海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年03月

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 22:03:30.93 ID:CAP_USER9.net
    頑張れ日本! 歴代人気サッカー代表選手の空港ファッションをチェック

    本日2017年3月23日(木)の深夜に行われるサッカーW杯のアジア最終予選。我らが日本代表はW杯出場に向けてひとつも負けられない激闘が予想されるが、実は密かに試合内容と同じくらい気になるのが、選手たちの私服。特に空港で見せるファッションはプレーさながらの個性が表れていて興味深い。

    もはや殿堂入りのレジェンドカズや旅人ヒデを筆頭に、みるみるアカ抜けていく欧州組など、海外チームで活躍する選手が日本へ帰国するとき、一体どんな私服を身をまとうのか?

    今回の日本代表メンバー含む、歴代のおしゃれにうるさい(!?)代表選手のスタイルをチェック!

    全ての写真はこちらで
    http://m.elle.co.jp/culture/feature/soccer_player_fashion17_0323









    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 18:00:22.95 ID:CAP_USER9.net
    ベガルタ仙台は23日、FW平山相太の負傷離脱を発表した。

    クラブ公式サイトの発表によると、平山は左足くるぶし付近の腱を脱臼したという。11日に手術を行い、完治に約3カ月かかる見込みだ。

    平山は1985年生まれの31歳。国見高校から筑波大学へ進学し、オランダのヘラクレス・アルメロでプロキャリアを開始した。その後FC東京に加入し、今シーズンから仙台でプレーしている。
    2017-03-23_21h28_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00566383-soccerk-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 19:03:16.22 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、来季からJリーグでプレーするルーカス・ポドルスキに地元を紹介している。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。

    ポドルスキは先日、ガラタサライからJリーグのヴィッセル神戸への移籍が決定した。神戸は香川の故郷でもあり、ドルトムントで活躍する日本人プレーメーカーは「きっと気に入るはず」と語り、以下のように続けている。

    「神戸は僕の地元ですけど、海も山もあって、とても良いところです。住むには良いところだと思います。六甲山からの夜景はとても美しいですし、気に入ると思いますよ。文化的なことを学ぶのもいいアイディアですね。いいカフェも多いですし、家族で過ごすには最適です」

    また、「ルーカスのような世界的に有名な代表選手がJリーグでプレーするというのは、多くの子どもたちに夢を与えると思う」と話し、ポドルスキの日本入りを喜んだ。

    一方で、不便な点として交通の問題を挙げ、「ドイツと比べて渋滞は多いですね。車で移動する時はなるべく一つの場所にいたほうがいいです」と話している。
    2017-03-23_19h39_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000040-goal-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 18:37:02.83 ID:CAP_USER9.net
    FW浅野拓磨が来季もシュツットガルトに残留する可能性が高いことが分かった。ドイツ『ビルト』が報じている。

    浅野は昨年7月、広島からアーセナルに完全移籍。しかし、労働許可が下りず、8月にドイツ2部のシュツットガルトに今季終了までの1年契約で期限付き移籍した。加入後は主力の一人としてリーグ戦21試合に出場。2得点にとどまっているものの、FWシモン・テロッデやFWカルロス・マネら前線の選手と息の合った連携を見せている。

    クラブのヤン・シュインデルマイザーSD(スポーツディレクター)は「拓磨は来季もシュツットガルトでプレーする可能性が高い」と、期限付き移籍期間を延長することを示唆。「浅野やマネがレンタルの選手だとは誰も考えていない。彼らは5年プレーしていたかのように溶け込んでいる」と信頼を寄せ、「今月中にアーセナルと連絡を取る予定だ」と話している。

    1年での1部復帰を目指すシュツットガルトは18日に行われた第25節 G・フュルト戦(0-1)で8試合ぶりに敗れると同時に首位から陥落。ウニオン・ベルリンを勝ち点「1」差で追走している。
    2017-03-23_19h31_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-01638062-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 17:43:18.17 ID:CAP_USER9.net
    コラム
    【決戦間近! 代表欧州組をズバリ直撃】

    ロシアW杯アジア最終予選前半戦の4連続ゴールで一躍、日本代表の得点源に躍り出た独ヘルタのFW原口。3月23日のUAE戦から再開される後半戦でさらなる爆発が期待されるが、本人は「ブンデスリーガでやってるよりも(アジア相手のW杯予選で)プレッシャーは少ないだろうし、代表だったらやれると思う」と自信をのぞかせ、UAEの合宿地でもリラックスした表情を見せる。ハリル日本の点取り屋の胸中に迫った。

    1月のブンデス後半戦再開以降、右MFでコンスタントに先発している原口。

    昨年11月から一時期、調子を落としたと思われたが、本人は「凄くフィットしてました」とキッパリ。「今季は、最後までヘルタで戦わなきゃいけない。今までは自分の能力を上げることばかりを考えてきたけど、僕から積極的にチームメートに働きかけることでチーム力を上げていくことも必要」と自分からアクティブに発信していくことを心掛けている。その成果として得点を重ねられれば最高だが、今季ゴールは2月4日のインゴルシュタット戦の1点にとどまっている。

    「あの時は、左サイドにいたカルー(コートジボワール代表FW)からパスを受けて決めましたけど、いつもはあんなボール、出てきたことがない(苦笑い)。自分が何度ゴール前に入っても、結局はイビセビッチ(ボスニア代表FW)にパスが渡り、ほとんど自分には来ない。ヘルタの選手たちがエゴイストってことじゃなくて(プレーに)落ち着きがないから、単純に僕の動きが見えてない気がします。

    何度も『いるよ!』『見て!』と言っても変わらない。後半戦から右サイドというのも厳しい。左サイドだったら(インサイドの)右で持ち込んで(利き足の右でシュートを)打てるけど、逆(の左サイドから)は難しい」とクラブでの役割に対する不完全燃焼感をにじませた。

    もっとも、日本代表では本職の左MFでプレーできる。

    しかもC大阪のMF清武、ケルンFW大迫ら良質のラストパスを出してくれる仲間がいる。日の丸をつけた時の原口はドイツでのフラストレーションを思う存分、払拭できるのだ。

    「ヘルタとは違い、代表では点の取れる形が数多く巡ってくる。自分にとって(ゴールを)決めるか、決めないか――が問われる。そこは明らかにヘルタとは違う」と25歳のFWは目を輝かせた。

    次の2連戦は点取り屋の本能を再び覚醒させる絶好の機会。持ち前のゴールへの強い渇望を押し出し、真のエースへとのし上がって欲しい

    http://news.livedoor.com/article/detail/12835062/
    2017年3月23日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 13:48:58.55 ID:CAP_USER9.net
    ものまね芸人のじゅんいちダビッドソンが22日、都内で行われた、式場探しクチコミサイト「ウエディングパーク」新ブランドムービー発表会に出席した。

    イベントには子役の谷花音も登場。理想の結婚について聞かれると「自分のやりたいことをやってから、25~30歳の間くらいに結婚したい。運命の人と出会わなかったら無理やりとかじゃなくて、ちゃんと探したい。おじいちゃんおばあちゃんになっても、助け合えるような関係でいたい」と12歳とは思えない結婚観を明かし、じゅんいちは「12歳から老後を想定している」と感心した。

    また芸人は結婚相手としてアリかナシかという質問には「芸人さんはアリですね。一緒にお話をしていて面白そう」と答え、じゅんいちは「ごめんな、俺結婚しているから」と答え笑いを誘った。

    ACミラン所属でサッカー日本代表選手である本田圭佑のものまねをきっかけに、本人とも親交のあるじゅんいちは、所属チームでの出場数が少ない状態での代表招集に疑問の声もある本田に関して、

    「僕がものまねでその批判を打ち消すくらいのポジションにいれば…。行けなかったのは僕の責任」と神妙な表情でコメント。続けて「今夏には恐らく移籍すると思うので、ぜひウチに移籍して一緒にM-1に出たいと思います」と話したが、直後に「本人が聞いたら怒ったりして」と恐縮した様子を見せた。(斎藤雅道)
    2017-03-23_16h28_51
    リアルライブ 3/23(木) 11:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000002-reallive-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 14:20:11.82 ID:CAP_USER9.net
    日本の放射能汚染食品に関する報道で世間を騒がせた中国中央テレビ(CCTV)が、またしても物議を醸している。今回問題となっているのは、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選の韓国戦を前にしたサッカー解説員の発言だ。

    中国代表は23日、韓国代表とホームでの一戦に臨むが、CCTVの著名なサッカー解説員・劉嘉遠(リウ・ジアーユエン)氏は、このほど放送された番組の中で「サポーターは韓国チームのホテルに行って、爆竹を鳴らしましょう。今夜は年越しです(※中国では新年を祝うために爆竹を鳴らすことから)。彼らを寝かさないように。爆竹がなければドラや鍋を持って行ってたたきましょう」と発言した。

    劉氏はさらに、「時間で分けてください。同じ時間にみんなで行ってはだめです。午前1時に一度行き、彼らを寝かせてから午前3時にもう一度、午前5時にさらにもう一度。朝には広場ダンス(※高齢者が広場で音楽とともに踊る)をしましょう」と、具体的な指示まで出している。

    もちろん、本人は冗談のつもりで発言したのだが、各方面から集中砲火を浴びている。中国メディア・網易体育は「中韓関係が微妙な時期ではあるが、サッカーではスタジアム以外でこうした行為をしてはいけない。スタジアムで勝敗を決するべきだ」と苦言を呈し、ネットユーザーからも「恥さらし!」「このレベルでテレビに出られるとは」「CCTVの素養ってこんなもんか」といった批判を受けている。

    また、「公然と犯罪を扇動する。もはや違法行為だ」との指摘や、「ある者は日本のホテルで水を出しっぱなしにし(※福原愛と親交のある郭斌氏)、ある者はホテルで爆竹を鳴らせと呼びかける…。これが中国の有名人の民度だ」といった厳しい声も出ている。

    グループAの中国は、5試合を終えて0勝2分3敗の勝ち点2で最下位。韓国は3勝1分1敗の同10で、イラン(同11)に次ぐ2位となっている。(翻訳・編集/北田)
    2017-03-23_15h01_34
    2017年3月23日 13時20分 Record China
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12836019/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 12:44:45.90 ID:CAP_USER9.net
    ◆18年ロシアW杯アジア最終予選B組第6戦 UAE―日本(23日、アルアイン、ハッザーア・ビン・ザーイドスタジアム)

    アルワフダ(現在UAEリーグ5位)を指揮して1年半。22日に現地で話を聞いたアギーレ氏は、試合会場がドバイからアルアインに変わったことを、UAEの「策略だね」と指摘した。

    「アルアインは雰囲気がすごくいい。外国人も少なく、すごく『国』を感じる場所。ドバイよりも、UAEにとってアドバンテージになる。内陸部独特の気候も待つ。砂嵐に注意しなければいけない。何も見えなくなる。目に砂が入るので、ハーフタイムには目薬を用意しておいた方がいい。湿気はないが(試合開始の)午後7時30分でも暑さは残っている」

    UAE代表は全員が同国リーグでプレー。選手の特徴も熟知する。

    「攻撃陣にいい選手がいる。マブフート、オマル・アブドゥルラフマン。もちろん、日本から得点したハリルも。逆に守備は危うい。4人中3人がけが。組織的な守備もできないと思うよ」

    所属するACミランで出番を失っている本田。ハリル監督は起用するか明言していないが…。

    「(日本代表を率いていた当時)圭佑は重要な選手だった。今、ミランでプレーしていないが、ビッグクラブは競争が激しい。選手としてのクオリティーは高いし、UAEで最も警戒されている。10年南アフリカW杯でメキシコ代表を率いた時、ビッグクラブに所属していたものの試合に出ていない選手を使ったが、力を証明してくれた。僕なら圭佑は起用するね」

    クラブの練習があり、日本―UAE戦は見に行けないが、練習後すぐにチェックするつもりだ。

    「(吉田)麻也からチケット用意するから見に来てと言われたんだけど、残念だよ。タイ戦、サウジアラビア戦も見たけど、日本は規律があり、守備もしっかりしている。万全ではないUAEの守備陣を考えると、日本が勝つ可能性は高い。先制点が大事になる」

    14年8月に日本代表監督に就任したが、サラゴサを指揮していた11年の八百長疑惑のため、15年2月に契約解除。わずか6か月だった。

    「残念だったけど、友人もたくさんいる。何人かの選手とも連絡は取り合っている。応援しているし、ロシアW杯に出る日本代表を見たいね」

    恨み節は一切なく、笑顔で日本代表にエールを送った。(取材・構成=羽田智之、豊福晋)

    ◆ハビエル・アギーレ 1958年12月1日、メキシコ生まれ。58歳。現役時代はMFで86年メキシコW杯に出場。96年に母国のアトランテで監督を始め、2度のメキシコ代表監督、スペインでサラゴサなど4クラブを指揮。14年8月に日本代表監督に就任するも、サラゴサ監督時代の八百長疑惑で15年2月に契約解除。同年6月からUAEのアルワフダの監督に就任。日本代表監督時代の成績は10試合で6勝2敗2分。
    2017-03-23_13h06_41
    スポーツ報知 3/23(木) 7:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000051-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 01:37:44.13 ID:CAP_USER9.net
    W杯アジア最終予選UAE戦(24日、アルアイン)に臨む日本代表のMF清武弘嗣(27=C大阪)がジョーカーとして待機する。

    ベンチスタートが濃厚で「前半のうちに得点が入るに越したことはないが、後半勝負になると思う。イメージはできている」と強調した。

    右膝負傷によるMF長谷部誠(33=フランフルト)の離脱については「はせさん(長谷部)がいないのは痛い。

    心細いですけど、それを感じさせないプレーをしないといけない。自分たちが変われるチャンス」と前を向いた。

    スポニチアネックス 3/23(木) 1:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000162-spnannex-socc

    写真


    [グループB]
    1.サウジアラビア(10)+4
    2.日本(10)+3
    3.オーストラリア(9)+3
    4.UAE(9)+1
    5.イラク(3)-2
    6.タイ(1)-9

    ・試合日程
    03/23 24:30UAE(A)
    03/28 19:35タイ(H)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?187172-187172-fl
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 00:26:24.60 ID:CAP_USER9.net
    現在はヴォルフスブルクのチーフスカウトを務める元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー氏が、FWルーカス・ポドルスキのJリーグ挑戦を歓迎した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。

    リトバルスキー氏は、かつてジェフユナイテッド市原、ブランメル仙台でプレー。監督としても横浜FC、アビスパ福岡で指揮を執った経験がある。

    選手としてだけでなく、監督としてもJリーグ、日本サッカーをよく知るリトバルスキー氏は、ポドルスキのヴィッセル神戸移籍を歓迎した。

    「間違いなく正しい移籍だと思う。彼は近年フットボールを楽しんでいない。ここ数年、彼の笑顔を見ていないからね。日本に行くことで、フットボールの楽しみを再び見つけることができるだろう」

    「彼は日本で別の世界を観るはずだ。試合後、アウェイチームのファンに声援を送られれば、彼はきっと驚くだろう。それはリスペクトであり、日本人が彼の到着を楽しみにしている。居心地は良いはずだ」

    また、日本語という言葉の壁についてリトバルスキー氏は、ポドルスキが自身のやり方で乗り越えるだろうと見解を示した。

    「最初はコミュニケーションをとるのが難しいだろう。彼らに良い通訳がいればいいが、そうでなくても彼はオープンな性格で上手く乗り越えるだろう。1つか2つの日本語を学ぶことで、観客は無条件で愛してくれるだろう」

    超ワールドサッカー / 2017年3月22日 20時10分
    https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_271381/

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ