海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年09月

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 05:50:04.89 ID:CAP_USER9.net
    10月6日にインドで開幕するU-17W杯での活躍が期待されるFW久保建英(FC東京U-18)が、「インドで輝く8つの真珠」の1人としてスペイン『マルカ』で紹介されている。

    同紙は記事の3番目で「日本のメッシ」と久保を取り上げ、2011年にバルセロナの下部組織に加入した経歴を紹介。「この事実は彼に国際的な名声をもたらした」としているが、「バルセロナがFIFAから制裁を受けたため、自分の国に戻らなければならなかった」と、クラブの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反の影響を受け、帰国を余儀なくされたエピソードについても触れている。

    2015年3月にFC東京の下部組織に加入した久保は日本でも成長を続け、今年5月に15歳でトップチームデビュー。記事では「それ以来、彼の進化は止められない状況となっている」とレポートし、「インドでは、U-20代表に招集されて以来、2度目の世界大会に臨む」とU-20W杯に続く活躍を期待した。

    U-17W杯でE組に入った日本は、10月7日にホンジュラス、11日にフランス、14日にニューカレドニアと対戦。日本サッカー協会(JFA)によると、U-17日本代表のメンバー発表は9月22日14時の予定となっている。

    9/16(土) 13:21配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-01644127-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 05:01:16.93 ID:CAP_USER9.net
    ◆柴崎が左足ボレーでゴールも後半早々に負傷交代 チームは1-2逆転負け

    ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、バルセロナ相手に奪い取ったリーガ・エスパニョーラ1部初ゴールによって、メッシを上回る評価を受けている。

    リーガ・エスパニョーラ第4節バルセロナ戦に先発出場し、前半39分に左足ダイレクトボレーで先制点を叩きこんだ。後半開始早々に負傷交代し、チームも1-2と逆転負けを喫したが、試合後の現地紙採点では両チーム最高タイ評価を獲得している。

    柴崎は前半15分にショートカウンターから左サイドに流れ、左足でラストパスを送ると、DFジェラール・ピケに当たり、あわやオウンゴールという場面を作った。勢いに乗る柴崎は、同39分にゴラッソを叩き込む。MFマルケルが空中戦を競り合った高い弾道のボールを、左足ダイレクトで一閃。鋭い弾道を描いたボールはバルサGKテア=シュテーゲンの守るゴールマウスを打ち破った。

    今季ここまで公式戦無失点だったバルサ。昨季バルサ相手に最後のゴールを奪ったのはエイバルの日本代表MF乾貴士の2得点で、奇しくも乾と柴崎がシーズンをまたぎリーグのバルサ戦で立て続けにゴールをマークする形になった。

    勢いに乗ったヘタフェは前半終了間際、メッシのゴール左隅ギリギリを狙った直接FKをGKガイタがビッグセーブし、1点リードで前半を折り返した。後半に入るとピケが柴崎をファール覚悟で激しく寄せる場面もあるなど、バルサも本気モードに突入。

    同9分には左足甲の部分を痛めるそぶりを見せた柴崎は無念の途中交代となったが、ファンからは万雷の拍手が送られた。

    ◆マルカ紙が柴崎弾を絶賛、二つ星評価

    攻撃のキーマンを失ったヘタフェは徐々に押され気味となり、バルサが牙をむく。後半17分に左サイドのFWデウロフェウとDFセルジ・ロベルトのパスワークから最後はMFデニス・スアレスがフィニッシュし、下部組織出身トリオによって1-1の同点に追いついた。

    その後、試合は両チームともチャンスを作ったものの、途中出場のMFパウリーニョが大仕事をする。

    カウンターからメッシのスルーパスを受けたパウリーニョは、マーカーをもろともせず右45度の位置からゴール左隅に叩き込み、バルサが2-1と勝ち越し。アディショナルタイムにヘタフェが猛攻を仕掛けたものの、スコアは動かず終了した。

    スペイン紙「マルカ」は試合速報で「ガクはボールを芸術品に変えた」とゴールを絶賛。FWモリーナらとともに二つ星(満点は三つ星)を与えられている。一方、バルサはこの日ゴールを挙げたMFデニス・スアレス、MFパウリーニョが2つ星だが、パウリーニョのゴールをお膳立てしたFWメッシ、前半のみで交代したMFイニエスタが1つ星にとどまっている。

    負けたとはいえ、柴崎が残したインパクトは大きかったようだ。

    写真

    続きを読む

    2017-09-17_01h38_43

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/16(土) 23:57:59.13 ID:CAP_USER9.net
    クロトーネ 0-2 インテル

    得点
    82分 ミラン・シュクリニアル
    90分 ペリシッチ

    http://www.livescore.com/soccer/italy/serie-a/crotone-vs-inter/1-2588348/

    インテル
    GK ハンダノヴィッチ
    DF ダンブロジオ、シュクリニアル、ミランダ、ダウベルト
    MF ガッリャルディーニ、ボルハ・バレロ、カンドレーヴァ、ペリシッチ、ジョアン・マリオ
    CF イカルディ

    56分 ガッリャルディーニ → ベシノ
    64分 ダルベルト → 長友佑都
    85分 ダンブロジオ → ラノッキア
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/17(日) 01:13:00.50 ID:CAP_USER9.net
    ■リーガ第4節 ヘタフェ 1-2 バルセロナ

    ヘタフェ:柴崎(39分)

    バルセロナ:デニス・スアレス(61分)、パウリーニョ(84分)

    リーガエスパニョーラ第4節が16日に行われ、バルセロナは敵地コリセウムでヘタフェと対戦した。ヘタフェMF柴崎岳は先発出場して53分までプレーしている。

    バルセロナ戦で4試合連続スタメン出場を果たした柴崎は、39分にボルダラス監督の信頼に結果で報いる。39分、右サイドからのアーリークロスがバルセロナDFに跳ね返されたところ、ペナルティーアークで待ち構えるように左足を振り抜き、鮮やかなボレーでGKテア・シュテーゲンを破った。

    バルセロナは今季リーガエスパニョーラで初失点。チャンピオンズリーグ・グループステージ開幕節のユヴェントス戦を含め、直近4試合でクリーンシートを達成していたが、柴崎のゴールが連続無失点試合数を途切れさせている。

    素晴らしい活躍を見せた柴崎だが、53分に左足首を痛めて途中交代することに。スタンドから拍手喝采を受け、アルバロ・ヒメネスと交代でピッチを去った。

    一方、前半デンベレが負傷退場するというアクシデントに襲われたバルセロナは、61分にデニス・スアレスが同点弾を沈める。スペイン・スーパーカップ後、今季無敗を維持するアウェーチームが意地を見せる。

    バルセロナは84分、パウリーニョが逆転ゴールを奪う。メッシのパスを受けたブラジル代表MFはヘタフェDFを弾き飛ばし、角度のないところから右足でシュートを決めた。

    バルセロナは4連勝を飾り、暫定で首位をキープ。ヘタフェは11位に位置している。
    2017-09-17_01h26_58
    GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000047-goal-socc
    続きを読む

    2017-09-16_22h31_38
    ヘタフェ 1-0 バルセロナ(前半終了)


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/16(土) 21:38:52.78 ID:CAP_USER9.net
    15日のリーガエスパニョーラ第4節、エイバルは本拠地イプルーアでのレガネス戦で1−0の勝利を収めた。この試合の決勝点をアシストするなどしたMF乾貴士は、スペイン紙から絶賛されている。

    正確なクロスでDFアレハンドロ・ガルベスのゴールをお膳立てしたほか、積極的な攻撃&守備を披露した乾。スペイン『アス』の採点では、この試合単独最高点となる3点満点を付けられた。さらにMVPにあたる「クラック(名手)」にも選出されており、「後半の立ち上がりが顕著だったが、スターとしてのプレーを完遂」との評価を受けている。

    またスペイン『マルカ』の採点では、ガルベスがこの試合の単独最高となる3点満点となったが、乾は攻撃陣の中では最も高い2点の評価(ほかの攻撃陣はいずれも1点)。寸評では「後半のプレーが良く、ガルベスに素晴らしいクロスを送った」とアシストの場面が取り上げられている。

    GOAL 9/16(土) 19:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00000019-goal-socc

    写真

    続きを読む

    2017-09-16_22h31_38



    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/16(土) 21:03:28.40 ID:CAP_USER9.net
    ■サンフレッチェ広島 1-0 セレッソ大阪 [Eスタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091604/live/live/#live

    [広]フェリペ・シウバ(70分)


    ■FC東京 1-0 ベガルタ仙台 [味スタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091605/live/#live

    [F]チャン・ヒョンス(67分)


    ■横浜FM 1-1 柏レイソル [日産ス]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091606/live/livetxt/#live

    [横]齋藤学(9分)
    [柏]クリスティアーノ(88分)


    ■ヴィッセル神戸 2-0 北海道コンサドーレ札幌 [神戸ユ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091607/live/livetxt/#live

    [神]田中順也(4分)
    [神]渡部博文(22分)


    ■サガン鳥栖 2-1 ヴァンフォーレ甲府 [ベアスタ]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091608/live/livetxt/#live

    [甲]リンス(7分)
    [鳥]鄭昇炫(65分)
    [鳥]キム・ミンヒョク(90分+5)


    2017明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、サンフレッチェ広島とセレッソ大阪が対戦した。

    試合は0-0で迎えた70分に動く。広島がカウンターを仕掛け、パトリックが前線でボールをキープ。味方の上がりを待って中央へラストパスを送ると、走り込んだフェリペ・シウバが左足のシュートをゴール右に決めた。

    終盤はC大阪が杉本健勇を中心に攻め立てたがゴールを奪うには至らず、試合はこのまま1-0でタイムアップ。残留を争う広島が貴重な勝ち点3を獲得した。一方、優勝を争うC大阪にとっては痛恨の黒星となった。

    次節、広島は23日にアウェイで清水エスパルスと、C大阪は同日にホームでベガルタ仙台と対戦する。
    2017-09-16_21h54_34
    9/16(土) 20:25配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00643249-soccerk-socc

    ■順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j2/

    ■DAZN for docomo.
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/16(土) 20:04:52.26 ID:CAP_USER9.net
    ■清水エスパルス 0-3 川崎フロンターレ [IAIスタジアム日本平]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091603/live/livetxt/#live

    [川]谷口彰悟(14分)
    [川]小林悠(25分)
    [川]森本貴幸(79分)


    ■大宮アルディージャ 2-2 ガンバ大阪 [熊谷スポーツ文化公園陸上競技場]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091601/live/livetxt/#live

    [G]井手口陽介(28分)
    [大]マテウス(50分)
    [大]オウンゴール(73分)
    [G]長沢駿(90分+4)


    ■アルビレックス新潟 2-4 鹿島アントラーズ [デンカビッグスワンスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/091602/live/livetxt/#live

    [新]ドウグラス・タンキ(5分)
    [新]ホニ(45分)
    [鹿]レアンドロ(49分)
    [鹿]レアンドロ(67分)
    [鹿]レアンドロ(81分)
    [鹿]金崎夢生が(89分)

    2017明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、アルビレックス新潟と鹿島アントラーズが対戦した。

     最下位の新潟と首位の鹿島、という構図だったが、先制したのはホームの新潟だった。5分、カウンターから一本のパスで左サイドを抜け出した小川佳純がタメを作って味方の上がりを待つと、中央に走り込んだドウグラス・タンキにラストパス。シュートは相手GKに触られたがそのままゴールに吸い込まれた。

    鹿島の猛攻を絶え凌いだ新潟は45分、左サイドからエリアに突進した磯村亮太が絶妙なクロスを入れるとホニがきっちり合わせて2点目をゲット。前半を2点リードで折り返した。

    後半開始早々、鹿島が1点を返す。49分、コーナーキックからニアサイドで西大伍がそらすと、レアンドロが反応。ヘディングシュートがゴールに吸い込まれた。さらに67分、エリア内でボールを受けたレアンドロが左足を振り抜き、この日2ゴール目をマーク。試合を振り出しに戻した。

    さらに鹿島は三竿健斗の縦パスを受けたレアンドロがトラップでDFをかわし、ペナルティエリアで前を向くと、冷静に左足でボールを流し込んでハットトリックを達成。ついに試合をひっくり返した。さらに89分には金崎夢生がPKを沈めて勝負あり。4-2で首位鹿島が勝ち点「3」を上積みした。

    次節、アルビレックス新潟は23日にアウェイでコンサドーレ札幌と、鹿島アントラーズはホームでガンバ大阪と対戦する。
    2017-09-16_20h27_03

    9/16(土) 19:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00643238-soccerk-socc


    ・敗戦から中二日の川崎が疲れ知らずの3発完勝! 小林らのゴールで清水を下す
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00643245-soccerk-socc

    ・大宮、終盤の失点で4試合ぶり白星ならず…G大阪が劇的ドローに持ち込む
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00643250-soccerk-socc

    【サッカー】<J2第33節>松本山雅が群馬を退け今季初4連勝!名古屋を抜き暫定で4位に浮上!0-2→3-2→3-3…徳島は岡山に勝ち切れず
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505555693/

    ■順位表
    https://www.jleague.jp/sp/standings/j2/

    ■DAZN for docomo.
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/16(土) 18:21:50.05 ID:CAP_USER9.net
    「もう相手はバテていたんで、仕留められたと思いますけどね。僕もチャンスがあったし」

    UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第1戦。原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、ホームにアスレチック・ビルバオを迎え、0-0で引き分けた。前半はビルバオが、後半はまったく別の試合になったかのようにヘルタが圧倒的にゲームを支配しながら、お互いにチャンスを活かし切れずスコアレスドローに終わった。

    原口が残した冒頭のコメントでも分かるように、試合全体の流れを考えれば「勝てた試合だったのに」との思いがより強かったのはヘルタのほうだろう。原口が続ける。

    「前半は相手がうまくやっていたと思うけど、後半は(ビルバオの選手が)やたらバテていたというか、ホントに違うチームのようになったんで、チャンスはたくさんあったんですけどね。おれ的にはそう(後半に勝負を決められた)でしたね、今日の試合は」

    とはいえ、試合中の原口がチームの勝利だけに集中していたとしても、試合が終わった後の、彼のこの試合における最大の関心事は、おそらく結果ではなかったはずだ。

    ドイツ・ブンデスリーガが開幕し、すでに3節が終了したが、原口はそのすべてでベンチスタート。うち2試合に途中出場したにすぎない。

    だからこそ、リーグ戦の合間に行われるELは、出番の少ない背番号24にとって試合出場の絶好機だったのだ。実際、試合前日にはヘルタのパル・ダルダイ監督も、週末のリーグ戦からのメンバー入れ替えを示唆していた。

    やっと自分にも出番がやってくる――。原口は苦笑まじりに「そう思っていましたけどね」と語る。

    ところが、確かに先発メンバーのうち5人が入れ替えられたものの、そのなかに“GENKI HARAGUCHI”の名前はなかった。

    「僕が今日与えられたのは5分、10分なんで。そこでやるしかなかったですけどね」

    原口は乾いた笑いを浮かべ、発する言葉も途切れがち。受けたショックが決して小さくはないことを物語っていた。

    「今日は相当(自分に出番が巡ってくる)チャンスゲームだった、と。ブンデス(リーグ戦)では、ああいう交代の仕方(先発メンバーを大きく入れ替えること)はしないので。まあでも、(試合は)続くからね」

    原口が力なくつぶやく。

    「よく分かんないですね、オレも」

    原口がダルダイ監督から事実上の戦力外と見なされているとの現地報道は、今季開幕前からあった。原口自身、「プレシーズンは全然試合に出させてもらえていなかった」と認める。

    原口が他クラブ(イングランド・プレミアリーグが有力と見られていた)への移籍を希望し、ヘルタとの契約延長がなかなか決まらなかったことがその理由だと言われているが、もちろん、真相は定かではない。
    2017-09-16_20h09_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00010006-sportiva-socc
    9/16(土) 17:56配信
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ