海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年02月

    2018-02-26_08h11_57

    1:久太郎 ★:2018/02/25(日) 23:05:46.92 ID:CAP_USER9.net
    柴崎は前半のみで交代…ヘタフェ、2度のPK失敗でビジャレアルに完封負け

    [2.25 リーガ・エスパニョーラ第25節 ビジャレアル1-0ヘタフェ]

    リーガ・エスパニョーラ第25節3日目が25日に開催され、MF柴崎岳が所属するヘタフェがビジャレアルのホームに乗り込み、0-1の完封負けを喫した。2試合ぶりに先発出場を果たした柴崎だが、前半のみで交代となって得点には絡めなかった。

    前半3分にいきなり試合を動かしたのはホームのビジャレアルだった。MFサム・カスティリェホの鮮やかなスルーパスからPA内に走り込んだFWカルロス・バッカのグラウンダーのクロスに反応したFWエネス・ユナルが左足で合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。

    1点のビハインドを背負ったヘタフェは前半35分、DFデコナン・ジェネがPA内でMFハビエル・フエゴ・マルティネスのファウルを誘ってPKを獲得。しかし、キッカーを務めたFWアンヘル・ロドリゲスのシュートはGKセルジオ・アセンホにストップされてしまい、同点とする好機をフイにしてしまう。

    0-1と1点のリードを許して後半を迎えると、ヘタフェは柴崎に代えてFWホルヘ・モリーナを投入。すると同4分、スルーパスからPA内に侵入したモリーナが相手選手のファウルを誘ってヘタフェがPKを獲得するが、モリーナ自身がキッカーを務めたシュートは再びアセンホにストップされてしまった。

    その後もヘタフェに同点ゴールは生まれず、ビジャレアルに逃げ切りを許して0-1の完封負けを喫した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-01650931-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/26(月) 04:47:57.09 ID:CAP_USER9.net
    2/26(月) 4:06配信
    ケルンが上位を争うライプツィヒ相手に大きな逆転勝利…大迫は82分に負傷交代

    ブンデスリーガ第24節が25日に行われ、FW大迫勇也が所属するケルンはアウェイでライプツィヒと対戦した。大迫勇也は前節に続き、2試合連続でスタメンに名を連ねている。

    試合は開始5分に早くも動く。ブルーマが左サイドからグラウンダーのクロスを上げると、アデモラ・ルックマンがゴール前に滑り込みながら触ってコースを変える。このボールはゴールポストに嫌われたが、その跳ね返りをジャン・ケヴィン・オギュスタンがゴールに押し込んでライプツィヒに先制点をもたらした。

    45分にはケルンも反撃を見せ、CKから大迫が放ったヘディングをホルヘ・メレがすらして枠に収める。同点ゴールが生まれたかに思われたが、オフサイドの判定が下されて惜しくも得点とはならなかった。

    同点を目指して攻勢を強めていったケルンは、70分についに試合を動かす。大迫が落としたボールをヨナス・ヘクターが展開し、マルセル・リッセが右サイドからクロスを上げる。これは相手選手に跳ね返されるが、そのボールを拾ったヴァンサン・コジエロがカットインからミドルシュートを放つ。鮮やかな一撃がゴールへと突き刺さり、ケルンが試合を振り出しに戻した。

    勢いに乗るケルンは、77分に再びチャンスを作り出す。前線でボールをキープした大迫のショートパスを右サイドで受けたリッセがそのまま突破を見せ、グラウンダーのクロスを上げる。そのボールにペナルティエリア内で待っていた途中出場のレオナルド・ビッテンコートが合わせてゴールネットを揺らし、ケルンが一気に試合をひっくり返した。

    ケルンが挙げた2得点の起点となるプレーを見せていた大迫だったが、直後に思わぬアクシデントに見舞われてしまう。ダヨ・ウパメカノと接触した際に右脚を負傷し、82分に交替でピッチを後にすることを余儀なくされてしまった。

    試合はそのままケルンが1点のリードを守り抜き、前節終了時点で5位につけていたライプツィヒを相手に大きな勝ち点3を獲得。5試合ぶりの白星を手にした。なお、先発出場を果たした大迫は82分までプレーしている。

    ケルンは次節、3月4日にホームでFW浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトと対戦する。

    【スコア】
    ライプツィヒ 1-2 ケルン

    【得点者】
    1-0 5分 ジャン・ケヴィン・オギュスタン(ライプツィヒ)
    1-1 70分 ヴァンサン・コジエロ(ケルン)
    1-2 77分 レオナルド・ビッテンコート(ケルン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00721060-soccerk-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/26(月) 06:21:28.26 ID:CAP_USER9.net
    ポルトガル1部のポルティモネンセで活躍を続ける日本人FW中島翔哉にドルトムントが興味を示しているという。

    中島は今季リーグ戦でチーム2位となる9得点を記録しており、評価が急上昇している選手だ。それでも世界のサッカーファンはまだ中島のプレイをしっかりと見たことがないだろう。

    ポルトガルには優秀なタレントが揃うが、中島が所属するポルティモネンセは中位のクラブだ。世界から注目されるポルトやスポルティング・リスボンとは違いがある。若い日本人選手にそれだけの価値があるのか疑問もあるはずだ。

    ただし、ドルトムントサポーターの場合は別だ。なぜならドルトムントでは日本代表MF香川真司が日本人アタッカーのクオリティの高さをすでに証明してくれている。独『Sport』は中島のことをNewカガワと呼んでおり、新たに出てきた若き日本の才能に注目している。

    中島にはドルトムントの他にもブンデスリーガのヴォルフスブルク、シュツットガルト、フランクフルトも興味を示していると伝えられている。シュツットガルトでは浅野拓磨、フランクフルトでは長谷部誠がプレイしているが、やはり日本人アタッカーとして香川はブンデスリーガでも特別な存在として見られている。Newカガワと言われればドルトムントサポーターも中島を歓迎するだろう。

    同メディアは違いがあるとすれば獲得にかかる資金だと主張しており、中島の獲得には違約金2000万ユーロが必要と見られている。一方でセレッソ大阪から香川がドルトムントに移籍した際に発生したお金は僅か35万ユーロだった。同メディアは「中島は香川のようにバーゲンではない」と伝えており、そこは大きな違いと言える。

    中島が23歳であることを考えると、ブンデスリーガを含め欧州五大リーグに挑戦するには最適な年齢と言えよう。香川のように旋風を巻き起こしてほしいが、Newカガワの呼び声を超えるほどのインパクトを残せるか。
    2018-02-26_07h57_46
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14352487/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/25(日) 23:30:22.13 ID:CAP_USER9.net
    現地時間24日に行われたリーガエスパニョーラ第25節の試合で、レアル・マドリーはホームでアラベスと対戦して4-0の勝利を収めた。この試合でPKをチームメートに譲ったFWクリスティアーノ・ロナウドの振る舞いが称賛されている。『ロイター通信』など複数メディアが試合後の監督、選手らのコメントを伝えた。

    マドリーはC・ロナウドの2得点とガレス・ベイルの1得点により3-0のリードで迎えた88分、ベイルが倒されてPKを獲得。通常PKキッカーを務めるC・ロナウドが蹴って決めればハットトリック達成となる場面だった。

    だがC・ロナウドはキッカーをカリム・ベンゼマに譲り、ベンゼマはシュートを成功。今季リーガでわずか3得点という成績で批判を集めていた「9番」に決めてほしいという思いによるものだったかもしれない。また、ベンゼマはこの日の試合でベイルのゴールとC・ロナウドの1点目をアシストしており、お返しの意味もあったかもしれない。

    「ロナウドの振る舞いを非常に嬉しく思う。サッカーはチームゲームであり、素晴らしい行為だった」とジネディーヌ・ジダン監督は試合後にエースを称賛している。「カリムは非常に良いプレーをしていて、ゴールを決める資格があった。組み立てに大きな貢献をしてくれていた」とベンゼマにも賛辞を送った。

    チームメートのFWルーカス・バスケスも、「クリスティアーノは本物のチームスピリットを見せた。カリムは本当にゴールを決めるのにふさわしかった。素晴らしい選手だから、彼のために嬉しく思っている」とコメントしている。

    「何も驚くことはない。彼がどういう人物なのか僕らは知っているからね。チーム内の雰囲気が反映された行動だよ」とGKケイラー・ナバスも、FW陣の協調性を喜んだ。
    20180225_benzema_getty
    https://www.footballchannel.jp/2018/02/25/post257957/
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/26(月) 00:29:08.25 ID:CAP_USER9.net
    森岡亮太が2ゴール!計3得点に絡む活躍でアンデルレヒトに6試合ぶり勝利もたらす

    ジュピラー・リーグ第28節が25日に行われ、アンデルレヒトはムスクロンと対戦。森岡亮太の加入後初ゴールもあり、5-3で勝利した。

    1月のマーケットでアンデルレヒトに加入した森岡亮太は、デビュー戦でアシストを記録していたもののクラブにうまくフィットすることができず。前節はベンチスタートとなっていた。

    しかし、ホームでのムスクロン戦で先発復帰を果たすと、早速起用に応える。25分、クロスボールのこぼれ球をゲルケンスが折り返すと、日本代表MFが押し込み、加入後初ゴールを挙げた。

    勢いに乗る森岡は、前半終了間際にペナルティエリアでファールをもらいPKを獲得。ここではキッカーを務めなかったが、テオドルチクが確実に決めアンデルレヒトは2点をリードし前半を折り返す。

    アンデルレヒトは、56分と60分にテオドルチクがゴールを決めてハットトリックを達成し、リードを4点に広げる。

    その後3点を返され冷や汗をかいたアンデルレヒトだが、後半アディショナルタイムに森岡が2ゴール目を挙げ勝負あり。なんとかリードを守りきって5-3で勝利を収めた。


    アンデルレヒトは連敗を脱出し、勝ち点を49に伸ばして3位に浮上した。ジュピラー・リーグのレギュラーシーズンは残り2試合、プレーオフには上位6チームが進出する。
    2018-02-26_07h43_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000034-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/25(日) 23:12:57.19 ID:CAP_USER9.net
    国際サッカー連盟(FIFA)は、2022年ワールドカップの開催を予定しているカタールから開催権を剥奪することを検討しており、イングランドあるいはアメリカが代替開催地の候補であるという。独誌『フォーカス』が23日付で伝えた。

    ロシアで行われる今年の大会に続いて、4年後にはカタールでワールドカップが開催される予定となっている。だが、両大会の開催国が決定された投票をめぐって票の買収などの汚職が行われ、不正な形で開催国が決定されたのではないかという疑惑が持たれている。

    また、ワールドカップ開催に向けたスタジアム建設の労働者の環境が劣悪であり人権を侵害しているとの批判や、酷暑の気候が大会にもたらす影響、カタールが昨年6月にサウジアラビアなど周辺諸国からの国交断絶措置を受けたことなど、様々な不安要素を抱えた大会となっている。

    『フォーカス』がサウジアラビア外相の周辺筋からの情報として伝えたところによれば、カタールはワールドカップ開催権を剥奪される危機に立たされているという。FIFAはロシア大会終了後の今年9月にその決定を下す見通しだとされている。

    代替開催国としては、開催地決定時の決選投票でカタールに敗れたアメリカ、あるいはイングランドが有力だと伝えられている。もしアメリカで開催されれば1994年大会以来、イングランドで開催されれば1966年大会以来でいずれも2回目となる。

    2/25(日) 21:31配信
    20180225_fifa_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00257951-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/25(日) 23:10:41.92 ID:CAP_USER9.net
    ジュピラー・リーグ第28節が行われ、アンデルレヒトMF森岡亮太が、・スクロン戦でゴールを挙げた。

    【動画】森岡亮太がアンデルレヒト初ゴール!
    http://www.goal.com/jp/ニュース/動画森岡亮太がアンデルレヒト初ゴール味方の折り返しに反応し今季8得点目/1aobq74ahnb0r12n826jmjlhlv

    1月のマーケットでアンデルレヒトに加入した森岡。デビュー戦でアシストを記録していた日本代表MFは25分、ゲルケンスの折り返しを冷静に沈め、先制点を奪った。

    森岡にとって、このゴールはリーグ戦8点目。今季8ゴール12アシストを記録している。
    2018-02-25_23h29_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000031-goal-socc
    続きを読む

    2018-02-25_22h02_37

    451:U-名無しさん :2018/02/25(日) 20:03:07.15 ID:u0VhZyw/0.net
    クソワロタ



    ワールド フットボール【情報】 @WorldFootballJA
    ???? ブンデスリーガ2部 ????
    デュイスブルク2-1インゴルシュタット

    GKやっちゃった...??
    水分補給中にゴール????
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/25(日) 19:09:03.53 ID:CAP_USER9.net
    faa7f8af-fa4c-b3db-475f-5a25320ade11

    『La Provance』は24日、マルセイユに所属している日本代表DF酒井宏樹のインタビューを掲載した。

    ハノーファー96との契約が満了となってからフランスに渡り、マルセイユに加入した酒井宏樹。

    同じポジションにライバルが少なかったこともあって初年度から多くの出場機会を獲得し、大きな成長を見せた。

    彼は90分に及ぶインタビューで以下のように話し、マルセイユでプレーしてきた1年半について様々なことを語った。

    酒井宏樹

    (マルセイユではどんな感じ?)

    「完璧だよ。クラブレベルでは、最高のパフォーマンスを出すことに集中できるよう、あらゆることが行われる。

    町について言えば、素晴らしいよ。これは重要なことだ。前に住んでいたドイツとは違う。負けた日も、慰めになるね」

    (今季はあまり負けていませんが)

    「そうだね。ただ負けていないからこそ、敗北はより重いものになるね」

    (ファンとの関係は?)

    「僕はアジア人だから、人々は簡単に見つけてくるね。とても暖かいものを感じるよ。

    彼らはよく僕に話しかけてくるし、写真を求める。全体的には英語で、少しだけフランス語で話すよ。

    いい関係がある。皆とてもフレンドリーだ。ただ、うまく行かなくなったらすぐに変わるってことは知っているけどね。模範的にしなければならないよ」

    (マルセイユの何が好き?)

    「海と丘だね。リラックスできる。マルセイユに来た時、まるでバカンスに来たかのように感じたよ。

    ただ、その環境のおかげでONとOFFの切り替えが上手く出来ているよ」

    (マルセイユでの最初の日について教えてくれる?)

    「多くの書類にサインしたよ。それから車を借りて、領事館に情報を貰いに行ったんだ。

    生活のこと、安全のこと、避けるべき場所とかね。それから家族が来るのを待った。1週間後に来てくれたよ。その準備をしたいと思っていたよ」

    (君が来てからマルセイユは大きく変化した。オーナーも、会長も、監督も。この変化は君を苦しめた?)

    「いいや。この種の変化は起こると言われていたからね。重要なのは、このクラブが進化すること。僕はエリートの素晴らしい選手ではないからね」

    (君は謙虚だね。いつも自分は偉大じゃないと話す。なぜ?)

    「控えめなわけじゃないよ。現実的なだけだ。技術的に素晴らしい選手になることは、難しいと思っている。

    ただ、ピッチの中でいい選手になりたい。チームの勝利に貢献できるようなね。僕はチームの組織としての働きに全力を尽くしている」

    (ここに来てから一番の驚きは?)

    「ヨーロッパの気候と言えば、僕はいつもドイツが基準だった。マルセイユのような晴れる場所があるなんて知らなかった!

    クラブが我々をどれだけケアしてくれているか、それについても驚いたよ。

    マルセイユは僕の家族のために様々なことをしてくれた。家を世話して、ビザを取って、車も…。問題があればすぐに解決されるんだ。

    それにはびっくりしたよ。日本ではこんなことはなかったからね」

    (マルセイユには素晴らしい雰囲気があるね。仲間が君にアドバイスをしているのもよく見ているよ。どんな感覚?)

    「仲間は僕をよく助けてくれるよ。ロッカールームでも、ピッチの中でもね。

    アディル・ラミのような選手が雰囲気を作ってくれる。彼は僕によく話すよ。理解できない時は、彼が説明してくれる。とてもいい関係があるよ」

    (フランス語については?)

    「少しずつ改善しているよ。今は多くの言葉がわかるようになった。ピッチの上では、監督や他の選手が言っていることは理解しているよ。フランス語でもね。

    個人的にはまだ英語でコミュニケーションを取っているけど、フランス語の勉強は続けるよ」
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ