海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年04月

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/28(金) 20:22:25.84 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・スペイン1部の強豪・バルセロナの下部組織出身のU-20代表FW久保建英(FC東京U-18)が28日、都内の小平グラウンドでルヴァン杯・札幌戦(5月30日・味スタ)に向けてトップチームの練習に合流した。将来を嘱望され、飛び級でU-20W杯(韓国・5月20日開幕)メンバーに選ばれることも予想される15歳。トップチーム合流は、J1戦士たちの目にどう映ったのか。

    これまで、J3戦出場に向けた調整や、ユースチームの遠征日程の兼ね合いから、コンディション調整を目的としてトップチームの練習に参加した経験を持つ久保だが、J1カテゴリーでの試合に向けた練習を行うトップ合流は初。シュート練習ではヘディングシュートも決め、30日のリーグ・広島戦(味スタ)に向けたゲーム形式の戦術練習では、サブ組のFWとして参加した。

    チームを率いる篠田監督は「これまで何回も会っているけど(相変わらず)建英だなと。サッカーになれば物おじもないし、サッカーに対して聞く耳を持ちながらも色んなことを取り組んでいる選手」と評した。

    チームが連戦中ということもあり、この日の練習も負荷・強度の高さよりも、戦術浸透がテーマだった。そのため、久保にとっては非凡な才能を余すことなく発揮したとは言いがたい状況だったが、MF高萩洋次郎は「すごい良い選手だなと。パス一つにしても意識をしている。(出すのは)相手の右足なのか、左足なのか。スペースなのか、足元なのか。僕には意識してプレーしているように見えて、色んな意味で気を遣える選手」と印象を語った。

    “バルセロナの下部組織出身”、“日本のメッシ”-。そんな呼ばれ方をする15歳の久保にかかる期待は大きい。特に卓越した技術の高さを評価する声が多く、その一方で15歳という年齢からフィジカル面の未成熟さが短所として捉えられている部分もある。ただ、そんな中で、ロンドン五輪の日本代表で背番号10を背負ったMF東慶悟はこんな視点で久保を見ていたという。

    「高校1年生でしょ、考えられない。自分は(中学時代は)部活出身で野球部とグラウンドを半分ずつで使う環境でやっていて、そこから高校(大分ユース)に進んだ。それが(久保は)こうして普通にメニューをこなしている。それだけでも能力が高いと思う」。

    高萩と東は共にルーキー時からトップチーム出場を果たしている。フィジカル面では大きな見劣りがなかった2人だったとしても、高校生としてトップの試合に出ることの難しさは深く理解をしていることだろう。

    昨年、中学3年時にJ3デビューを果たした久保だが、今季のJ3戦では初得点だけではなく、既に90分間のフル出場もこなしている。出場可能性のあるルヴァン杯・札幌戦でも、久保の出場は途中からが現実的だが、誰もが認める技術の高さに隠れがちだったフィジカル面もまた、確実に成長をしている。
    2017-04-28_21h51_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000108-dal-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/04/28(金) 20:26:49.78 ID:CAP_USER9.net
    2017年04月28日(Fri)17時19分配信
    20170428_kubo_getty-560x373
    ヘントの久保裕也【写真:Getty Images】

    ベルギー・ジュピラープロリーグのKAAヘントに所属する日本代表FW久保裕也が、自身に付けられたニックネームについて胸の内を明かした。ベルギーメディア『voetbalkrant』が伝えている。

    1月にヘントに加入して以降12試合で8得点とゴールを量産する久保は現地メディアからも高い評価を得ており、「スシボンバー」などという愛称で親しまれている。同メディアは「ワサビ・ウォーリアー」「刺身ストライカー」と称した。

    やはり海外では“日本=寿司”というイメージを持たれているようだが、久保は「好きではないということはないけど、少しステレオタイプだね。日本は寿司だけじゃない。食べ物はたくさんあるから」と一定の理解を示した。久保自身も「寿司を食べることは好き」と話している。

    現地時間25日に行われたズルテ・ワレヘム戦でもゴールを決めた久保は、チームメイトのナイジェリア代表DFウィリアム・トルースト=エコングとともに両手を合わせてお辞儀をするゴールパフォーマンスを披露している。

    「ここは日本じゃないから、お辞儀をすることはない。でも、ウィリアムがゴールを決めたらやろうと提案してくれたんだ」とその舞台裏を明かした。

    「日本では僕のニックネームはないから」と語った久保だが、日本では今後どのような愛称がつくのだろうか。
    https://www.footballchannel.jp/2017/04/28/post208831/
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/28(金) 19:47:36.03 ID:CAP_USER9.net
    FC東京ユース所属の高校1年生MF久保建英(15)が28日、都内の小平グラウンドで行われたトップチームの練習に参加した。

    J1公式戦デビューが濃厚な5月3日ルヴァン杯の北海道コンサドーレ札幌戦(味スタ)に向けて、本格的な連係確認をスタート。元日本代表FW大久保嘉人(34)らJ1で現在5位の選手たちと同じメニューを最後までこなし、シュート練習ではヘディングでゴールネットを揺らした。

    過去にも練習参加したことはあるが、途中から主力組と離れて若手組に振り分けられていた。しかし、この日はトップの戦術練習にも合流。2本目から、チームが30日に対戦する広島を想定したサブ組に入って、日本代表DF森重真人(29)らに攻撃を仕掛けるなどフルメニューを消化した。

    強化部と話し合い、久保をトップに引き上げることを決めた篠田善之監督(45)は「技術は、しっかりしたものを持っている。見ているところも違うなあと印象」と評価。「まだフルコートの紅白戦はやってないけど、狭いエリアでやるトレーニングの1コマとしては(トップチームと)差はないと思う」と期待感を膨らませていた。
    2017-04-28_20h20_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-01814872-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/28(金) 14:18:01.00 ID:CAP_USER9.net
    いよいよそのユニフォームを脱ぐ時かもしれない。イタリアのミランに所属する日本代表MF本田圭佑にまたしてもアメリカ行きの可能性が浮上している。

    2014年に4年間を過ごしたロシアのCSKAモスクワを離れ、ロッソネーリへやってきた日本の重鎮は、加入早々に多くのレジェンドが身に纏った伝統の背番号10を与えられると、ゴールやアシストなどでその存在感を発揮。

    最強の助っ人外国人としてクオリティーを見せつけたが、徐々に出場機会は減少の一途を辿り、今季はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下でほぼ戦力外の扱いを受けている。

    これまでイングランドのトッテナムやサンダーランド、ウェストハムといった名門が日本代表MFの獲得に関心を示してきたが、伊『Tuttomercato』は今夏にアメリカのシアトル・サウンダースへ移籍する可能性を報じた。

    過去にもロサンゼルス・ギャラクシーといったクラブとの関連が囁かれた本田だが、いまだに“メジャーリーグ・サッカー上陸説”は根強く残っているようだ。

    23日のエンポリ戦ではスペイン人アタッカー、スソとの交代で久しぶりにピッチへ投入され、たった10分間の出場ながらいくつかのチャンスに絡んだ本田。まだまだ老け込む年齢とは言えず、再起を図るためにも新天地を求めることは現実的なオプションと言えるかもしれない。

    ヨーロッパトップリーグでベンチに座り続けるよりも、試合に出られる環境下でそのスキルを発揮することがポジティブな効果をもたらすことは、ヘントの久保裕也が存分に示している。“セリエAでなければならない理由”が無い限り、本田には継続的な出場機会の確保に固執してもらいたいところだ。
    2017-04-28_17h34_05
    theWORLD(ザ・ワールド) 4/28(金) 12:18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00010006-theworld-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/28(金) 15:27:59.12 ID:CAP_USER9.net
    久保裕也の市場価格は4か月で1.75倍に。

    いま市場価値がもっとも高い日本人フットボーラーは誰か?  ヨーロッパの移籍市場開幕を控えて気になる部分をランキング形式でおさらいしよう。
     
    参考にしたのは、世界中の移籍情報を扱うウェブサイト『transfermarkt』の推定市場価格。近年の成績、年齢、ポテンシャル、サイト読者の声、移籍市場での人気度、そして実際の移籍金などを総合して算出した“選手の価値”には、世界中のサッカー関係者が高い信頼を寄せている。
     
    トップに輝いたのは、1300万ユーロの香川真司(ドルトムント)。日本人ではただひとり1000万ユーロを超えたMFは、チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝のモナコ戦(第1レグ)で1得点・1アシストをマークするなど、ここにきて改めて存在感を示している。
     
    500万ユーロ差の800万ユーロで続いたのが、レスターの岡崎慎司だ。一般的に、30歳を超えると市場価格が大きく下落してしまうケースが少なくない。4月16日に31歳になったにもかかわらず、それほど価値が下がっていないのは、レスターのCL8強進出に貢献した献身的なプレーが評価されている証しだろう。
     
    3位は、今冬に欧州を離れてセレッソ大阪に復帰した清武弘嗣。500万ユーロでJリーガーでは唯一のトップ10入りを果たした。
     
    昨年6月に30歳になったとはいえ、7月の時点では700万ユーロの価値があった本田圭佑は、一気に350万ユーロへ半減し7位タイに。ミランでほとんど出場機会を与えられていない状況では致し方なしか。
     
    同じ7位でも、価値が急騰しているのが久保裕也だ。1月に移籍したヘントでここまで8得点とゴールを量産し、入団時は200万ユーロだった市場価格が、約4か月で1.75倍に。今夏には4大リーグへの移籍も期待され、今後も上昇していくのは間違いだろう。
     
    トップテンは以下の通り(1ユーロ=120円で換算)。
     
    1位:香川真司(ドルトムント/MF)1300万ユーロ(約15億6000万円)
     
    2位:岡崎慎司(レスター/FW)800万ユーロ(約9億6000万円)
     
    3位:清武弘嗣(セレッソ大阪/MF)500万ユーロ(約6億円)
     
    4位:武藤嘉紀(マインツ/FW)450万ユーロ(5億4000万円)
     
    5位:長友佑都(インテル/DF)430万ユーロ(5億1600万円)
     
    6位:吉田麻也(サウサンプトン/DF)400万ユーロ(4億8000万円)
     
    7位:本田圭佑(ミラン/MF)、久保裕也(ヘント/FW)、大迫勇也(ケルン)350万ユーロ(4億2000万円)
     
    10位:乾貴士(エイバル/MF)、原口元気(ヘルタ・ベルリン/MF)、酒井高徳(ハンブルク/DF)300万ユーロ(3億6000万円)
     
    文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
    2017-04-28_17h24_27
    SOCCER DIGEST Web 4/28(金) 11:24
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00025066-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/28(金) 12:55:39.42 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグにおける外国籍選手といえば、ブラジル人や韓国人のイメージが強い。しかし、近年その傾向は弱まり、ヨーロッパからも多くの選手が日本でのプレーを選ぶようになった。彼らはどんな思いを胸にJリーグのピッチに立っているのだろうか。第2回はJ2のFC岐阜で抜群の存在感を発揮するスペイン人MFシシーニョのJリーグへの憧れに迫った(不定期連載です)。(取材・文:舩木渉)

    ◆Jリーグとの出会いは3年前。福岡がお気に入りに

    「こんにちは! あなたとコンタクトを取りたいのですが、僕はどうすればいいですか?」これを読んでいる皆さんは覚えているだろうか。2016年9月のこと、ある1人の外国人選手が当時J1のアビスパ福岡にツイッターでラブコールを送った。

    シシーニョ・ゴンザレス・マルティネス。
    スペイン・カスティーリャ=ラ・マンチャ州のアルバセテ出身で、“シシ”という愛称で知られている。U-17スペイン代表時代にはダビド・シルバ(現マンチェスター・シティ)やセスク・ファブレガス(現チェルシー)、ホセ・マヌエル・フラード(現エスパニョール)らと共にU-17世界選手権準優勝を経験しているMFだ。

    バレンシアの下部組織時代にはスペイン最高の才能と称賛を浴びた小柄なコンダクターは今季からFC岐阜に加入し、「シシーニョ」という登録名で早くもチームの中心の1人として活躍している。本人曰く「念願叶って」のJリーグ移籍はいかにして実現したのだろうか。

    「スペインにいた時、日本人の友だちがアビスパ福岡のファンだった。それで3年前からアビスパ福岡の試合を見始めて、チームの動向を追いかけていたんだ」

    いまから3年前、シシーニョはスペイン1部のオサスナに在籍していた。その年の夏、所属クラブは1部から2部へ降格してしまうのだが、当時日本で販売されていた欧州サッカーの選手名鑑に名前や写真が載っているほど実績のある選手である。そんな彼はアビスパ福岡のファンになった。

    その後2015年の後半は韓国2部の水原FC、2016年はポーランド1部のレフ・ポズナンとギリシャ1部のヴェリアで半年ずつプレーし、今年念願のJリーグ移籍を叶えた。福岡へのアプローチは実らなかったが、どういった経緯で来日を実現させたのだろうか。

    「日本でプレーしたくて、『Jリーグに行きたい!』と代理人に話しをしたんだ。そうしたら彼が日本の代理人やクラブに連絡をとってくれて、オファーをもらえた。その時は本当に嬉しかったね」

    シシーニョはFC岐阜加入後、すぐさま主力に定着した。身長168cmのMFは、Jリーグのピッチでも小柄さが一際目立つ。基礎技術のレベルが高く、簡単にボールを奪われない。両足から繰り出される高精度のパスはJ2のレベルを飛び越えて、世界基準を示してくれる。
    no title
    >>2以降につづく   全文  フットボールチャンネル 4/28(金) 7:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00010002-footballc-socc&p=1
    続きを読む

    hondakeisuke20161220

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/28(金) 12:19:31.12 ID:CAP_USER9
    今夏、本田圭佑がJリーグに復帰する可能性を25日付の本紙が1面で伝えた。「複数のクラブが興味を示している」とACミラン関係者の証言を用い、神戸、鳥栖を候補に挙げている。

    正直にいえば、Jリーグ側の動きは少々遅いぐらいだと感じている。というのも、本田は今季限りで契約が満了するため、移籍金はかからない。獲得するにはまたとないタイミング。日本のクラブが名乗りを上げないほうが、むしろ不自然に映る。

    日本代表を牽引(けんいん)してきた彼に、推定年俸3億円がネックになるとも思えない。「DAZN(ダ・ゾーン)マネー」で賞金の額ははね上がっており、集客やグッズの売り上げを考えれば採算に合うだろう。

    1月の移籍市場が閉まった段階で活発に動き始めるクラブが出てくると読んでいた。しかしながら、名前が挙がった神戸と鳥栖にしても報道に対して特に反応を示していない。両クラブとも資金力はあるが、まだ調査段階といったところだろうか。

    これには少なくとも本田の海外志向が影響していると思う。1月に英プレミアのハル・シティや米MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に動いている。6月で31歳を迎えるものの、ゼロ移籍となればほかに手を挙げる海外のクラブが出てくることは想像に難くない。

    だからといって、日本のクラブが獲得レースに及び腰になる必要もない。来年のロシアW杯を見据えれば日本を拠点に置くこと自体、本田にとって悪くない話だ。欧州での経験を、日本に還元する役目も彼にはある。欧州ならまだしも、もしMLSや中国リーグに持っていかれてしまってはJリーグの面目が立たない。

    本田対清武弘嗣、対遠藤保仁、対中村俊輔…。日本に戻れば、Jリーグ全体が活気づく。

    本田をJリーグに―。

    日本復帰の機運醸成が、本田を振り向かせる「必要十分条件」になる。(スポーツライター)

    スポーツ報知 4/28(金) 11:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000091-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/28(金) 07:55:59.24 ID:CAP_USER9
    4月27日、JFAハウスにて4月のリーグの理事会が行われた。理事会後に記者会見が行われ、Jリーグ村井満チェアマンから決議事項・報告事項が発表された。

    会見の最後には本日のNTTdocomoの決算発表に伴う、DAZN for docomoの契約数について言及し「全体の数字については非公表ですが、docomo経由だけで45万人、DAZN経由は含まれておりませんので、今までシミュレーションした数よりも相当いい感じだと報告を受けています」とコメントした。

    その他、以下のリリースも本日Jリーグからリリースされている。
    650-1
    2017年04月27日 19時05分 
    http://www.targma.jp/jwatcher/2017/04/27/post1425/

    Jリーグの試合を楽しめる動画サービス「DAZN for docomo」の契約数は約45万件に達した。吉澤社長は、Jリーグの開幕により、順調に加入者を獲得できたと分析する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000159-impress-sci
    続きを読む


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/28(金) 07:41:49.88 ID:CAP_USER9
    プレミアリーグ第26節延期分が27日に行われ、マンチェスター・Cとマンチェスター・Uが対戦した。

    4位マンチェスター・Cが5位マンチェスター・Uをホームに迎えての“マンチェスター・ダービー”。両者の勝ち点差はわずかに「1」と、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争う上で負けられない一戦となる。

    前半はマンチェスター・Cがボールを保持して主導権を握ったが、先制点を奪うことはできず、スコアレスで折り返した。

    後半に入ってもマンチェスター・Cのペースは変わらず、終始押し込む展開となったが、なかなか決定機を作り出すことができない。84分にはマンチェスター・Uのマルアン・フェライニが退場となり、マンチェスター・Cが数的優位に立つ。

    マンチェスター・Cは86分にラヒーム・スターリング下げて、ケガ明けのガブリエウ・ジェズスを投入。すると後半アディショナルタイム1分、セルヒオ・アグエロのクロスにG・ジェズスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。しかし、惜しくもオフサイドの判定でノーゴールとなった。

    その後は6分間のアディショナルタイムでもゴールが生まれず、試合は0-0で終了。互いに譲らず、勝ち点1を分け合うこととなった。

    次節、マンチェスター・Cは30日にアウェイでミドルスブラと、マンチェスター・Uは同日にホームでスウォンジーと対戦する。

    【スコア】
    マンチェスター・C 0-0 マンチェスター・U
    2017-04-28_08h26_34
    SOCCER KING 4/28(金) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00581126-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/04/27(木) 19:08:16.77 ID:CAP_USER9
    ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが移籍を決断した可能性が浮上した。『ビルト』が報じている。

    ドルトムントのオーバメヤンは2016-17シーズン、公式戦41試合に出場し、35得点5アシストを記録。ブンデスリーガでは27ゴールを挙げ、得点ランキングのトップに立っている。26日に行われたDFBポカール準決勝でもバイエルン相手に2-2とする同点弾を決めるなど、エースとしてチームをけん引する存在だ。

    ドルトムントも容易に売却する意思はないが、移籍のうわさが絶えず、本人もレアル・マドリーでプレーするのが夢だと公言している。しかし、レアルからのオファーはなく、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が濃厚であると見られている。

    『フランス・フットボール』によると、オーバメヤンの父親が1月にすでにPSGの幹部と最初の話し合いを行い、4月にもやり取りがあったことが報じられている。オーバメヤンのドルトムントにおける契約は2020年の夏までで、違約金は7000万ユーロ(約85億円)に設定されているようだ。
    2017-04-28_08h14_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000023-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ