海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年03月

    1:イセモル ★@\(^o^)/:2017/03/30(木) 10:54:43.86 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーとポルトガル代表で活躍を続けるスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド。彼の出身地はポルトガル本土から遠く離れた場所、大西洋上に浮かぶマデイラ諸島である。したがって、その地域ではもはや神のような存在。街にはすでに彼の博物館が存在しており、ホテルも経営されている。

    そして今回、マデイラ国際空港の名前が「クリスティアーノ・ロナウド・マデイラ国際空港」になることとなり、水曜日にその式典が行われたのである。

    そこで発表されたものの一つが、この空港に設置されるクリスティアーノ・ロナウドの胸像である。

    大々的にベールを脱いだその像は、こんな感じだった。



    一部抜粋でお送りしております。 詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    https://qoly.jp/2017/03/30/cristiano-ronaldo-s-new-stature-kgn-1
    関連URL
    http://www.bbc.com/news/world-europe-39434585
    続きを読む

    no title

    322:名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/:2017/03/29(水) 21:40:42.81 ID:PLzB3FpW0.net

    ノリノリやね
    オーバのインスタに香川がいっぱい
    続きを読む

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/30(木) 06:56:57.38 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-30_08h40_37
    SOCCER DIGEST Web 3/30(木) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170330-00024031-sdigestw-socc&p=2

    多くのポジションで競争が生まれ、チーム内の動きは激しさを増している。

    ロシア・ワールドカップのアジア最終予選。3月28日にタイをホームに迎えた日本は、4対0で勝利した。
     
    いつも言っていることだけど、どういう状況でも、国際試合の舞台で4点差をつけて勝利することは簡単ではない。相手はグループリーグ最下位のタイとはいえ、日本の快勝と言っていいだろう。
     
    もっとも、前節のUAE戦に続いて、自らのミスパスからピンチを招くシーンが多かったのはいただけない。川島の活躍がなければ、1、2点は奪われてもおかしくなかっただけに、カウンター対策は今後の課題として残った。
     
    欲を言えば、ホームというアドバンテージがあっただけに、タイに対して“日本強し”の強烈なインパクトをもっと与えたかった。ワンチャンスも与えないくらいにタイを圧倒してほしかったというのが、正直な気持ちだ。
     
    とはいえ、そうしたネガティブな要素を差し引いても、最近の日本は安定したパフォーマンスを見せている。しっかり先制点を奪って、試合を有利に進めることができているのも、その背景にあるだろう。
     
    その先制点を語るうえで欠かせないのは、やはり久保の活躍である。
     
    香川の最終予選初ゴールを見ることができたのも、岡崎の代表通算50ゴールが生まれたのも、彼の正確なキックによるもの。チーム3点目となる左足で放ったミドルも見事だった。前節・UAE戦に続いて、ゴールとアシストで日本に勝利をもたらした久保は、チームにおけるその存在感をさらに高めてみせた。UAE戦を含めて2試合で2ゴール・3アシストと、数字上も文句のない結果を残している。つまり、現在の日本の攻撃は、久保を中心に回っていると言っても過言ではないだろう。
     
    久保が台頭する以前は、原口が攻撃をリードする存在だった。最終予選が始まった頃は本田が絶対的エースだったが、現状は久保がその役割を担い、本田の指定席と思われていた右サイドのポジションを完全に奪っている。
     
    他の選手に目を移しても、宇佐美が重用されていた時期もあった。GKのポジションだって、西川が不動だったと思われていたのが、この2試合の活躍で川島が定位置を奪い返した印象だ。こうして選手の入れ替えだけを見ても、このわずか7か月の間で、チーム内の動きは激しさを増している。
     
    本田が不調でも久保がいて、長谷部がいなくても今野や酒井高がいる。そしてトップの大迫がUAE戦で負傷離脱しても、ベンチには岡崎がスタンバイしている。長谷部欠場というアクシデントによってチーム内に“玉突き”が生まれて、チーム内の競争を加速化させたことは、ハリルホジッチ監督にとっても嬉しい誤算だったはずだよ。
    続きを読む

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/30(木) 07:10:03.33 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-30_08h24_59
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/202409/4


    2018年ロシアW杯アジア最終予選B組の日本代表は昨28日、ホームでタイ代表相手に4-0のスコア以上の実力差を見せつけた。現地28日に行われたサウジアラビア対イラクの結果は1-0。よって、日本はB組首位に浮上した。

    序盤からキレキレだったのが、日本代表の「王様」を自任してきたミランMF本田圭佑(30)から、攻撃的な右サイドのレギュラーポジションを奪い取ったヘントFW久保裕也(23)だ。

    前半8分、右サイドからゴール正面のMF香川真司(28)に正確なパスを通して先制ゴールをアシストした。19分、右サイドでボールを受けると、ゴール右ポスト側のニアサイドにFW岡崎慎司(30)が頭から飛び込もうとする気配を察知し、ドンピシャのタイミングでクロスを放り込み、岡崎の日本代表通算50ゴール目をお膳立て。

    後半12分には、相手ゴール正面でボールを足元に収め、GKの立ち位置を冷静に見極めながら、左足でゴール右上隅に豪快なシュートを決めた。

    久保はUAE戦とタイ戦で計2ゴール3アシスト。大車輪の活躍をベンチで目の当たりにした本田は、指揮官の信頼が薄らいでいることを痛感したのではないか。

    「本田はあくまで90分間フルにプレーし、試合の流れを的確に読みながら攻守にメリハリをつけるのがうまい選手です。スピードもないし、試合途中で投入されて力を発揮するジョーカー的なタイプでもない。

    先発から外れたら、使い勝手の悪い選手です。昨年11月のサウジアラビア戦から3試合連続でW杯最終予選の先発から外したハリルは、本田を代表から外すタイミングをW杯最終予選終了時と考えており、W杯最終予選の最終試合となる9月の敵地でのサウジアラビア戦が代表ユニホーム姿の見納めとなりそうです」(サッカー関係者)

    本田は後半21分、攻撃的な左サイドでスタメン出場したヘルタFW原口元気(25)に代わって登場したが、マイボールを簡単に奪われたり、攻め入った際に味方と交錯したり、気の利いたプレーは何ひとつ見せられず、典型的な“代表でのキャリアが終焉を迎えつつある選手”の風情が漂っていた。
    続きを読む

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/30(木) 01:23:13.22 ID:CAP_USER9.net
    theWORLD(ザ・ワールド) 3/30(木) 0:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00010000-theworld-socc

    サポーター、空港で熱狂

    マンチェスター・ユナイテッドに所属していた元ドイツ代表バスティアン・シュバインシュタイガーは、MLSのシカゴ・ファイアーに移籍することが発表された。クラブと同選手は1年契約で合意に至った。

    MLSに挑戦するシュバインシュタイガーは28日、自身のInstagramを更新し、シカゴへ向かう飛行機のなかで奥さんのアナ・イバノビッチさんとのツーショット写真を掲載した。

    そして空港へ到着すると、予想を超えるほどの歓迎を受けた。

    シカゴの空港には多くのメディアやサポーターが駆けつけ、シュバインシュタイガーを迎え入れた。サポーターはチャントを送り、シュバインシュタイガーが移動に使う車を取り囲むほどの熱狂ぶりだった。英『Daily Mail』が伝えている。

    シカゴ・ファイヤーは1998年にMLSカップ優勝を経験。USオープンカップでも4度の優勝を誇る強豪だが、2013年以降はプレイオフ進出を逃している。2017シーズンはすでに3試合を終え、1勝1分け1敗でイースタン・カンファレンスで7位につける。シュバインシュタイガーの加入でどれだけチームが変貌を遂げるのか。注目が集まる。

    熱烈な歓迎を受けたシュバインシュタイガー photo/Getty Images



    Facebook Live: Schweinsteiger arrives in style
    http://www.chicago-fire.com/post/2017/03/28/facebook-live-schweinsteiger-arrives-style

    Bastian Schweinsteiger’s arrival in Chicago was bonkers as fans flooded airport
    http://www.foxsports.com/soccer/story/bastian-schweinsteigers-arrival-in-chicago-was-bonkers-as-fans-flooded-airport-032817
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/30(木) 06:09:23.38 ID:CAP_USER9.net
    世界中のフットボール・ファンをその技巧で魅了してきた元ブラジル代表のロナウジーニョ。そんな稀代のクラッキが今度は自身の歌声でファンを虜にしようと、3月21日に歌手デビューを飾った。

    2015年にフルミネンセ(ブラジル)を退団して以来、無所属となっているロナウジーニョは、正式な現役引退は表明していないものの、いまやセミリタイア状態。ただ、頻繁にチャリティーイベントに参加するなど、その存在感はいまだ健在だ。

    ロナウジーニョは無類の音楽好きとして知られ、これまでもラップやレゲエなど複数のアーティストのミュージックビデオに出演。昨年9月には「音楽と関連した新プロジェクトを考えている。音楽はずっと好きだから、他の仕事よりも多くの時間を割いている」と本格転身をほのめかしていた。

    そんなロナウジーニョは、自身37回目の誕生日となる今年3月21日に自らのYouTubeアカウントを更新し、『Sozinho』をリリースしたのだ。

    「孤独」を意味するタイトルがつけられたこのシングルは、ロナウジーニョ名義では初となる一曲で、本人は「ありがとう!友よ」とファンへの感謝を口にしている。

    ゆったりとしたソフトサンバ調のリズムで、自身のキャリアを歌ったロナウジーニョ。曲中では,、「初めて孤独。その孤独を越えて、強さと信頼を持ち続ける」と意味深な言葉を残している。

    いずれにしても、歌手として本格的な活動をスタートさせたロナウジーニョが、フットボーラーとしてピッチに戻ってくる日はもうないのかもしれない。少し寂しい気もするが、アーティスト活動への興味は尽きない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12864785/
    2017年3月29日 19時10分 サッカーダイジェストWeb

    続きを読む

    o0480037813900730646

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/29(水) 22:00:48.40 ID:CAP_USER9.net
    東スポWeb 3/29(水) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000035-tospoweb-socc

    <ロシアW杯アジア最終予選・日本4―0タイ>F香川真司(28=ドルトムント)が華麗なテクニックから先制点を挙げて、ゴールラッシュの口火を切った。最終予選初ゴールで10番の底力を証明。昨年6月のブルガリア戦(豊田)で2ゴールを挙げて以来の得点に「落ち着いてゴールへ流し込めた。タイミングを含めていいゴールだった」と自画自賛した。

    23日のUAE戦は勝利の陰に隠れていたものの、消えていた時間も多かった。代表OBからは批判の声も上がっていたが、すべてシャットアウト。とはいえ、ハリルジャパンの戦術になかなかマッチせずに苦戦してきたのも事実とあって、現役の元日本代表選手はハリルホジッチ監督に“香川システム”の採用を求めた。

    「香川がやりやすいような布陣を導入してほしい。やっぱりできる選手は特別扱いしてもいい。場合によってはアルゼンチン代表のメッシみたいにしてもいい。そのぶん周りが働けばいい」

    アルゼンチン代表の中でメッシは、チームが守勢に回った時でも守備に奔走せずに体力を温存。攻撃時にミラクルプレーを連発し、チームに勝利をもたらしている。日本も香川に得意なトップ下を任せた上で、攻撃に専念させる。さらには守備の負担を軽減するために10番をサポートできて、相性のよい選手で周囲を固めるという戦略だ。

    ハリルホジッチ監督はアタック陣にも守備でハードワークを求めている。だが、前出の選手は「香川に献身的守備を求めるなら、使わないほうがいい。だったらもっといい選手は他にもいる」と言い切った。ロシアW杯に向け、指揮官の背番号10の起用法も新たな注目を集めそうだ。
    続きを読む

    2017-03-23-robben_u2i85j9rwh4f1r8osvdu3sv0o

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/29(水) 21:38:20.81 ID:CAP_USER9.net
    「オレに新監督を選ばせろ」――。オランダ代表主将のFWアリエン・ロッベン(33=バイエルン・ミュンヘン)がオランダ協会に対し、同代表の新監督選出に関わりたいという異例の要求を突きつけた。

    オランダは18年W杯ロシア大会の欧州予選A組で、25日にブルガリアに0―2で敗れて4位に転落。26日にダニー・ブリント監督(55)が解任された。後任は未定となっている。

    コーチのフレッド・グリム氏(51)が暫定で指揮を執った28日の親善試合イタリア戦(●1―2)の後、ロッベンは地元NOSテレビで「自分とスナイデル(ガラタサライMF)は代表で14年プレーしている。様々な監督の下で経験を積み、このチームのニーズが分かっているし、このグループに合う監督について良いアイデアがある。オランダ協会に監督選びのプロセスに関わりたいと伝えた」と語った。

    監督に選ばれるべき選手が、逆に監督選びに関与するのは本来ありえないこと。新指揮官から招集されない可能性があるが「(代表を)やめる気はない。オレとウェズレイ(スナイデル)は協会と選手のつなぎ役だからこそ監督選びに関わりたいんだ」と主張した。

    地元メディアでは、後任候補に、元オランダ代表監督で昨季までマンチェスター・ユナイテッドを率いたルイス・ファンハール氏(65)が上がっている。ロッベンは「オレの候補リストにファンハールは入っているが、具体的な名前を言うのは時期尚早だ」と本気で新監督候補をリストアップする構え。異例の要求がオランダ協会に認められるか、実際に誰が次のオランダ代表を率いるのか注目を集めそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000149-spnannex-socc
    続きを読む

    C8Eh7LiXkAA0hHN

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/29(水) 19:40:39.54 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア最終予選タイ戦(28日、埼玉)に4-0で勝利したサッカー日本代表のFW宇佐美貴史(24)=アウクスブルク=が29日、羽田空港発の航空機で離日した。

    タイ戦に後半39分から出場した宇佐美は無得点に終わったが、16年9月の最終予選タイ戦(バンコク)以来となる代表戦のピッチに立った。UAE戦(23日)とタイ戦で2得点3アシストと計5得点に絡む活躍を見せたFW久保裕也(23)=ヘント=に対しては「ありがたい限り。いい刺激をもらっているし、そうやって底上げというか、若い世代が下から突き上げていかないと。その一翼を(久保)裕也が今回担ってくれた」と、同世代への頼もしさを口にした。

    1日にはかつての古巣バイエルン・ミュンヘン戦を控える。リーグ戦では4試合連続出番なしとあって「まずは出られるように頑張ります」。ドイツ代表FWトーマス・ミュラー(27)の名を挙げ、「覚えてくれているメンバーも多い。あり得ないくらい強いと思うので、その強さを知りたいですね」と対戦を心待ちにした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000051-dal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ