海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年01月

    o0557031113263304828

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/01/30(火) 14:39:54.243 ID:LcBqAZ0r0.net
    あと1人は?
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/01/30(火) 14:40:13.455 ID:BFx3tns30.net
    バティストゥータ
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/01/30(火) 14:40:21.327 ID:xeyZ/stap.net
    ジダン
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/01/30(火) 16:40:54.41 ID:CAP_USER9.net
    これまで数々の名選手たちが、体張ってゴールを守ってきたが、「歴代最高のゴールキーパー」は誰なのだろうか。今回『Goal』インターナショナル版では、プレーキャリアの長さや残した物などを考慮しつつ、ベスト10を選出した。
    文=マーク・ドイル/Mark Doyle

    10位 イケル・カシージャス

    9位 ピーター・シルトン

    8位 エドウィン・ファン・デルサール

    7位 マヌエル・ノイアー

    6位 ゼップ・マイヤー

    5位 ゴードン・バンクス

    4位 ディノ・ゾフ

    3位 ピーター・シュマイケル

    2位 レフ・ヤシン

    1位 ジャンルイジ・ブッフォン
    2018-01-30_19h31_45
    全文・詳細が載ってます↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00010000-goal-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/30(火) 12:40:10.36 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナから中国1部の河北華夏に移籍した33歳のアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、松本山雅の「2018シーズン新体制発表会」の様子を撮影した動画をツイッターを通じて拡散した。同選手のフォロワーは約770万いるため、その影響力は絶大。世界各国のメディアが取り上げている。

    事の発端はアルゼンチンメディア『Diario Ole』だ。同メディアがツイッターを通じて松本の「2018シーズン新体制発表会」の動画をツイッター上で発信。これをマスチェラーノが「Espectacular!!!」とのコメントと共にリツイートして広まった。

    マスチェラーノのフォロワー約770万人に加え、『Diario Ole』のフォロワー約260万人を合わせると1000万人を超える。当然、世界各国のメディアが取り上げた事で、計り知れないほどの世界の人々に知れ渡ったことになる。

    動画の中では、松本の応援歌「勝利の街」が歌われている。アルゼンチンメディア『minutouno』によると、原曲はアルゼンチン出身のラ・モナ・ヒメネス氏が歌う「beso a beso(ベソ・ア・ベソ)」だという。そのような経緯があり、アルゼンチンメディアも注目したようだ。

    1/30(火) 11:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00253674-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    img_8a5d5c2f166fe07786e2eed6fe115925197605

    1:名無し募集中。。。:2018/01/30(火) 09:31:59.03 ID:0.net
    前線に思い切り放り込んだほうが手っ取り早くない?
    2:名無し募集中。。。:2018/01/30(火) 09:36:31.67 ID:0.net
    とにかく全てが遅いんだよな
    意味がある回しならいいけど
    3:名無し募集中。。。 :2018/01/30(火) 09:40:44.15 ID:.net
    決定力が無いから
    続きを読む

    821:U-名無しさん :2018/01/30(火) 09:37:26.28 ID:oe01CQp90.net
    やっぱ気にするよなw
    2018-01-30_11h24_12
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/30(火) 06:32:17.87 ID:CAP_USER9.net
    元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏らがオーナーを務める新クラブのMLS(メジャーリーグ・サッカー)参入が29日に決まった。MLS公式サイトが伝えた。

    マイアミに新設されるクラブがMLSによって正式に承認され、2020年からの参入が決まった。ベッカム氏は同日、本拠地となるマイアミで新クラブ設立の発表会に出席し、「MLSクラブをマイアミに設立するというミッションが完了した」と報告した。

    「私たちはとても満足しているし、感謝している。そしてワクワクもしている。地元マイアミや世界中のファンへの誓いはシンプルだ。ファンに誇りに思ってもらえるよう常に努力し、スタジアムは足を運びたいと思えるような場所になる。地元のコミュニティや南フロリダの若者への影響は根強いものになるだろう」

    また、自身のinstagramでは「正式発表!ここは夢によって作られた街。そして今日、君たちが僕の夢を叶えてくれた。ありがとう、マイアミ!」と感謝のコメントを掲載した。

    今回の発表ではチーム名はまだ明かされていないが、スタジアムは2万5000人収容でマイアミの北西部に位置するオーバータウンに建設される。アメリカメディア『ESPN』によると、ベッカム氏は「スタジアムは2021年までに建設したい」とコメント。さらにチーム作りについても言及している。

    「人によく『どの選手を獲得するの?』と言われるけど、まだその段階じゃないんだ。もちろん獲得希望リストはある。そしてアカデミーを設立し、地元のタレントある子どもたちを育てたい」

    ベッカム氏は2007年にMLSのロサンゼルス・ギャラクシーに加入した際、契約に2500万ドル(約27億円)で新チーム設立の権利が与えられるオプションが含まれていたという。現役引退後の2014年2月にそのオプションを行使し、新クラブ発足を発表。2015年にはオーバータウンにスタジアムの土地を購入し、建設も承認されていた。なお、新クラブ設立を進めたオーナーグループにはソフトバンクの孫正義氏も名を連ねており、発表会にはビデオメッセージで登場していた。

    MLSは現在リーグの拡大を進めており、2017年にはアタランタ・ユナイテッドとアトランタ・ユナイテッドが加入。2018年にはロサンゼルスFCの参入が決まっている。

    1/30(火) 6:19配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00708626-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/29(月) 23:15:21.47 ID:CAP_USER9.net
    「国際レベルのヒーロー」として遠藤が選出、伝説的FWの釜本氏も名を連ねる

    現代のサッカー界では、優れた選手が欧州に集うという情勢が当たり前のようになっているが、欧州でプレーしない名手も少なくない。

    英メディア「sportskeeda」は欧州でプレー経験のないアジア人トップ5を特集。日本人選手が二人選ばれ、往年の名ストライカーも名を連ねた。

    特集の中で筆頭とされたのが、J1ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁だった。2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)のデンマーク戦で鮮やかな直接フリーキックを決めた遠藤は、10年近くに渡って日本の攻撃を司るコンダクターとして君臨。特集でも「国際レベルのヒーロー」として高く評価された。

    そして、4位には1968年メキシコ五輪で銅メダルに輝いた日本チームの伝説的なストライカーである釜本邦茂氏が選出されている。日本代表として国際Aマッチ76試合75ゴールを決め、日本サッカーリーグのヤンマーディーゼルでは202ゴールを決めた。特集では「そうした輝かしい記録も、ヨーロッパでのプレーにはつながらなかった。そのような時代だった」とされている。

    他では、元サウジアラビア代表FWで“砂漠のペレ”の異名を取ったマージェド・アブドゥラーや、同代表のGKとして1994年アメリカW杯で神がかり的なセービングを連発したモハメド・アル・デアイエ、イラク代表として1986年メキシコW杯に出場したFWアーメド・ラディが選出されている。

    現在は日本など東アジアだけでなく中東からも多くのプレーヤーが欧州でプレーしている。遠藤こそ近年のサッカー界で活躍した選手だが、釜本氏などが「そのような時代だった」と触れられているように、生まれた時代が違えばアジア出身として欧州のトップクラブでプレーしてもおかしくない名選手になっていたのかもしれない。

    1/29(月) 22:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180129-00010020-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/30(火) 06:51:05.60 ID:CAP_USER9.net
    ワースランド・ベフェレンに所属する日本代表MF森岡亮太は、アンデルレヒト行きがまもなくとなっているようだ。『voetbalkrant』が報じた。

    今シーズンからベフェレンでプレーする森岡は、1年目から7ゴール11アシストと華々しい活躍を披露。国内屈指のビッグクラブであるアンデルレヒトが強い興味を持っているとされ、ソフィアン・アンニのスパルタク・モスクワ行きが間近となっている今、森岡に白羽の矢を立てたようだ。

    ベフェレンのダーク・ヒュイック会長も、森岡を慰留することは難しいと認めている。

    「彼はステップアップを求めている。アンデルレヒトは強い興味を持っているし、まもなく個人合意はされるだろう。クラブ間で合意はしていないが、彼を残すのは難しいだろう」

    ベフェレンは中小規模のクラブでありながら、森岡を中心とした攻撃陣は、今季リーグ2位となる得点力を記録。しかし、その結果として指揮官や主将の引き抜きに遭い、森岡も3人目の流出となりそうだ。ヒュイック会長はこう話す。

    「もちろん幸せではない。森岡は我々の躍進を支えてくれた選手の一人だ。すでに何人か出ていっているし、クラブにとっては簡単な状況ではない」

    1/30(火) 6:15配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000029-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/30(火) 06:46:26.52 ID:CAP_USER9.net
    改めて周囲からの信頼の厚さが感じられた

    1月29日(現地時間)、ポルトガル1部リーグ・リーガNOSの第20節が行なわれ、ポルティモネンセは4-1でリオ・アベを下した。

    現在5位につけているリオ・アベをホームに迎えた13位のポルティモネンセ。中島翔哉は、スタメンとして試合開始を迎えたが、過去数試合で担っていたトップ下ではなく、左サイドにポジションを戻した。
     
    試合は開始3分で動く。ファブリシオからパスを受けて抜け出した中島が、ペナルティーエリア左側からグラウンダーの強烈なシュート。これをGKヴィエラが前にこぼしたところをファブリシオが詰めて、ホームチームが早くも先制ゴールを奪う。
     
    これで勢いを得たポルティモネンセは、上位チーム相手に互角以上の試合を展開。そして15分、中島からパスを受けたファブリシオが、エリアの外から鮮やかな弧を描くミドルをゴール右上に叩き込んでリードを広げた。
     
    中島は左サイドを上下動して攻守で精力的に動く一方で、チャンスと見ればサイドを変え、またゴール前の好位置(相手にとっては嫌な位置)に入るなど、常に得点を意識した動きを見せる。そして味方は、彼を活かすために再三、DFラインの裏にパスを入れていった。
     
    そのひとつが30分、ゴールに結び付いた。スルーパスで左サイドを抜け出した中島は、カットインからの鋭い切り返しでDFをかわすと、すかさず右足を一閃。ニアを撃ち抜いて今シーズンのリーグ通算ゴールを8に伸ばした。
     
    中島は35分にもカットインから強烈なシュートを放った他、44分にはスルーパスで抜け出したファブリシオの決定機なシュートがGKにはね返されたところを、素早く頭で詰めたが、これはわずかに枠を外れた。
     
    3点のリードを得て後半を迎えたポルティモネンセは、50分、相手FKの後、VARによってハンドをとられてPKを献上。これをペレに決められて1点を返される。
     
    以降、リオ・アベが7割方ボールを支配し、幾度かポルティモネンセ・ゴールに迫るも、決定的な場面を作るまでには至らず。試合は膠着したまま時間が進んでいき、80分、後半は自陣でボールを追いかけることの多かった中島は、ヴァレラに代わってピッチを退いた。
     
    90分、ポルティモネンセはPKを獲得し、これをファブリシオが決めてハットトリックを達成。間もなく試合は終了し、ホームチームは貴重な勝点3を奪った。次節(2月5日)は、敵地でマリティモと対戦する。

    1/30(火) 6:15配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00035170-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ