海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年11月

    1:Egg ★:2017/11/30(木) 22:42:51.16 ID:CAP_USER9.net
    29日、日本サッカー協会(JFA)は、12月9日開催のE-1サッカー選手権に向けた日本代表メンバーを発表した。

    国内組のみで構成された今回のメンバーには、現在J1リーグで首位を走る鹿島アントラーズから6人が選出。中でも、昨年6月以降代表から遠ざかっていたFW金崎夢生の約1年半ぶりの復帰が注目される。

    今季リーグで12得点をマークしている金崎に、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「フィニッシュのところのクオリティを上げてもらいたい」と要求はしたものの、鹿島で好調維持するストライカーの奮起に大いに期待している。

    「鹿島の他の選手も含め、良い戦いを見せ優勝に迫っています。前線でたくさん動く選手です。また、他の選手と比較すると珍しくパワーがありアグレッシブにプレーする選手です。代表では中央でプレーすることを求めています。

    彼の場合はフィニッシュのところのクオリティをさらに上げてもらいたいと思っています。たくさん動きますので最後のシュートのところで少し疲れているのかなというところもあります」

    金崎は昨年、途中交代させられたことに怒りを露わにし、当時の石井正忠監督(現大宮監督)に対して反抗的な態度をとった。当時ハリルホジッチ監督は「あのような態度は受け入れがたい」と断じていた。

    その金崎を今回ハリルホジッチ監督は日本代表メンバーに含めた。会見で金崎の招集について質問されると、監督は次のように応答している。

    「クラブでの不適切な行動は過去にありました。もちろん代表監督としてそこはあまり評価できない部分だ。しかしそれはもう過去のことであり私も忘れています。

    今現在文句のないパフォーマンスを見せています。前に招集していなかったのはクラブの監督と衝突があったからという理由ではありません」

    そしてハリルホジッチ監督は「もちろんそういった行動が良くないということは彼自身とも話をしております。そういったところももちろん重視しながらも、

    前進し続けていかなければならない」と語り、以前の振る舞いは金崎の招集を妨げるものではないとした。

    フットボールチャンネル編集部11/29(水) 15:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171129-00243672-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:北村ゆきひろ ★ :2017/11/30(木) 22:35:17.26 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌は、浦和レッズの前の監督ミハイロ・ペトロヴィッチ氏を来シーズン新しい監督として迎えることになりました。

    今シーズンJ1に昇格したコンサドーレは四方田修平監督のもとで、現在12位とJ1残留を決めましたが、上位進出を目指すためには今シーズンで契約が切れる四方田監督に代わる、新たな監督が必要として後任を探していました。

    その結果、関係者によりますとコンサドーレはペトロヴィッチ氏のこれまでの実績や育成に熱心な姿勢などを評価し、来シーズンから監督を務めることで
    1年契約で基本合意したということです。
    2017-11-30_23h17_29
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171130/k10011242031000.html
    続きを読む

    columnsv2_49066

    1:名無し募集中。。。:2017/11/30(木) 16:38:59.86 ID:0.net
    日本人でも試合に出てる選手はいるけど
    ほとんどがサイドバックやサイドハーフでちょろちょろやってるだけで
    チームの中心的な役目で活躍できてる選手が少ない
    2:名無し募集中。。。:2017/11/30(木) 16:40:02.71 ID:0.net
    所属クラブも下位チームもしくはリーグ自体しょぼいとこの選手のばっかり
    4:名無し募集中。。。:2017/11/30(木) 16:43:46.84 ID:0.net
    上位のクラブで活躍していた選手って香川くらいしかいねえな
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/30(木) 20:02:54.43 ID:CAP_USER9.net
    昨シーズンはフランクフルトで絶対的な存在だった日本代表MF長谷部誠は、ここ最近出場機会が減少。ドイツ誌『キッカー』で、自身のコンディションや将来について話している。


    今年3月11日に行われたバイエルン・ミュンヘン戦で右ひざを負傷し、手術を強いられた長谷部。それまでチームの3バック中央のリベロ役やボランチとしてもフランクフルトの中心選手の1人だったが、その時点で2016-17シーズンは終了を迎えた。

    そして、負傷は今シーズンにも影響を及ぼしているようだ。第13節消化時点ではリーグ戦9試合に出場したが、今月18日のホッフェンハイム戦には途中出場すると、25日のレヴァークーゼン戦はベンチから見守ることに。『キッカー』では、ひざの状態について次のように明かしている。

    「ひざは調子良いときとそうでもないときがありますね。医師は、痛みがどこから来ているのか正確に突き止められていませんが、彼はすべてをトライしています。毎日、フィジオ(理学療法士)たちに手当してもらっています」

    「試合に向けては薬を飲んでいますので、痛みはほとんど感じません。ですが、毎日痛み止めを飲むわけにはいかないので」

    『キッカー』曰く、日本代表の一員として2018ロシア・ワールドカップ(W杯)への出場を目指す長谷部は、クラブで過度の負担は避けたいところかもしれない。

    「W杯は大きな目標です。南アフリカ大会、ブラジル大会にも出場しましたので。僕の夢はドイツと対戦することです。代表戦106試合に出場しながら一度もドイツと対戦したことがないですからね」

    またW杯開催中に満了となるフランクフルトとの契約の延長の可能性については「ひざが完治していないので、クラブが少しばかりか慎重になるのも理解できます」と言及。最近妻の佐藤ありささん、今年7月に生まれた長女との一緒の生活が始まり、「家族はフランクフルトでの生活にとても馴染んでいます」とも報告する長谷部だが、契約が切れたあとのプランについてはこう話している。

    「もし可能ならば、1~2年間故郷でプレーすることを考えております。その後にはまたドイツに戻る考えです」

    最近ドイツメディアでは今シーズン限りで現役から引退する可能性も騒がれた長谷部だが、まだ現役生活を終えるつもりはなく、日本でキャリアを続ける意思を強調。そして、以前のインタビューで明かしていた通り、ドイツで監督ライセンスの取得を目指すことになりそうだ

    11/30(木) 18:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00010006-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/11/30(木) 18:26:24.24 ID:CAP_USER9.net
    news_232133_1
    17/11/30 13:36

    東京五輪世代のU-20日本代表の森保一監督は30日、都内のJFAハウスで記者会見を行い、12月にタイで行われる『M-150杯 2017』に臨むU-20日本代表メンバーを発表した。

    日本は12月9日にタイ、11日に北朝鮮と対戦し、15日には決勝と3位決定戦が行われる。

    以下、U-20日本代表メンバー

    ▼GK
    1 オビ・パウエル・オビンナ(流通経済大)
    12 大迫敬介(広島ユース)
    23 谷晃生(G大阪ユース)

    ▼DF
    4 庄司朋乃也(金沢)
    22 岡野洵(千葉)
    5 大南拓磨(磐田)
    3 立田悠悟(清水)
    20 麻田将吾(京都)

    ▼MF
    6 浦田樹(北九州)
    2 岩田智輝(大分)
    8 長沼洋一(山形)
    13 平戸太貴(町田)
    10 神谷優太(湘南)
    14 三笘薫(筑波大)
    17 井上潮音(東京V)
    15 宮崎幾笑(金沢)
    19 松本泰志(広島)
    18 菅大輝(札幌)
    7 針谷岳晃(磐田)
    16 渡辺皓太(東京V)

    ▼FW
    11 旗手怜央(順天堂大)
    21 上田綺世(法政大)
    9 小松蓮(産業能率大)

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?232133-232133-fl
    続きを読む

    s-worldcup-title

    1:ラッコ ★ :2017/11/30(木) 12:14:56.56 ID:CAP_USER9.net
    2018 FIFAワールドカップ 抽選会

    2017/12/01(金)23:55~24:05 NHK総合2(サブch)
    2017/12/01(金)24:05~25:30 NHK総合1

    1次リーグ 日本の対戦相手は?

    2018 FIFAワールドカップ1次リーグ組合せ抽選会を生中継!番組では、大会で「みなさんが見たい対戦」を大募集!

    寄せられた声をご紹介しながら番組を進めていく予定です。投稿は下の「見たい対戦を送る」ボタンから!

    Twitterでも募集中。番組で紹介してもよい場合は、「#サッカー見たいNHK」をつけて50字以内で「つぶやいて」ください。

    ■組み合わせ抽選の方法
    (省略)

    ■出場チーム
    <第1ポット>
    65位 ロシア
    *1位 ドイツ
    *2位 ブラジル
    *3位 ポルトガル
    *4位 アルゼンチン
    *5位 ベルギー
    *6位 ポーランド
    *7位 フランス

    <第2ポット>
    *8位 スペイン
    10位 ペルー
    11位 スイス
    12位 イングランド
    13位 コロンビア
    16位 メキシコ
    17位 ウルグアイ
    18位 クロアチア

    <第3ポット>
    19位 デンマーク
    21位 アイスランド
    22位 コスタリカ
    25位 スウェーデン
    28位 チュニジア
    30位 エジプト
    32位 セネガル
    34位 イラン

    <第4ポット>
    38位 セルビア
    41位 ナイジェリア
    43位 オーストラリア
    44位 日本
    48位 モロッコ
    49位 パナマ
    62位 韓国
    63位 サウジアラビア
    (※2017/10/16発表のFIFAランキング:https://archive.is/c6HiT

    (>>2-5あたりに続く)

    NHKスポーツオンライン
    http://www1.nhk.or.jp/sports/fifa-draw/
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/11/30(木) 11:23:29.33 ID:CAP_USER9.net
    11/30(木) 10:32配信
    Football ZONE web

    ピュエル体制下5試合で先発は2回 トットナム戦の活躍を受けて提言

    レスター・シティのFW岡崎慎司は、現地時間28日のプレミアリーグ第14節トットナム戦(2-1)で3試合ぶりに先発出場した。得点こそなかったものの2トップを組んだFWジェイミー・ヴァーディの“最高の相棒”と称される活躍を披露。英地元紙「レスター・マーキュリー」は「オカザキをもっと信頼すべき」と報じている。

    岡崎は10月に就任したクロード・ピュエル監督の下で5試合中4試合に出場。そのうち先発は2回に止まっている。9節までに4得点を挙げていたが、新体制ではまだゴールがない。

    岡崎がスタメン落ちした際にピュエル監督の采配に疑問を呈するなど、“侍ストライカー”を高く評価するのが現地紙「レスター・マーキュリー」だ。トットナム戦の働きを受けて、岡崎を「今でもヴァーディの最高の相棒」と称した同紙は、「ピュエルが今よりも信頼すべきなのはシンジ・オカザキだ。以前から我々は何回も言っていただろう?」と記して、岡崎の重要性を改めて主張している。

    「前任者であるクラウディオ・ラニエリやクレイグ・シェイクスピアのように、ピュエルもこの日本代表をメンバーに加えずにプレーする方法を探している。そして、ラニエリやシェイクスピアのように後で痛い目に遭うことになるだろう。(岡崎が)ピュエルに見せたトットナム戦のパフォーマンスは見事だった。これまでよりもエネルギッシュで、岡崎がいたほうがユニットが機能している」

    「5回のタックルは誰よりも多かった」

    記事では、岡崎スタメン時のほうがチームとしての機能性が高いと絶賛されている。2015-16シーズンにプレミアリーグを制覇したラニエリ元監督やシェイクスピア前監督も、岡崎をスタメンから外すことが多かったが、その後にヴァーディと岡崎のコンビへと原点回帰していた。

    トットナム戦で見せた「5回のタックルはピッチ上の誰よりも多かった」と献身的な働きぶりにも触れ、ヴァーディに多くのチャンスを供給していた点も特筆されている。現地メディアではチームに欠かせない存在と認められている岡崎だが、ピュエル監督の信頼をつかみ、レギュラーポジションを確保することができるだろうか。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    2017-11-30_11h48_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171130-00010003-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:みつを ★:2017/11/30(木) 00:31:18.43 ID:CAP_USER9.net
    https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35111108.html

    (CNN) サッカー・ポルトガル代表のクリスティアノ・ロナルド選手をかたどった新しい銅像がこのほど、所属するスペイン1部リーグ、レアル・マドリードのホームスタジアムにお目見えした。

    同選手の銅像をめぐっては今年3月、故郷であるポルトガルのマデイラ諸島の空港に設置された最初の胸像に対して、本人に似ていないとする指摘が相次いでいた。

    新たな胸像は25日、レアルがホームとするサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで披露された。制作したのはスペインの著名な彫刻家、ホセ・アントニオ・ナバロ・アルテアガ氏。

    アーチを描く濃い眉、引き締まった口元、完璧にセットされたヘアスタイルなど、その頭部はロナルド選手本人に生き写しともいえる出来栄えだ。

    一方、ポルトガルの芸術家がデザインした最初の胸像は、左右の目の高さや頬の膨らみが非対称になっている。ぎこちない笑みを浮かべたその顔についてソーシャルメディアでは、別人に見える、ホラー映画のキャラクターのようだ、といった厳しい意見が寄せられていた。

    サンティアゴ・ベルナベウでの新たな胸像の登場を受け、ロナルド選手のファンらは「かっこいい」、「ようやくまともなロナルド像ができた」などの好意的なコメントを投稿している。

    2017.11.29 Wed posted at 15:08 JST

    サッカー・ポルトガル代表のクリスティアノ・ロナルド選手をかたどった新旧の銅像



    https://mobile.twitter.com/FootballRamble/status/847083731152179202?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.cnn.co.jp%2Fshowbiz%2F35111108.html

    https://mobile.twitter.com/officialrm_dna/status/935141490937839616?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.cnn.co.jp%2Fshowbiz%2F35111108.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ