海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年02月

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 23:26:59.04 ID:CAP_USER9.net
    2017-02-28_23h46_48
    鹿島が敵地敗戦、まさかロスタイム弾浴びる
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-01785585-nksports-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 23:27:18.53 ID:CAP_USER9.net
    ACL:ムアントン1-1鹿島>◇1次リーグE組◇28日◇バンコク

    昨季Jリーグ王者の鹿島アントラーズが、敵地でムアントン(タイ)に敗れた。これで鹿島は1勝1敗。

    鹿島はリーグ戦から中2日という厳しい日程の中、25日のJリーグ開幕戦から先発を6人入れ替えての戦いとなった。前半12分、ムアントンDFティーラトンに直接フリーキックを決められ、先制された。後半に入るとすぐさま反撃。2分にFWペドロ・ジュニオールが同点ゴールを決めた。鹿島は同38分、FW鈴木優磨がPKを獲得し大きなチャンスを得たが、鈴木がゴール左に外してしまい勝ち越し機を逃した。そして後半ロスタイム、FWシスコに劇的な決勝ゴールを食らい敗れた。

    鹿島の次戦は3月14日。ホームでブリスベン(オーストラリア)と対戦する。

    ACLは32チームが出場し、1次リーグは全8組で総当たり(ホームアンドアウェー)で実施。各組上位2チームが決勝トーナメント(T)に進む。決勝Tもホームアンドアウェー。優勝すればクラブW杯の出場権を得る。昨季優勝は全北(韓国)。
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 22:12:35.42 ID:CAP_USER9.net
    0-1で惜敗したベジクタシュ戦後に急展開

    ガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがJ1ヴィッセル神戸移籍で合意に達し、チームを電撃退団することになったとトルコメディアが伝えている。トルコ紙「アクサム」電子版が報じた。

    ガラタサライは27日のベジクタシュとのダービーマッチに0-1で惜敗した。この試合でフル出場を果たした2014年ブラジル・ワールドカップのドイツ代表優勝メンバーの去就問題は、風雲急を告げている。

    ポドルスキがベジクタシュ戦後に、神戸移籍で合意に達したと報じられている。神戸はこれまで獲得交渉を続けてきたが、土壇場で移籍合意に達し、トルコの名門を退団することになったという。

    レアンドロが全治6カ月と診断されたばかり

    「ポドルスキは今日チームメートに別れを告げ、日本でキャリアを続ける」と記事では報じられている。

    神戸は昨季のJ1得点王のFWレアンドロが、左膝前十字靭帯損傷および外側半月板損傷により、全治6カ月と発表したばかり。これまではガラタサライとの移籍金で折り合いがつかずに、トルコリーグ終了後の今夏に獲得を目指す可能性が浮上していたが、エース離脱により、スーパースターの即時獲得に舵を切ったようだ。
    2017-02-28_22h48_31

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010019-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 21:23:48.60 ID:CAP_USER9.net
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節が2月28日に行われ、浦和レッズ(日本)とFCソウル(韓国)が対戦した。

    2007年以来10年ぶりのアジア制覇を狙う浦和は、グループステージ初戦のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)戦で4-0の大勝。敵地で幸先のいいスタートを切った。しかし、25日に開幕した2017明治安田生命J1リーグ開幕戦の横浜F・マリノス戦で敗れてしまい、一抹の不安を残したままこの試合を迎えた。FCソウルは昨季のKリーグ王者で、2016年のACL決勝トーナメント1回戦でPK戦の末に敗れた因縁の相手でもある。

    試合は序盤からホームの浦和がカウンターを生かして攻め込む。8分、右サイドに抜け出した興梠慎三がエリア右横まで駆け上がりクロスを供給。ファーサイドに飛び込んだ武藤がヘディングシュートを決め、浦和が先制に成功する。続く11分、右サイドの関根がドリブルで中央へ切り込むと、エリア内中央でボールを受けた李忠成がワントラップから左足でゴール右に蹴り込みチームの2点目を挙げた。

    いきなり2ゴールを奪われたFCソウルは、14分に約30メートルの位置でFKを獲得。キッカーのパク・チュヨンが右足で狙うと、GK西川周作が反応しきれずにゴール左へ吸い込まれた。

    1点を返されたものの、浦和の攻撃姿勢は変わらない。15分、武藤からエリア内でパスを受けた関根がトラップから右足シュートを狙うと、うまくミートできなかったもののGKユ・ヒョンが後逸。痛恨のミスで追加点を献上してしまった。さらに21分、カウンターから李がドリブルで持ち上がり、エリア左へパスを送る。相手DFに当たったボールを宇賀神友弥がボレーシュートでゴール右に沈め、リードを3点に広げた。

    FCソウルは高いボール支配率を記録しているものの、なかなか得点できない。すると前半終了間際に再びリードが広がってしまう。45分、エリア内でパスを受けた駒井がゴール左にシュートを沈め、大量5点目を奪った。駒井にとっては移籍2年目で浦和での初ゴールとなった。このまま5-1でハーフタイムを迎える。

    大量リードを奪われたFCソウルは後半開始からマウリーニョをピッチに送り込んで反撃を目指す。後半に入ってもFCソウルがボールを保持し、浦和がカウンターからチャンスを伺う展開が続く。浦和は66分に興梠を下げてラファエル・シルバを投入。74分に長澤和輝、78分にズラタンを投入した。

    81分には長澤からパスを受けたラファエル・シルバが右足シュートを狙ったが、ここはGKユ・ヒョンが好セーブでなんとかしのいだ。後半アディショナルタイム2分には途中出場のダムヤノヴィッチが1点を返したが、このまま浦和が韓国王者のFCソウルを5-2で一蹴し、昨年のリベンジを果たした。

    グループステージ第3節は3月15日に行われ、浦和は敵地で上海上港と、FCソウルはホームでウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦する。

    【スコア】
    浦和レッズ 5-2 FCソウル

    【得点者】
    1-0 9分 武藤雄樹(浦和)
    2-0 11分 李忠成(浦和)
    2-1 14分 パク・チュヨン(FCソウル)
    3-1 15分 関根貴大(浦和)
    4-1 21分 宇賀神友弥(浦和)
    5-1 45分 駒井善成(浦和)
    5-2 90+2分 ダムヤノヴィッチ(FCソウル)
    GettyImages-646160094-500x333
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00557278-soccerk-socc
    続きを読む

    276:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です:2017/02/28(火) 17:29:24.46 ID:QTwJftmg0.net
    岳さん テネリフェ島のアニオタの心をガッツリ掴んだ模様

    ナツ ドラグニル
    @dabide_natsume
    Estudiante. Bloguero y RPGMakero en proceso. Fanficker. Cosplayer nvl1. Fairy Tail. Tolkien. Asimov. CD Tenerife.
    アニメ、まんが、コスプレと日本大好き!



    続きを読む

    20170225-01784091-nksports-000-7-view

    1:サインコサイン ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 16:25:44.74 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 2/28(火) 16:20配信

    J1の神戸は28日、25日に行われた清水との今季開幕戦で左膝を負傷したFWレアンドロ(32)が神戸市内の病院で検査を受けた結果、左膝前十字靱帯(じんたい)損傷および外側半月板損傷で全治6か月と診断されたと発表した。

    レアンドロは昨季J1リーグ戦で19得点を挙げ、得点王に輝いていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000121-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 12:57:18.87 ID:CAP_USER9.net
    新たな転換期を迎えている日本サッカー界の2017年がいよいよ始動する。2月25日からJリーグが開幕し、1ヶ月後の3月24日からはW杯アジア最終予選が再開される。これからの日本サッカー界の展望を大きく左右する重要なシーズン、その象徴である日本代表について前園真聖氏に訊いた-----

    現状のままでは、日本代表がW杯ロシア大会への出場権を手にできる確率はフィフティ・フィフティだと思っています。代表選手たちの置かれている状況が良ければ、自信を持って「100%」と言えますが、この冬の海外組の移籍を見ると、まだ言い切れませんね。

    日本代表はW杯アジア最終予選初戦でUAE戦に1対2で敗れたことから、最終予選の前半5試合は苦しい戦いが続きました。W杯最終予選の5戦目でサウジアラビア戦に2対1で勝利したことで、勝ち点で首位に並ぶグループ2位で前半戦を終えることはできましたが、海外組のパフォーマンスにバラつきがあったことが苦しんだ要因でした。

    アジア各国のレベルは確実に向上していて、以前のように簡単に勝てなくなっているのは事実です。ただ、これには日本代表に以前よりも海外でプレーする選手が増えたことも関係しています。

    レベルの高い海外リーグでプレーする選手が増えたから、簡単にアジアを勝ち抜けると思われがちですが、実際には国内組が多いアジアのライバルは代表合宿を頻繁に組んで強化できるのに対し、日本代表は海外組が多いので、そうした時間が作れない。そのため日本代表は、選手個々の出来不出来が試合結果に大きく影響するようになりました。

    2016年は海外組の選手たちの多くが、所属するクラブでポジションを奪えず、リーグ戦で試合に出場できない状況にありました。大迫勇也、原口元気、吉田麻也、乾貴士(ハリルJでは未招集)、2017年になってからはケガから復帰した武藤嘉紀が、コンスタントに試合出場していますが、それ以外の選手たちはクラブで出番が得られない。その結果としてコンディションが整わず、日本代表に招集されても本来のパフォーマンスが発揮できない悪循環に陥りました。

    クラブで試合に出ていなくても、代表で最大限パフォーマンスを発揮できれば問題はありません。しかし、僕も経験があるのですが、練習でどれだけ厳しいトレーニングをして追い込んでも、フィジカルや試合勘が実戦ではなかなかフィットしません。クラブで試合に出ている選手はコンディションがいいので、代表でも実力を発揮しやすく、クラブで信頼されてプレーできている自信を持って代表戦でもプレーできている。もちろん、このことは日本代表の選手たちも十分に理解しています。そのため清武弘嗣は、Jリーグの今シーズンからセレッソ大阪に復帰を決めました。

    つづく
    2017-02-28_15h48_20
    webスポルティーバ 2/28(火) 12:39配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010003-sportiva-socc&p=1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 13:00:01.65 ID:CAP_USER9.net
    高橋陽一の漫画『キャプテン翼』が舞台化され、8月18日から東京・Zeppブルーシアター六本木で上演される。

    1980年代に連載がスタートしたサッカー漫画『キャプテン翼』。舞台版は『超体感ステージ 「キャプテン翼」』と題してVR技術を用いるほか、漫画に登場する必殺技はダンスやマーシャルアーツ、イリュージョン、デジタル技術と身体能力を掛け合わせて表現するという。

    総合演出は演出家・振付家・ダンスパフォーマーのEBIKENこと蛯名健一が担当。脚本・演出アドバイザーとして加世田剛(enra)が参加する。出演者は後日発表される。
    20170228-captaintsubasa

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00008660-cinranet-ent
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 10:23:35.76 ID:CAP_USER9.net
    日刊スポーツ 2/28(火) 10:17配信

    レスター岡崎はリバプールDFクラインと競り合う(AP)

    <プレミアリーグ:レスター3-1リバプール>◇27日◇レスター

    レスターFW岡崎慎司(30)が持ち前の泥臭いプレーで、リバプールのクロップ監督から称賛された。

    ラニエリ監督が解任され、シェークスピア助監督が指揮した試合でさっそく先発出場。前半7分、後方にいたFWバーディーのたたきつけたシュートが、エリア内でバウンドしたところに頭から飛び込みシュート。GKのファインセーブでゴールとはならなかったが、「らしさ」あふれるプレーを披露した。

    後半7分、岡崎は自ら奪ったボールを前線左サイドに開いたバーディーへパス。バーディーが中央へ折り返したところを、岡崎の前に体を入れたMFワイナルドゥムにクリアされた。続く後半14分、GKシュマイケルのゴールキックを岡崎がヘディングで落とし、バーディーがループシュートで狙った。

    得点に絡んだプレーはなかったが、前線から積極的にボールを追い、相手選手にタックルするなど闘志あふれるプレーは、苦境にあえぐチームにあって特に目立った。岡崎は「監督が、とかいう話ではなくて、たぶんみんなモヤモヤしていた部分があった」と言う。そんな岡崎の心意気がチームに波及した。レスターは序盤からリバプール陣内に人数をかけてボールを追い、ひたむきにプレー。前半28分、後半15分とスルーパスから抜け出したバーディーの2得点、前半39分にはMFドリンクウオーターがミドルシュートを決めた。どれもチームが一丸となって戦ったゆえのものだった。

    岡崎は「もう前からいくしかないという感じ。今まで、僕も感じていたけど前からもっとプレスしていけば、絶対にはめられると言っていた部分を、きょうはみんながいってくれたので、自分もやはりやりやすくて」と手応えを口にした。強敵リバプールを破り、順位も15位に浮上。息を吹き返したレスターの快勝に「このまま、残り12試合、このまま行こうという道が見えた勝ち方。そうなった時のレスター強いと思う」と自信を口にした。

    誰よりも走り、いつもながらの泥臭さ満点。そんな岡崎のプレーを敵将クロップ監督は見逃さなかった。試合後の会見でレスターの選手について問われると2得点したバーディーでなく、岡崎の名前だけを上げて「良かった」。ドルトムント時代に香川真司を指導した名将は、あらためて献身的な日本人選手の姿に心引かれたようだ。
    2017-02-28_12h00_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-01785288-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 08:49:30.63 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは27日、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが代謝異常により練習参加をしばらく見送ることを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

    昨夏バイエルンからドルトムントに復帰したゲッツェは、ここまでブンデスリーガ11試合の出場にとどまっており、2月に入ってからは出場機会がない。クラブ発表によると、直近の数カ月は筋肉系に問題を抱えており、原因究明のために検査を受けたという。

    検査の結果、ゲッツェは代謝異常を抱えていることが判明。練習参加はしばらく見送られるようだ。本人はコメントを発表しており、「僕は現在治療中で、練習復帰に全力を尽くすつもりだ。できるだけ早く戻って、チームの目標達成に貢献したい」としている。

    また、ドルトムントのSD(スポーツ・ディレクター)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、「ゲッツェの問題の原因がわかってよかった。彼は特別な能力を持っていて、復帰すれば必ず我々の力になる」と、復帰に期待した。
    2017-02-28_10h26_09
    SOCCER KING 2/28(火) 7:42配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00556996-soccerk-socc
    続きを読む

    ee2a1218b010857dd3576f0df6c90a9f

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/28(火) 09:07:28.19 ID:CAP_USER9.net
    今シーズンからJリーグの全試合放映権を獲得した「DAZN」は、J1とJ2開幕節となった25日、26日に2日連続で配信に不具合が出るアクシデントが起きた。同社のジェームズ・ラシュトンCEOは公式サイトでお詫び文を掲載した一方で、独メディア「ヨーロッパオンラインマガジン」のインタビューで今後への自信を語っている。

    英国を本拠とする「DAZN」は日本だけでなく各国への進出を目論んでおり、ドイツもその筆頭格として放映権市場に殴り込みをかけている。

    ラシュトンCEOはなぜ日本とドイツを選んだのかとの質問に対して「人口の多さ、ネットワーク状況などマクロ経済的な要素です。どちらの市場も有料テレビ局が大きく支配しているが、市場の独占度は決して高いわけではない。それによって望んでいるコンテンツを見られない多くのスポーツファンがいます」と、ネットでの映像配信事業がビジネスチャンスであると見ているようだ。

    同CEOはUEFAチャンピオンズリーグなど各競技の放映権獲得にも意欲を見せているなかで、Jリーグの独占配信についても触れている。10年間で約2100億円もの契約金を結んだことへの懸念に対しても「絶対に心配ありません。我々は非常に多くの資金を持っている」と話しつつ、こう答えている。

    ■Jリーグについて「4~6年のうちに再投資」

    「日本のJリーグの放映権獲得について、数年間で回収できるか? それは目標ではないです。大切なのはDAZNにとってこの魅力あるリーグが注目を集めていることです。我々はサービスがどれだけ優れているか証明することができます。4~6年のうちには商品や放映権に再投資することに自信を持っています」

    とはいえ26日のガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府はキックオフから放映できず、Jリーグが公式YouTubeチャンネルでフルマッチの試合映像を配信するドタバタぶりとなった。同CEOは公式ホームページで「昨日、Jリーグのライブ配信において重大な問題が発生しました。視聴することができなかった全てのファン・サポーターに心よりお詫び申し上げます」とのコメントを残している。

    ネット回線での映像配信はまだ課題山積であることを示した2日間を経て、DAZNの改善は進んでいくのかに注目が集まる。

    Football ZONE web 2/28(火) 8:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010002-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ