海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年10月

    201704060655190cc

    1:名無し募集中。。。:2017/10/31(火) 09:30:11.15 ID:0.net
    プレミアリーグでやってるのは偉いけど失点に絡むミスも目立つ
    2:名無し募集中。。。:2017/10/31(火) 09:31:58.73 ID:0.net
    DFはミスのほうが目に付くのはしゃーない
    5:名無し募集中。。。:2017/10/31(火) 09:34:02.25 ID:0.net
    たまにテンパる意外は日本歴代ナンバーCB
    続きを読む

    2017-10-30_11h42_35

    1:Egg ★ :2017/10/31(火) 09:41:19.51 ID:CAP_USER9.net
    メキシコリーグ前期(29日=日本時間30日、トレオンほか)パチューカの元日本代表FW本田圭佑(31)は2-2で引き分けたサントス・ラグナ戦で終盤までプレーし、1-0の前半40分に得点した。公式戦2戦連発でリーグ戦3点目。31日には11月に欧州でブラジル、ベルギーと対戦する日本代表のメンバー発表を控える。10月に落選した本田が好調さを武器に復帰を果たすのか。

    右FWで先発し、1点リードの前半40分だ。本田は最前線で味方がボールを受けるのを見ると、中央を駆け上がってパスを引き出した。気負わず左隅を狙い、浮き球のシュートを決めた。

    得点後は駆け寄るチームメートと抱擁し、喜びに浸った。2得点を挙げた25日のカップ戦に続き、公式戦2試合連続となる通算5ゴール目。リーグ戦では4試合ぶり3点目だ。

    長短の効果的なパスで得点機を何度も演出し、チャンスメーカーとしても本領発揮。試合後は報道陣の呼びかけに少し振り向き、軽く手をあげてバスに乗り込んだ。アロンソ監督は「見れば分かる通り、今日の試合と(加入した)最初の頃とでは大きな違いがある」と復調を喜ぶ。

    もっとも日本代表では10月の親善試合への招集を見送られ、存在感は薄いまま。11月にブラジル、ベルギーと欧州で対戦するメンバーは31日発表される。これだけアピールしても呼ばれなければ、3度目のW杯出場は苦しくなる。

    10/31(火) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000022-sanspo-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/10/31(火) 09:13:06.73 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、今夏バルセロナを離れ現チームに加入したことを後悔しているようだ。

    ネイマールは今夏、2億2200万ユーロ(約290億円)という巨額の移籍金でバルセロナからPSGに移籍。これだけのビッグネームが天文学的な移籍金を記録したこともあり、今夏の移籍市場最大のビッグディールとなった。

    しかし、カタルーニャのテレビ番組『La Porteria』の報告によると、ネイマール自身とその関係者は既にPSG移籍を後悔しており、バルセロナでの生活を恋しく思っているという。ちょうどネイマールは29日、休暇を利用してバルセロナの練習場を訪れており、FWリオネル・メッシやFWルイス・スアレスなどかつての同僚との再会を果たしていた。

    PSG移籍後、既にリーグ戦8試合に出場し7ゴールを決めるなど首位を走るPSGの原動力となっているネイマールだが、決していいニュースばかりではない。エースのFWエディソン・カバーニやウナイ・エメリ監督との不仲説が浮上しているように、ピッチ内外での悪いうわさも立っており、それが間接的に今回の報道に繋がっているのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13824286/
    2017年10月31日 7時40分 フットボールチャンネル


    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/31(火) 00:20:55.45 ID:CAP_USER9.net
    テロ組織ISISが、今度はクリスティアーノ・ロナウドのイメージ画像を用いてロシア・ワールドカップ(W杯)でテロを行うことを示唆している。

    これまでリオネル・メッシ、ネイマールらを用いてロシアW杯でテロを行う可能性を匂わせてきたISISだが、今度はC・ロナウドの姿が確認できる画像を公開した。

    このイメージ画像では、ナイフを持った男の前で「人質」となったC・ロナウドがひざまずいている。

    そしてロシアW杯のロゴと「私たちの言葉は聞くのではなく見るもの。ただ待っていればいい。私たちも待っている」とのメッセージが記されている。

    10/31(火) 0:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000028-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/31(火) 06:43:06.34 ID:CAP_USER9.net
    このところのハリルホジッチ監督の記者会見には、冷ややかな空気が流れている。質問に答えるのもそこそこに、「私のサッカーが批判されるのはおかしい」と持論を展開する指揮官の姿はおなじみの光景だ。

    ピッチの外では一体、何が起きているのか!? 両者のバトルの真相に迫る!

    ■監督はスポーツ紙の記事を逐一チェック

    ニュージーランド(NZ)、ハイチとの2連戦で、ふがいない戦いに終始してしまった日本代表。このままでは来年のロシアW杯が思いやられるが、同時に心配なことがもうひとつある。予選突破を決めて以降、もともと良好とはいえなかったハリルホジッチ監督とスポーツ紙などのメディアとの関係がさらに悪化してしまっているのだ。

    まずホームでW杯出場を決めた8月31日のオーストラリア戦後、ハリルホジッチ監督は記者陣の前に姿を現したものの、「私はもしかしたら(日本代表に)残るかもしれないし、残らないかもしれない」などと意味深な発言をわずかにしたのみで、質疑応答を拒否して会見場を退出。

    その翌日、あらためて記者会見を行なったが、「昨日の発言は、私を批判し、プレッシャーをかけていた人々に対しての言葉だ」と、オーストラリア戦前にハリル解任論を唱えていた一部メディアへあからさまな一撃を加えたのである。

    続いて9月28日、NZ、ハイチとの親善試合に臨む代表メンバー発表会見の席では、「日本は指導者もメディアもすぐ『ポゼッション』と口にする(重視する)が、相手よりボールを持ったからといって勝てるわけではない」と、今度はメディア相手にサッカー講義をぶった。

    対するメディアの側も負けていない。単調な攻撃パターンに、少なからぬ媒体が再三にわたって異を唱え、ホームでのオーストラリア戦前には一部スポーツ紙が「引き分け以下で解任」と報じ、さらに辛勝したNZ戦(10月6日)翌日には、1面で「ハリル日本、赤点」の大見出しを掲げた。

    日本代表監督とメディアが火花を散らすのはよく見られる光景だが、今ほどの冷戦状態は過去に例がなかった。なぜ双方がここまで対立してしまうのか。まずはハリルホジッチの側から考察してみよう。ベテランのサッカーライター、後藤健生(たけお)氏が語る。

    「もともとハリルホジッチのように、旧ユーゴスラビア出身の監督というのは、多弁で自己主張が強い人が多いんですよ。日本で指導した人に限っても、オシム(元日本代表監督)しかり、ペトロヴィッチ(前浦和監督)しかり、ポポヴィッチ(元FC東京監督)しかり……」

    確かに。

    「でも、ハリルホジッチほどメディアに敵対的な姿勢を示す人はちょっと珍しい。あくまで仮説ですが、その根本には彼のバックグラウンドが関係しているように思います。ご存じのように、彼はもともとイスラム系ボスニア人です。旧ユーゴの中でボスニア人というのは、セルビア人やクロアチア人から差別を受ける立場。だから彼は現役時代、実力は折り紙つきながら旧ユーゴ代表チームでの出場機会に恵まれませんでした。

    そして引退後、彼はフランスへ移住して指導者としてのキャリアを積みますが、フランスにおける旧ユーゴ人というのも、やはり人々から一段下に見られる存在。彼はずっとそんな境遇のなかで、反骨心を抱え肩ひじ張って生きてきたので、自然と攻撃的なキャラクターになってしまったのではないでしょうか。だからメディアからの批判に対しても、過剰に反応してしまう」

    つづく

    10/31(火) 6:00配信 週プレニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00093971-playboyz-socc

    写真

    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/10/31(火) 06:56:33.11 ID:CAP_USER9.net
    10/31(火) 5:04配信
    スポニチアネックス

    パチューカの本田圭佑

    サッカーのメキシコカップ準々決勝「パチューカ―ティフアナ」の日程が11月8日に変更となった。当初は10月31日に計画されていたが、11月1日に変更。リーグ戦第15節からの期間が短いことから、さらに1週間延期された。

    1月6~14日は国際Aマッチデーとなっており、両クラブとも代表に招集される選手を欠いての試合となるが、選手の体調管理を優先しての決定となった模様。クラブ広報によると、現時点でFW本田圭佑(31)に招集レターは届いていないという。

    日本代表はこの期間に欧州遠征を計画しており、日本時間の10日にブラジル、同14日にベルギーと対戦する。
    2017-10-31_07h39_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000148-spnannex-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/10/31(火) 06:54:52.50 ID:CAP_USER9.net
    ■セリエA第11節 ヴェローナ 1-2 インテル

    ヴェローナ:パッツィーニ(59分)

    インテル:バレロ(36分)、ペリシッチ(67分)

    現地時間28日、イタリア・セリエA第11節が行われ、インテルはヴェローナに2-1で勝利した。

    今季未だ負け無しで2位につけるインテルは、18位と低迷するヴェローナでの一戦に臨んだ。長友佑都は5試合連続での先発出場。ルチアーノ・スパレッティ監督は、4試合連続で同じスターティングメンバーを起用した。

    前半から優勢に進めるインテルは、36分に先制点。カンドレーヴァのアシストから、バレーロが決めてリードを手にする。

    しかし59分、思わぬ形から失点する。GKハンダノヴィッチが、自陣エリア付近で相手FWと交錯。するとビデオ判定の結果、エリア内でファールがあったとしてPKとなる。このPKを、判定直後に投入されたFWパッツィーニが確実に決め、インテルは同点に追いつかれる。

    それでも67分に勝ち越し弾。CKのこぼれ球を、ペリシッチがダイレクトで豪快に蹴り込みネットを揺らした。

    その後はイ・スンウら攻撃的なカードを切ったヴェローナに苦戦を強いられたが、敵地でこの1点を守りきって勝利をあげた。

    インテルはこれで開幕11試合で9勝2分。絶好調を維持し、首位ナポリを勝ち点2差で追走している。
    2017-10-31_07h34_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000032-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/30(月) 22:15:00.16 ID:CAP_USER9.net
    タイメディア『Siamsport』は30日、タイ・プレミアリーグ(1部)のパタヤ・ユナイテッドに所属する3選手が来季開幕に向けたプレシーズン中に川崎フロンターレの練習に参加すると報じた。

    名前を挙げられたのはタイA代表歴を持つ25歳のMFピーラドン・チャムラタミーと、同U-23代表で21歳のMFピチャー・ウートラ、そして24歳のDFスパナン・ブリーラットである。

    強豪ムアントン・ユナイテッドからの期限付き移籍でパタヤ・ユナイテッドに在籍するピーラドンのコメントが掲載されており、「Jリーグのビッグクラブが僕たちに注意を払ってくれて光栄。自分たちの能力を見せるために頑張りたい。チャナティップと話をして、攻撃面での規律が非常にしっかりしていると聞いている」と日本からの関心を認めているようだ。

    今季はJ1の北海道コンサドーレ札幌でタイ代表の英雄的存在であるチャナティップ・ソングラシンがセンセーショナルな活躍を披露し、J3の鹿児島ユナイテッドFCではシティチョーク・パソがプレーしている。夏にバンコク・ユナイテッドから半年間の期限付き移籍でFC東京に加入したジャキット・ワクピロムはJ3のFC東京U-23で徐々に出場時間を伸ばし始めているところだ。

    記事によればパタヤ・ユナイテッドは3選手が川崎Fのプレシーズンキャンプに練習参加することを許可しており、Jリーグ移籍の可能性もあるとしている。タイ人選手はJリーグにおいて「提携国枠」での登録になるため外国籍選手として扱われない。

    川崎Fには韓国人のGKチョン・ソンリョン、ブラジル人のDFエドゥアルド、MFハイネル、MFエドゥアルド・ネット、DFエウシーニョ、フィリピンとガーナのハーフDFタビナス・ジェファーソンが在籍しており外国人枠は埋まっているが、タイ人選手ならばその枠に縛られることなく獲得できる。

    セントラルMFのピーラドン、攻撃的MFのピチャー、右サイドバックのスパナンと、それぞれ異なった特徴を持つ3人はJリーグのピッチに立つ権利を得られるだろうか。実際に川崎Fの練習に参加するのかにも注目が集まる。

    10/30(月) 20:25配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00238171-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    gettyimages-867533730-barcelona-messi_18dsin049rqmc1pkukgwvkb86m

    1:風吹けば名無し:2017/10/30(月) 00:11:12.08 ID:F39Bt6IT0.net
    リーガ 9勝1分
    CL 3勝
    前評判を覆した模様
    2:風吹けば名無し:2017/10/30(月) 00:11:46.28 ID:F39Bt6IT0.net
    パウリーニョはハマった模様
    13:風吹けば名無し:2017/10/30(月) 00:15:37.47 ID:S3WjSfVJ0.net
    >>2
    ワイはハマるとは言いきりはせんかったが
    セレソン見てたらいい選手だしバルサで活躍することもあり得るやろって言ったら
    めっちゃボコボコに叩かれたわ
    17:風吹けば名無し:2017/10/30(月) 00:17:35.73 ID:F39Bt6IT0.net
    >>13
    大方の見方はハマらんだったししゃーない
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/30(月) 18:32:33.86 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、もう一度古巣ケルンでプレーするという願望を抱いているようだ。だがその一方で、ドイツ紙『ヴェルト』のインタビューでは神戸で現行契約を延長する可能性も示唆している。

    今夏にガラタサライから神戸に向かったポドルスキは、かつてブレイクを果たしたケルンのブンデスリーガ最下位に沈む姿に心を痛めている。「もちろん何も感じないわけではない。僕は良いときも悪いときもファンなので」と切り出す同選手だが、古巣が蘇ることを信じているようだ。

    「ケルンには冬までできるだけの勝ち点を獲得して、移籍市場で有意義な行動を取るように臨んでほしい。だが、これに関して忘れていけないことがある。このクラブが象徴する感情のことだよ。ヨーロッパリーグ、アーセナル戦の映像を見たとき、ケルンの人間としてとても誇り高かった。2万人のファンがロンドンで最高な雰囲気を作っていたことはファンタスティック。これこそ僕が愛するフットボールだよ」

    ケルンのほか、バイエルン・ミュンヘンやアーセナル、インテルでプレーしてきたポドルスキ。過去にも何度か最終的には自身の原点に戻る希望を口にしていたが、今回のインタビューでもそれについて触れている。

    「ケルンのためにもう一度プレーしたいことは否定したことはない。それについての話を避けることはないよ。でも自分を売り込むようなことはしないけどね。ただケルンは僕のクラブであり、僕にとって大きな意味を持っているんだ。もう一度、雄山羊(ケルンのシンボル)が付いたユニフォームを着ることができれば、とても誇りに思うだろう」

    だが、ケルンへの帰還については具体的には考えていないという。「家族と一緒にいることは僕にとって大切なこと」と語るポドルスキは、日本での生活について「日本人はとてもフレンドリーだし、受け入れてくれている。本当に居心地が良いし、安全であることも大きい」と話し、次のように続けた。

    「もちろん僕たち家族は故郷を恋しく思うこともある。故郷はやはり故郷なのでね。だけど、明日にも荷物をまとめてここを離れたく思うことなんてない。むしろその逆だよ。僕たちはここでの生活をとても楽しんでおり、高く評価しているんだ」

    「契約はまだ2年間ほど残している。クラブは数年以内に1つのトロフィーを獲得する目標を掲げた。今はまだ(チームとして)それに十分な力を備えていないが、これからその方向に進めるかもしれない。その後(2年後)は何が起きるのか分からない。契約を延長することも考えられるし、新たな冒険を求める可能性もある」

    10/30(月) 17:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00010005-goal-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ