海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年07月

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 06:57:28.67 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナのブラジル代表FWネイマール(25)が、31日にもパリSGへの移籍を発表する可能性が出てきた。スペイン紙スポルト(電子版)は29日に「ネイマールは既にパリSG移籍に合意し、週明けにも正式に発表される」と報道。移籍金は史上最高となる2億2200万ユーロ(約289億円)となる見通し。

    ネイマールは29日、米マイアミで親善試合Rマドリード戦に先発し後半27分までプレー。決勝点をアシストして3―2の勝利に貢献した。その後、中国で個人の商業活動を終えた後、パリSGの親会社があるカタール・ドーハで契約書にサインする可能性が高いという。
    2017-07-31_08h14_44
    7/31(月) 6:01配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000041-spnannex-socc

    ネイマール離脱後 バルサの計画とは?2-3名の選手確保を約束
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00010000-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 07:22:04.58 ID:CAP_USER9.net
    1位~5位――高額年俸に見合う活躍ができたのかは疑問…。

    助っ人の「格」を判断するひとつの材料が、推定年棒だろう。ここでは歴代の外国籍選手が受け取った“ギャラ”を調査。リネカーやジーコといった大物を抑え、トップに立ったのは……。

    ――◆――◆――
     
    Jリーグ発足当初とは物価もサッカー選手の市場価値も異なるため、単純比較はできないが、近年では飛び抜けたネームバリューを誇るふたりの助っ人がトップに並んだ。神戸に加入したばかりの元ドイツ代表FWポドルスキは3年総額18億円超と言われ、C大阪に2014年から1年半在籍した元ウルグアイ代表FWフォルランも単年で約6億円。3位以下に大差をつけた。
     
    ただし、そのフォルランも含め、リネカーやカカウなど、高額年俸に見合った働きができなかった助っ人は少なくない。02年の日韓ワールドカップで脚光を浴びたイルハンなどは、わずか3試合に出場しただけで神戸を去っている。
     
    1位タイ ポドルスキ(神戸/FW) 6億円
    Jリーグではフォルラン以来の大物。アーセナルやドイツ代表での実績を踏まえれば、年俸6億円は妥当だろう。
     
    1位タイ フォルラン(元C大阪/FW) 6億円
    ワールドカップ得点王が1年半の在籍で17得点(J2で10得点)では物足りない。1ゴールの単価は約3500万円。
     
    3位タイ リネカー(元名古屋/FW) 3億円
    Jリーグ元年の93年に、当時の最高年俸で名古屋に迎え入れられたビッグネームだが、怪我の影響もあって不発に。
     
    3位タイ カカウ(元C大阪) 3億円
    1年目の14年シーズンにはスーパーミドルを決めるなど、単発では輝きを放つも、J1残留の切り札にはなれず。
     
    5位 エジムンド(元東京Vなど/FW) 2億5000万円
    01年に加入した東京Vでは、元セレソンの実力を見せつけたが、高額年俸がネックで、03年に浦和へ放出された。

    6位~10位――費用対効果が高かったのは2000年代に浦和で活躍したふたり。

     費用対効果が高かったのが、00年代の浦和で活躍したふたり。ワシントンは06年にJ1得点王に輝き、リーグ優勝に貢献。エメルソンもその類稀なスピードで一世を風靡した。もちろん、鹿島と日本サッカーの発展に大きく寄与したジーコの年俸1億8000万円も破格だろう。

    6位タイ イルハン(元神戸/FW) 2億1000万円
    “イルハン王子”の獲得に、神戸が払った移籍金は約5億円。だが、在籍4か月で無断帰国し、そのまま退団した。
     
    6位タイ レアンドロ(神戸/FW) 2億1000万円
    15年の柏から神戸への移籍で年俸が大幅アップ。現在は負傷離脱中も、昨季はJ1得点王に輝いた優良助っ人だ。
     
    8位 ワシントン(元浦和など/FW) 2億円
    06年に浦和で記録した公式戦34試合・38得点は驚愕。翌年にはACL制覇に貢献するなど、2億円の価値は十分だ。
     
    9位 エメルソン(元浦和など/FW) 1億9000万円
    札幌、川崎を経て01年に浦和に加入後は、エースとして活躍。だが05年、5億円超の年俸に惹かれ、カタールへ。
     
    10位 ジーコ(元鹿島/MF) 1億8000万円
    91年に来日。高齢でも衰えぬ技術で観客を沸かせた。鹿島の土台を築くなど、その貢献を考えれば格安の年俸だ。
     
    ――◆――◆――
     
    「ピクシー」ことストイコビッチは、まさに格安だった。7か月分とはいえ、1年目の年俸は約7000万円。しかも、それまでの助っ人のようにキャリアの晩年ではなく、脂の乗った29歳での来日だった。彼は当初の「半年間だけ」という予定を変更し、2001年まで7年に渡って世界レベルの美技を披露してくれた。

    7/31(月) 6:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170731-00028212-sdigestw-socc

    写真
    2017-07-31_08h08_20
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 23:47:26.52 ID:CAP_USER9.net
    過去にシャルケの右サイドでコンビを組んだDF内田篤人とジェフェルソン・ファルファンは、相手チームの左SBにとって脅威のタンデムだったかもしれない。今夏にフランクフルトからシャルケへと移籍したDFバスティアン・オチプカがその印象を語った。

    オチプカはこれまでのキャリアで、12試合にわたりシャルケと対戦。フランクフルトの選手としては昨シーズンに2勝を収めたものの、全試合の成績は4勝4分け4敗と均等な記録を残した。今夏にそのシャルケに加わったオプチカは、ドイツ紙『レヴィアシュポルト』で新クラブに馴染んでいる様子をうかがわせている。

    「シャルケとは何度も対戦してきたので、知らない顔はいなかったよ」と新チームの印象を語るオチプカ。一方で過去の対戦を振り返り、自身がマッチアップを強いられたシャルケの右サイドにも言及。「ファルファンと内田のサイドだった。それはもう、かなりヤバかったね」と手を焼いたことを認めた。

    元ペルー代表FWのファルファンは2015年に中東のアルジャジーラに渡り、今年1月からはロコモティフ・モスクワに在籍。内田はシャルケに残っているが、ここ2年半にわたって長期離脱を強いられており、ほとんど試合に出場していない。だがオチプカにとって、ファルファン&内田の連係プレーは今も鮮明に思い出せるもののようだ。
    2017-07-31_07h59_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000033-goal-socc
    続きを読む

    1:trick ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 06:25:19.97 ID:CAP_USER9.net
    2017-07-31_07h45_31
    C大阪FW杉本、代表初招集浮上 W杯最終予選へ秘密兵器だ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000004-spnannex-socc
    7/31(月) 6:10配信

    C大阪のFW杉本健勇(24)が、W杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)と同サウジアラビア戦(9月5日)に向けた日本代表メンバーに初招集される可能性が30日、浮上した。現在はJ1で得点ランク2位につけており、複数の関係者によると、代表スタッフや協会内で選出を推す声が上がっているという。高さと速さと上手さを兼ね備えており、選出されればW杯切符獲得への切り札となる。

    かつて「未完の大器」と呼ばれたストライカーが、ハリルジャパンの秘密兵器となる可能性が出てきた。現在、J1首位を走るC大阪で、ゴールを量産しているのが杉本だ。複数の関係者によると、W杯アジア最終予選オーストラリア戦と同サウジアラビア戦に向け、代表スタッフや協会内で日本代表選出を推す声が高まっているという。メンバーに名を連ねれば、代表初招集となる。

    J1昇格1年目となった今季は1トップの定位置を確保し、20試合を終えた時点でキャリアハイとなる11ゴールをマーク。自身が語る「2試合に1得点というのがひとつのテーマ」を上回るペースでゴールを量産し、得点ランク2位につけている。15年5月には代表候補合宿に呼ばれるなどハリルホジッチ監督も常に追跡しており、C大阪の強化部門トップに就く大熊清氏も「日本(代表)のためにも育てないといけない選手」と話してきた。

    身長1メートル87の高さに、速さと技術も兼ね備える万能型ストライカー。勝てば6大会連続となるW杯出場が決まるオーストラリア戦でメンバー入りすれば、体格差で上回る相手に最前線で互角以上に渡り合える唯一の存在となり得る。これまでに国際Aマッチに出場しておらず、他チームにとっては未知の存在ともなるはずだ。過去にU―17W杯やロンドン五輪に出場し、A代表もひとつの目標として掲げてきた背番号9。規格外のストライカーが、W杯切符獲得への救世主となるかもしれない。

    ◆杉本 健勇(すぎもと・けんゆう)1992年(平4)11月18日生まれ、大阪市生野区出身の24歳。FCルイラモスヴェジットからC大阪U―15に進み、同U―18を経て10年にトップ昇格。東京Vへの期限付き移籍、川崎Fへの完全移籍などを経て16年にC大阪復帰。1メートル87、79キロ。利き足は右。未婚。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 23:10:01.16 ID:CAP_USER9.net
    浦和レッズは30日、ペトロヴィッチ監督を解任し、堀孝史コーチの監督昇格人事を発表した。

    公式サイトによると、同日行った松本との練習試合後に取材対応した堀新監督は「ミシャさんとまったく同じようなことはできないかもしれないですけど、自分が感じてきたことをチームに落とし込んで行ければいい」と抱負を語った。

    浦和は今季19試合を終えて、9勝2分9敗の8位と苦戦。今月5日の川崎F戦で大敗した後には、ペトロヴィッチ監督が“進退伺”を行う事態に発展。29日の札幌戦に0-2で敗れたことが決定打となってしまった。

    公式サイトによると、淵田敬三代表と山道守彦強化本部長もメディア対応を実施。

    淵田代表は「5年半にわたって本当に浦和レッズを支えてくれた、今のレッズの基盤を作ってくれた大功労者だと思っています。感謝してもしきれないくらい、有難いと思っています」とまずは労をねぎらった。

    最終的な結論は30日朝に本人に伝えたという。「昨日の試合結果というわけではなく、その間のいろいろな状況をクラブとして受け止めていかないといけないということを感じました。そのため、昨日の試合が終わったあとにクラブの幹部を集めて、今日の未明まで議論しました」。

    山道強化部長も「1試合1試合、検証のコミュニケーションをとりながら改善を進めていたのですが、札幌戦の試合内容とここまでのことを見たときにここで判断すべきではないかという結論に至りました」と経緯を説明。

    そして「今シーズンだけということは考えていません」と堀新監督への長期的なプランでの期待を語ると、「ウインドウは8月の中旬の週の水曜までに入れればいい。やれる範囲のことの模索は継続してやっていく。我々が少しうまくいっていないところをいくつかリサーチしたい」と緊急補強についても肯定的な意見を語った。

    7/30(日) 22:15配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-01642300-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 21:00:13.53 ID:CAP_USER9.net
    ■FC東京 1-1 アルビレックス新潟 [味スタ]
    https://www.jleague.jp/match/j1/2017/073003/livetxt/#live

    [新]チアゴ・ガリャルド(12分)
    [F]ピーター・ウタカ(66分)


    J1リーグは30日に第19節2日目を開催し、味の素スタジアムではここ4戦未勝利(1分3敗)のFC東京と6連敗中のアルビレックス新潟が対戦。前半11分にMFチアゴ・ガリャルドの得点で新潟が先制するが、後半21分にFWピーター・ウタカがネットを揺らしてFC東京が同点に追い付き、試合は1-1のドローに終わった。

    ホームのFC東京は26日に行われたルヴァン杯プレーオフステージ第2戦広島戦(○1-0)から先発2人を入れ替え、FWピーター・ウタカ、MF米本拓司、今季リーグ戦初出場のDF小川諒也、リーグ戦デビューとなる大卒ルーキーのDF山田将之らを先発起用し、システムは中断期間中に新たに取り組んだ3-5-2を採用。

    一方、アウェーの新潟は9日のJ1第18節浦和戦(●1-2)から先発5人を入れ替え、MFホニ、MFロメロ・フランク、今季初先発となるFW平松宗、そして中断期間中に補強したMF磯村亮太、DF大武峻らがスターティングメンバーに名を連ねた。

    前半11分に試合を動かしたのはアウェーの新潟だった。ホニが蹴り出したFKに反応したMFチアゴ・ガリャルドが体を投げ出してヘディングで合わせると、シュートはネットに突き刺さってスコアを1-0とした。1点を先行されたFC東京は同14分にゴールを脅かすが、左サイドからドリブルで運んだMF中島翔哉が放った左足のミドルシュートはポストに弾かれてしまう。

    その後もFC東京が攻勢を掛けると、同35分には中島のパスをMF橋本拳人が巧みなワンタッチで前線に送ったボールからFWピーター・ウタカがGK守田達弥との1対1を迎え、さらに同37分にはDF室屋成とのパス交換から中島がループで狙ったものの、ともに守田にストップされる。同45分には新潟がフィニッシュまで持ち込んだが、ガリャルドとのワンツーからPA内に進入したMF小泉慶のシュートはGK林彰洋に阻まれてしまった。

    1-0と新潟がリードしたまま後半を迎えると、同5分にFC東京が決定機を創出。左サイドを駆け上がった小川のグラウンダーのクロスがファーサイドまで抜けると、フリーになった室屋が狙った左足シュートはクロスバーに当たって落下したが、ボールはゴールラインを完全には越えずに同点ゴールとはならない。

    さらに後半11分にはウタカのスルーパスからPA内に進入した中島が鋭い切り返しでDFソン・ジュフンを翻ろう。守田との1対1を迎えたものの、左足で狙ったシュートは距離を詰めた守田に阻まれてしまう。だが同21分、米本の縦パスをPA外左で受けたウタカが数人に囲まれながらも中央に切れ込んで右足のシュートを放つと、ボールは相手選手に当たってコースが変わりながらもゴールマウスに吸い込まれ、FC東京が試合を振り出しに戻した。

    すると同点に追い付かれた新潟は後半26分に平松に代えてリーグ戦デビューとなるFW河田篤秀をピッチへと送り込む。FC東京ベンチも同30分に動き、米本に代えてMFユ・インスを投入。その後も両ベンチが動いて同32分に新潟がMF端山豪、FC東京は同34分にFW前田遼一、同39分にFW永井謙佑を送り込んで勝ち越しゴールを奪いに行く。だが両チームともに最後までゴールを目指したものの、勝ち越し点は生まれずに1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。
    2017-07-30_21h43_29
    7/30(日) 20:57配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-01642293-gekisaka-socc


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/jp-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 20:35:13.85 ID:CAP_USER9.net
    ■ベガルタ仙台 1-1 柏レイソル[ユアテックスタジアム仙台]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/073001/live/#live

    [柏]伊東純也(68分)
    [仙]中野嘉大(90分+2)


    ■サンフレッチェ広島 0-1 サガン鳥栖 [エディオンスタジアム広島]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/073002/live/livetxt/#live

    [鳥]趙東建(75分)


    ■仙台が終了間際の中野弾で追いつく…柏は伊東のゴールを守り切れず

    2017明治安田生命J1リーグ第19節が30日に行われ、ベガルタ仙台と柏レイソルが対戦した。

    仙台は7分、柏ゴール正面で直接FKを獲得。三田啓貴が直接左足で狙ったが、柏GK中村航輔のファインセーブに阻まれた。攻め手を欠く柏は60分、新加入のキム・ボギョンを投入。攻撃の活性化を図る。試合が動いたのは68分だった。柏はクリスティアーノの左CKを伊東純也がヘディングで叩き込み先制に成功する。追いかける仙台は後半アディショナルタイム2分、前線に抜け出したクリスランがゴール前に折り返すと、こぼれ球を拾った中野嘉大が決めて土壇場で同点に。試合はこのまま1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。

    次節、8月5日に仙台はアウェイで鹿島アントラーズと、柏はホームでヴィッセル神戸と対戦する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00619369-soccerk-socc

    ■趙東建が超ロングシュートを突き刺す! 鳥栖が広島を下し今季アウェイ初勝利

    2017明治安田生命J1リーグ第19節が30日に行われ、サンフレッチェ広島とサガン鳥栖が対戦した。

    ヤン・ヨンソン新監督のリーグ戦初陣となる広島は、4-2-3-1のフォーメーションを採用。新戦力の丹羽大輝、パトリックもスタメンに名を連ねた。対する鳥栖は豊田陽平が4試合ぶりに復帰。カリアリからの完全移籍加入が決定した元コロンビア代表FWビクトル・イバルボもスタメン入りを果たしている。

    前半をスコアレスで折り返すと、後半に入り75分。鳥栖は自陣で豊田が身体を張ってキープすると、センターサークル付近でボールを受けた途中出場の趙東建がロングシュートを放つ。このシュートがGK中林洋次の頭上を超えて、ゴールネットに突き刺さった。

    試合は0-1で終了。鳥栖は今季アウェイで初勝利。一方の広島はヨンソン監督のリーグ初陣を勝利で飾れなかった。

    次節、広島はアウェイでジュビロ磐田と、鳥栖はホームで清水エスパルスと対戦する。
    2017-07-30_21h33_32
    7/30(日) 20:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00619374-soccerk-socc


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/jp-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 20:28:17.48 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリーなどの欧州を代表するクラブが、FC東京U-23に所属するFW久保健英を将来の獲得候補としているようだ。カタルーニャに拠を構えるスペインのスポーツ全国紙、『スポルト』が報じている。

    バルセロナが未成年の選手登録で違反を犯したとしてFIFAから処分を科され、その影響によって同クラブの下部組織を離れてFC東京に加入した久保。FC東京のユースチームで活躍し、U-20ワールドカップにも参加するなど逞しい成長を遂げる同選手に対しては、欧州のビッグクラブが注視しているという。

    『スポルト』によれば、久保にはマンチェスター・シティやレアル・マドリーなどが熱視線を送っている模様。同メディアはバルセロナの宿敵でもあるレアル・マドリーについて、「数カ月前から選手の成長を観察している」と記している。

    しかし将来的に久保を復帰させることを望んでいるバルセロナは、レアル・マドリーらの動きを心配していない様子。その理由は、久保のバルセロナを思う気持ちが変わっておらず、同クラブへの帰属意識を持ち続けているためとされる。

    現在16歳の久保が海外のクラブに移籍できるのは18歳となってから。『スポルト』は同記事を「このままいけばタケ・クボは複数のビッグクラブから希求される一人となるが、18歳になった彼と契約を結ぶことにおいて、バルサはポールポジションに立っている」と締めている。
    2017-07-30_21h06_15
    7/30(日) 20:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000023-goal-socc
    続きを読む

    1:Boo ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 19:47:38.13 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1浦和のミハイロ・ペトロビッチ監督が解任されたことを受け、浦和の日本代表DF槙野智章は30日、さいたま市内の練習場で取材に応じ、「浦和では誰よりも監督と長くやっている。後悔しかない」と涙ながらに恩師への思いを語った。

    槙野は2006年に広島の下部組織から昇格。その年の途中に広島の監督に就任したのがペトロビッチ監督だった。槙野はドイツでプレーした1年を除けば、ほとんどの時間をペトロビッチ監督の下で過ごしてきた。「選手と監督の関係を超えている」とまで言う。

    解任は30日未明にクラブ幹部が協議し、早朝に監督に伝えられた。ペトロビッチ監督は同日午前の練習前に選手たちにあいさつし、別れを告げたと言う。グラウンドに出てきた選手たちはうつろな表情で、帽子を深くかぶった槙野も目の前にあったベンチに気付かずにぶつかるほどショックを受けていた。

    別れ際に、ペトロビッチ監督は笑顔で「ありがとう。顔を上げろ。下を向かずに頑張ろう」と選手たちに声をかけたという。「つらい顔をしたくないからああいう表情だったと思う。無理をさせたのは僕らで、本来責任を取らないといけないのは選手だ」。解任劇に、槙野は神妙な表情で語った。
    2017-07-30_20h34_02
    http://www.asahi.com/articles/ASK7Z4TGYK7ZUTQP025.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ