海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2017年12月

    1:Egg ★:2017/12/30(土) 18:51:41.36 ID:CAP_USER9.net
    ◆今シーズンの採点は下記の通り。※[ ]内はリーグ戦の成績
     
    プレミアリーグ
    吉田麻也(サウサンプトン)6.97[16試合・2得点]
    岡崎慎司(レスター)6.63[17試合・6得点]
     
    リーガ・エスパニョーラ
    乾貴士(エイバル)6.78[16試合・3得点]
    柴崎岳(ヘタフェ)6.46[7試合・1得点]
     
    セリエA
    長友佑都(インテル)6.67[10試合・0得点]
     
    ブンデスリーガ
    武藤嘉紀(マインツ)6.78[13試合・3得点]
    長谷部誠(フランクフルト)6.77[10試合・0得点]
    酒井高徳(ハンブルク)6.70[13試合・0得点]
    香川真司(ドルトムント)6.68[13試合・3得点]
    浅野拓磨(シュツットガルト)6.28[15試合・1得点]
    伊藤達哉(ハンブルク)6.28[9試合・0得点]
    原口元気(ヘルタ・ベルリン)6.28[7試合・0得点]
    大迫勇也(ケルン)6.26[13試合・1得点]
    鎌田大地(フランクフルト)6.19[3試合・0得点]
     
    リーグ・アン
    酒井宏樹(マルセイユ)6.81[17試合・0得点]
    川島永嗣(メス)6.60[11試合・0得点]
     
    エールディビジ
    小林祐希(ヘーレンフェーン)6.87[18試合・0得点]
    堂安律(フローニンヘン)6.69[13試合・3得点]
     
     リーガNOS
    中島翔哉(ポルティモネンセ)7.30[11試合・6得点]
     
    ※ベルギーやオーストリアのリーグは、採点を発表していないため掲載なし

    >>2以降につづく
    no title
    12/30(土) 17:13配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171230-00034238-sdigestw-socc&p=1
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2017/12/30(土) 18:35:11.43 ID:CAP_USER9.net
    2017-12-30_21h16_10
    タイの英雄は、わずか半年という期間ながらJリーグでもその非凡さを証明してみせた。今年7月に北海道コンサドーレ札幌に加入した「タイのメッシ」ことチャナティップ・ソングラシン。シーズン途中でのチーム合流ながら、すぐにチームに溶け込み第19節から全試合に出場。ゴールこそ生まれなかったものの、札幌の中盤でなくてはならない存在となった。

    現在24歳というタイの期待の星は、初めての海外移籍で何を感じたのだろうか。「憧れだった」というJリーグでプレーをしてみての印象、タイと日本のサッカー文化の違い、そして残りの契約期間での決意をシーズン終了後の帰国当日に聞いた。(取材日:2017年12月9日)

    チームの役に立つことができた

    ――シーズンの途中で加入し、そこから主力として活躍しましたが、まずは今シーズンを振り返ってどのようなシーズンになったと感じますか?

    はじめて日本に来たのは1月の移籍発表会見のときでしたが、7月にあらためて札幌に来てみるとチームは15位前後だったと思います。まず当面の目標はJ1残留でした。

    最初は試合に出られるのか出られないのかも分からない状態で日本に来ましたが、一生懸命努力をして、監督に信頼していただいて試合に出られるようになったことはよかったと思います。

    少しはチームの役に立つことができたのかなと、自分でも誇りに思っています。でも今後はもっと、自分のためにも強くならなければいけません。

    ――Jリーグに移籍してきた当初は、どのような思いで移籍してきたのでしょうか?

    Jリーグでプレーしたいとずっと思っていました。それが実現できて、自分でもとてもうれしい出来事でした。代表戦やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも日本とよく戦っていましたが、日本のチームはいつもシステムがしっかりしていて、好印象を持っていました。

    実際にプレーしてみると、タイとは完全に違う環境ですし、フォーメーションやシステムも全く違いましたが、少しずつ日本のサッカーになじんでいけるように頑張っているところです。

    ――タイから日本まで応援に来てくれるファンの方も多いと聞きましたが。

    そうですね。日本でプレーをしていても、タイでたくさんの方が応援してくれているというのはとても感じます。SNSでもそうですし、家族とは毎日やり取りをしているので、話を聞いたりもします。

    ――今季Jリーグでプレーしてみて感じた課題はありますか?

    私自身、もっと自信を持たなければいけません。特にゴールへの執着心や、シュートの部分です。今季はまだ気を使ってしまう部分があり、自分でシュートを打っていいのか迷うシーンもありました。来シーズンはもう少し自信を持って、積極的にプレーできればいいかなと思います。

    ――逆に手応えを感じた面は?

    相手の守備が自分のマークに集まってくるようになったので、周りの選手のスペースが空き、プレーしやすい状況を作り出すことができていると最近は感じます。

    タイはプロ意識が欠けている

    ――実際にJリーグでプレーしてみて、印象の変化はありましたか?

    予想はしていましたが、プレースタイルは試行錯誤しました。たとえば、タイでは完全にアタッキングMFでしたが、日本に来てからはディフェンスもしっかりやらなければいけませんでした。自分が予想していたよりも、守備を求められたので、その部分は新しいチャレンジになりました。

    ――タイリーグとJリーグで一番違いを感じる部分はどこでしたか?

    まず、タイにはプロ意識というもの欠けていると感じています。個々の選手のストイックさが少ないですし、全体的にすごくゆるいというか、時間もルーズです。

    またプレー面でも、日本では守備を必ず全員で徹底してやらなければいけないですが、タイはバラバラでやったりやらなかったりです。日本の方が守備におけるプレッシャーは厳しいと思います。

    ――札幌でプロ意識を感じたシーンは?

    たとえば札幌では練習の1時間前にはみんな集まってきますが、タイでは遅れて集合することが多いです。また、日本は自分の体調を自分で管理していますし、チームメート同志でサポートし合ってノウハウを共有したりもしています。

    ――1番印象に残った対戦相手はいますか?

    やはりJ1リーグを優勝した川崎フロンターレですね。ボールをしっかりつないで、攻撃に特徴があるチームです。対戦していて本当にうまいなと感じました。もともと知っていてあこがれている中村憲剛選手や、小林悠選手、さらにはエウシーニョ選手などタレントもそろっている印象です。
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/30(土) 18:32:39.83 ID:CAP_USER9.net
    サンフレッチェ広島は30日、元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカと契約満了に伴い来季の契約を結ばないことを発表した。同選手は今季、FC東京に期限付き移籍していたが、5日に期限付き移籍期間の満了が発表されていた。

    P・ウタカは1984年2月12日生まれの33歳。2003年にベルギー3部リーグのマースメヘレンでキャリアをスタートさせ、翌年には同1部のKVCウェステルローに加入した。

    以後、ロイヤル・アントワープFCで2部リーグ得点王を獲得すると、デンマークのオーデンセBKで4シーズンに渡ってプレー。2009年にはナイジェリア代表として2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ アフリカ予選にも参加した。

    2012年に中国スーパーリーグの大連実徳へ移籍すると、初年度から20得点を記録。2013年はシーズン途中に北京国安へ移籍し、2014年シーズンの途中には上海申キンへレンタル移籍で加入した。

    そして2015年、清水エスパルスへ加入。昨季は広島に期限付き移籍で加入し、2016明治安田生命J1リーグで33試合に出場して19ゴールを挙げ、ヴィッセル神戸のブラジル人FWレアンドロと並んでJ1得点王に輝いた。

    今季開幕前には広島へ完全移籍で加入したうえで、FC東京へ期限付き移籍。J1リーグ戦25試合に出場して8ゴールをマークした。通算ではJ1リーグ戦86試合出場36ゴールを記録している。

    12/30(土) 15:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00692360-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/30(土) 10:01:24.65 ID:CAP_USER9.net
    2017年の日本サッカー界において、サプライズニュースの一つとなったのは、FW本田圭佑のパチューカ移籍だろう。ACミランとの契約満了後に進むのはどこかと注目を浴びるなかでのメキシコ挑戦となったが、現地紙はこの数カ月間をどのように見ていたのか。

    メキシコの専門メディア「エル・ディアリオ」では、「ケイスケ・ホンダのメキシコサッカーでのスタートは成功だったのか?」との特集を掲載。その評価は「ほろ苦いものになった」と、やや厳しいものとなっている。

    その理由の一つとして挙げられるのは、シーズン開幕前に負ったふくらはぎ肉離れの影響だ。「クラブワールドカップ(W杯)、リーガMXに向けての強力な補強」の一員だった本田だが、前述した負傷によってメキシコデビューは第6節まで持ち越された。「ホンダは12試合726分間出場し、3ゴールを奪った」と紹介。「日本人プレーヤーは質の高さを垣間見せたが、異空間であるサッカーは彼にとって大きな挑戦だった」と、環境の変化への適応に費やしたことを指摘している。

    「彼の素晴らしい時期はクラブW杯」

    リーガMX前期でパチューカが振るわなかったこともあり、本田も絶賛されているわけではない。とはいえ、そのプレーぶりが認められたのはクラブW杯だ。「彼の素晴らしい時期はクラブW杯だった。大会期間中はピッチ上で連係を見せて、ホンダはドレッシングルーム内でもリーダーの一人としての役割を果たした」と、準決勝グレミオ戦でのアグレッシブなプレーぶりが取り上げられている。

    2018年はW杯イヤーということもあり、代表復帰も期待される。31歳となった本田は自身3度目の大舞台に向けて活躍を見せ、メキシコでの評価をさらに高めることができるだろうか

    12/30(土) 7:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171230-00010000-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/12/30(土) 14:11:19.29 ID:CAP_USER9.net
    12/30(土) 11:43配信 GOAL
    アザール、チェルシーとの契約延長を拒否か…父親が明かす「レアル移籍のために…」

    チェルシーFWエデン・アザールはやはり移籍を希望しているのかもしれない。選手の父親が、クラブとの契約延長オファーを拒否したと明かしている。

    昨季、チェルシーを2シーズンぶりのプレミア王者に導き、今季も絶好調を維持するアザール。2020年まで契約を残すものの、目覚ましい活躍から移籍の噂が絶えない。

    クラブはエース慰留のために新契約をオファーしていたが、これは選手に断られたようだ。アザールの父親であるティエリ氏は、ベルギーメディア『ルソワール』に対し、息子は夢であるレアル・マドリーへ移籍するために延長オファーを断ったと明かしている。

    「エデンについて私が言えるのは、契約延長を拒んだということだ。自身が強く望むマドリーからの興味に応えるため、断ったようだね。しかし、今現在レアル・マドリーからの接触はない」

    11月にはレアルでのプレーを夢見ていると告白したアザールだが、チェルシーは移籍を容認しておらず、年明け早々にもう1度新契約を提示するのではないかと報じられている。
    2017-12-30_14h48_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/30(土) 09:47:01.23 ID:CAP_USER9.net
    J1リーグの柏レイソルに所属する24歳の日本代表FW伊東純也にメキシコ行きの可能性が急浮上した。29日に『mediotiempo』など複数のメキシコメディアが報じている。

    同メディアによると、日本代表MF本田圭佑が所属するパチューカとクラブ・レオンが伊東の補強を計画しているとのこと。ただ、パチューカに関しては年俸含む金銭面で折り合いがつかず交渉が滞っているようだ。その一方で、クラブ・レオンも獲得に乗り出したという。

    伊東は今年11月、EAFF E-1サッカー選手権に挑む日本代表に初招集された。12月9日に行われた北朝鮮戦で代表デビューを果たし、現在までに3試合出場を記録している。日本で成長続ける伊東が、“第2の日本人”としてメキシコの舞台でプレーすることになるのだろうか。

    12/30(土) 8:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171230-00249284-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/30(土) 09:32:07.94 ID:CAP_USER9.net
    現在ローマの幹部を務めるフランチェスコ・トッティ氏が、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシについて言及している。

    トッティはUAEのドバイで、記者の前で次のようなコメントを発した。

    「ここしばらく、サッカー界はおかしな状況になっていると思う。ファンタジーのあるプレーが見られなくなってしまった。その一方で、ネイマール移籍によって2億2000万ユーロ(約290億円)もの大金が動いたよね。契約解除金の高騰は異常だと思う。これは現実的な額じゃないね」

    また、トッティは世界一の選手について問われた際に「僕が思うに、メッシがナンバーワンだと思う。このことはC・ロナウドには言わないようにね」とコメント。

    2017年のバロンドールはC・ロナウドが受賞し、これで両者の受賞回数は5回で並んでいる。ともに“世界一の選手”と表されるクラックだが、トッティにとってはメッシのほうが“お気に入り”となっているようだ。
    2017-12-30_10h17_39
    12/30(土) 9:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000001-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/30(土) 09:02:09.60 ID:CAP_USER9.net
    イングランド2部リーズへの完全移籍が内定しているG大阪の日本代表MF井手口陽介(21)が、来年1月4日に移籍会見を行うことになった。

    イングランドでプレーするのに必要な労働許可証の認可が下りない場合は、リーズが提携するスペイン2部クルトゥラル・レオネサへ期限付き移籍することが有力視されている。6月7日の親善試合シリア戦でA代表デビューを果たし、目下11試合連続出場中。ハリルジャパンでも不可欠な存在となりつつあるダイナモがついに海を渡る。

    12/30(土) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000037-spnannex-socc
    5:Egg ★:2017/12/30(土) 09:04:16.32 ID:CAP_USER9.net
    G大阪・井手口、イングランド2部リーズへ完全移籍 スペインなどへ期限付き移籍も

    12/30(土) 6:05配信

    J1G大阪の日本代表MF井手口陽介(21)が今冬にイングランド2部リーグのリーズへ完全移籍することが29日、分かった。G大阪関係者が基本合意に達したと認めた。移籍金は60万ポンド(約9100万円)とみられ、年明けに会見を行う。

    英国でのプレーには労働許可証の取得が必要だが、井手口は発給の条件を満たしていないとみられ、リーズの提携クラブでもあるスペイン2部クルトゥラル・レオネサなど他の欧州クラブに期限付き移籍する可能性が残されている。

    豊富な運動量が持ち味の井手口は17歳でトップ昇格を果たし、16年リオデジャネイロ五輪にチーム最年少の19歳で出場。今年6月に日本代表として国際Aマッチデビューし、8月のW杯アジア最終予選オーストラリア戦では日本のW杯出場を決定付けるゴールを決めた。以前から欧州挑戦の意思は強く、12月の代表合宿では「少しでも早く行きたい」と話していた。

    写真

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000013-dal-socc
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2017/12/30(土) 01:17:37.02 ID:3BCS/XYu0.net
    ワイ「ヴィエラ」
    12693259283_4a908653c4_c
    2:風吹けば名無し:2017/12/30(土) 01:17:55.12 ID:LmGitpDu0.net
    ロシツキー
    4:風吹けば名無し:2017/12/30(土) 01:18:03.28 ID:3BCS/XYu0.net
    クソ「セスク」
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ