と会うことなる。しかし彼の移籍先はラス・パルマスにはならない」と記した。

    柴崎がスペインへと向かった明確な理由は、現時点では不透明だ。ラス・パルマスから声がかかるのを現地で待つか、それとも違うクラブに加わるのだろうか。

    GOAL 1/29(日) 5:55配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000030-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 07:31:57.49 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ダルムシュタット 1-6 ケルン

    【得点者】
    0-1 32分 オウンゴール(アイタク・スル)(ケルン)
    0-2 37分 大迫勇也(ケルン)
    0-3 42分 アントニー・モデスト(ケルン)
    1-3 66分 シドニー・サム(PK)(ダルムシュタット)
    1-4 72分 大迫勇也(ケルン)
    1-5 85分 ミロシュ・ヨイッチ(ケルン)
    1-6 89分 アルチョムス・ルドニェフス(ケルン)

    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=28369&tmid=566

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00547133-soccerk-socc

    28日に行われたブンデスリーガ第18節でケルンがダルムシュタットを6-1と粉砕。リーグ公式ウェブサイトはこの試合で2ゴール1アシストをマークしたFW大迫勇也をマン・オブ・ザ・マッチに選んでいる。

    ケルンは36分、右サイドからのクロスに大迫とダルムシュタットDFアイタック・ズールが飛び込むと、そのズールにボールが当たり、相手OGで先制。41分にはMFレオナルド・ビッテンコートのクロスに相手ゴール前に走り込んだ大迫がフリーの状態で頭を合わせて追加点を決めている。

    大迫は72分にはドッペルパック(1試合2ゴール)を達成。ハーフウェーラインでこぼれ球を拾い、相手ペナルティーエリアに入るところでミドルシュートを決めた。また89分にはFWアルチョムス・ルドネフスのゴールをスルーパスでアシストしている。

    リーグ公式ウェブサイトは「ドイツでのリーグ戦では初となるドッペルパックを達成し、ブンデスリーガ初のヘディング弾で13試合ぶりにゴール」を挙げた大迫をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。寸評では「大迫は多く攻撃で起点となり、ダルムシュタットの守備陣が彼を止めることがほとんどできなかった」と記されている。

    なおこの2得点で大迫は今季のリーグ戦で4ゴールを記録。勝ち点を29に伸ばしたチームで数字に表れる結果を残しつつある。
    2017-01-29_09h22_22
    GOAL 1/29(日) 7:06配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000032-goal-socc

    ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が、28日に行われたブンデスリーガ第18節のダルムシュタット戦後にコメントを残した。

    敵地でのダルムシュタット戦に先発出場した大迫。すると32分、右サイドから上がった低弾道のクロスにニアサイドで飛び込むと、ボールはDFに当たってゴールイン。先制点に絡んだ。同シーンに関して大迫は、「触ってないですよ。あれ、オウンゴールです」と笑って応えた。

    直後の37分、今度は左サイドから上がったクロスに大迫がヘディングシュートを放った。ボールはゴール右隅に吸い込まれ、第5節以来となる今シーズンのリーグ3得点目を記録。大迫は、「昨日ちょうど代理人と話していて、『やっぱ点をとんないとダメだね』って。それで『2点とります』って言って、とれたんで」と代理人とのやり取りを明かした。その上で、「もっともっと自分をレベルアップさせたいし、したいです。上のレベルに行くにはやっぱり点が必要だと思うし、目に見える結果がもっと必要。またこれでいいスタートが切れたんでね、これからですね」と向上心を示している。

    大迫は1点を返された後の72分、右足のミドルシュートをゴール左下へ突き刺し、自身この日2点目を記録している。当該場面を「あの1点は大きかったですね。あそこは気持ちよく振り抜くしかないんで、FWだったら。狙ったところにって感じです」と振り返った。

    大迫の活躍もあってリーグ7戦ぶりの勝利を挙げたケルン。ケガ人が戻ってきたほか、日本代表MF香川真司所属のドルトムントから元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチを獲得し、戦力の充実も図っている。大迫は「これからですね。また楽しみです。復帰した選手もコンディションが上がってくると思うので」とチームの今後に自信を見せると、自らのプレーについても、「手応えはありますよ。すごく体が動いているので。またこれからですね」とコメント。更なる活躍を誓った。

    SCCER KING 1/29(日) 7:17配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00547210-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 06:46:08.29 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    インテル 3-0 ペスカーラ

    【得点者】
    1-0 23分 ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
    2-0 43分 ジョアン・マリオ(インテル)
    3-0 73分 エデル(インテル)

    http://web.gekisaka.jp/livescore/detail?match=2305970&season=12659

    セリエAは28日、第22節を行った。日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームで最下位のペスカーラと対戦し、3-0で勝利した。インテルはリーグ7連勝、公式戦9連勝。ラツィオが敗れたため、勝ち点を42に伸ばしたインテルが4位に浮上した。

    インテルは今節、SBのクリスティアン・アンサルディが累積警告で欠場。ステファノ・ピオリ監督は代役に長友かDFサントンの起用を明言。そして当日、スタメンには長友が選択された。長友の出場は昨年12月21日のラツィオ戦以来でリーグ4試合ぶり。先発出場は同11日のジェノア戦以来となった。

    また長友は12月に帰国した際の会見で、女優でタレントの平愛梨との婚約を発表。長友は「1月29日に入籍をします」と明かしており、“独身最後の日”に17年初出場を果たすことになった。

    前半からインテルの好調ぶりが示された。先制点は前半23分、左サイドでショートコーナーを受けたMFマルセロ・ブロゾビッチのクロスをDFダニーロ・ダンブロージオが押し込み先制点を挙げる。このゴールはインテルの今季DFによる初ゴールになった。

    さらにインテルは前半43分、中央でFWマウロ・イカルディが左サイドに流すと、FWイバン・ペリシッチがダイレクトで折り返す。これをここまで再三チャンスを作っていたMFジョアン・マリオが押し込み、追加点を決めた。

    後半に入るとやや押し込まれたインテルだったが、無失点で耐えると、後半28分、ピッチ中央でボールを奪いカウンターを発動。ブロゾビッチのスルーパスで抜け出したイカルディの折り返しをMFエデルが合わせて蹴り込む。途中出場のエデルは出場2分でゴール。ピオリ監督の采配も的中した。

    ピオリ采配と言えば、長友の起用も当たった。前半から積極的なプレーを見せた長友。前半35分にはゴール前に顔を出すと、激しいチェックからジョアン・マリオのシュートチャンスを演出。長友は90分フル出場。好調なチームに乗せられるかのように、攻守に存在感を見せた。

    ゲキサカ 1/29(日) 6:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-01636296-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    2017-01-29_02h09_20

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 01:42:54.17 ID:CAP_USER9.net
    VfLヴォルフスブルク 1-2 FCアウグスブルク

    1-0 マリオ・ゴメス(前半4分
    1-1 ハリル・アルティントップ(前半25分)
    1-2 ドミニク・コール(後半24分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929714

    後半17分 宇佐美貴史 → ゲオルグ・ティグル
    続きを読む


    C3RWSyTWQAE7wJW
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 01:37:04.31 ID:CAP_USER9.net
    第18節 1/28(土)23:30 アウディ・スポルトパルク

    FCインゴルシュタット 3-1 ハンブルガーSV

    得点
    1-0 パスカル・グロス(前半14分)
    2-0 マルクス・ズットナー(前半22分)
    3-0 アルモグ・コーヘン(後半2分)
    3-1 酒井高徳(後半18分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929715

    酒井高徳は先発フル出場
    続きを読む

    2017-01-29_01h31_08
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/29(日) 01:20:34.31 ID:CAP_USER9.net
    第18節 1/28(土)23:30 ヨナタン・ハイメス・シュタディオン

    SVダルムシュタット 1-6 1.FCケルン

    得点
    0-1 O.G.(前半32分)
    0-2 大迫勇也(前半36分)
    0-3 アントニー・モデスト(前半42分)
    1-3 シドニー・サム(後半21分)PK
    1-4 大迫勇也(後半27分)
    1-5 ミロシュ・ヨイッチ(後半40分)
    1-6 アルチョムス・ルドネフス(後半44分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929717
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/28(土) 22:13:33.46 ID:CAP_USER9.net
    フランクフルトに所属する日本代表のキャプテンMF長谷部誠は、現役生活をまだ続ける考えのようだ。ドイツ紙『ビルト』で「40歳になってもプレーをしたい」と明かしつつ、一方で引退後については監督の道を歩むことを強調している。

    長谷部は今シーズン途中からニコ・コバチ監督にリベロとして起用され、安定した守備と冷静なビルドアップでフランクフルトに大きく貢献。先日には浦和レッズでもプレーしたフランクフルトの英雄の1人である元ドイツ代表MFウーベ・バイン氏が、その前半戦のパフォーマンスを絶賛していた。長谷部はバイン氏のコメントに、目を通していたようだ。

    「それ読みましたよ。あれほどのレジェンドがそう言ってくれることはとても嬉しいですね。ですが、それでも僕はもっと良いプレーを見せなければいけないので。(前半戦の)17試合で15失点という記録は良いですが、前方でもっとうまくやらないと。攻撃は後方の僕から始まるので、自分ももっと攻撃的に考える必要があります」

    現在33歳の長谷部は、先月にクラブとの契約を2018年までに延長。今後も契約を更新していく意欲があるかを問われると、次のように返答した。

    「できるだけそうしていきたいです。フィットネス次第ですが、40歳になってもプレーできたら最高です。ここではすごく居心地が良いし、僕たちのプレースタイルも気に入ってます。それにスタジアムもいつも満杯ですからね。フランクフルトの平均動員数は世界で18位というのをどこかで読みましたけど、選手にとってそれは大きなことです。もし、ここでプレーができなくなれば、日本やアメリカのチームに向かうことをイメージできます」

    現役引退後には監督業に取り組むことが目標と公言する長谷部だが、その意思は強いようだ。

    「ドイツで監督ライセンスを取得したいと思っています。スポーツディレクターの(ブルーノ・)ヒューブナーにもCやBのライセンスについて聞きました。でもまだそれは早すぎるので。今はプレーする方に集中していきたいです」

    「マネジャーや広報の仕事?それは考えていません。僕は15年間プロ選手としてやってきて、いつもプレッシャーがあったので。サッカーを辞めたらつまらなくなるでしょう。だからこそ監督をやりたいと思います」

    また最も影響を受けた指導者についての質問に対し、このように答えた。

    「戦術面に関しては(現ボルシア・メンヒェングラッドバッハ監督の)ディーター・ヘキングとニコ・コバチ、それに日本代表の(ヴァヒド・ハリルホジッチ)監督でしょう。ピッチ外に関しては2010年ワールドカップに代表の監督を務めていた岡田武史、そしてコバチですね」
    2017-01-28_23h46_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000023-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/01/28(土) 20:33:23.61 ID:CAP_USER9.net
    鹿島MF柴崎岳(24)が28日、スペイン1部ラスパルマス移籍に向け、スペインに出発した。

    移籍準備のため、チームのタイ遠征(22~27日)には同行せずに日本に残って調整していたが、ついに渡欧。近日中にも現地で契約を結ぶ見通しだ。

    スペイン1部での契約となれば、日本人10人目となる。01年FW城彰二(バリャドリード)を皮切りに、FW大久保嘉人(マジョルカ、現東京)や中村俊輔(エスパニョール、現磐田)ら日本代表の主力級でもレギュラー定着に苦しんだ鬼門のリーグ。今季、セビリアMF清武弘嗣(27)は出番に恵まれていないが、エイバルMF乾貴士(28)がスタメンに定着する活躍をみせている。

    ラスパルマスは上位進出を目指し、今冬の移籍市場で攻撃的な選手の獲得に積極的。ハンブルガーSV(ドイツ)からクロアチア代表で司令塔のMFアレン・ハリロビッチ(20)を期限付きで獲得。柴崎にとっても、先発出場へのライバルは多い。

    柴崎は15年からクラブ幹部に本格的な欧州移籍の希望を伝えていた。昨年もドイツ1部のクラブなどが興味を示していたが、正式オファーが届かずに断念。親しい関係者には「鹿島でJリーグのタイトルをとってから行く」と強い決意も明かし、昨季はJ1と天皇杯を制した。12月のクラブW杯でも決勝のRマドリード戦(スペイン)で2得点を挙げ、世界王者を苦しめる原動力にもなった。次はスペインでの活躍と日本代表復帰が目標となる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-01771440-nksports-socc

    スペイン出発のため搭乗手続きを行う鹿島MF柴崎



    柴崎岳、ラスパルマスでも背番号「10」の可能性

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/28(土) 18:41:06.66 ID:CAP_USER9.net
    サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のGK山根恵里奈(26)が28日、自身のツイッターで驚きの”進化”を報告した。

    山根は「本日メディカルチェックです」と所属チームの千葉でシーズンイン前の恒例行事があったことを明かし、「メディカルチェックということは、もちろん身体測定もあるわけでして…」とツイート。「ついにまたやってしまいました。身長、過去最高値だしました→→188.4cm」と26歳にしてさらに身長が伸びたことを明らかにしたうえで「やべー」と複雑な?心境をつづった。

    2015年の女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会メンバーでもある山根の身長は、昨年2~3月に行われたリオデジャネイロ五輪最終予選までは1メートル87で登録されていたが、同年5月の国際親善試合から1メートル88に変更。このツイートによると、そこから、わずかながらまた伸びたようだ。

    男子の日本代表GKを見ても、西川周作(30=浦和)は1メートル83で、川島永嗣(33=メス)も1メートル85。山根は以前から男子をもしのぐ大型GKとして注目されてきたが、「やべー」の文字に続いては、涙を流す絵文字と「笑」の文字も添えられている。サッカー選手としては大きな武器の長身だが、26歳の乙女としては少々複雑なのかも?
    2017-01-28_20h02_52
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00000138-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ