海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2018年02月

    1:久太郎 ★:2018/02/27(火) 07:23:57.52 ID:CAP_USER9.net
    アトレティコ、カラスコ&ガイタンの中国・大連一方への移籍を発表

    アトレティコ・マドリーは26日、ベルギー人MFヤニック・カラスコ(24)、アルゼンチン人MFニコ・ガイタン(30)が中国の大連一方に移籍することを発表した。

    今季より中国1部リーグに昇格した大連一方は、アトレティコに資本参加していたワンダ・グループ(大連万達)が今後手綱を握り、来季以降に大連万達に名称を変える予定。ワンダ・グループは先にアトレティコの株式の大部分を売却したが、同クラブとは現在も良好な関係を維持しており、そのつながりが今回の2選手の移籍につながっている。

    大連一方はカラスコの移籍金として3000万ユーロ(約39億円)、ガイタンの移籍金として1800万ユーロ(約23億円)をアトレティコに支払う模様。またアトレティコはカラスコの移籍金の25%を、同選手の前所属先であるモナコに支払わなければならない。

    カラスコは2015年夏に移籍金1500万ユーロでモナコからアトレティコに加入。今季は序盤こそ出場機会を得られていたが、MFビトロの加入もあって徐々にその出番を減らしていた。アトレティコでの出場記録は124試合23得点。一方のガイタンは、2016年夏に移籍金2500万ユーロでベンフィカからアトレティコに加わり、49試合に出場した。

    なおアトレティコファンはクラブ、そしてカラスコの決断に対する不満を爆発させている。アトレティコの『ツイッター』アカウントに対して「俺の『ツイッター』に俺のニュースじゃないものをぶちこむな」「恥ずべきこと」「カラスコ、キャリアを失うぞ」「侮辱する気すら起きない」「何て経営だ」「俺たちは無力だ」といったメッセージを送っている。
    2018-02-27_08h08_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000020-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/27(火) 06:06:48.10 ID:CAP_USER9.net
    本田圭佑がシーズン公式戦二桁得点を達成した。現地時間24日に行われたリーガMXの後期リーグ第9節で、パチューカを勝利に導く劇的なPKを決めている。ただ、本田の好調ぶりは他の場面でも明らか。それは直接ゴールとは関係のない2つのプレーから見てとることができた。(文:河治良幸)

    本田圭佑がPKでゴール。好調物語る2つのプレーとは

    リーガMX(メキシコ1部)2017/18シーズンの後期リーグ第9節、パチューカはホームでレオンと対戦した。前半に元アルゼンチン代表FWマウロ・ボセッリのゴールでレオンに先制されたパチューカだったが、後半にカウンターからFWセバスティアン・パラシオスの鮮やかなミドルシュートが決まって同点に追いつく。

    そして後半アディショナルタイム。パワープレーの流れで得たPKを本田圭佑がきっちりと決め、パチューカが勝利した。引分けを挟み3連勝中のパチューカは“リギージャ”(上位8クラブによる決勝トーナメント方式のプレーオフ)圏内の6位につけている。この日の本田は[4-1-4-1]の右サイドハーフでスタートし、後半から選手交代にともない右インサイドハーフにポジションを移してフル出場。冷静なPKで後期4得点目、リーグ通算7得点目を決め、チームに貴重な勝利をもたらした。

    流れからのゴールやアシストこそなかったものの、地元メディアでも高い評価を得た本田。多くのチャンスに起点として絡み、守備の局面でも献身的にチームを助けていたのがその理由だろう。ディエゴ・アロンソ監督の掲げる戦術に対する理解や仲間とのイメージ共有を含め、心身ともに良い状態にあることが見てとれる。

    チャンスに直接絡む以外にも、本田の好調を物語る2つのプレーがインサイドハーフにポジションを変えた後半にあった。1つはセカンドボールの奪取だ。左の後方から前線にロングボールが出たシーン。FWのアンヘロ・サガルが競りにいくが、レオンのDFアンドレス・モスケラに跳ね返されてしまう。当然セカンドボールはレオンのMFが拾うと見られたが、後方からダッシュして追い越した本田が先に触った。

    シーズン二桁得点達成。代表復帰へ好調維持できるか

    結局ボールコントロールがうまくいかず、咄嗟に反応したモスケラにクリアされてしまった。しかし、不利な位置から相手を追い越してボールを先に触ったというのは、状況を考えながら流れに応じて動き、しっかりと数手先を予測してプレーできていることの表れだ。

    もう1つがパラシオスによる同点ゴールのシーン。カウンターからパラシオスが中央左をドリブルで一気に持ち上がり、中に踏み込んで右足ミドルシュートを決めた。本田は直接ゴールに絡んだわけではないが、大きな役割を果たしている。パラシオスがドリブルを始めた時点では彼より後ろ、ハーフウェーラインの手前にいた本田だが、そこから一気にペナルティエリア前まで駆け上がった。

    パラシオスがシュートを打つ瞬間には本田が右横に並走する状態になっていたのだ。前方の左右サイドを走るサガル、ワウテル・ゴンサレスに本田が加わることとでレオンのディフェンスは下がりながら4対4で対処する形になった。本田としては最後にパスを受けて左足でシュートを狙うイメージだったかもしれないが、積極的なプレーがフィニッシュに厚みをもたらしたシーンだ。

    PKによりシーズン公式戦での得点を「10」に伸ばした本田だが、90分の中でボールに絡むプレーに加えて攻守の切り替え、動き出しなど1つひとつのプレーの質も量も高かった。もちろん細かいミスパスなどもあったが、オン・ザ・ボールとオフ・ザ・ボールの両方で効果的な働きをしていた。

    こうした目立たないプレーも代表復帰につながるコンディションのバロメーターであり、現在の本田は日本代表に必要とされる要素も十分に満たしていると見られる。海外組に代表招集のレターが送られるメンバー発表の2週間前まで、残すは28日に行われるコパMXのアトレティコ・サン・ルイス戦、そして3月5日のトルーカ戦の2試合となった。しっかりと好調をアピールし続けることができるだろうか、期待して見届けたい。

    (文:河治良幸)

    2/26(月) 10:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00010000-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    【ボルシア・ドルトムント 1-1 アウクスブルク ブンデスリーガ第24節】
     
    現地時間26日にブンデスリーガ第24節の試合が行われ、ボルシア・ドルトムントはアウクスブルクと対戦した。試合は1-1の引き分けに終わった。ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司は欠場した。

    ドルトムントは前節のボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦からアカンジがベンチに下がり代わりにパパスタソプーロスがCBに入った以外は全員同じメンバーで挑んだ。

    すると16分、カウンターから右サイドのシュールレが中央へ低いクロス、DFのクリアが短くなったところをロイスが押し込みドルトムントが幸先よく先制点を挙げる。その後は引いて守るアウクスブルクDFをこじ開ける事が出来ず、ハーフタイムに入る。

    後半に入ると中2日の連戦の疲れからか攻撃陣に本来の勢いが見られないドルトムント。逆にアウクスブルクがチャンスを迎えるも、最後のところで高い集中力を発揮し得点を与えない。しかし73分、これまで踏ん張ってきたドルトムントDF陣だったがセットプレーから最後はダンソに決められ同点に追いつかれる。

    失点後はロイスを下げプリシッチを投入し勝ち越しゴールを奪いにいくも得点ならず。結局試合は引き分け、ホーム3連勝を飾る事は出来なかった。

    【得点者】
    16分 1-0 ロイス(ドルトムント)
    73分 1-1 ダンソ(アウクスブルク)
    20180227_bvb_getty

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00258155-footballc-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/27(火) 06:26:20.35 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1第2節 FC東京-仙台(2018年3月3日 味スタ)

    FC東京が3月3日の仙台戦(味スタ)後、1月に現役引退した元仙台のFW平山相太氏(32)の引退セレモニーを計画していることが26日、分かった。

    縁の深いクラブ同士の試合後とはいえ最終クラブが異なる選手のセレモニーは「異例のこと」と関係者。16年まで11年間在籍した功労を称える格好だ。

    また今後、仙台大に進学予定の平山氏はこの一戦の中継(DAZN)で解説者デビューすることも判明。数々の名言、迷言で沸かせてきた名調子にも注目だ。

    2/27(火) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000052-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/26(月) 21:51:36.86 ID:CAP_USER9.net
    欧州サッカー連盟(UEFA)が4人目の交代枠の導入を認めることになるかもしれない。スペイン紙『マルカ』が伝えた。同紙によると、UEFAは4人目の交代枠を導入することを検討しており、近いうちに同連盟が主催する全ての試合において実施される可能性があるという。

    その主な要因は、近年の試合数の増加や過密日程によって、選手の健康状態に影響が懸念されていることであるようだ。

    既に過去には、2017年開催のU-21欧州選手権で試験導入されている4人目の交代枠。それ以外にも、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する大会では、2012年のリオデジャネイロオリンピックや2016年のクラブW杯でも試験的に行われている。

    イングランドのプレミアリーグを戦うクラブを筆頭に、欧州の多くのクラブチームが現在過密日程に苦しんでいる。その中でも特に、UEFA主催のチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグを戦う力のあるクラブにとっては、交代枠の増加は選手に少しでも多くの休養を与えるための有効な措置となるだろう。

    2/26(月) 21:30配信
    20180226uefa1_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00258126-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/26(月) 21:37:56.02 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表のFWアレッサンドロ・デル・ピエロ(43)は26日、自身のツイッター(@delpieroale)や自身の日本語版公式ブログ(http://www.alessandrodelpiero.jp/)を更新。横浜FC所属FW三浦知良の51歳の誕生日を祝うメッセージを送った。

    デル・ピエロは「あれから一年が経ったけれど、あなたはまだここにいる」とカズを称賛。「自分自身を打ち負かす事を決意し、ピッチ上で新たなシーズンを迎え、またギネス記録の新たな一ページを更新するであろう」と、2017年3月12日に決めた50歳14日でのゴールが『リーグ戦で得点を決めた最年長のプロサッカー選手』としてギネス世界記録を更新したことを引き合いに、さらなる活躍を願った。

    さらに、51歳を迎えたカズに対し、「50歳でゴールを決めた。51歳でもゴールを決めて、おそらく80歳になってもゴールを決めてくれるだろう!」と応援メッセージを伝えている。

    2/26(月) 19:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-01650963-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/26(月) 19:35:21.67 ID:CAP_USER9.net
    パリ・サンジェルマン(PSG)は、ブラジル代表FWネイマールの満足度をさらに高めるべく、今夏の移籍市場でフランス代表FWキリアン・ムバッペを売却するという驚きの計画を立てているようだ。26日付のスペイン紙『エル・パイース』が報じている。

    昨年の夏、ネイマールはバルセロナから、ムバッペはモナコからPSGに加入。2人はウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと共に前線の3トップ“MSC”を形成し、リーグ・アンを中心に破壊力抜群の得点力を披露している。

    しかし『エル・パイース』によると、ネイマールはムバッペとの共存を快く思っていないという。そこでPSGの強化部が解決策を検討。持ち上がった計画が、ムバッペをバルセロナに売却することだという。

    ただし、同クラブは単に同選手を放出するだけでなく、ブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョをトレード要員として譲渡するようバルセロナに求める考えだとされる。

    ネイマールとコウチーニョは親友として知られ、お互いを“兄弟”として認め合う仲だ。PSGはムバッペを放出する一方でネイマールの“お気に入り”を獲得することで、エースの満足度をさらに向上させられると考えている模様。なお、この計画が先週、強化部からナセル・アル・ケライフィ会長に伝えられたことをクラブ情報筋が認めていると、『エル・パイース』は伝えている。

    PSGの広報は、選手同士の不仲説を完全否定。実際、ムバッペは昨年8月に行われた入団会見で「彼がバロンドールを獲得できるのを助けられるよう全力を尽くす」と語るなど、ネイマールへのサポートを約束するような発言をしていた。

    だが、ムバッペが大舞台で活躍する姿を見るにつけ、ネイマールは同選手のポテンシャルの高さを恐れるようになったという。今では、「バロンドールを争ううえで、ムバッペの存在は邪魔になるのではないかと、ネイマールは思い始めている」といった意見もあるようだ。

    一方でムバッペも、右サイドバックとして自身の後方でプレーするブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスからのパスが少ないことに不満を感じているという。

    14日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレアル・マドリード戦では、D・アウヴェスが逆サイドにポジションをとるネイマールを意識してか、頻繁に中央へのパスを選択。ウナイ・エメリ監督がD・アウヴェスに対してムバッペとの連携プレーをもう少し意識するように伝えてもなお、同選手の中央へのパスの頻度はそう変わらなかったという。

    今回の報道はあくまで噂に過ぎないが、今シーズン開幕当初にはPKのキッカーを巡ってネイマールとカバーニが衝突した事件もあった。スター軍団ゆえに、エゴのぶつかり合いは多少起こり得るとはいえ、新たな火種にならないかが懸念されそうだ。

    2/26(月) 18:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00721437-soccerk-socc

    写真
    2018-02-26_20h04_20
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/26(月) 18:56:59.34 ID:CAP_USER9.net
    インテルからトルコのガラタサライにレンタルされている日本代表DF長友佑都は、来季にはイングランドでプレーすることになるかもしれない。イタリア『FCインテルニュース.it』が伝えている。

    長友は今年1月の移籍市場で、7年間在籍したインテルを離れてガラタサライへ移籍。すぐに定位置を確保し、現地メディアからも高評価を受ける活躍を見せている。

    だが、来季以降の去就は定かではない。インテルからガラタサライへの移籍には買い取りオプションはつけられていないと報じられていたが、『FCインテルニュース』によれば「完全移籍の権利について口頭での合意がついたレンタル」だとされている。

    いずれにしても、ガラタサライに完全移籍せず一旦インテルに戻る可能性もあるということだ。その上で、別のクラブへ移籍することになるかもしれない。

    イングランドのウェスト・ハムとワトフォードが長友に関心を示しており、すでに情報を求めて打診を行っているという。プレミアリーグのクラブからの関心は以前からたびたび噂されていたことだが、夏には移籍が実現することもあり得るのだろうか。

    2/26(月) 12:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00258088-footballc-socc

    写真 
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/26(月) 18:47:19.77 ID:CAP_USER9.net
    現地2月25日にパルク・デ・プランスで行なわれたパリ・サンジェルマンとマルセイユによるダービーマッチ『ル・クラスィク』は、3-0でホームチームが快勝した。
     
    フランスきっての名門対決は、試合前から両軍のサポーターによる熱き応援によって異様なムードとなっていたが、そんな中、よりスタジアムを盛り上げたのは、パリSGサポーターのユニークな応援バナーとコレオグラフィーだった。

    【動画】酒井宏樹対ネイマールの白熱したパリSGとマルセイユのマッチハイライト
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=36169

    宿敵を試合前に威圧するべくパリSGのサポーターがスタンドで掲げたのは、日本の人気漫画『ドラゴンボール』の主人公『孫悟空』の巨大バナー。

    道着にパリSGのエンブレムが刻印された巨大なそのバナーの周りには、6つの「ドラゴンボール」をかたどった円形のフラッグも添えられていた。それぞれに「1986、1994、2013、2014、2015、2016」という数字が記されており、これはパリSGがこれまでリーグ・アンで優勝した年を表わしていた。
     
    おそらくサポーターは、リーグ・アンにおける強者は自分たちだというのを誇示したかったのと同時に、7つのドラゴンボールを集めれば願いが叶うという作品のストーリーラインに沿って、今シーズンに7度目のリーグ制覇を成し遂げれば、悲願であるチャンピオンズ・リーグ(CL)初制覇も叶うという意味を込めたのだろう。
     
    地元紙『Le Parisen』は、「パリSGのサポーターたちは強烈なメッセージを放った。もし彼らが5月よりも前に7個目のリーグタイトルを手にすれば、全ての望みが叶うかもしれない」と、含みを持たせて書き記している
     
    サポーターたちの熱意が通じ、3-0と快勝を収めたパリSGは、2位モナコとの勝点差を14に広げており、7度目のリーグ・アン優勝に向けて視界は良好だ。
     
    だが、CLは2月14日にサンチャゴ・ベルナベウで行なわれた決勝トーナメント1回戦のレアル・マドリーとの第1レグを1-3で落としており、厳しい状況に変わりはない。
     
    3月6日にホームで実施される第2レグでは、大会2連覇中の王者を相手に2点差以上での勝利が勝ち抜けの最低条件となっているが、はたしてパリSGサポーターたちのドラゴンボールに込めた想いは通じるのだろうか……。
     
    2/26(月) 17:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180226-00036169-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    2018-02-26_18h53_26

    1:風吹けば名無し:2018/02/26(月) 14:02:02.60 ID:ngTZM3XIa.net
    これいけるんやない?
    2:風吹けば名無し:2018/02/26(月) 14:02:15.33 ID:MKauCDR4M.net
    サンキューガッツ
    3:風吹けば名無し:2018/02/26(月) 14:02:21.45 ID:pjaGoZo/0.net
    ドンナルンマさんは移籍濃厚な模様
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ