海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年02月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 15:05:58.24 ID:CAP_USER9.net
    fukuoka-horz
    ■アビスパ福岡 1‐2 大分トリニータ [レベルファイブスタジアム]

    [大]松本怜(26分)
    [福]駒野友一(45分+3)
    [大]鈴木義宜(90分+3)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022603/livetxt/#live

    ■V・ファーレン長崎 4‐0 ザスパクサツ群馬 [トランスコスモススタジアム長崎]

    [長]島田譲(29分)
    [長]ファンマ(45分+2)
    [長]乾大知(49分)
    [長]澤田崇(71分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022603/livetxt/#live

    ■ロアッソ熊本 2‐1 カマタマーレ讃岐 [
    えがお健康スタジアム]

    [熊]安柄俊(22分)
    [熊]安柄俊(57分)
    [讃]永田亮太(70分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022604/livetxt/#live

    県民の“光となれ”…安柄俊2発の熊本が讃岐に競り勝ち2年連続白星スタート
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-01637262-gekisaka-socc

    順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j2/
    続きを読む

    2017-02-26_16h27_34

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 16:03:08.27 ID:CAP_USER9.net
    ■水戸ホーリーホック 0‐1 湘南ベルマーレ [Ksスタ]

    [湘]菊地俊介(66分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022605/livetxt/#live


    ■FC町田ゼルビア 0‐1 ジェフユナイテッド千葉 [町田]

    [千]町田也真人(40分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022606/livetxt/


    ■横浜FC 1‐0 松本山雅FC [ニッパツ]

    [横]野村直輝(16分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022607/livetxt/


    ■名古屋グランパス 2‐0 ファジアーノ岡山 [パロ瑞穂]

    [名]永井龍(41分)
    [名]永井龍(84分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022608/livetxt/#live


    ■FC岐阜 2‐2 レノファ山口 [長良川]

    [山]岸田和人(3分)
    [山]岸田和人(37分)
    [岐]青木翼(39分)
    [岐]永島悠史(59分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022609/livetxt/#live


    ■京都サンガ1‐2 モンテディオ山形 [西京極]

    [山]瀬沼優司(35分)
    [山]鈴木雄斗(57分)
    [京]ケヴィン・オリス(90分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022610/livetxt/#live


    ■徳島ヴォルティス1‐0 東京ヴェルディ[鳴門大塚]

    [徳]杉本太郎(27分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/022611/livetxt/#live


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 12:02:43.61 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部エイバルMF乾貴士(28)が25日、フル出場して3-0と勝利したマラガ戦後のミックスゾーンで、日本メディアの海外組に対する批判記事について憤慨した。

    乾の言葉は次の通り。

           ◇     ◇

    最近、日本のメディアの記事を読んで気になったことがあって。“欧州に行けばいいってもんじゃない、欧州にこだわる必要がない”というもので、そこから岳(テネリフェ柴崎岳)の話も出て…。

    欧州にいっても試合に出ないと意味がないという言い方で、もちろんそれは当たり前のことなんですけど、そこで苦しんで頑張ることにも絶対に意味がある。それを言い訳ととらえるのかもしれないけど、選手が厳しい環境で頑張ることにも意味があるんです。

    海外に出て、違う環境で、言葉も通じない、監督の考え方も違う中でやるのは、日本サッカーのためでもあるし、選手自身のためでもあるというのは分かってもらいたい。

    それを批判しすぎだと思う。代表に呼んで、そういう(海外のクラブで出場機会が少ない)選手を出すかどうかは代表監督が決めること。

    海外組はそれに関して、「出てないけど出せ」なんて言ったことはないし、代表で試合に出られなくてもそこに関して文句を言う人はいない。それを言うなら海外組じゃなくハリルホジッチ監督に言えばいい。

    岳はまだ海外に来て1、2週間。ここから少しずつ頑張っていこうとしている選手を「欧州に行けばいいってもんじゃない、柴崎がいい例」というような、欧州にこだわる必要がないみたいに言うのは、まったくリスペクトがない。海外に行かないと分からないこともあるし、そこで培ったものは絶対プラスになると思う。

    俺は代表でもないし、言いたいことは言えるので、だから今回は言いたい。(批判するのが)仕事と言われたら終わりだけど、それだけで片付けられたら俺らからしたら嫌だし、どうしても腹が立ってしまうので。言う方も責任を持って言ってほしい。海外で頑張っている奴らはいっぱいいます。海外に日本人が誰も行かないとなったら、面白くないと思う。海外に行って、そこで頑張ることに意味があるので。いうことにはもうちょっと責任を持って言ってほしい。

           ◇     ◇

    エイバルで成功をつかんだと言われている乾だが、本人にそのおごりはまったくない。日々の練習、そして試合の中でしっかりと結果を出さないといけないという厳しい欧州サッカーの環境の中でもがいているからこそ、受け入れられない短絡的な批判があること、本当に知って欲しい自分たち海外組の真実について、言葉をつむぎだした。(山本孔一通信員)

    日刊スポーツ 2/26(日) 11:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-01784443-nksports-socc

    写真


    乾が2試合ぶりフル出場、ポスト直撃のミドル放つ…エイバルは3発完封勝利
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00556114-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 09:46:43.57 ID:CAP_USER9.net
    「明治安田生命J1、鹿島0-1FC東京」(25日、カシマサッカースタジアム)

    明治安田生命Jリーグは、J1・8試合で25年目のシーズンが開幕した。元日本代表FW大久保嘉人(34)が加入した昨季年間9位のFC東京は、アウェーで昨季覇者の鹿島を1-0で破った。後半37分にオウンゴールで先制し、1点を守り切った。FC東京がカシマスタジアムで勝ったのは、リーグ戦では07年6月30日以来、10年ぶり2回目。鬼門を突破し、初優勝へ白星発進した。

    勝利の瞬間、FW大久保嘉は空に向かって吠(ほ)えた。「ホッとした。不安だったし、相手も鹿島だったし。どんな形でもいいから、勝てればと思っていた」。選手たちは抱き合い、ベンチ前でも歓喜の輪ができた。その光景が、この一戦への意気込みを示していた。

    耐えてつかんだ勝利だ。昨季王者に危険な場面も作られたが、DF森重らを中心に体を張って防ぎ続けた。後半14分には絶体絶命の場面を迎えたものの、GK林が左手一本でビッグセーブした。

    同37分、途中出場のMF中島がミドルシュートを放つと、大久保嘉とMF永井がこぼれ球を狙って猛突進。34歳のベテランが「ピッチの状態も悪かった。何かが起こる可能性があった」と語るように、相手GKがはじき、オウンゴールを導き出した。

    “新生FC東京”の船出だった。11人を放出し、12人を新戦力として獲得。約3分の1の顔ぶれが変わり、この日の先発も5人が新加入選手だった。

    川崎から加わった元日本代表は「相手のGK(権純泰)はJリーグが初めてだから脅威を与えたかった」と前半7分にチーム最初のシュートを放ち、後半14分にはCKから決定機に顔を出した。至近距離からのボレーは惜しくも外れたが「(GKの)顔面(脇)を狙ったが、タイミングがずれた」と語るなど、闘争心を植え付けた。

    大久保嘉について篠田監督は「練習から手を抜かない姿勢を見せてくれて驚いている。若手にも、元からいた選手にも刺激になっている」と絶賛。34歳のストライカーは「みんな戦えていたんじゃない?」と振り返った。

    強力な個性を持つ歯車は、完全にはかみ合っていない。ただ、大久保嘉は「今日勝ったことで、チームは絶対に良くなる」と言う。悲願のリーグVへ、FC東京が最高の形で第一歩を踏み出した。

    デイリースポーツ 2/26(日) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000001-dal-socc

    写真


    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 02:17:45.82 ID:CAP_USER9.net
    日刊スポーツ 2/26(日) 2:03配信

    マインツ武藤嘉紀、3戦ぶり先発で勝利に貢献

    相手と競り合うマインツ武藤(撮影・PIKO)

    <ブンデスリーガ:レーバークーゼン0-2マインツ>◇25日◇レーバークーゼン

    マインツFW武藤嘉紀(24)が3試合ぶりに先発出場した。


    武藤に得点はなかったが、チームは前半3分にDFベル、同11分にMFウツトゥナリのゴールで勢いづき快勝。

    武藤は後半44分までプレーし、アウェーで約5カ月ぶりの勝利に貢献した。
    2017-02-26_09h42_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-01784222-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 08:02:50.63 ID:CAP_USER9.net
    ○柏3-1鳥栖●(25日・ベアスタ)

    「日本では違うルールで(サッカーを)やっているのか」。試合後、鳥栖のフィッカデンティ監督が激高した。鳥栖は二つのPKを取られる厳しい判定もあり、逆転負け。新戦力5人がピッチに立った“新生鳥栖”の船出は後味の悪いものとなった。

    前半38分、川崎から加入したMF原川が直接FKを決め先制。昨季はほとんど見られなかったセットプレーからの直接ゴールには進化の期待を抱かせた。しかし後半、両サイドにパスを振られ、クロスの対応で後手に回ると、相次いでPKを献上。33分にはMF武富にほぼフリーでヘディングを許し、万事休した。

    厳しい判定はあったものの、攻守の連係面での課題が露呈したのは事実。GK権田は「2点取られた後、トーンダウンした。審判のせいにするのは簡単だが、それでは成長できない」と指摘。主将のFW豊田は「ここから次第に良くなっていくと信じている。このコメントは勝っていても言っていた」と立て直しに強い決意をにじませた。
    2017-02-26_09h14_13
    毎日新聞 2/25(土) 21:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000080-mai-socc

    動画

    吉田豊のPK献上
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 01:25:55.37 ID:CAP_USER9.net
    香川は3試合連続の途中出場・・・オーバメヤンの3戦ぶり得点でドルトムントが快勝
    2017-02-26_02h04_49
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00556017-soccerk-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 01:26:13.62 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第22節が25日に行われ、フライブルクと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川は5試合連続のベンチスタートとなった。

    前節、ドルトムントはヴォルフスブルク相手に公式戦3試合ぶりの白星を収めた。今後はDFBポカール準々決勝(28日)とチャンピオンズリーグのベンフィカ戦(3月8日)も控えており、厳しい日程で試合を戦うことになるため、しっかりと連勝を飾りたいところだ。この日もFWピエール・エメリク・オーバメヤンやFWマルコ・ロイスがスタメンに入った。

    試合は前半の立ち上がりからドルトムントが攻勢にでる。13分、右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーのラファエル・ゲレイロがクロスを入れる。これをソクラティス・パパスタソプーロスがヘディングでゴール右に決め、ドルトムントが先制に成功した。

    その後もドルトムントがペースを握る。19分にはオーバメヤンとエリック・ドゥルムがチャンスを迎えたが、ボールを押し込むことができない。31分にもロイスの突破からオーバメヤンに決定機が訪れたが、ここも得点につなげることができなかった。このまま1-0でハーフタイムを迎える。

    後半に入ってもドルトムントのペースが続く。55分には左サイドでロングボールを受けたロイスがドリブルでエリア内左に進入。相手DFをかわして折り返すと、フリーのオーバメヤンが難なく押し込んで追加点を奪った。オーバメヤンにとってはライプツィヒ戦以来3試合ぶりの得点となった。

    さらに70分、エリア手前でボールを持ったウスマン・デンベレがエリア内右のドゥルムへスルーパスを通す。ドゥルムがダイレクトで右へ折り返すと、オーバメヤンがこれを押し込んでチーム3点目を決めた。

    3点差をつけたドルトムントは76分にデンベレを下げて香川を投入した。85分には途中出場のアンドレ・シュールレが左サイドから上げたクロスに、ファーサイドの香川がヘディングで合わせたが、ボールはわずかにポストの右に外れてしまい、得点にはつながらなかった。

    次節、フライブルクは敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ドルトムントはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

    【スコア】
    フライブルク 0-3 ドルトムント

    【得点者】
    0-1 13分 ソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント)
    0-2 55分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    0-3 70分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    SOCCER KING
    続きを読む

    2017-02-26_01h51_41

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 01:21:07.46 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘン 8-0 ハンブルガーSV

    ビダル 17'
    レヴァンドフスキ(PK) 24'
    レヴァンドフスキ 42'
    レヴァンドフスキ 54'
    アラバ 56'
    コマン 65'
    コマン 69'
    ロッベン 87'

    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/bayern-munich-vs-hamburger-sv/1-2272487/
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 01:24:15.42 ID:CAP_USER9.net
    ケルン大迫勇也が今季5ゴール目をマーク!2位ライプツィヒ戦でゲット
    GOAL 2/26(日) 1:01配信
    2017-02-26_01h34_45
    今季5得点目を決めた大迫 (C)Getty Images

    ケルンに所属する日本代表FWの大迫勇也が25日、ブンデスリーガ第22節のライプツィヒ戦で今シーズン5得点目を決めた。

    先発出場した大迫は0?2で迎えた53分、右サイドから送られてきたグラウンダーのクロスボールに反応。ニアサイドに滑り込みながら合わせ、ボールをゴールへと押し込んだ。

    大迫にとっては2ゴールを決めた第18節のダルムシュタット戦以来となる得点となった。なお、公式戦では通算7ゴール目となっている。

    GOAL
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000028-goal-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 01:24:52.75 ID:CAP_USER9.net
    RBライプツィヒ 3-1 FCケルン

    得点
    1-0 エミル・フォルスベルグ(前半5分)
    2-0 O.G.(前半34分)
    2-1 大迫勇也(後半8分)
    3-1 ティモ・ヴェルナー(後半20分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929755
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/25(土) 18:49:43.36 ID:CAP_USER9.net
    カントナ「私がこれまで一緒にプレーした中で最高の選手は…」意外な元同僚の名を挙げる
    2017-02-25_22h42_07
    かつてマンチェスター・Uなどで活躍したカントナ/(C)Getty Images

    かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーし、圧倒的なカリスマ性から“キング”と称された元フランス代表FWエリック・カントナ。同氏が「自身がこれまでにプレーした中で最高の選手は」というヨーロッパメディアの質問に答えている。

    カントナは迷わず「ガリーだね。ガリー・マカリスターだ」と返答している。

    1966年生まれ、現在50歳のカントナは母国フランスのオセールでトップデビュー後、複数のクラブへのレンタルを経験しながら、マルセイユ、ボルドー、モンペリエ、ニームなどを渡り歩き、92年にイングランドのリーズに加入。リーズで数カ月プレーした後に加わったマンチェスター・Uでは97年に現役引退するまで在籍した。

    カントナが「一番」と評したマカリスターはリーズ時代の同僚。91-92シーズンに、プレミアリーグ前身のフットボールリーグ・ディビジョン1で、カントナはマカリスターとともに優勝を経験している。マカリスターはスコットランドが輩出した“ファンタジスタ”としても知られ、後にリヴァプールでもプレーした。

    ロイ・キーン、ライアン・ギグス、ピーター・シュマイケルといった伝説的プレーヤーと一緒にプレーしたカントナだが、リーズ時代に数カ月ともにプレーした同僚マカリスターの印象が最も強いようだ。なお、イギリスメディアはこの話題について「カントナが最高と思う元同僚はユナイテッドの選手ではなかった」と驚きを持って伝えている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00010002-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ