海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年02月

    1:Egg ★:2018/02/27(火) 20:29:13.52 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表の中田英寿氏が27日、ローマで同僚だったフランチェスコ・トッティと再会する予定だ。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が26日、報じている。

    中田氏は現役時代、日本人選手の海外組先駆者としてセリエAに渡り、ペルージャやパルマなどで活躍。2000年冬に加入したローマでは、トッティとポジション争いを演じたほか、翌シーズンにはユヴェントス戦でスクデットを呼び込むゴールを決め、日本人初となるセリエA制覇を成し遂げた。

    中田氏は27日、モンテカルロで行われるローレウス世界スポーツ賞に出席するが、その席において、昨シーズン限りで現役生活を終えた元チームメートであり、元ライバルのトッティと対面することになる。

    これに先駆けて中田氏は、古巣ローマで幹部を務めるトッティについての質問に応じた。「幹部のトッティ? 明日、会えるといいですが、彼が今、どんなことをしているのか分かりません。明日、聞いてみますよ」とコメントを残し、かつてのライバルとの再会を期待した。

    中田氏は取材に対し、「完璧なローマ弁」で応じたと伝えられており、『ラ・レプブリカ』も2人の再会について、「友人であり、昔のチームメートであるトッティと冗談を言い合うのが楽しみなようだ」などと報じている。

    なお中田氏は、トッティと同様にローマで共にプレーしたエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督についても言及。「ディ・フランチェスコのことは、よく知っています。素晴らしい人物だし、良い成績を残せるよう期待しています。彼が悩んでいる?

    彼の事をよく知っているから言いますが、たぶん彼は考えすぎでしょう。たまには、心が命じたことをした方が良いと思います」とアドバイスを送った。

    2/27(火) 19:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000018-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/27(火) 20:00:17.56 ID:CAP_USER9.net
    陸上短距離の元金メダリストであるウサイン・ボルト氏は、今年6月10日にマンチェスターのオールド・トラフォードで開催される英国ユニセフのチャリティーマッチ「サッカー・エイド」に出場することを27日に発表した。

    五輪で通算8個の金メダルを獲得した「人類最速の男」ボルト氏は、昨年夏に陸上競技を引退。その後は、以前から関心を示していたサッカー選手としてのプレーに本格的に取り組もうとする様子を見せていた。

    ボルト氏は25日にツイッターの公式アカウントで、「あるサッカーチームと契約した。どのチームなのか、今週火曜日のGMT午前8時(日本時間17時)にお知らせする」とつぶやいていた。今年1月に同氏が練習に参加した南アフリカの強豪マメロディ・サンダウンズもボルト氏の加入を示唆するツイートを投稿し、発表に注目が集まっていた。

    だが、予告されていた時刻に発表されたのはプロサッカー選手としての契約ではなく、1試合のチャリティーマッチに出場するというものだった。サッカー界のスター選手らとともにプレーすることは予想されるが、サッカー選手としての本格デビューを期待していたファンやメディアは思わぬ肩透かしを食らわされた形と言えるかもしれない。

    2/27(火) 17:19配信
    20180227_bolt_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00258277-footballc-socc
    続きを読む

    1:たんぽぽ ★ :2018/02/27(火) 17:04:37.34 ID:CAP_USER9.net


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011344881000.html

    カズ51歳の誕生日「日本代表入り目指す」と意気込み
    2月27日 16時13分

    サッカーJ2、横浜FCの三浦知良選手が26日、51歳の誕生日を迎え、「何年先まで選手を続けるかわからないが目の前の試合を精いっぱいやるだけだ。ことしはワールドカップもありモチベーションは上がっている」と意気込みなどを話しました。

    サッカー元日本代表で「カズ」の愛称で親しまれる横浜FCの三浦選手は、Jリーグの現役最年長選手で「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」として今月、ギネス世界記録にも認定されました。

    26日、51歳の誕生日を迎えた三浦選手は、27日午前、横浜市内で行われたチームの練習に参加しセットプレーの確認やミニゲームをして調整しました。

    練習が終わると、チームメートたちがクラッカーを鳴らしながら「ハッピーバースデー」を歌って誕生日を祝いました。このあと、三浦選手はこの日のために用意したという黄色のスーツに着替えて登場し、報道陣から花束とケーキを贈られました。

    そして、意気込みなどを聞かれると「ことしJリーグは25周年を迎えるが、開幕元年から携わっている責任を感じる。それと同時に、息子と同世代の選手たちと一緒にグラウンドに立てていることはうれしい」と笑顔を見せました。

    そして、「何年先まで選手を続けるかわからないが目の前の試合を精いっぱいやるだけだ。ことしはワールドカップもありモチベーションは上がっている。自分も日本代表入りを目指し、ドリブルで5人抜きをしてマラドーナやメッシを驚かせたい」と話していました。
    続きを読む

    1:きのこ記者φ ★:2018/02/27(火) 15:50:15.41 ID:CAP_USER9.net
    日本代表から外れているパチューカのMF本田圭佑(31)が23日、新たにスタートさせた公式アプリで、早速、登録ユーザーと議論を交わした。

    まずは「勉強すればするほど、新しい経済システムが今後の社会には必要やって思う」とコメント。これに対し、早速意見が届いた。

    これまでもSNSを使い、意見を発信してきたが、今回リリースしたアプリの意義を「ツイッターでもなく、サロンでもなく(中略)あらゆる課題について議論してプロジェクトを立ち上げて行きたいと思います。ビジネス、教育、サッカー、社会貢献活動など、僕がキッカケとなり皆さんが主体となり議論して行動していく場にしていきます」としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00137106-nksports-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/27(火) 15:41:57.36 ID:CAP_USER9.net
    ギリシャで衝撃の大騒動勃発! トイレットペーパーが監督の顔に直撃で試合が中止に!

    7連覇中のオリンピアコスを食い止めるビッグチャンスに…。
    ギリシャ屈指の名門同士による決戦はサポーターたちの愚行により、残念な形の幕切れを迎えることになった……。
     
    現地2月25日にギリシャで行なわれた同国リーグ23節のPAOK対オリンピアコスの上位対決は、PAOKサポーターのある行為によって負傷者が出たため、中止の決断を余儀なくされた。犠牲となったのは、オリンピアコスのスペイン人指揮官オスカル・ガルシアだ。
     
    事件はキックオフの直前に起きた。ピッチサイドを歩くガルシア監督に、スタンドから投げ込まれたトイレットペーパーが直撃し、唇を切って出血。その場にうずくまるスペイン人監督は目眩も訴えたため、救急車でテッサロニキ市内の病院へ搬送されたのだ。
     
    これを受け、オリンピアコスは選手たちをピッチから引き上げさせ、クラブの副会長でゼネラルディレクターのサッバス・セオドリディス氏は、「チームを連れて帰ることにした。さよならだ」と吐き捨て会場を後にする。再開する術をなくした主審のアレクサンドロス・アルテプーロスは、ほどなくして試合中止を発表した。
     
    ギリシャ・メディア『Greek reporter』によれば、PAOKは0-3の敗戦扱いになるだけでなく、勝点3の剥奪と最大8万ユーロ(約1000万円)の罰金、さらにホームゲーム2~3試合を無観客で行なうなどの厳重処分が科されるとみられている。リーグ7連覇中のオリンピアコス(現在3位)に勝点10差をつけ、現在首位に立っているPAOKにとってもこれは痛恨の極みだ。
     
    しかし、PAOKの広報は、「オリンピアコスが目的(試合の中止)を持ってここへ来たのは明らかだ。彼らはもう30年もこうした挑発を続けている。やって来てはサポーターを煽り、騒動を引き起こすんだ」と、責任はオリンピアコス側にもあると訴えている。
     
    いずれにしても、試合中止後にスタジアム周辺でPAOKサポーターが警察と衝突し、ゴミに火をつけ、停めてある車を破壊するなどの暴動を起こしたことを考えれば、試合を続行していたとしてもなんらかの問題が起きていた可能性は高く、審判団の決定は妥当だったと言える。
     
    ギリシャ・リーグは残り7試合。はたしてPAOKはオリンピアコスの7連覇を食い止めることが出来るのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00036176-sdigestw-socc


    画像
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/27(火) 13:02:48.53 ID:CAP_USER9.net
    トッテナムDFがファウルスロー3連発の“珍プレー”、指揮官「私をクビにするつもり?」

    サッカーにミスはつきものだが、もっと注意を払うべきだった。トッテナムに所属するコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(25)の“ハットトリック”が話題となっている。英『デイリー・メール』が伝えている。

    25日、トッテナムは敵地でクリスタル・パレスと対戦。苦戦を強いられたが、後半43分のFWハリー・ケインのゴールが決勝点となって、1-0で完封勝ち。10試合負けなし(7勝3分)とした。

    だが、この試合でオーリエは、同じミスを繰り返してしまった。前半41分、43分、後半19分と1試合に3度もファウルスローを犯したのだ。これは1992年に発足したプレミアリーグで史上初の“珍プレー”だという。

    試合後、トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「毎日練習しないといけないね。約束するよ。ファンは非常にがっかりしただろう。彼は少し動揺していたようだ。ピッチに早くボールを入れようとしていた」と語ったうえで、「彼にこう言ったんだ。『君は私をクビにするつもりかい?』ってね。あれは良くなかった。スローインの練習をしていないように見えてしまうだろう」と、冗談交じりに苦言を呈した。
    2018-02-27_15h00_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-01650970-gekisaka-socc

    動画
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/27(火) 12:44:07.36 ID:CAP_USER9.net
    乾貴士、エイバルと2年の契約延長に合意か…チーム3番目の年俸受け取るとの報道

    スペインのスポーツ紙『マルカ』は、日本代表MF乾貴士とエイバルの契約延長交渉が合意に至ったことを報じた。

    エイバルが乾との契約延長交渉に取り組んできたことは周知の事実となっているが、『マルカ』は両者が1年の延長オプション付きの2年契約で合意に至ったことを伝えた。乾の年俸はMFペドロ・レオン、FWセルジ・エンリッチに次ぐ、チーム3番目の額になる模様。

    同紙曰く、エイバルとの契約が今季限りで切れるはずだった乾に対しては、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)の複数のクラブが興味を示していたという。しかし乾は金銭面よりも、スペインでプレーし続けることを重視し、そうした興味に耳を傾けることはしなかったそうだ。

    またエイバルは、純粋にスポーツ面での成果を評価して乾との契約延長を目指したようだが、その一方で日本代表MFのマーケティング面での重要性も意識している様子。と言うのも同クラブはアジアで、乾の影響によってレアル・マドリー&バルセロナに次ぐ3番目の視聴者数を確保しているとのことだ。

    エイバルはそのことを踏まえ、大きな注目を集めるであろう3月11日のレアル・マドリー戦を前に、乾の契約延長をアナウンスすることを検討しているとみられる。

    『マルカ』はこのニュースを「エイバルの来季に向けた最初の補強選手はすでにホームにいて、日本語を話す。イプルーア(エイバル本拠地)の左サイドは、乾のテリトリーであり続ける」との文章で締めている。
    2018-02-27_14h54_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2018/02/27(火) 11:05:10.97 ID:w1vDxktGM.net
    右足中足骨のヒビが発覚した模様

    2018-02-27_11h03_52
    ネイマール、第五中足骨骨折で離脱へ CLレアル戦欠場、逆転8強を狙うPSGに衝撃 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00010002-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ