海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年03月

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/29(水) 00:09:12.06 ID:CAP_USER9.net
    FIFA(国際サッカー連盟)は28日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対し、FIFA公式戦4試合の出場停止処分と罰金を科したと発表した。

    メッシは23日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第13節のチリ代表にフル出場したが、試合後、副審に対して侮辱的な言動をしたことが映像で判明したと報じられていた。

    FIFAはメッシが副審に侮辱的な発言があったことを認め、公式戦4試合の出場停止と、1万スイスフラン(約112万円)の罰金処分を科したと発表。出場停止は28日に開催されるW杯南米予選第14節でのボリビア代表とのアウェイゲームから適用されるため、処分発表日の試合に出場できないこととなった。

    W杯予選で現在3位のアルゼンチンは、予選残り5試合となっているが、試合直前での処分発表となったボリビア戦、8月31日のウルグアイ戦(アウェー)、9月5日のベネズエラ戦(ホーム)、10月5日のペルー戦(ホーム)に出場できないこととなる。
    2017-03-29_00h53_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00568628-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 23:45:48.77 ID:CAP_USER9.net
    Football ZONE web 3/28(火) 23:34配信

    本田がハリル流に造反! 2戦連続無失点も「守備のやり方に問題があった」と異議唱える

    後半21分から途中出場 見せ場作れずゲームに埋没する

    日本代表FW本田圭佑(ACミラン)は、28日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地タイ戦で、後半21分から途中出場。4-0で勝利したものの思わぬ苦戦を強いられたチームの要因を、守備のやり方に見出した。そして、バヒド・ハリルホジッチ監督の推し進めるスタイルに異を唱えている。

    本田が出場した時点でスコアは3-0となっていたため、「内容に関して結果とは関係のないところで、何かを感じながらプレーしなければいけないと思っていた」と言う本田は、前半からビルドアップのパスミスを繰り返したチームの原因をこう分析した。

    「守備の時に両サイドアタッカーが引きすぎて、ボールを持った時にいるべき場所にいないことがおかしくなってボールを失う。攻撃やつなぎに問題があるというよりも、意外と守備のやり方に問題があったのではないかとやりながら感じた。相手のサイドバックが上がってきた時に、うちのウイングがどう対応するか。タイは今日頑張ってつないでいましたけど、最終予選に来るチームはこれぐらいは当たり前のようにやってくるので、これをベースに対応がしっかりできないと」

    本田が投入された左サイドはFW原口元気が務めていたが、守備への献身性が23日の敵地UAE戦でも目立っていた。しかし、サイドアタッカーに守備を求める姿勢が過剰になったことで、ボールを奪い返してからの攻守の転換に問題を抱えたのではないかと、本田は話している。自身は投入から3分後に左足シュートを1本放ったのが唯一の見せ場で、その後はゲームに埋没した感があったが、2試合連続無失点とはいえ守備戦術について疑問を呈した。

    「僕の状況が好転してから話した方が良い」

    また、W杯出場権を得た場合、本大会でいかに戦うかについて「僕は良いとは思ってないけど、話すタイミングは考えたい。今はいくらでも言えるけど、みんなの奥底にスッと入っていくような言葉をタイミング良くかけたいから、僕の状況が好転してから話した方が良いのかなと思います」と、改めてハリルホジッチ監督の戦術に異を唱えた。

    ミランで今季100分に満たないプレータイムとなり、今回の代表招集にも異論が噴出した。それでもなお、“反乱分子”と捉えられかねない言葉を残している。果たしてハリル監督は、クラブで出場機会を完全に失っている本田を、今後どのように扱っていくのだろうか。
    2017-03-29_00h42_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00010034-soccermzw-socc
    続きを読む

    2017-03-28_23h45_47

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 23:25:31.08 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア最終予選で日本に0-4で完敗したタイのキャティサック監督は試合後、「日本をお祝いします」と晴れやかな表情で口を開いた。

    後半40分に獲得したPKでもゴールを割れなかったが、「選手はいい試合をした。何も不満はない」と強調した。

    B組では勝ち点1の最下位に沈むものの、決して自陣ゴール前を固めるだけでなく日本ゴールを脅かすシーンを何度も作った。「いい経験になった。残りの3試合に生かし、タイを負かしてロシアに行くのは大変と思わせたい」と、今後を見据えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000589-san-socc
    続きを読む

    1:プーアル ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 22:17:09.75 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のMF久保裕也(23=ヘント)が1得点2アシストの活躍で勝利に貢献した。

    前半、正確なクロスで香川と岡崎の得点をアシストすると、後半12分には右サイドのスローインを受け、自ら左足を振りぬいた。低い弾道のシュートはゴール右隅に飛び込んだ。

    「落ち着いて打てた。(UAE戦と)2点取れたのは良かったし、チームが勝てたことがまあ、一番良かった。とにかく仕掛けようと思って落ち着いてクロスも上げられたし、それがよかった」

    23日のUAE戦に続く2試合連発は、W杯アジア最終予選では97年の呂比須ワグナー、12年の栗原勇蔵に次ぐ日本人史上3人目の快挙となった。本田をベンチにおいやり、A代表出場3試合ながら欠かせない存在になりつつある。
    2017-03-28_22h51_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000136-spnannex-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 21:47:50.97 ID:CAP_USER9.net
    <W杯アジア最終予選:日本4-0タイ>◇B組◇28日◇埼玉スタジアム

    6大会連続のW杯出場を目指す日本代表(FIFAランク51位)が、ホームでタイ(同127位)を破り、通算成績を5勝1敗1分けとした。グループ突破圏内の2位以上をキープした。

    GK川島永嗣(34=メッス)は2試合連続の先発で無失点勝利を演出。前半終盤にはタイの波状攻撃を連続セーブ、後半40分には相手PKも止め、代名詞の雄叫びも飛び出した。試合後には「続けていきたい」と殊勝に振り返った。
    2017-03-28_22h12_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-01799083-nksports-socc
    続きを読む

    2017-03-28_21h44_16

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 21:26:20.60 ID:CAP_USER9.net
    FIFA W杯アジア最終予選第7節 vsタイ
    3/28(ホーム)

    【結果】
    日本 4-0 タイ

    【スタメン】
    ▼GK
    川島永嗣
    ▼DF
    長友佑都
    森重真人
    酒井宏樹
    酒井高徳
    吉田麻也
    ▼MF
    香川真司→清武弘嗣(74分IN)
    山口 蛍
    ▼FW
    原口元気→本田圭佑(66分IN)
    岡崎慎司
    久保裕也→宇佐美貴史(84分IN)

    【得点者】
    08分 1-0 香川真司(日本)
    19分 2-0 岡崎慎司(日本)
    57分 3-0 久保裕也(日本)
    83分 4-0 吉田麻也(日本)

    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/live/2017032801
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 20:06:14.71 ID:CAP_USER9.net
    [3.28 W杯アジア最終予選 豪州 2-0 UAE シドニー]

    W杯アジア最終予選は28日、第7節を行った。シドニー・フットボール・スタジアムでは、B組3位のオーストラリア代表と4位のUAE代表が対戦し、2-0でオーストラリアが勝利した。

    試合は立ち上がりからオーストラリアが主導権を握ると、開始早々にスコアが動いた。前半6分、左CKからMFジャクソン・アーバインがヘディングシュート。これがニアポストあたりで守っていたDFアブドゥルアジズ・サンクールに当たってゴールに吸い込まれ、オーストラリアが先制した。

    反撃に出るUAEは前半17分、右サイドで直接を獲得すると、MFオマル・アブドゥルラフマンの強烈なシュートが枠を捉えたが、GKマット・ライアンのファインセーブに阻まれた。その後もなかなかチャンスを生かせないでいると、マハディ・アリ・ハッサン監督は、同38分にMFハルファン・ムバラクを下げてMFモハメド・アブドゥルラフマンを投入した。

    後半は均衡した状況が続く。お互いに決定的なシュートがないまま時間だけが進む。オーストラリアは後半25分に“日本キラー”のFWティム・ケーヒルをピッチに送り込む。すると、直後に右サイドを抜け出したFWマシュー・レッキーがライン際からマイナスに折り返したボールをMFジェームス・トロイジが右足シュート。しかし、このボールは枠上に大きく外れてしまい、チャンスを逃した。

    後半30分、オーストラリアは左サイドからDFブラッド・スミスがふわっとしたクロスを送ると、アーバインがヘディングシュートも決めきれない。それでも直後の同33分、左CKからニアに飛び込んだレッキーが頭で押し込み、2-0。オーストラリアがホームで4試合の引き分けをストップさせ、5試合ぶりの勝利を飾った。

    なお、今節オーストラリアが引き分け以下に終わり、日本代表がタイ代表に勝利すれば、W杯出場に王手の可能性もあったが次節以降に持ち越しとなった。
    news_slider_212422_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-01638231-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 18:19:19.84 ID:CAP_USER9.net
    大迫の代役は岡崎。

    ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第7節のタイ戦に挑む日本代表のスタメンが発表された。
     
    メンバーは以下のとおり。
     
    GK
    1 川島永嗣(メス=フランス)
     
    DF
    5 長友佑都(インテル=イタリア)
    6 森重真人(FC東京)
    19 酒井宏樹(マルセイユ=フランス)
    21 酒井高徳(ハンブルク=ドイツ)
    22 吉田麻也(サウサンプトン=イングランド)
     
    MF
    10 香川真司(ドルトムント=ドイツ)
    16 山口 蛍(C大阪)
     
    FW
    8 原口元気(ヘルタ・ベルリン=ドイツ)
    9 岡崎慎司(レスター=イングランド)
    14 久保裕也(ヘント=ベルギー)
    2017-03-28_18h35_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170328-00023943-sdigestw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ