海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年08月

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/01(火) 17:00:22.03 ID:CAP_USER9.net
    浦和レッズは1日、ポルトガル1部のCSマリティモから、ブラジル人DFマウリシオ・アントニオを獲得することで合意したと発表した。

    現在リーグ戦20試合を終えた時点で36失点を喫している浦和が、堀孝史新監督の下での再出発に際し、崩壊状態の守備陣にメスを入れた。25歳のマウリシオ・アントニオは身長183センチのDFで、移籍専門サイト「transfermarkt」によれば、今季UEFAヨーロッパリーグ予選に1試合出場。マリティモでは公式戦通算47試合に出場し、U-17ブラジル代表にも選出経験がある。

    現地メディアでも、日本行きの報道が浮上し始めていたなかでの正式発表となった。立て直しへの期待を寄せられる新助っ人は、クラブを通じて以下のように抱負を語っている。

    「このたびは、日本のトップクラブである浦和レッズのユニホームを着られることになり、大変名誉なことだと思っています。チームのために全力で戦い、自分のベストを尽くすことを約束します。本来の浦和レッズにふさわしいJリーグでのポジションをいち早く取りもどし、多くのタイトルに貢献する事が、私の目標です。テレビで浦和レッズの中継を見るたびに、世界でもトップクラスのファン・サポーターがいて、その魅力と迫力に圧倒されます。そして私が、そんな美しいビッククラブの一員として戦うことをとても光栄だと思いますし、うれしく思っています」

    緊急補強となった新助っ人は、守備崩壊によってリーグ8位に低迷するチームの救世主になれるだろうか。
    577f12ea78bcdcbbefacb66ec3e4241d-1-crop-1501573758-959x637
    8/1(火) 16:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170801-00010011-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 13:13:53.15 ID:CAP_USER9.net
    ネイマールは沈黙のままFCバルセロナのアメリカツアーを終えているが、本当に話したい人には自分の気持ちをしっかりと伝えているようだ。スポルトはアメリカ滞在していたネイマールがフィリペ・コウチーニョにメッセージを送っていたという情報を得ている。ネイマールはコウチーニョに対してバルサのオファーを断り、パリ・サンジェルマン(PSG)のオファーを受けるように頼んだということである。

    ネイマールはプレシーズンでフランス行き決断し、ネイマールの父親がカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)と全てを締結している。全ての契約は出来上がっており、近日中にサインされることになるだろう。

    そして、PSGはネイマール獲得への自信を生かして、コウチーニョ獲得も画策している。92年生まれの2人は14歳の時から各年代のブラジル代表として共に戦ってきており、昨シーズンにはブラジル代表の監督チッチがリバプールのコウチーニョを代表に招集し、再び2人の共演が見られている。

    そして、このコウチーニョ獲得においてもバルサとの熾烈な競争になるだろう。しかし、現状はネイマールの要求ではあるもののバルサがこの競争では一歩リードしており、ここ数ヶ月スポルトが報道しているようにテクニカル・セクレタリオが根気強くこの件について動いている。

    ■チームの競争力
    バルサが静かに状況を見守っているのに対して、ネイマールはPSGでのチームを考えている。そして、自分自身が中心選手になるだけでなく、補強についても考えており、その1人としてコウチーニョを推薦しているということである。

    ■戦術的賭け
    ネイマールを喜ばせるコウチーニョ獲得はバルサのテクニカル・セクレタリオ戦略的賭けであったものの、現在ではネイマールの代役となっている。実際、2人のポジションは同じである。

    バルサはこのオペレーションに関して非常にうまく進めており、選手自身もカンプ・ノウでプレーしたいと考えている。しかし、バルサのオファーはリバプールによって2度退けられているということであり、バルサはコウチーニョ獲得に向けて最終オファーに向けて準備している。

    なお、バルサはコウチーニョ自身がバルサに加入したいことも知っている。なぜなら、もしネイマールとプレーしたいのであれば、チアゴ・シウバ、マルキーニョス、ダニ・アウベス、ルーカス・モウラなどブラジル人を多く保有しているパリにすでにいるはずだろう。
    2017-08-01_17h22_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00010009-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/01(火) 13:50:01.30 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは8月1日、浦和レッズの日本代表DF槙野智章に1試合の出場停止処分を科すと発表した。5日に行われる明治安田生命J1リーグ第20節の大宮アルディージャ戦が対象となる。

    槙野は先月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の北海道コンサドーレ札幌戦で、43分にレッドカードを受けた。札幌FW都倉賢と交錯し、もつれあって倒れた際、同選手の顔に槙野のスパイクが入るような形となって一発退場を命じられていた。

    規律委員会を開いたJリーグは槙野に対し、1試合の出場停止処分を科した。

    発表では「日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は、『乱暴な行為』に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする」と説明されている。

    7月30日にミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約解除を発表し、堀孝史新監督の下で再スタートを切る浦和。次節は大宮をホームに迎え、ダービーマッチに臨む。槙野の欠場は決まったが、勝利を収めて新体制初戦を飾ることはできるだろうか。

    8/1(火) 13:30配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00620003-soccerk-socc

    写真


    動画 試合ハイライト

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/01(火) 12:24:00.94 ID:CAP_USER9.net
    ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が負傷した。ドイツ『エクスプレス』が報じている。

    ケルンは7月31日、ボローニャとテストマッチを行った。大迫は最前線で新加入のFWジョン・コルドバとともにツートップを形成したものの、開始12分で負傷交代。相手と競り合った際に足首を負傷したものと見られる。

    具体的な離脱期間の詳細は明らかとなっていないものの、ケルンのペーター・シュテーガー監督は「まだはっきりとしたことは何も言えないが、最初に見た感じからするとよくなさそうだね」とコメントしている。なお、試合は1-1のドローに終わった。

    ケルンは20日、ブンデスリーガ開幕戦でボルシア・メンヒェングラッドバッハと対戦する。大迫は開幕に間に合うのだろうか。
    2017-08-01_12h43_28
    8/1(火) 11:31配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000003-goal-socc
    続きを読む

    1:trick ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 06:48:03.18 ID:CAP_USER9.net
    20170724_cassano_getty-1
    お騒がせカッサーノ、やっぱり現役引退否定。「辞めるなんて一度も言ってない」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170731-00224329-footballc-socc

    7/31(月) 21:29配信

    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、現役継続の意思を明言した。伊紙『ラ・スタンパ』のインタビューで語っている。


    フリートランスファーだったカッサーノは、今月10日にエラス・ヴェローナと契約した。しかし、8日後に現役引退の話題が出ると撤回を繰り返した末、24日に現役引退を宣言。27日にヴェローナとの契約を解除した。

    だが、一部で報じられていたとおり、カッサーノはまだスパイクを脱ぐつもりがないようだ。同選手は「人生は選択の連続で、考え直すことなんて世界で何億回も起きている。ただ、サッカー選手がそれをすると、いろいろと言われてしまう。それがカッサーノとなれば、クレイジーと言われてしまうんだ」とコメント。「人生で何度も良くないことをしてきた。でも、愚かじゃない。いつだって筋は通してきた」と述べている。

    すぐにヴェローナが自分の環境ではないと悟ったカッサーノ。契約解除にかんするクラブとの話し合いでは、「引退するとは一度も言わなかった。違うことが書かれたけど、それが真実だ」とのこと。「だからヴェローナは、ほかのクラブに加入した場合の違約金を設定してきたんだ」と明かしている。

    「僕を必要とする人は、僕に連絡しなければいけない。僕に代理人はいないよ。リミット? 9月だ。そうでなければ家にいるよ」とカッサーノ。35歳のお騒がせ男に声をかけるクラブは現れるだろうか。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/01(火) 07:35:47.16 ID:CAP_USER9.net
    横浜のマケドニア代表MFダビド・バブンスキー(23)の実弟で、同国U―21代表FWドリアン・バブンスキー(20)がJ2町田と契約したことが31日、分かった。

    ドリアンは6月に来日し、複数のJクラブの練習に参加。高い評価を受け争奪戦に発展した中、町田への入団が決定。今季は日本への順応や出場機会を考慮し期限付きでJ3鹿児島でプレーする予定という。

    バルセロナの下部組織出身の兄に対し、ドリアンはRマドリードの下部組織出身。実父のボバン・バブンスキー氏(49)は現役時代の96~98年にG大阪でプレーしており、日本人でもまれな“父子3人Jリーガー”の誕生だ。ドリアンは1メートル85の期待の大型FW。近い将来、日本で“兄弟クラシコ”が実現する可能性もある。

    ◆ドリアン・バブンスキー 1996年8月29日生まれの20歳。マケドニア出身。14歳でRマドリードの下部組織に入団。15年に3部フエンラブラダでトップデビュー。16年にスロベニア1部のオリンピア・リュブリャナと3年契約し、17年2月から同じスロベニア1部のラドムリュに期限付き移籍。年代別代表はU―17からU―21でプレー。ポジションはFW。

    ▽過去の父子3人Jリーガー 第1号は父・八宏(現名古屋監督)と子・宏希(J2山形)子・宏矢(J2岐阜)の風間父子で、12年に父が監督就任した川崎Fで同時に加入した。2組目が父・ディド(現韓国・水原GKコーチ)と子・マイク(J1神戸)子・ニッキ(元名古屋=現オーストリア・ホルン)のハーフナー父子。3組目が父・昌裕(元神戸&京都監督)と子・篤紀(元京都)子・倫季(元神戸)の和田父子。和田兄弟は現在韓国・ソウルイーランドに所属している。

    スポニチアネックス2017年8月1日05時41分
    https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20170801_0008

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 23:18:09.55 ID:CAP_USER9.net
    南チロルでの8日間におよぶトレーニングキャンプを終えるフランクフルト。実際にチームを見ていた人たちは、おそらく今シーズンの新戦力はなかなか面白いと感じたのではないだろうか。そのなかの1人が、今夏にサガン鳥栖から移籍金200万ユーロ(約2億6000万円)で加入したMF鎌田大地である。ドイツ誌『kicker』日本語版が31日に伝えた。

    先日行われたウディネーゼとのテストマッチでアピールに成功した鎌田。ただ、あくまで選手たちには疲労が蓄積しており、精彩を欠いたプレーを露呈してしまうのはこの時期では珍しくはないため、決して過大に評価すべきではないのは確かだ。

    それでも、180センチの日本人MFは、ここまでの準備期間を通じてチームを納得させるパフォーマンスを見せている。両足を使え素早さも兼ね備えた同選手は、フランクフルトの攻撃を活性化させる存在となるかもしれない。

    ニコ・コヴァチ監督は中盤よりもアウトサイド寄りに考えている模様で、3バックを採用した場合にはウイングとの間に入る形で起用されているが、4-2-3-1のシステムを採用したベネヴェント戦ではウイングとしてプレーしていた。

    そんな鎌田について、指揮官は「ボールを扱うテクニックに関してはとてもいいものがあるね。それに軽快さも見られているし、読みがとても良く、視野も広い」と称賛。「どのタイミングでボールを受け取り、そして危険な状況から抜け出すためにどのタイミングでダイレクトに繋がなくてはならないか。そのことを理解している選手だよ」と話した。

    ポイントとなるのは、Jリーグで65試合に出場してきた20歳の若者が、果たして即座にブンデスで通用するだけのフィジカルを持ち合わせているかということにある。特にコヴァチ監督は、非常にアグレッシブなディフェンスを好むタイプだ。だが、このことについて指揮官は「彼の走力は国際レベルに達している」と賛辞を続けた。

    そのため、むしろ問題は言語ということになりそうだが、幸運にもフランクフルトにはドイツ語を話すMF長谷部誠が在籍している。コヴァチ監督も「マコトが彼を助けてくれるだろう」と期待感を口にした。あとは実際にチームの助けとなれるのか。そのポテンシャルは全て持ち合わせているようだが、それがどれだけ早く発揮できるかは様子見といったところだ。
    2017-08-01_08h14_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00619814-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/01(火) 07:09:49.44 ID:CAP_USER9.net
    複数の民間事業者が渋谷区の都立代々木公園内にサッカー専用スタジアムをつくる構想で、多機能を備えるアリーナ型を検討していることが31日、分かった。

    同公園内南部の球技場と織田フィールド(陸上競技場)周辺に4万人規模を計画しており、2020年東京五輪後に着工し、25年までの完成を目指す。

    今回の構想ではJ1・F東京の本拠地化を目指しているが、実現してもリーグ、カップ戦を含め年間で最大30試合前後しか見込めない。

    関係者によると、都や渋谷区は若者文化の発信地である渋谷のブランド力を生かしたいと考えている。そのため試合日以外は音楽フェスやイベントなどを多数開催し、稼働率を高める必要性がある。

    そこで検討されているのがアリーナだ。グラウンドは球技専用だが、音響なども考慮し福岡ヤフオクドームのような開閉式の屋根を設置することが浮上。

    モデルケースになるのが、DF内田篤人が所属するドイツ1部シャルケ04の本拠、ヴェルティンス・アレーナだ。

    ドイツ初のドーム型スタジアムとして01年に開場。収容約6万人で札幌ドームのように可動式の天然芝のグラウンドを持ち、芝の状態を気にせずにイベントを開催できる。

    サッカー以外にもボクシングの世界戦やアイスホッケーの試合が行われたほか、有名アーティストのライブも多数開催している。

    建設費は約1億9100万ユーロ(約250億円)。国や時代が違うため一概に比較することはできないが、現在見込んでいる約400億~500億円の事業費があれば可能になる。

    今年6月には経済産業省がスポーツ庁と共同で「スタジアム・アリーナ改革ガイドブック」を作成。25年までに20か所のスタジアム、アリーナの建設を目標に掲げており、今計画の実現が期待される。

    地図



    2017年8月1日6時0分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170801-OHT1T50007.html

    続きを読む

    no title

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/01(火) 07:01:45.23 ID:CAP_USER9.net
    浦和がポルトガル1部マリティモのブラジル人DFマウリシオ・アントニオ(25)の獲得に動いていることが31日、分かった。ミハイロ・ペトロヴィッチ前監督(59)を解任し、堀孝史新監督(49)の下で再出発を図る中、まずは守備陣の再建に乗り出す。

    再出発を図る浦和が、水面下でブラジル人DFの獲得に動いていた。複数の関係者によれば交渉は順調に進んでいる。リーグワースト2位タイの総失点36と守備再建が急務な中、獲得が実現すれば貴重な戦力となりそうだ。

    マウリシオは身長1メートル84と長身のセンターバック。昨季は主力として27戦3得点をマーク。チームは6位に入り、欧州リーグ予選の出場権獲得に貢献した。19年6月まで契約を残すが、日本への移籍に前向きという。ブラジルの名門サンパウロの下部組織で育ち、U―15、17のブラジル代表にも選出された逸材だ。

    現在、浦和は暫定8位に低迷。3バックの槙野、遠藤、森脇が本来の安定感を欠く状況だ。さらに29日の札幌戦では那須が左太腿を負傷し、守備陣が手薄な状況に追い込まれた。30日に会見した山道強化本部長は補強の可能性について「移籍のウインドーは8月中旬まで。やれる範囲で模索している」と話していた。

    首位のC大阪との勝ち点差は12。だが総得点45と断トツの攻撃力を誇る浦和が守備の安定感を取り戻せば、巻き返しも不可能ではない。マウリシオ獲得の成否が浮沈の鍵を握る

    8/1(火) 6:23配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000070-spnannex-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 00:22:48.25 ID:CAP_USER9.net
    ■バルセロナ時代の年俸の2倍

    バルサとの契約を延長していたネイマール。取り決められた年俸は1,500万ユーロ(約19億5,000万円)である。しかし、ネイマールの周囲はこの額に不満だった。なぜなら、レオ・メッシやクリスティアーノ・ロナウドといった選手はそれを大きく上回る額で契約を更新している上に、中国スーパーリーグへ移籍した選手をも下回っていたからだ。

    こうしてネイマール側はバルサではこれ以上条件の向上を期待できないと見て、欧州の強豪にオファーを募った。しかしプレミアリーグのクラブらは金額にしり込みし、2億2,200万ユーロ(約288億5,000万円)の支払いに応じることのできるクラブはPSGのみだった。
    ネイマールはPSGと5年契約を締結するが、年俸は税引き後で3,000万ユーロ(約39億円)であり、バルサ時代の年俸の2倍である。

    さらに、PSGの目標とするタイトル(いくつかはフランスリーグの獲得が容易なものである)を獲得したあかつきには、報奨金が加味されて年俸は5,000万ユーロ(約65億円)にまでアップする。またさらに、移籍報奨金の6,000万ユーロ(約78億円)と別途ネイマール父への報奨金が支払われるのだ。この上、様々な企業との宣伝活動契約による収益も大きい。

    こういった事情により、ネイマールはPSG移籍を決意した。この契約により、選手活動が終了するまで、ネイマール巨額の富が支払われ続けるだろう。おそらくカタールで開催されるワールドカップにはネイマールのイメージが多く使用され、フランス国内の様々な企業の広告塔になるだろう。バルサ離脱によりついた悪評は払拭されることだろう。

    移籍への道は決して平たんではなかった。しかし、現在契約文書は多くの顧問弁護士や専門家の検閲を経て完璧に仕上がっている。サッカーの歴史を塗り替える移籍が実現する日も近い。少なくとも、経済的な意味においてはネイマールがPSGのみならず世界のサッカーのリーダー的存在になるだろう。PSGはその強大な資金力で、必ずネイマールを獲得できると確信していたのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00010009-sportes-socc


    ブラジル代表FWネイマール(25=バルセロナ)の、フランス1部パリサンジェルマン(PSG)移籍がいよいよ秒読み段階に入ってきた。複数の欧州メディアによると、一両日中にも正式に発表される可能性があるという。

    PSG移籍後、クラブが掲げた目標を獲得することで、ネイマールは世界一高額所得の選手になることを約束されている。
    またそれだけではなく、肖像権によりフランスでネイマールは莫大な富を築くだろう。数日前からネイマールとPSGの移籍契約は口頭で結ばれており、今は選手自身の署名を待つばかりだ。このオペレーションに介入する複数の弁護士事務所や税理士の手腕により、PSGは違約金を異なる経路で支払うことができる。

    移籍金は史上最高額だったポグバ(マンチェスターU)の2倍以上となる2億2200万ユーロ(約289億円)。これに5年契約とみられるネイマールへの年俸などを加えると、PSGはブラジル代表FWを獲得するために5億ユーロ(約650億円)以上のお金を投資する見通しになる。

    そんな中、ネイマールの父ネイマール・シニアさんがPSG側に「正式契約をもう少しだけ待って、8月中にしてくれ」とお願いしているという。

    英タイムズ紙(電子版)によると、ネイマールは昨年10月、バルセロナとの契約延長に合意した。その中の条項で、ネイマールが今年の7月いっぱいまでクラブにとどまった場合にのみ、ネイマールパパに契約延長の手数料が支払われることになっているという。

    その手数料の額がハンパない。庶民の我々には到底想像もできない2330万ポンド(約34億8000万円)だ。

    ネイマールパパはPSGとの契約を7月31日から8月1日に、たった1日引き伸ばすだけで、昨年10月にバルサと契約延長した際の手数料約35億円を手にすることができるのだ。そりゃ必死になってPSGに「発表を遅らせてくれ」とお願いするはずだ。

    加えて、ネイマールパパは今回PSGへの移籍が成立すれば、その手数料も手にすることになる。そんなわけで、ネイマールパパ的に、息子のバルサ残留だけはあり得ない。バルサファンには申し訳ないが、メッシ、ネイマール、スアレスのトリオは見納めの可能性が非常に高い。
    2017-08-01_07h37_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-01865178-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ