海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年02月

    1:Egg ★:2018/02/28(水) 22:05:53.16 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪のチームキャプテン、遠藤保仁。
    クラブのYouTubeチャンネルで提案したある内容が話題だ。

    こちらはシーズン開幕前に公開された「フェアプレーメッセージ」。その後半、遠藤はパナソニックスタジアム吹田で惜しいシーンがあった際、「あ~」ではなく「ウー」という声を出すようサポーターに提案したのだ。

    シュートが外れたり選手がミスをしたりした際、「あ~」というため息が漏れがちな日本人。しかし、海外では言語の違いからか「ウー」という声が出るのが一般的であり、プレーしている立場からするとそちらの方が奮起しようという気持ちになるという。

    遠藤はこの提言を2016年あたりからメディアなどで語っているが、改めてサポーターに伝えたのだ。

    先週末に行われた名古屋グランパスとのJ1開幕戦でも、このVTRがスタジアムで流れていた(04:06から)。サポーターとしても、遠藤という絶対的な存在に提案されることで意識も大きく変わってくるはず。スタジアム環境の向上を目指す上で、他のクラブにとってもいろいろと参考になりそうな提案である。

    2018年2月28日 19時0分 Qoly
    http://news.livedoor.com/article/detail/14367546/

    動画



    【スタジアム密着レポート】2018年2月24日 J1リーグ 第1節 名古屋グランパス

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/28(水) 20:34:01.12 ID:CAP_USER9.net
    国際舞台の経験豊富なチャン・ヒョンスが久保を称賛「もっと凄い選手になる」

    FC東京のMF久保建英は24日のJ1第1節浦和レッズ戦に途中出場し、プロ2年目のスタートを切った。小学3年生の時に名門バルセロナのカンテラ(下部組織)に入団。昨年には史上3番目の若さ(16歳5カ月22日)でJ1デビューを果たした逸材はさらなる飛躍を見据えるが、「世界のどこに行っても通用する」とチームメイトもそのスケールの大きさに太鼓判を押している。

    久保は浦和戦、後半27分に2トップの一角に入ると、安定したプレーでボールをつなぎ、スムーズに試合に入った。浦和の選手に厳しく体を寄せられ、キープしきれない場面はあったものの、後半アディショナルタイムにはMF東慶悟とのパス交換で左足シュートを放つなど、1-1の引き分けに終わった開幕戦で小さくない存在感を示した。

    「良い選手です。まだ若いので、試合に出れば出るほど成長する。もっと凄い選手になりますよ」

    そう称賛したのは、今季FC東京のキャプテンに就任した韓国代表DFチャン・ヒョンスだ。2011年のU-20ワールドカップ、16年のリオ五輪に韓国代表の一員として出場し、代表通算45試合3得点と国際舞台での経験豊富な26歳の目から見ても、久保の実力はJ1の舞台でも引けを取らないという。

    「背は小さい(173センチ)けど、テクニックがあって足元が上手いから、大きい選手とやっても負けない。そこが一番凄い。(周囲に)要求も出せるし、(自分に)自信を持っていますね」

    実際、オフ明けとなった27日の練習でも、2タッチ以内限定のミニゲームで「あーもう1回ほしい」「運んできて、運んできて」「後ろに下げなくていいよ、厳しくなるから」と10歳近く離れた先輩たちにも物怖じせずに声を出していた。

    つづく

    2018.02.28 フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/92593

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/28(水) 19:32:53.59 ID:CAP_USER9.net
    8年ぶりに復帰した内田(左)。連戦に耐えうるかどうかがポイントだ

    W杯ロシア大会を控え、サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は年末からの長い休暇を経て3月2日に再来日する。

    監督が国内組で最も気にかけているのが、南アフリカ、ブラジルと2大会連続でW杯に出場した元日本代表DF内田篤人(29)=鹿島=だ。清水戦(25日=アイスタ)で8年ぶりのJリーグ復帰を飾ったが、スコアレスドロー。「優勝するチームはアウェーでも勝たないといけない。(自分の)ピークはまだまだ先」と険しい表情だった。

    この試合は右サイドバックで先発。後半39分まで出場したが、問題は2015年に手術した右膝。

    その後3季でわずか3試合しか出場していない。鹿島復帰が決まった内田のためにハリル・ジャパンのスタッフは春季キャンプ初日(1月17日=宮崎)を視察。

    内田はキャンプ期間中に6試合、公式戦もアジアチャンピオンズリーグのホーム開幕戦(14日・対上海緑地)とJ1リーグ開幕節に先発したが、日本代表関係者は現状で「連戦起用はNG」との判断を下している。

    しかし、リーグ戦で中5日で迎えるホーム開幕戦(3月3日、対G大阪=カシマ)での内田の出場可否は今後ひとつの目安になる。

    毎回冬季五輪のフィーバーはサッカーW杯がバトンを受け取る流れ。しかし今回は少々厳しい。海外組の故障者続出に加え、内田待ちの現状では盛り上げようがない。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

    2/28(水) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000016-ykf-spo

    写真

    続きを読む

    pixta_25227356_XL_tate

    1:名無し募集中。。。:2018/02/28(水) 18:23:47.69 ID:0.net
    オフサイドってなんやねん
    2:名無し募集中。。。:2018/02/28(水) 18:24:11.79 ID:0.net
    イエニスタ
    3:名無し募集中。。。:2018/02/28(水) 18:24:21.09 ID:0.net
    なんでまっすぐ攻めないの?
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/28(水) 17:27:10.65 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ特化型映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、2月23日に「フライデーナイトJリーグ Powered by DAZN」として放映したJリーグ開幕戦「サガン鳥栖vsヴィッセル神戸」のライブ視聴者数が、昨年のサガン鳥栖の平均視聴者数の5倍を記録したことなどを発表した。

    試合当日はDAZN会員を対象にスタジアムツアーを行うなど、現地でも様々な施策を展開。金曜夜の開催となった開幕戦だが、この日の入場者数は1万9,633人と、平日開催にも関わらずサガン鳥栖開幕戦史上2番目に多い集客となったという。

    なお、今週末3月2日に行われる「セレッソ大阪vs北海道コンサドーレ札幌」では、DAZN会員限定のたこ焼きが食べ放題企画や、セレッソ大阪の選手サイン入りユニフォームが当たる抽選を実施。DAZNでは、「今後も金曜開催の試合を盛り上げるべく様々な施策を行っていく」としている。
    2018-02-28_18h12_47
    https://www.phileweb.com/news/d-av/201802/27/43394.html
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/28(水) 16:10:31.29 ID:CAP_USER9.net
    日本代表DF長友佑都は、今夏完全移籍でインテルを離れる可能性が高まっているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

    1月のマーケットで、7年過ごしたインテルから今季限りの期限付き移籍でガラタサライに加入した長友。トルコでは、加入から5試合連続で出場するなど指揮官の信頼を掴み、そのパフォーマンスやプロ意識の高さから同国メディアが何度も特集を組むなど、地位を確立している。

    ガラタサライで充実の時を過ごす日本代表DFだが、選手代理人はレンタル期間終了後にインテルに戻ることを明言している。

    しかし、ネラッズーリには居場所がなくなってしまうのかもしれない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、インテルはユヴェントスMFクワドゥオ・アサモア獲得に動いているという。様々なポジションでプレー可能なガーナ代表だが、インテルは左サイドバックでの起用を考えているようだ。

    アサモアが加入することになれば、長友を売却する可能性が高いという。31歳のDFにはプレミアリーグのクラブが関心を示しており、中でもウェストハムが熱心に動いているようだ。

    インテルへの愛を強調してきた長友だが、夏には完全移籍でクラブを離れることになるのかもしれない。
    2018-02-28_17h38_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000003-goal-socc
    続きを読む

    201710100009-spnavi_2017101000048_view

    1:あちゃこ ★:2018/02/28(水) 14:21:00.88 ID:CAP_USER9.net
    メキシコ1部リーグ、パチューカのMF本田圭佑が28日、自身のツイッターを更新し、スポーツベッティング会社に出資したことを明かした。

    本田は「ジャングルXというスポーツベッティング会社に出資しました」と報告。「手数料0、売上をアスリートに還元。まさに改革。何とか成功してほしいよね」とつぶやいた。

    ジャングルXは、ベッティング(賭け)ビジネスの本場・英国で3月にも本格的に開始予定で、通常のブックメーカーが取る10%程度の手数料をなくし、さらにアスリートへ寄付という形で還元するとしている。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000060-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/28(水) 12:41:57.86 ID:CAP_USER9.net
    サッカーイタリア代表で、歴代最多の175試合にわたってゴールマウスを守ったレジェンドのジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon)が、正式に代表復帰を表明し、3月に行われるイングランド代表、アルゼンチン代表との親善試合に向けた代表召集に応じる意向を示した。

    イタリアは2017年末、W杯ロシア大会(2018 World Cup)欧州予選のプレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに本大会出場を逃した。

    これを受けて、ブッフォンもいったんは代表でのキャリアに幕を下ろすことを決めたが、暫定監督を務めるルイジ・ディ・ビアジョ(Luigi Di Biagio)氏が26日、アルゼンチン戦とイングランド戦に向けてブッフォンを召集する用意があると話していた。イタリアは3月23日にマンチェスターでアルゼンチンと、27日にロンドンでイングランドと対戦する。

    そしてこの日、ブッフォンは伊テレビ局のサッカー番組で「元々は家族と何日か休暇へ出かけようと思っていたが、代表チームから必要とされれば、誰だってはせ参じないわけにはいかないし、無視することはできない」と話した。

    「ディ・ビアジョの言葉につけ加えることは何もない。ただ、この若返りの時期に、代表チームに抱くべき責任と忠誠を感じていることは言っておく。繰り返すが、これは代表への忠誠心と責任感を示す方法だ」

    「今は新しい代表が生まれつつあるときで、最初の数試合はなかなかうまくいかないだろう。何しろ相手はアルゼンチンとイングランドだ。であれば、最初は経験ある選手が力になれると思う。ただ若手にアドバイスするだけでもいい」

    現在40歳のブッフォンは、20年にわたってアッズーリ(イタリア代表)の守護神を務め、2006年のW杯ドイツ大会(2006 World Cup)では優勝を果たすなど、輝かしい実績を残した代表キャリアで同国史上最多の175試合に出場した。今回の予選では、史上最多6回目のW杯本大会出場を目指していた。

    所属するユベントス(Juventus)で主将を務めるブッフォンは、以前から今季限りでの現役引退も示唆しているが、そちらについては追って最終的な判断を発表すると話している。

    「今やらなければならないのは、シーズン終盤に集中することだけだ。一つ言えるのは、どんな選択をしようと、クラブとともに、自分で確信の持てる、心から納得のいく決断をするということだ。そのときが来れば発表する。今はシーズンの途中だし、そちらにしっかり集中しなければならない」

    セリエAを6連覇中のユベントスは現在リーグ2位で、イタリア杯(Italian Cup 2017-18)も勝ち残っている。欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)も16強入りを果たし、3月7日には敵地でトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)との決勝トーナメント1回戦第2戦に臨む

    28日(水) 10:29配信
    2018-02-28_13h11_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000013-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/28(水) 12:21:42.90 ID:CAP_USER9.net
    【武田修宏の直言!!】今季はロシアW杯イヤーとあって、国内組の選手たちがどんなプレーで日本代表入りをアピールするのか。そこに注目しながらJ1リーグの開幕戦を見てきたよ。

    守備陣では24日に敵地でFC東京と対戦した浦和のDF槙野智章(30)が良いパフォーマンスを見せていたね。相手のブラジル人FWディエゴ・オリベイラ(27)と1対1の場面ではしっかりと抑え込んで仕事をさせなかったし、最後まで安定していた。得意の攻撃でもゴールを決め、持ち味を発揮できたと思う。

    日本に復帰した鹿島のDF内田篤人(29)は25日に敵地での清水戦に出場。これまで積み重ねた経験と読みでマッチアップする選手に対応し、右サイドを制圧した。すぐに代表復帰とはいかないけど、続けていけばバヒド・ハリルホジッチ監督(65)へのアピールになるんじゃないかな。

    攻撃陣では25日にアウェーで磐田と対戦した川崎のMF中村憲剛(37)は、改めてハリルジャパンに呼ぶべき選手だと思ったよ。リズムやタメがつくれ、ラストパスが出せる。2列目からの飛び出しもできるし、FKも蹴れる。どんな役割もこなせるから確実にチームの力になるでしょう。

    現在の日本代表の攻撃陣がドリブラーばかりで憲剛のようなタイプがいないのは、ハリルホジッチ監督が堅守速攻の戦術に合うタイプの選手しか招集しないから。だけど、しっかりと試合を組み立てられる選手が一人いることで、戦い方のバリエーションが増えるのは間違いないよね。

    さらに言えば、憲剛が代表に加われば、昨秋以降、構想外になっているレスターのFW岡崎慎司(31)のようなゴール前で合わせるタイプのストライカーも生きてくる。特に川崎の同僚FW小林悠(30)とは昨季チームをJ1王者に導いたように、コンビネーションは抜群。2人の連係はW杯でも確実に通用すると思うよ。

    ☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から1986年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。2000年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。2001年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。1987年に日本代表に選出。1993年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。
    2018-02-28_13h04_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000008-tospoweb-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ