海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年11月

    20171119-00010011-soccermzw-000-6-view

    1:動物園φ ★:2017/11/20(月) 11:54:15.43 ID:CAP_USER9.net
    11/20(月) 6:01配信
    スポニチアネックス

    ◇プレミアリーグ・第12節 レスター0―2マンチェスターC(2017年11月18日)

    2試合ぶりに先発落ちしたレスターのFW岡崎は後半38分からの出場で、ほとんどボールに触れなかった。10月就任のピュエル監督の下、新布陣4―3―3のインサイドハーフで起用され「なるようになれ、という感じ。使われたら、そこで何とかして結果を出す」と苦笑い。4―4―2で2トップの一角を占めていた岡崎のポジションがなくなり、18日付の地元紙レスターマーキュリーは「驚きの采配で、岡崎が犠牲になった」と報じた。

    10、11月と日本代表で選外。復帰にはクラブでの活躍が不可欠だが、現状は「前の3人(バーディー、マフレズ、グレー)は固定されている」と厳しい。ブラジル、ベルギー戦はテレビで観戦し「その場にいないことが腹立たしい。次に選ばれれば、これぞ日本という部分を自分も出せれば」と巻き返しを誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000025-spnannex-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/11/20(月) 08:10:33.60 ID:CAP_USER9.net
    インテルミラノの主将FWマウロ・イカルディが13日、インスタグラム上でライブ動画を配信し、ファンの質問に応じた。

    イカルディは5日のトリノ戦で右ひざを負傷し、アルゼンチン代表の招集を辞退しているが、妻のワンダ・ナラさんとともにSNS上でファンへ向けてライブ配信を行った。ケガについては精密検査の結果、損傷はなく早期復帰が見込まれることが発表されていた。イカルディ自身も「ひざの状態は良くなっている。腫れがひいてきた」と述べ、順調に回復していることを報告した。早ければ19日のアタランタ戦でピッチに立てる可能性がある。

    またイカルディ一家は本人を含め7人家族の大所帯として知られているが、犬好きが高じてペットも3匹いる。今後、さらに家族が増えるかどうかを問われると、「子供がもう1人欲しいか? もう子供は5人いるし、犬も3匹いて多すぎる。ワンダは中でも1番手がかかるし、これで十分だ」とジョークを交えて応えている。

    最後に、同僚の日本代表DF長友佑都が話題に上った。ファンから長友によろしく伝えるよう頼まれると、「ダメだ。ユートは今、日本代表にいる」と返答。続いて「なんで彼にこんなにファンがいるんだろうね? 分からないな」とつぶやき、長友人気に首を傾げた。(Goal.com)
    2017-11-20_08h44_10
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20171117/ser17111713400001-n1.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/20(月) 06:48:44.49 ID:CAP_USER9.net
    ハリルホジッチ監督の就任後初めて、日本代表が世界トップクラスの代表チームとぶつかった今回の欧州遠征。

    対戦相手はFIFAランキング2位のブラジルと同5位のベルギー。7ヵ月後のロシアW杯に向けたこれ以上にない試金石だったが、収穫に乏しい内容で連敗を喫した。

    強豪相手の2連戦には海外メディアからも多くの視線が注がれたが…。

    * * *

    各国記者からは厳しい意見が相次いだが、当のハリルホジッチ監督は至って楽観的。ベルギー戦後の記者会見では「選手たちにはロッカールームで『大きなライオンを倒すところまでいったぞ』と祝福した」と語っているほどだ。

    だが、ハリルホジッチをよく知るというベテランのバレ記者は、そもそもハリルホジッチのような厳格な人物が日本の指揮官としてふさわしいか疑問だと指摘する。

    「ヴァイッドのことは、昔からよく知っている。常に厳格で規律を求める人物だ。ただ、それが今の日本に必要なことかどうかは疑問が残るね。日本人や日本社会はもともと規律があって組織的。
    むしろ日本に必要なのはフランス語で『ファンテジー(fantaisie)』というけど、クリエイティブな要素じゃないかな。だから、ヴァイッドの下でより規律を強化する必要はない気がするね。

    かつて日本代表の監督を務めていたフィリップ・トルシエのことで覚えているのは、遠征先で選手をバスから降ろして、自力でホテルまで帰り着く方法を考えろと言った、という話。
    当時、日本の選手には新しい方法を見つけ出す創意や度量が不可欠だというのが彼の主張だった。ホテルへ帰るアプローチの仕方も、ゴールを奪うことへのアプローチも同じというわけさ。

    それを思うと、ヴァイッドはとてもいい人物で、私も好きだけど、彼が日本の選手をトップレベルに成長させるメンタリティの持ち主かどうかは正直、確信が持てない」

    ◆『週刊プレイボーイ』49号(11月20発売)「日本サッカーに必要なのはハリルじゃない!」では、海外メディアから注目された強豪相手2連戦を世界はどう見たのか、現地観戦した各国記者たちの声を交えて総括。そちらもお読みください!

    (取材・文/栗原正夫 撮影/藤田真郷)

    11/20(月) 6:00配信  週プレニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171120-00095185-playboyz-socc

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/20(月) 02:21:42.29 ID:CAP_USER9.net
    【シャルケ 2-0 ハンブルガーSV ブンデスリーガ第12節】

    現地時間19日に行われたブンデスリーガ第12節でハンブルガーSVはアウェイでシャルケと対戦し、0-2で敗れた。酒井高徳は中盤で先発出場し、69分までプレー。MF伊藤達哉は先発したが、悔しい結果に終わった。

    伊藤のベンチスタートも予想されていたハンブルガーSVだが、ふたを開ければ期待の日本人ウインガーはスターティングメンバーに名を連ねていた。だが、この選択は良い方向に転ばなかった。

    好調シャルケは16分、コノプリャンカがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得すると、ディ・サントが決めて先制した。

    その後、ハンブルガーSVは35分に早くも最初の交代。ピッチから下がるのは、精細を欠いていた伊藤だった。負傷などを抱えた様子はなく、非情な決断をしたギズドル監督は肩を抱いてなにやら声をかけていた。

    伊藤を下げたあとも難しい展開が続くハンブルガーSV。酒井に代えてウッドを投入したあとにはシャルケに2点目を奪われてしまい追い詰められる。結局、最後までハンブルガーSVにゴールは生まれず、連勝とはならなかった。

    勝利を収めたシャルケは、次節がボルシア・ドルトムントとのダービーマッチ。リーグ戦6試合負けなしという良い状態で、ライバルとの大一番に臨むことになった。

    【得点者】
    17分 1-0 ディ・サント(シャルケ)
    77分 2-0 ブルグシュタラー(シャルケ)
    20171120_ito_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171120-00241932-footballc-socc
    11/20(月) 1:52配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/ger/ger-11045971.html
    試合スコア
    続きを読む

    956930d1e09d47b33b7953ef4bc8e7d7

    1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/11/20(月) 05:48:33.481 ID:SBWqLS23aHAPPY.net
    ワンピースで例えて
    3:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/11/20(月) 05:48:58.343 ID:6TDTpyDw0HAPPY.net
    サンジ
    7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/11/20(月) 05:50:10.226 ID:SBWqLS23aHAPPY.net
    >>3
    中堅チームの中の上くらいって事?
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/20(月) 00:03:11.61 ID:CAP_USER9.net
    香川がドリブル能力「86」、パス能力「76」など高数値で総合7位にランクイン

    ブンデスリーガ公式Youtubeチャンネルが人気サッカーゲーム「FIFA18」の能力に基づいたMFトップ10のランキングを公開している。ドルトムントのMF香川真司が堂々7位に名を連ねた。

     ランキングは「FIFA」のシリーズ最新作「FIFA18」の選手レートに基づいて作成されている。数字が高いほどゲーム中の選手能力が高いことを示しており、総合レートが「83」の香川は7位にランクイン。ドリブルに関する能力の平均値を示す「DRI」の項目が「86」、パス能力の「PAS」が「76」と高い数値を示した。タレント揃いのブンデスリーガの中でも屈指の実力と評価されている。

     ランキング上位3人は、バイエルン・ミュンヘンの選手が独占。3位にチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(レート87)、2位に元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(同88)、1位にスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(同88)という顔ぶれになった。トップ3にあと一歩届かなかった4位は、香川と同僚のドイツ代表MFマルコ・ロイス(同86)だった。

    上位3人はバイエルンのスター選手が独占

     ランキングトップ10は以下の通り。
    (PAC=スピード、SHO=シュート、DRI=ドリブル、DEF=ディフェンス、PAS=パス、PHY=フィジカル)

    1位
    チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)
    レート88(72PAC/75SHO/85PAS/90DRI/62DEF/63PHY)

    2位
    アリエン・ロッベン(バイエルン)
    レート88(86PAC/86SHO/81PAS/90DRI/32DEF/63PHY)

    3位
    アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
    レート87(75PAC/81SHO/80PAS/79DRI/83DEF/84PHY)

    4位
    マルコ・ロイス(ドルトムント)
    レート86(88PAC/87SHO/84PAS/85DRI/39DEF/64PHY)

    5位
    ハメス・ロドリゲス(バイエルン)
    レート86(76PAC/85SHO/85PAS/83DRI/40DEF/68PHY)

    6位
    フランク・リベリー(バイエルン)
    レート86(82PAC/76SHO/83PAS/89DRI/25DEF/58PHY)

    7位
    香川真司(ドルトムント)
    レート83(70PAC/68SHO/76PAS/86DRI/34DEF/49PHY)

    8位
    エミル・フォルスベリ(ライプツィヒ)
    レート83(75PAC/74SHO/83PAS/83DRI/30DEF/66PHY)

    9位
    ナビ・ケイタ(ライプツィヒ)
    レート83(73PAC/71SHO/77PAS/89DRI/62DEF/70PHY)

    10位
    カリム・ベララビ(レバークーゼン)
    レート82(92PAC/77SHO/74PAS/84DRI/33DEF/68PHY)

    11/19(日) 22:43配信
    2017-11-20_02h21_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171119-00010025-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/19(日) 20:45:26.87 ID:CAP_USER9.net
    上西小百合前衆院議員(34)が19日、自身のツイッターを更新し、2度目のACL優勝を目指す浦和にコメントした。

    「ACLは浦和に絶対優勝して欲しい。欧州、南米に続くアジアのクラブチームの祭典を世界に知らしめる為にもまずは浦和が引っ張っていけ。長い目でみればACLはW杯より重要」と持論を展開した。

    浦和は18日、敵地・サウジアラビアで行われたACL決勝第1戦で、アルヒラルと1―1で引き分けた。25日の第2戦は、今大会全勝のホーム・埼玉スタジアムで行われ、10年ぶりのアジア制覇を目指す。

    上西氏は、今年7月に行われたサッカー親善試合・浦和―ドルトムントについて「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などと批判し、サポーターの反発を招いた。その後、ツイッターが原因で殺害予告を受け、警視庁麹町署に被害相談した。
    2017-11-19_23h02_53
    11/19(日) 14:04配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000087-sph-ent
    続きを読む

    GettyImages-827042610-800x503


    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/19(日) 19:45:18.58 ID:CAP_USER9
    60年ぶりにW杯出場を逃したイタリアについて、後任監督の候補の一人に挙げられているフランス1部リーグ・ナンツのイタリア人、

    クラウディオ・ラニエリ監督は「オファーがあれば考える」と就任に前向きな姿勢を示した。19日までにイタリア紙、コリエレ・デロ・スポルト電子版が報じた。

    報道によると、同監督は「もしオファーがあればの話だが、私だけの問題じゃない。イタリアはどん底まで来てしまった。若手に興味深いプレーヤーもいるし、再浮上の道があるはずだ」と話した。

    同監督は、日本代表FW岡崎慎司と共に英レスターでプレミア制覇を果たしている。

    11/19(日) 19:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000110-dal-socc

    続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/19(日) 19:05:44.89 ID:CAP_USER9
    ◆【天才レフティーの思考|No.6】2002年日韓W杯のメンバーから漏れ、世間の耳目を集めた当時を回想
     
    世界ナンバーワンの国を決める4年に一度の祭典「FIFAワールドカップ」(W杯)は、サッカー界最高峰の大会として知られる。日本代表は今年8月にロシア行きの切符を手にし、6大会連続6度目のW杯出場を決めた。各大会のW杯メンバー選考は大きな注目を浴びてきたが、J1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は「落ちるのは当然だったと思う」と2002年日韓大会に味わった失意の落選を振り返っている。

    1998年フランス大会で悲願のW杯初出場を飾った日本は、02年日韓大会、06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会に続けて出場。そして8月31日、難敵オーストラリア代表に2-0と勝利し、来年6月のロシア大会行きを確定させた。

    過去のW杯メンバー選考において、98年フランス大会ではFW三浦知良やMF北澤豪らが漏れ、06年ドイツ大会ではFW久保竜彦らが選外となり大きな話題を呼んだ。そして02年日韓大会で憂き目に遭い、世間の耳目を集めたのが中村だった。現在39歳のレフティーは当時を回想する。

    「(横浜F・)マリノスでキャプテンを務めさせてもらったから、チームをまとめる難しさも分かる。それを考えると、2002年日韓ワールドカップの代表メンバーで自分が落ちるのは当然だったと思う」

    ◆「トップ下で使ってくれれば…」の強い思い

    中村は当時を思い浮かべながら、落選は当然と自ら口にしている。02年大会に向けてフランス人のフィリップ・トルシエ監督が日本代表を率いていたなか、02年5月17日午後3時30分に始まった会見で23人の大会登録メンバーを発表。

    トルシエ監督不在のなか、木之本興三・強化推進副本部長(当時)がメンバーを読み上げ、テストマッチで結果を残していた中村をはじめ、FW高原直泰、MF名波浩らが選外となった。

    とりわけ中村のリスト漏れは議論百出となったが、本人は「だって、ベンチで『くそっ』てやってましたから」と冷静に語っている。もっとも、トルシエ監督に反旗を翻していたわけではない。「自分としては、ぶすっとしてるつもりは一切なかったです。ただ、自分をトップ下で使ってくれれば絶対にやれるのに…っていうギラギラした思いだけは胸に秘めていました」

    トップ下に強いこだわりを持ち、人一倍の自信も胸に秘めていた。ところが、トルシエ体制では左アウトサイドが主戦場となり、ボールタッチの回数も減少。指揮官へのアピールに燃える中村が、貪欲な姿勢を前面に押し出すのは自然の流れだった。結局、当時23歳のレフティーに非情通告が突きつけられたが、現在の中村は「今考えれば、その決断はよく分かる」と胸の内を明かす。

    ◆「秋田さんやゴンさんを呼んで…」と納得
     
    02年大会でサプライズ選出となったのは、長らく代表から外れていたベテランFW中山雅史とDF秋田豊だった。その煽りを受ける形となった中村だが、今となってはトルシエ監督の選考に納得しているという。

    「トルシエ監督からしたら、ワールドカップは短期間の大会だから、秋田さんやゴンさんのように豊富な経験があって、リーダーシップを備えた選手を呼んでチームを盛り上げたいだろうし、今考えればその決断はよく分かります」

    横浜FMで11年シーズンから6年連続でキャプテンを務め、選手の立場ながらチームをまとめ上げる難しさも理解している。様々な経験を経て、中村の胸に去来する思いも移り変わっているようだ。

    【了】

    2017年11月19日 18時20分 Football ZONE web
    http://news.livedoor.com/article/detail/13913193/

    写真
    no title

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/11/19(日) 16:34:40.53 ID:CAP_USER9.net
    ブラジル戦を観戦後、日本代表のロッカールームを訪れたことが話題に

    日本代表で長く「10番」を背負い、ドイツの強豪ドルトムントで活躍するMF香川真司は、韓国でも日本サッカーの象徴的存在となっており、その動向は注目を集めている。欧州遠征メンバーからの落選も驚きを持って伝えられたが、10日のブラジル戦(1-3)後にとった“あの行動”も、韓国メディアでは大きく報じられていた。

    総合ニュースサイト「デイリーアン」は、「香川は10日、日本対ブラジルの親善試合が行われたフランスを訪れていた。観客席で観戦した香川は試合終了後、日本のロッカールームを訪れた。招集メンバーに含まれていない香川は、原則、ロッカールームに入ってはいけない」と、その行動に問題があったと伝えている。

    さらに経済サイト「ブリッジ経済」も、「欧州遠征から外れた香川真司が、習慣的にロッカールームに出入りしたことが、問題になっている」と報じた。同サイトは「香川はロッカールームを訪れ、後輩の選手たちへ激励に訪れた。しかしFIFAでは選手の保安上、一般人が代表チームのロッカールームには入れない。香川は代表チームに選ばれておらず、一般人と変わりがない」と伝えている。

    日本の顔と認められる選手だからこそ…

    こうした行動について、同サイトはさらに「香川のロッカールーム訪問はマナー違反だと日本メディアも報じている」と指摘した。

    もちろん、香川がとった行動はチームメイトを激励したいという純粋な思いから出たものであるだろうし、韓国メディアもそうした心情的な部分を理解した上で、ある意味、重箱の隅をつつくような報道を行っているのだろう。バヒド・ハリルホジッチ監督がメンバー外としたことへの“衝撃”も含めて、日本サッカーの顔と呼べる選手だからこそ、こうした些細な行動が韓国で話題になるのは致し方ないのかもしれない。
    2017-11-19_17h09_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171119-00010018-soccermzw-socc
    11/19(日) 16:10配信
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ