海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年07月

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 23:41:53.46 ID:CAP_USER9.net
    明治安田J1第19節第1日(29日、神戸3-1大宮、ノエス)神戸の三木谷会長は、巨額投資で獲得したポドルスキの満点デビューをスタジアムで見守り「やっぱりすごい。(ペナルティーエリアの)外から振り向きざまでのシュートはJリーグではなかなか見ることはない」と驚嘆した。

    あいさつ代わりの2得点で新風を吹き込んだ背番号「10」の超大物に寄せる期待は大きい。「これからますますチームメートとの連係も高まると思う。Jリーグが盛り上がればいい」と上機嫌だった。

    神戸・ポドルスキの話
    「勝ち点3と自分で得点を取れて最高のスタート。勝ち越しの重要なゴールを決められて良かった。これからもどんどんチャンスをものにしたい」

    神戸・ネルシーニョ監督(ポドルスキに)
    「決定力のあるストライカーだと示した。彼の技術は周知の通り。チャンスがあれば決める。試合ごとに生産性が上がっていく選手と思う」

    神戸・渡辺(2トップを組んだポドルスキに)
    「ボールに絡むとチャンスになる。チャンスで決めてくれるのは大きかった」

    神戸・岩波(ポドルスキに)
    「公式戦であれだけの結果を残せるのは、世界のトップの選手だ」
    2017-07-30_07h41_33
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170729/jle17072922530028-n1.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 21:43:55.17 ID:CAP_USER9.net
    2017明治安田生命J1リーグ第19節でヴィッセル神戸は大宮アルディージャと対戦し、3-1で勝利した。試合後、2ゴールをマークした神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがインタビューに応じている。

    ポドルスキは0-0で迎えた49分、PA手前でボールを持つと、得意の左足で強烈なシュート。鋭い一撃が大宮ゴールに突き刺さり、Jリーグデビュー戦で初得点をマークした。その後、一度は大宮に追いつかれたものの、62分にポドルスキが今度はヘディングでゴール。いきなりの2ゴールで華々しくJリーグデビューを飾った。

    ポドルスキはJデビュー戦を振り返り、「最初の試合で2点も取って3-1で勝ったことは言葉にできないくらい嬉しいです」とコメント。喜びを表現した。状態については「もちろん今はまだ完全にはフィットしていないですけど、これから徐々に上がっていくと思うので、まだまだこれからが楽しみになってきます」と話し、さらなる爆発を匂わせている。

    本拠地・ノエビアスタジアム神戸の雰囲気についても感激している様子で、「最高の雰囲気でした。子供もたくさん来ていたし、家族もたくさん来ていたので、これ以上ない雰囲気の中で勝てたのはすごく良かったです」と語っている。

    最後にポドルスキはファン・サポーターにメッセージを寄せ、締めくくった。

    「これは最初の一歩なので、まだまだここからどんどん前に進んでいきたいと思います。これでまた皆さんと次のホームゲームですごく良い雰囲気で戦えたらなと思います。皆さんありがとうございました!」

    次節、神戸は8月5日に柏レイソルとアウェイで対戦する。
    2017-07-29_23h01_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00618994-soccerk-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 22:23:19.21 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナFWネイマールが、チームメートに同クラブを退団する旨を伝えた模様だ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

    パリ・サンジェルマン(PSG)加入が濃厚と報じられるネイマールだが、27日にバルセロナのチームメートに対して移籍の意思を伝えたとみられる。

    一方、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長らバルセロナの幹部陣は、ネイマール及び同選手の父親ジョルダン氏から、どのようなプランを有しているかを聞かされていないという。バルセロナ幹部陣はネイマールに関する情報をメディアを介して耳にしている状況で、選手本人が移籍の意思を公表することを望んでいるようだ。

    『ムンド・デポルティボ』はまた、PSGが来週にもネイマールとバルセロナの契約解除金2億2200万ユーロを支払い、獲得を決める考えとも報じている。
    2017-07-29_22h40_45
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000021-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 21:36:50.03 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・J1浦和レッズが29日、コンサドーレ札幌に0-2で敗北した。浦和は衆院議員の上西小百合氏(34)が「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートして、サポーターが反発して大騒動となった15日のドルトムント戦以降、22日のセレッソ大阪も敗戦して“3連敗”。ツイッターには「上西の呪い」との投稿が相次いでいる。

    上西氏のツイッターを巡っては、最近も上西氏がエールを送った今井絵理子参院議員が、直後に不倫疑惑を報じられた。擁護コメントを投稿したとたんに、民進党・蓮舫氏が党代表を辞任。スポーツ界でも「よしっ、球児!」と声援ツイートされた阪神・藤川球児投手が「扁桃腺炎」による発熱を発症した。

    昨年も上西氏が歌手・和田アキ子に向けたエールを投稿した直後に、和田が紅白歌合戦に“落選”しており、上西氏のツイッターを「デスノート」ならぬ「デスツイート」と呼ぶ向きも。

    この日の浦和の敗戦後、ツイッターには「もはや上西の呪いとしか言いようがない」「上西小百合の呪いってすげえな」「上西って、何者?呪いの使者か何か?」とのコメントが相次いでいる。
    2017-07-29_22h33_28
    7/29(土) 20:26配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000117-dal-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 20:36:24.56 ID:CAP_USER9.net
    ■鹿島アントラーズ 3-0 ヴァンフォーレ甲府 [カシマサッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072902/live/livetxt/#live

    [鹿]金崎夢生(46分)
    [鹿]鈴木優磨(62分)
    [鹿]安部裕葵(89分)

    明治安田生命J1リーグ第19節が7月29日に行われ、県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズとヴァンフォーレ甲府が対戦。試合は3-0で鹿島が勝利を収めた。

    鹿島は現在、リーグ戦6試合負けなしで2位につけており、22日に行われたセビージャFC(スペイン)戦でも2-0で勝利を収めるなど、その勢いはとどまるところを知らない。首位との勝ち点差は4となっており、下位チーム相手に取りこぼしは許されない状況だ。一方の甲府は3勝7分け8敗と波に乗れていない。リーグワーストの総得点数に象徴される得点力不足が課題で、直近5試合で無得点。降格圏への転落もちらつく中、浮上のきっかけをつかみたい。

    ゲームは甲府ボールでキックオフ。甲府はFWウイルソンを1トップに据え、5-4-1の新フォーメーションで臨む。鹿島は通常通り4-4-2の形で、FW金崎夢生とFW土居聖真の2トップ。序盤は互いに様子を見ながら、細かいパスをつないで相手の守備を崩しにかかる。決定的な場面こそなかなか生まれなかったものの、一進一退の息詰まる攻防が繰り広げられていった。

    20分が経過すると、次第に鹿島がボールを支配し始める。甲府はボールを奪ってもそれを落ち着けることができず、不用意な前線へのパスでボールを失うケースが目立った。対照的に、鹿島はしっかりとボールを動かしながらキープし、相手を走らせる。前の選手が連動しながら組み立てていき、クロスが入るときにはペナルティエリア内に人数がそろっているという形を維持。それでも甲府は集中力高く守り、決定機は作らせなかった。

    そうした中、42分に土居が右サイドで絶妙なトラップを見せ、スペースでボールを持つことに成功。すかさずクロスを上げると、DF山本脩斗が頭で合わせた。これは惜しくもクロスバーに嫌われたが、決定的な場面を作った。しかし前半は得点が生まれず、スコアレスで折り返すこととなった。

    後半が始まるやいなや、鹿島が相手の隙を突いた攻撃を展開。金崎がMFレアンドロとのワンツーで抜け出すと、そのまま左足でシュート。これがゴール左に決まり、46分に鹿島が先制した。

    その後も鹿島は攻撃の手を緩めず、次から次へと甲府ゴールに襲いかかっていった。そんな中でも59分、甲府の反撃。右サイドからFW堀米勇輝がクロスを供給すると、ファーサイドでFW田中佑昌が折り返し、最後はMF新井涼平がヘディングシュート。これはGKの正面を突いたものの、決定的な形を作ってみせた。

    しかし次の1点を奪ったのは鹿島。62分、金崎のクロスに走り込んだ途中出場のFW鈴木優磨が、難しいバウンドにうまく合わせてゴールネットを揺らした。リードを2点に広げた鹿島は、時間をうまく使いながらボールを支配し、ゲームを優位に進めていく。

    70分にはカウンターから決定的な形を作ったが、ドリブルで持ち上がった鈴木は最終的に金崎へのパスを選択。これがDFのブロックに遭い、追加点とはならなかった。

    72分、甲府の反撃。FWドゥドゥが右サイド深い位置からクロスを上げる。ゴール前でウイルソンがなんとか膝に当てて反応するも、ポストを叩いてしまう。さらに78分には最終ラインでDFからボールを奪ったドゥドゥがシュートに持ち込むも、GKに当ててしまった。甲府はいい形を作るも、それを得点に結びつけられない。

    すると90分、レアンドロがゴール前のスペースにボールを出すと、反応したMF安部裕葵が抜け出してGKをかわし、冷静に流し込んだ。鹿島に決定的な3点目がもたらされ、アディショナルタイムもボールを支配し続けた。

    そのまま試合は終了し、終始主導権を握った鹿島が3-0で甲府を下す結果となった。甲府は決定力不足が露呈する形で、6戦続けての無得点。
    2017-07-29_21h20_40
    7/29(土) 20:32配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000012-goal-socc


    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/jp-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 21:00:32.49 ID:CAP_USER9.net
    ■川崎フロンターレ 2-5 ジュビロ磐田 [等々力]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072903/live/#live

    [磐]川辺駿(8分)
    [川]エドゥアルド・ネット(12分)
    [磐]櫻内渚(24分)
    [磐]川辺駿(55分)
    [磐]アダイウトン(59分)
    [磐]川又堅碁(61分)
    [川]森本貴幸(82分)


    ■横浜Fマリノス 2-2 清水 エスパルス[日産スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072904/live/livetxt/#live

    [横]マルティノス(17分)
    [清]長谷川悠(23分)
    [横]天野純(42分)
    [清]鄭大世(70分)


    ■ガンバ大阪 3-1 セレッソ大阪 [吹田サッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072905/live/#live

    [C]杉本健勇(51分)
    [G]ファン・ウィジョ(65分)
    [G]三浦弦太(77分)
    [G]アデミウソン(86分)


    ■ヴィッセル神戸 3-1 大宮アルディージャ [ノエビアスタジアム神戸]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/072906/live/livetxt/#live

    [神]ルーカス・ポドルスキ(49分)
    [大]マルセロ・トスカーノ(60分)
    [神]ルーカス・ポドルスキ(62分)
    [神]田中英雄(78分)


    ■神戸ポドルスキ、Jデビュー戦で2得点 先制左足ミドル&勝ち越しヘッド

    「明治安田生命J1、神戸-大宮」(29日、ノエビアスタジアム神戸)

    Jリーグデビューを果たした神戸のFWルーカス・ポドルスキ(32)が後半4分に初得点を、後半17分に2得点目を記録した。

    後半4分、エリア内で味方がパス交換をしていたが、こぼれてきたボールをエリア手前で拾った。半身からターンしつつ、ためらうことなく左足を振り抜くと、低く鋭い軌道でワンバウンドでゴール右隅に突き刺さった。

    先制ゴールを決め、両手の人さし指を天に向け、感情を爆発させると、駆け寄ったイレブンとともに喜びを分かち合った。

    さらに、大宮のマルセロ・トスカーノに同点とされた後の後半17分。右サイドの大森が上げたクロスにゴール前に飛び込むと、マーク2人をものともせずにヘディング。シュートも見事にコントロールし、ゴール左下へと流し込んだ。

    自身のキックオフで初出場の試合をスタートさせたポドルスキ。前半は、左サイドの橋本からのクロスをシュートにつなげようとしたが意思疎通がうまくいかず、前にボールを入れるよう強く求めるシーンもあった。

    最前線からポジションを下げ、ボール回しに積極的に絡もうとしていたが、決定的な仕事はできず。前半終了間際には左足で直接FKを狙ったが、大宮選手の壁に阻まれていた。十分なスペースがなく、思うようにプレーできずにいた。

    7/29(土) 20:28配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000119-dal-socc

    写真



    ◆順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/jp-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d
    続きを読む

    2017-07-29_20h31_14



    続きを読む

    2017-07-29_20h22_20
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/07/29(土) 17:34:24.41 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナはブラジル代表FWネイマールが移籍した場合に備えて、ベルギー代表MFエデン・アザールを獲得する意思がある。アメリカメディア『ESPN』が29日付けで報じている。

    バルセロナで5年目を迎えようとしているネイマールだが、今夏にパリ・サンジェルマンへの移籍話が浮上。歴代最高金額2億2200万ユーロ(約285億円)もの移籍金が動くと予想されており、同メディアは次の月曜日か火曜日には進展があると予想している。

    スペイン紙『アス』によると、パリ・サンジェルマンは移籍金を下げて数人の選手とネイマールをトレード移籍させる可能性もあるという。トレードの対象になるのはアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ブラジル代表MFルーカス・モウラ、フランス代表MFブレーズ・マテュィディと噂されている。

    また、バルセロナがリヴァプールのブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョをネイマールの代役として獲得しようとしていることも、今回の移籍騒動に拍車をかけている。しかし、ここに来てバルセロナに新しい代役候補が浮上している。それがアザールだ。さらに、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリの獲得も狙っているという。

    ネイマールの契約解除金は2億ユーロ(約260億円)と言われており、この金額を元手にバルセロナはプレミアリーグのスター選手を狙っている、と同メディアは締めくくった。
    GettyImages-689818982-1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00618879-soccerk-socc
    続きを読む


    4:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です :2017/07/29(土) 17:48:11.54 ID:GE49scVYaNIKU.net
    ポルディのデビュー戦仕様のスパイクがやべえ!

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ