海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年01月

    1:Egg ★:2018/01/17(水) 07:32:15.58 ID:CAP_USER9.net
    ミクシィの木村こうき取締役が明言「東京の都心にスタジアムを建てたい」。


    ついにビッグプロジェクトが動き出した。1月13日に調布市内で、クラブ創設20周年を迎えたFC東京の新体制発表が行なわれた。そのなかで、今季からスポンサーとなったIT大手「ミクシィ」を紹介した大金直樹社長は、集まったソシオの前でこのように宣言した。
     
    「ともにミクシィさんと歩んでいきたい。いろいろな記事が出ておりますが、そういったことも含めて進んでいきたいと思っています」
     
    “そういったこと”が指すものは、ズバリ東京23区内にサッカー専用スタジアムを持つことだ。様々な候補地を検討しているが、そのなかのひとつに挙がっているのが、都心の一等地、渋谷区にある都立代々木公園。同公園の南部にある球技場や野外ステージのある付近で、3~4万人規模を想定している。またアリーナ型を検討しており、試合のない日はライブ会場やイベントスペースとして活用できるとみている。
     
    交通アクセスは、東京メトロ千代田線の代々木公園駅、JR山手線の原宿駅をはじめ、複数の駅から徒歩10分前後で行くことができる。「(サポーターが多い)多摩地域の人にとっても来やすい最高の場所」(大金社長)だ。今回の計画の関係者によれば、建設費は3~400億円を試算しており、2020年東京五輪後の着工を目指しているという。
     
    絵空事のようだが、実現に向けて少しずつ前進し始めている。後押しとなっているのがミクシィの存在だ。今季からユニホームの右胸部分に、同社のスマートフォン向けゲームなどエンターテイメント事業を行う「XFRAG」の文字が入る。1~2億というスポンサー料もクラブにとっては大きいが、それだけではない。新体制発表後に取材に応じたミクシィ・木村こうき取締役は、柔らかい口調ながら、ハッキリと真の狙いを語った。
     
    「まだ確定的なものはないですけど、以前少し報道で出ましたけれども、東京の都心にスタジアムを建てたい。そういったことも、口に出していかないと夢って叶わないと思う。夢は叶わないかもしれないですけど、確率が少しでもあるのであれば目指していきたい」

    つづく
    2018-01-17_08h29_04
    1/17(水) 6:30配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00034824-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/17(水) 07:51:42.79 ID:CAP_USER9.net
    元ブラジル代表FWロナウジーニョは、正式に現役を引退することになった。代理人である実の兄が明かしている。

    昨年12月に、2018年内での現役引退を表明していたロナウジーニョ。そして、実兄で代理人を務めるロベルト・アシス氏は『オ・グロボ』で、ブラジル代表やバルセロナなどで活躍した弟の正式な引退を発表した。

    「弟はフットボールをやめる。これでおしまいだ。今は彼の引退にふさわしい場をどうするかについて考えている。たぶん、ロシアでのワールドカップの後、8月ぐらいになると思う。素晴らしく、盛大なものにしたいね。我々は今後、ブラジルやヨーロッパ、アジアでいくつかのイベントに参加する予定だ。それに、ブラジル代表との共演も準備している最中だ」

    「(長年スポンサーを務めてきた)ナイキもこのプロジェクトに参加予定だ。今はスケジュールを調整している段階で、まだ何の詳細も決まっていない」

    2003年からプレーしたバルセロナでは、リーガ・エスパニョーラ連覇やチャンピオンズリーグ優勝を経験。2005年には、バロンドールを受賞した。また、ブラジル代表として97キャップ、33ゴールを記録。2002年には、母国をワールドカップ優勝に導いている。

    2015年にフルミネンセを退団して以降、フリーとなっていたロナウジーニョ。試合中、常に笑顔でプレーを楽しみ続け、そしてファンを楽しませ続けたファンタジスタが、37歳でその偉大なキャリアに終止符を打った。
    2018-01-17_08h17_08
    1/17(水) 7:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000032-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 23:44:13.73 ID:CAP_USER9.net
    松本GKコーチが野球のノック練習さながらにサッカーボールを打ち、選手が反応



    昨季J1リーグで4位に入り、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ出場権も獲得した柏レイソルは、1月30日に行われるプレーオフに向けて鹿児島県指宿市でキャンプを行っている。そうしたなか、クラブマスコット公式ツイッターが16日に配信したユニークなGKトレーニングの動画が話題となっている。

    指宿キャンプでの様子を同クラブのマスコット「レイくん」の公式アカウントが紹介しているが、少々趣が異なったのはGKのセービング練習のこと。「#ノック #サッカーチームなのに #松本GKコーチの練習がユニークすぎる」とハッシュタグがつけられた動画では、不思議な光景が広がっていた。

    それはゴール右45度に選手に見立てた壁を置き、その前方から放たれるシュートに対して日本代表GK中村航輔や滝本晴彦、猿田遥己が素早く反応するというもの。ユニークなのはシュートを打つ役割である松本拓也GKコーチだ。足で蹴るのではなく、野球で使用するバットを手にして、ノック練習さながらに打っているのだ。

    バットから放たれたサッカーボールは強烈なスピードで打ち抜かれつつ、壁にぶつかることでシュートコースが変わる。これに対して中村らGKは、素早くセーブするという練習を繰り返している。

    投稿では「#スイングが鋭い #中学までは野球の有力選手」と松本コーチの経歴も紹介。正守護神を務める中村は俊敏な反応を武器に昨季Jリーグベストイレブンに輝き、2017年12月のE-1サッカー選手権で日本代表デビューも果たしたが、この“特別トレーニング”によってさらなる成長を果たすかもしれない。

    1/16(火) 20:34
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010017-soccermzw-socc

    動画
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/17(水) 00:32:13.74 ID:CAP_USER9.net
    1月14日放送の『土田晃之日曜のへそ』(ニッポン放送系)にて、お笑い芸人の土田晃之が、陸上五輪金メダリストのウサイン・ボルトのサッカー挑戦について、疑問を呈していた。

    昨年の夏頃から、ドイツの強豪チーム・ドルトムントへの入団が噂されてきたボルト。今年に入ってから、ドルトムントの入団テストを受けることが報じられている。

    「ウサイン・ボルトがドルトムントの入団テストを受ける。ちょっと、なんでしょうね……半分は『舐めんなよ』と思いながら」

    部活でのサッカー経験はないものの、Jリーグ創設当時から浦和レッズサポーターだと語ったこともある土田だけに、思うところもあるようだ。

    しかし、その一方で期待の気持ちも露わにしていた。

    「たしかに、ジャマイカのユニフォームは黄色で、ドルトムントも黄色だから、見たいっちゃ見たいけどね」

    さらに、スポーツ選手が別の競技に挑戦するケースについて言及。

    「(マイケル)ジョーダンがね、バスケを1回抜けて、野球でメジャーリーグ行く、AAA(土田の勘違いで、正しくはAA)で(プレーした)っていうのがあったけど」

    バスケットボール界のスーパースター、元NBA選手のマイケルジョーダンは、1993年の一度目のNBA引退後に、メジャーリーグのシカゴ・ホワイトソックスのキャンプに参加。そして、マイナー契約を果たして傘下AA級チームのバーミンガムでプレーし、外野手として127試合に出場した過去がある。

    昨年末には、このジョーダンの野球への挑戦が映画化されるという話も報道された。手がけるのは、俳優でプロデューサーのウィル・スミスの映画制作事務所とのこと。

    ボルトのサッカー挑戦は無謀という土田の意見にも一理あるが、ジョーダンの例を見ると、あながち不可能とも言えないだろう。イエローカラーのユニフォームに袖を通すボルトを、再び見ることができるのだろうか。

    1/16(火) 20:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010004-flash-ent

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 23:56:05.28 ID:CAP_USER9.net
    ミランやイタリア代表の監督を務めた名将アリゴ・サッキ氏が14日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。

    昨年11月、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ率いるイタリア代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりにW杯本大会出場を逃がした。常連国の予選敗退に世界中が驚いたものの、サッキ氏は現代のイタリアのサッカーについて、ユヴェントスとナポリの一戦やイタリアダービーなど、セリエAトップクラスの戦いであっても「酷い」と断言する。

    「その理由は、戦術が70年前のままだからだよ。勝つことだけしか考えておらず、勇気あるサッカー、美しいサッカー、感動を与えるサッカーをすることは頭にない。新しい要素はないかと、(ファビオ)カペッロが聞かれたことがあったが、彼はこう答えた。“リベロの復活ぐらい”だとね。確かにそうだ」

    続いてサッキ氏は、元スコットランド代表監督のアンディ・ロクスバラ氏の発言を引用し、長期にわたり、イタリアサッカーの発展が遅れていることを改めて強調した。

    「スコットランド出身でUEFAのテクニカルディレクターを務めていたロクスバラを思い出すね。ユーロ2000でアッズーリがオランダに(PK戦の末)勝利した後、“もしイタリアが勝つなら、サッカーが20年逆戻りしてしまう”と言われたんだよ」

    2018年1月16日 18時20分 Goal.com
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14166589/

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 23:34:49.08 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW原口元気は、ヘルタ・ベルリンとの契約を延長する可能性を残しているようだ。地元紙『BZ』が報じている。

    昨年の春先にヘルタから提示された契約延長オファーに断りを入れ、夏の移籍を目指していた原口。だが、ヘルタがオーストリア代表FWマッシュー・レッキーやオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロといった同じポジションでプレーする戦力を獲得した一方で、原口の移籍は実現せず、今シーズンに入ってからヘルタでの状況がますます厳くなっていた。

    そして、先日には原口と同様、ヘルタと今年夏までの契約を結んでいたスイス代表MFヴァレンティン・シュトッカーがヘルタからバーゼルへと復帰している。ヘルタはバーゼルに対して、移籍金を求めなかったと伝えられている。一方、この1月の放出が最有力と見られていた原口だが、未だに移籍先が見つかっていない。

    だが『BZ』によると、ヘルタは原口に関してはフリーでの移籍は認めないという。「(移籍市場が終了する)1月31日までに移籍金が発生する移籍が実現しなければ、彼は残ることになる。その場合、日本人選手が昨年断っていた契約延長となることすら考えられる。ヘルタは彼をサブとして役立つと考えているようだ」との見解が述べられている。

    ヘルタのミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)は先日、原口の去就について「必ずしも選手を手放すことを目指しているわけではない」と言及していた。実際に、今夏以降もヘルタに残る可能性があるのだろうか

    1/16(火) 21:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000022-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 19:34:51.44 ID:CAP_USER9.net
    マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、『レキップ』が発表したリーグ1第20節のベストイレブンに選出された。

    2018年初戦となった13日の敵地レンヌ戦で、先発出場した酒井は、安定したパフォーマンスで3-0の完封勝ちに大きく貢献。『レキップ』での採点で「7」と高評価を獲得し、チームメイトのFWバレール・ジェルマン、MFルイス・グスタボ、MFフロリアン・トバンと共にベストイレブンに名を連ねた。

    ▼GK
    ジェシー・ムーラン(サンテティエンヌ)

    ▼DF
    フレデリック・ギルバート(カーン)
    パウル・バイセ(ボルドー)
    プレスネル・キンペンベ(パリSG)
    酒井宏樹(マルセイユ)

    ▼MF
    ジェレミー・トゥララン(ボルドー)
    ルイス・グスタボ(マルセイユ)
    フロリアン・トバン(マルセイユ)
    ニコラス・ベネゼット(ギャンガン)
    チアゴ・メンデス(リール)

    ▼FW
    バレール・ジェルマン(マルセイユ)

    1/16(火) 14:53配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-01649542-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 19:42:08.30 ID:CAP_USER9.net
    欧州プロサッカー連盟(EPFL)が15日、欧州リーグの2010/2011シーズンから2016/2017シーズンまでの観客動員数を集計したレポートを公表した。

    欧州リーグで最多の平均観客数を記録したリーグはドイツのブンデスリーガ。1試合平均は4万2388人となっている。2016/2017シーズンだけで見ると1試合平均は4万693人だった。

    2011/2012シーズンに記録した平均観客数4万4293人から見ると、やや減少傾向にある。その理由について英メディア『スターオンライン』は「バイエルン・ミュンヘンが5連覇を達成するなどして競争力が低下し興味が薄れたため」と分析している。

    2位はイングランドのプレミアリーグで平均観客数は3万5870人。しかし、集客率では94.95%を記録し、ブンデスリーガの集客率91.27%を抜いて1位に輝いた。

    各国リーグの2部以下で見ると、1位はイングランド・チャンピオンシップで平均観客数は1万7856人。2位は2.ブンデスリーガ(別名:ツヴァイテリーガ)で平均観客数は1万7815人となっている。欧州リーグの平均観客数ランキングは以下の通り。

    【欧州リーグの平均観客数ランキング】

    1位 ブンデスリーガ(4万2388人)
    2位 プレミアリーグ(3万5870人)
    3位 リーガエスパニョーラ(2万6247人)
    4位 セリエA(2万2830人)
    5位 リーグアン(2万499人)
    6位 オランダ・エールディビジ(1万9287人)
    7位 イングランド・チャンピオンシップ(1万7856人)
    8位 2.ブンデスリーガ(1万7815人)
    9位 ロシア・プレミアリーグ(1万1733人)
    10位 スコティッシュ・プレミアシップ(1万1436人)

    1/16(火) 12:20配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00251497-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    1:muffin ★:2018/01/16(火) 18:21:31.52 ID:CAP_USER9.net
    2018-01-16_18h43_30
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/16/kiji/20180116s00041000200000c.html

    2018年1月16日 17:37

    サッカー元日本代表の中田英寿氏(40)が16日深夜放送のフジテレビ「トーキングフルーツ」(火曜深夜0・25)にゲスト出演。結婚観や恋愛観を披露する。

    古舘伊知郎(62)が司会を務めるトーク番組。9日に続く新春豪華スペシャル対談の後編となる。

    古舘が「自信はあるでしょう?女性にモテないなんて、思わないでしょう?」と水を向けると、中田氏は少し考えた後に「(モテないと)思いますね」。細かすぎる“マイルール”が「いっぱいある」とし「汚いのきらいだけど、潔癖ではない。人に気を使えないのが嫌だ、とか。目に付くんですよ。3歩後ろを歩いてくるくらいの方が好き」と例を挙げた。

    古舘が「(3歩後ろを歩く女性は)たくさんいるんじゃないですか」と応じると、中田氏は「なかなか見かけませんよ、最近」と苦笑い。

    「自分にとって嫌なことの1つ。初めて(女性と)ご飯を食べに行くじゃないですか。まず携帯電話をテーブルにおいた時点でアウトです。1対1でご飯を食べているのに、兄弟、家族を連れてくるのと同じことじゃないですか。こいつ(携帯)を気にするんだったら、来ないでくれ、という感じ」とデート時の作法に持論。
    「バッグやポケットに入っているのはいいのですが、テーブルに置かれるのは嫌。携帯を置かない女性は、その時点で印象50%アップですね」と笑った。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ