海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年09月

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 19:10:29.24 ID:CAP_USER9.net
    リーガ・エスパニョーラ4節、ヘタフェとバルセロナの一戦で、日本代表MF柴崎岳が、世界中に衝撃を与えるゴラッソをねじ込んだ。
     
    試合はホームのヘタフェが1-2の逆転負けを喫し、柴崎自身は54分に足首を痛めて負傷交代となったが、その鮮烈なパフォーマンスに対し、称賛の声が相次いでいる。
     
    以下、欧米の有力メディアが伝えた“賛辞”を一挙紹介しよう

    ●スペイン紙『La Vanguardia』
    「シバサキがボルダラス監督の4試合連続スタメン起用に、報いて見せた。つねに足を止めずにボールを追い続け、バルサにプレッシャーを感じさせた。極めつけが先制弾。阻止不可能な左足ボレーで、カタルーニャの巨人を沈黙させたのだ。しかしながら彼の負傷交代(54分)を潮目に、流れはバルサに傾いた」
     
    ●米スポーツ専門チャンネル『ESPN』
    「左足から放った甘美なボレーショットが、ヘタフェのサポーターに特大の夢を与え、世界中のファンを熱狂させた。あれはテア・シュテーゲンでもノーチャンスだ。まるでロケットのようにゴールに突き刺さった」
     
    ●英テレビ局『Sky Sports』
    「信じられないボレーでバルサを撃ち抜いた。ベルガラが頭で返した浮き球を、猛々しいショットでゴールにねじ込んだのだ。バルサに与えたショックは大きく、彼らはリカバーするためにさらなるハードワークを強いられた。後半もスタートから勇猛に戦ったが、54分に負傷交代」
     
    ●オランダ・サッカーサイト『Voetbal International』
    「良くないながらも前半のバルセロナ・ディフェンスは、致命的なピンチには陥らなかった。だが、39分に突如として悪夢に見舞われる。ガク・シバサキがパーフェクトな左足ボレーを放ち、テア・シュテーゲンの頭上を抜いたのだ。ドイツ代表GKはこの試合を通して終始素晴らしい出来だったが、あの一撃だけはさすがに止められなかった」

    「ファンの間であの名シーンは長く語り継がれるだろう」。


    ●オランダ全国紙『AD』
    「ガク・シバサキが、まるで左足に魔法をかけたかのようなショットで、ヘタフェにリードをもたらした。結果的にバルサ相手に大金星をもたらすゴールとはならなかったが、ファンの間であの名シーンは長く語り継がれるだろう」
     
    ●スペイン全国紙『AS』
    「39分にガクが左足で放ったショットは、本当に鮮やかな一撃だった。プレシーズンでもゴールを決めていたが、プリメーラ(1部)では4節にして初めてのゴール。日本人選手としては、6番目だ。バルサ相手となると、昨シーズンにイヌイがカンプ・ノウで2得点を挙げている。怪我の状態が気になるが、この調子ならもっとたくさんのゴールを決めるだろう」
     
    ●スペイン全国紙『Marca』
    [なんてことだ。日本人が生涯一のゴラッソをバルサ・ゴールに蹴り込んだ。ヘタフェでもっとも才能に溢れる男は、エリア手前からテア=シュテーゲンにとって絶望的な一撃をお見舞いした。バルサの今シーズン初失点であり、リーガでは450分間無失点を続けていたが、その記録も阻止。天才的な閃きで決めた、きわめて価値が高く、輝かしいゴラッソだ。リタイヤは残念だったが、間違いなく今日のメインキャストのひとり。(クラブワールドカップ決勝で)レアル・マドリーにしでかしたことを、バルサ相手にもやってのけたのだ」

    つづく
    no title
    no title
    9/17(日) 11:20配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030080-sdigestw-socc&p=1
    続きを読む

    7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/09/17(日) 18:00:55.39 ID:RC3pyw2e0.net
    ゲキサカ @gekisaka
    俊輔が鮮やかFKで先制点演出も…
    磐田は“ミラクル浦和”に追いつかれ勝ち点1分け合う
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?226313-226313-fl … #gekisaka #jleague

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 17:58:58.82 ID:CAP_USER9.net
    ■ジュビロ磐田 1-1 浦和レッズ [エコパスタジアム] 入場者数23,783
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091701/live/livetxt/#live

    [磐]ムサエフ(21分)
    [浦]興梠慎三(79分)


    2017明治安田生命J1リーグ第26節が17日に行われ、ジュビロ磐田と浦和レッズが対戦した。

    先制したのはホームの磐田だった。21分、右サイドでFKを得ると、中村俊輔がゴールへ向かうクロスを供給。高橋祥平のヘディングはGK西川周作に阻まれたが、こぼれ球をムサエフが頭で押し込んだ。

    後半は1点を追いかける浦和がサイドからのクロスを中心に攻め込んだが、なかなか決定的なチャンスを作り出すことができない。

    それでも79分、敵陣でルーズボールを拾った青木拓矢がディフェンスラインの裏に浮き球のパスを送ると、抜け出した興梠慎三がヘディングで流し込み、浦和が同点に追いついた。

    その後は互いにゴールを目指して一進一退の攻防となったが決着はつかず、1-1の引き分けに終わった。

    次節、磐田は23日に大宮アルディージャと、浦和は同日にサガン鳥栖と、それぞれホームで対戦する。

    9/17(日) 17:56配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00643643-soccerk-socc

    写真



    ▲順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

    ▲DAZN
    https://www.dazn.com

    ▲DAZN for docomo.
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 17:00:21.84 ID:CAP_USER9.net
    現地時間9月16日、インテルの長友佑都は、セリエA第4節のクロトーネ戦で途中出場し、クラブ通算200試合出場という記録を達成した。メモリアルゲームとなった一戦のパフォーマンスは、現地メディアからも好意的な評価を受けているようだ。
     
    前節スパル戦で新戦力ダウベルトにスタメンの座を譲った長友は、この日も2試合連続となるベンチスタート。だが、スコアレスで迎えた64分、そのダウベルトとの交代でピッチに立つと、82分の先制点につながるFKを獲得するなど貢献した。
     
    クラブの公式サイトで、長友は試合後に「このユニホームを着るのは、自分にとっていつだって大変名誉なことだ」と、200試合出場を喜びつつ、さらなる貢献に意気込んだ。
     
    「こうやって続けていき、すべての試合で勝利を目指す。気合が入っているし、常に試合に出る準備は整えているよ。いつでも全力を尽くしたい。それが自分の姿勢であり、常に全力で仕事する」
     
    また、長友は、「ダウベルトも非常に良いプレーをしたし、素晴らしい選手」とライバルを配慮しつつ、「大切なのは勝ったということ」と勝利を喜んでいる。
     
    そのダウベルトは、イタリア・メディアから厳しい採点を下された。『スカイ・スポーツ』や『メディアセット』は5、『コッリエレ・デッラ・セーラ』や『calciomercato.com』、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『コッリエレ・デッロ・スポルト』は5.5をつけている。
     
    対照的に、長友は高評価だ。メディアセットやcalciomercato.com、ガゼッタ・デッロ・スポルトが6、スカイ・スポーツやコッリエレ・デッラ・セーラ、コッリエレ・デッロ・スポルトは6.5と、多くのメディアで及第点以上の採点がついた。
     
    寸評でも、「先制点につながるFKを獲得するなど、うまく試合に入った」(コッリエレ・デッラ・セーラ)、「すぐに試合に入り込んだのは手柄。継続的にプッシュし、イバン・ペリシッチとうまく対話した」(calciomercato.com)、「正しい姿勢で試合に出場し、うまく守った。とてもポジティブだ」(コッリエレ・デッロ・スポルト)と、好意的なコメントが寄せられている。
     
    ルチアーノ・スパレッティ監督は試合後、精彩を欠いたダウベルトを擁護したが、この試合のパフォーマンスを受けて長友の今後の起用に変化があるか注目だ。なお、開幕4連勝を飾ったインテルは9月19日にボローニャと対戦する。
    2017-09-17_17h35_19
    9/17(日) 15:05配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030085-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 10:24:25.38 ID:CAP_USER9.net
    ハーフタイムの時点で1点をリードされ、昇格組ヘタフェに金星を献上してもおかしくなかったバルセルナ。だがそれでも、終盤に2ゴールを奪い、見事な逆転勝利。全国紙の『Marca』は「バルサが底力を見せた。中盤をリフレッシュさせて見事に勝ち切った」と、その試合巧者ぶりを称えた。
     
    「ヘタフェのグラウンド(芝)はとてもドライで、まるでボールが走らない。そこからペースを崩したのは明らかで、連携やパスワークのミスからバルサは敵のカウンターを許した。火曜日のユーベ戦(チャンピオンズ・リーグ)からあえてローテーションしなかったのも裏目に出たと言わざるを得ない。ウスマンヌ・デンベレがハムストリングを傷めて交代したのも無関係ではない。チーム全体の動きが重く、ジェラール・ピケはヘタフェの攻撃陣にいいようにやられていた」
     
    柴崎岳に鮮烈弾を決められたバルサのエルネスト・バルベルデ監督は、後半頭からアンドレス・イニエスタに代えてデニス・スアレスを投入。一気に中盤での機動力を向上させると、62分、その23歳のスペイン代表MFが技巧的なショットで同点ゴールを決める。さらに77分から新加入のMFパウリーニョを送り込むと、今度はそのブラジル代表MFが84分、リオネル・メッシのスルーパスに呼応して逆転弾を蹴り込むのだ。
     
    「バルベルデが見事な修正力で勝利を手繰り寄せた。ヘタフェは殊勲の背番号10、ガク・シバサキの負傷交代(54分)が痛かった。ホセ・ボルダラス監督のプランは崩れ、アルバロ・ヒメネスを投じたものの、中盤での構成力が明らかに低下。バルサに付け入る隙を与えたといっても過言ではない。いずれにせよ、前半のシバサキの衝撃ゴールはかき消され、終わってみればバルサのしたたかさが際立つゲームとなった」
     
    注目の採点は、最高評価の「3」が該当者なしで、「2」が8名に及んだ。バルサがD・スアレス、パウリーニョ、アンドレ・テア=シュテーゲン、サミュエル・ウンティティの4人で、健闘したヘタフェからはダミアン・スアレス、ジェネ、ホルヘ・モリーナ、そして柴崎の4人が好評価を得た。

    9/17(日) 4:31配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030064-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 10:46:51.77 ID:CAP_USER9.net
    ◆ガルシア監督がレンヌ戦前半38分の交代に言及 ハリル監督との“約束”を明かす
     
    マルセイユのルディ・ガルシア監督が、日本代表DF酒井宏樹の代表戦での起用法について、クラブの記者会見でバヒド・ハリルホジッチ監督を批判している。

    酒井は10日の本拠地レンヌ戦で先発したが、0-2とリードされた前半38分にFWブナ・サールと途中交代。ゴールを奪いにいく交代策だったが奏功せず、マルセイユは1-3で敗戦した。

    この早過ぎる交代について、指揮官は17日の次節アミアン戦に向けた記者会見で怒りを滲ませながら語った。

    「誰もが思うことを話すけれど、他人の意見に耳を傾けるよりも私には他にすべきことがある。ヒロキは日本代表と世界中を旅した。

    私には話す(ハリル監督と)機会があったんだ。初戦で予選突破を決めたなら、2試合目はプレーさせないでもらいたい、と。しかし、皆さんご存知の通り、彼はフル出場した。あの時点では、選手を休ませなければいけないのに」

    ハリルジャパンで不動の右サイドバックとなった酒井は、8月31日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦にフル出場。2-0の勝利に貢献し、この時点でチームもロシアW杯出場権を獲得した。

    クラブ、代表で不動の存在となり生じた問題

    ガルシア監督は事前に、ハリル監督に対してオーストラリア戦でW杯出場を確定した際には、酒井を温存するように要請を出していたという。

    実際に9月5日のサウジアラビア戦を前に、ドルトムントMF香川真司とフランクフルトMF長谷部誠はコンディション不良を理由に代表を離脱。

    ケルンFW大迫勇也もスタンド観戦となったが、酒井はフル出場。そして、日本も敵地で0-1と敗戦した。

    もちろん、日本代表を率いるハリル監督にとって、サウジ戦は来年のロシアW杯に向けた重要なテストの場だったが、クラブを指揮するガルシア監督にとっては大きな意味を持たない“消化試合”にすぎない。

    マルセイユ専門のニュースサイト「FCマルセイユ」は、「ルディ・ガルシアはレンヌ戦の前半で交代したサカイの問題を語った。彼は日本の監督、バヒド・ハリルホジッチにとても強い憤りを示していた」と報じている。

    マルセイユ、日本代表の双方で不動の右サイドバックに成長したからこそ生じた問題と言えるが、ガルシア監督がハリル監督に対して抱いた疑念は、来年のW杯本大会に挑む酒井にとっては悩ましい状況と言えそうだ。

    2017年9月16日 21時50分 Football ZONE web
    http://news.livedoor.com/article/detail/13622884/

    写真
    続きを読む

    2017-09-17_12h04_19

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/17(日) 10:59:33.34 ID:CAP_USER9.net
    レオン 3-1 パチューカ

    4分.. 1-0 ボセッリ
    25分 2-0 モンテス
    28分 3-0 アンドラーデ
    52分 3-1 サガル

    78分 サガル → 本田圭佑

    http://www.livescore.com/soccer/mexico/apertura/leon-vs-pachuca/1-2522650/

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/mexico/apertura/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 07:24:02.41 ID:CAP_USER9.net
    英国の『BBC Sports』は速報サイトと公式ツイッターで、衝撃ゴールを詳報した。
     
    リーガ・エスパニョーラ4節のヘタフェvsバルセロナ戦。その39分に日本代表MF、柴崎岳が左足で決めた豪快弾を、世界的な老舗放送局は「ジャパニーズ・ナイトメア(日本人の悪夢)」と銘打ち、以下のように伝えた。
     
    「こんな宝石のようなゴールは滅多にお目にかかれない。バルセロナにとってはまさに『日本人の悪夢』だ。なぜなら昨シーズンもカンプ・ノウでエイバルのタカシ・イヌイに手痛い2ゴールを奪われている。鉄壁を誇るディフェンス陣が、なにせこの4か月で3得点も(日本人選手に)決められているのだから」
     
    加えて、ツイッターではゴールシーンをこう描写している。
     
    「なんてストライクだ! ここまでのバルサはまるで“らしさ”がない。彼らは驚愕のサンダーボルトによって罰を下されたのだ。シバサキは浮き球に鋭く反応し、自信満々に左足を振り抜いた。マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがどんなに優秀であろうと、あればかりは止められない」
     
    柴崎は54分に左足首を痛めて無念の交代。試合はその後にバルサの猛反撃を受け、ヘタフェは1-2の逆転負けを喫している。

    9/17(日) 5:04配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030073-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/17(日) 03:38:38.83 ID:CAP_USER9.net
    城、家長、大久保、清武、そして乾に続いた…。

    バルセロナに1-2の惜敗を喫したヘタフェだが、日本代表MF柴崎岳のスーパーゴールは大きな反響を呼んでいる。

    スペイン全国紙の『AS』は、試合後すぐに特集記事をホームページ上に掲載。「ガク・シバサキが素晴らしいゴールを決めた! リーガでゴールを決めた6番目の日本人選手に!」と銘打ち、その活躍ぶりを伝えた。

    「39分にガクが左足で放ったショットは、本当に鮮やかな一撃だった。プレシーズンでもゴールを決めていたが、プリメーラ(1部)では4節にして初めてのゴールだ。

    日本人選手としては、ショウジ・ジョウ(通算2得点)、アキヒロ・イエナガ(通算2得点)、ヨシト・オオクボ(通算5得点)、ヒロキ・キヨタケ(通算1得点)、そして現在エイバルでプレーするタカシ・イヌイ(通算6得点)に続く、6番目だ。バルサ相手となると、昨シーズンにイヌイがカンプ・ノウで2得点を挙げている」

    さらに、「怪我の状態が気になるが、この調子ならもっとたくさんのゴールを決めるだろう」と期待を込めた。
    2017-09-17_07h56_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00030067-sdigestw-socc
    9/17(日) 3:05配信

    ▼城彰二氏
    所属クラブ:バジャドリード
    在籍シーズン:1999-00
    成績:15試合出場/2ゴール

    ▼西澤明訓氏
    所属クラブ:エスパニョール
    在籍シーズン:2000-01
    成績:6試合出場

    ▼大久保嘉人(現川崎フロンターレ)
    所属クラブ:マジョルカ
    在籍シーズン:2004-05、2005-06
    成績:39試合出場/5ゴール

    ▼中村俊輔(現横浜F・マリノス)
    所属クラブ:エスパニョール
    在籍シーズン:2009-10
    成績:13試合出場

    ▼家長昭博(現大宮アルディージャ)
    所属クラブ:マジョルカ
    在籍シーズン:2010-11、2011-12
    成績:18試合出場/2ゴール

    ▼指宿洋史(現アルビレックス新潟)
    所属クラブ:セビージャ
    在籍シーズン:2011-12
    成績:1試合出場

    ▼ハーフナー・マイク(現デン・ハーグ/オランダ)
    所属クラブ:コルドバ
    在籍シーズン:2014-15
    成績:5試合出場

    ▼清武弘嗣(現セレッソ大阪)
    所属クラブ:セビリア
    在籍シーズン:2016-17
    成績:6試合出場/1ゴール
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/17(日) 01:23:47.47 ID:CAP_USER9.net
    クリスタル・パレス戦で1-0勝利! 今季三度目の無失点

    サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は17日に行われたクリスタル・パレス戦に先発フル出場した。1-0と完封勝利を挙げるなか、相手の身長190センチを誇る肉体派のベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケを押さえ込む働きを見せ、現地メディアで合格点評価を下された。

    前節ワトフォード戦は日本代表参加による長距離遠征も影響して出番なしだった吉田。この日はDFヴェスレイ・フートとのCBコンビでスタメン出場した。

    対戦相手のクリスタル・パレスは開幕4連敗でフランク・デブール監督を就任からわずか77日で解任。元イングランド代表のロイ・ホジソン監督を招聘して、最初のゲームとなった。注目の試合は開始わずか6分、MFスティーブン・デイビスのゴールでサウサンプトンがリードを奪った。

    吉田は空中戦で絶大な強さを誇る相手エースのベンテケにも自由を与えず、安定した守備で最後まで無失点で乗り切ると、最小得点差の1-0で白星を手にした。そして、今季三度目となるクリーンシート達成に貢献した。

    合格点の7点評価ゲット

    英衛星放送局「スカイ・スポーツ」の採点では、吉田は先発陣の中で他5選手と並ぶ合格点の7点と高評価を受けた。守護神のGKフレイザー・フォースターとマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたMFマリオ・レミナが9点でチームトップ。決勝点のデイビスとMFネイサン・レドモンド、MFドゥサンタ・ディッチが8点だった。

    吉田が出場した今季リーグ戦4試合は2勝2分で、3試合が無失点と堅守を築いている。ハリルジャパンで要のCBはプレミアリーグで安定感抜群の守備を披露している。
    2017-09-17_07h39_25
    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00010002-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ