海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年02月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/01(水) 07:10:39.91 ID:CAP_USER9.net
    鹿島のMF柴崎岳(24)がスペイン2部テネリフェに移籍することが決まった。31日、テネリフェが発表した。労働ビザを取得し、身体検査に合格した後に正式契約を結ぶ。クラブ公式サイトによると、契約期間は今年6月30日までという。

    テネリフェは現在リーグ6位。3~6位が出場権を得る1部昇格プレーオフ圏内につけており、8季ぶりの来季1部昇格を目指している。過去に日本人が所属したことはなく、柴崎が初の日本人プレーヤーとなる。

    柴崎は当初、スペイン1部ラスパルマスとの契約を第一優先としていた。契約に備えるため、28日には日本をたってスペインに滞在。しかし、30日にクラブのラミレス会長が地元UDラジオで「(1月の)補強は終了した」と発言し、移籍話は消滅した。同国リーグはEU圏外選手はわずか3枠しかなく、関係者によると柴崎より優先度が高い南米選手がEU枠と認められなくなるなどの複雑な事情が絡み、当初は入る余地があった枠が白紙となったという。だが、移籍期限当日のこの日に急転、テネリフェへの契約にこぎ着けた。

    テネリフェの本拠地はカナリア諸島のテネリフェ島に位置。同じカナリア諸島のグランカナリア島にあるラスパルマスとはライバル関係で、両者の対決はカナリア諸島ダービーとして知られている。来季、テネリフェが1部に昇格すれば、移籍がかなわなかったラスパルマスと対峙(たいじ)するチャンスもある。柴崎は早ければ4日のホーム・エルチェ戦での欧州デビューを目指していく。

    ▽テネリフェ 1912年創設。本拠地は大西洋モロッコ沖のカナリア諸島にあるテネリフェ島サンタクルス。1961~62年に1部初昇格。2~3部時代を経て89~99年にバルダーノ監督、ハインケス監督らの下で1部に定着し、最高位は5位。00年代以降は財政難に苦しみ、11~13年には3部に所属。昨季は2部13位。監督はスペイン人のホセ・ルイス・マトリ氏(41)。ホームスタジアムはエリオドロ・ロドリゲス・ロペス(2万3660人収容)。
    2017-02-01_08h03_34
    スポニチアネックス 2/1(水) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000026-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/01(水) 06:15:46.30 ID:CAP_USER9.net
    ミランに所属する日本代表FW本田圭佑に対してハル・シティから正式なオファーが届いたが、それを拒否したようだ。1月31日に伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

    同紙によると、今年6月でミランとの契約が切れる本田に対してハルからオファーが提示されたが、本田本人がそのオファーを断りミラン残留の道を選んだとのこと。ミランから契約延長の話はなく、このままの状態が続けば夏にはフリーで退団することになる。

    本田は今季6試合に出場。ほとんどの試合でベンチ入り止まりの状態が続いており今後の去就に注目が集まっていた。先日、ミランはFWジェラール・デウロフェウとFWルーカス・オカンポスを補強して攻撃陣を強化。本田にとって、さらに厳しい状況が続いている。
    honda_getty
    フットボールチャンネル 2/1(水) 5:38
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170201-00010003-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/01(水) 05:34:18.37 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのスペイン1部リーグ、セビリアに所属する日本代表MF清武弘嗣(27)がJ1C大阪に完全移籍で復帰することが31日、決定的となった。移籍金など条件面で基本合意に達し、セビリアに正式オファーを送付。クラブ関係者は「かなり前向きになってくれた。あとはサインをするだけ」となったことを明かした。

    セビリアで出場機会を失っていた清武を巡っては、JリーグのC大阪、神戸、鳥栖、FC東京に加え、米MLSシアトルなども獲得に興味を示していたが、清武は日本復帰を希望。C大阪は代理人を通じて水面下で接触し、交渉を続けていた。

    だが、16年6月に清武を650万ユーロ(約8億円)でハノーバーから獲得したセビリアは600万ユーロ(約7億3000万円)とされる移籍金を要求。当初C大阪が設定していた上限額とは大きな隔たりがあったものの、16年にFW柿谷やMF山口が復帰した際と同様に、移籍金の減額や数年間の分割払いなどを提示し、粘り強く交渉を行ってきた。

    セビリアは27日にアルゼンチン代表MFモントーヤを獲得し、清武を含め4人となった欧州連合(EU)圏外の外国人枠を一つ空ける必要が生じていた。欧州の移籍期限となる1月31日(日本時間2月1日午前8時)が迫る日本時間31日深夜に事態は急展開を見せ、清武の4年半ぶりとなる古巣復帰が実現することになった。
    2017-02-01_07h39_44
    デイリースポーツ 2/1(水) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000002-dal-socc

    清武 セレッソ決定的!完全移籍で古巣4年半ぶり復帰

    スポニチアネックス 2/1(水) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000145-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ